ヤマレコ

記録ID: 1269376 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

前穂高岳〜奥穂高岳 重太郎新道から時計回りで周回

日程 2017年09月25日(月) 〜 2017年09月26日(火)
メンバー
天候快晴
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク
沢渡駐車場利用(600円/1日)始発バス平日5時40分
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間8分
休憩
1時間39分
合計
8時間47分
S上高地バスターミナル06:2206:26無料トイレ06:33日本山岳会上高地山岳研究所06:39岳沢湿原・岳沢登山口07:047番標識07:0908:14岳沢小屋08:3411:08紀美子平11:1911:47前穂高岳12:1912:31紀美子平12:4914:13南稜の頭14:1414:26穂高岳14:3815:09穂高岳山荘
2日目
山行
6時間24分
休憩
2時間8分
合計
8時間32分
穂高岳山荘06:1206:27涸沢岳06:2806:43穂高岳山荘07:4708:26ザイテングラート08:3008:48パノラマ分岐08:5009:10涸沢小屋09:1809:23涸沢09:2409:31涸沢ヒュッテ09:5410:20Sガレ11:09本谷橋11:44横尾岩小屋跡12:00横尾 (横尾山荘)12:1312:47新村橋(パノラマ分岐)13:08徳澤園13:1013:11徳沢公衆トイレ13:46徳本口(徳本峠分岐)13:50明神館14:0014:38河童橋14:44上高地バスターミナルG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
重太郎新道から上は、急な岩登り。かなり手も使います。
吊り尾根は思っていたより、危険箇所はありません(気は抜けませんが)。
その他周辺情報竜島温泉せせらぎの湯(新島々近く)PH9.0

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 食料 行動食 非常食 ガスカートリッジ コンロ コッヘル ライター 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 ロールペーパー 保険証 携帯電話 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ ラジオ テント テントマット シェラフ

写真

今日歩く吊り尾根
天気は、◎
2017年09月25日 06:30撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今日歩く吊り尾根
天気は、◎
こんな案内もありました
2017年09月25日 06:31撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こんな案内もありました
登山口
2017年09月25日 06:41撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口
秋の気配が
2017年09月25日 08:08撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
秋の気配が
岳沢小屋で休憩。
寒い
2017年09月25日 08:14撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岳沢小屋で休憩。
寒い
霞沢岳‐乗鞍岳‐焼岳
2017年09月25日 08:27撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
霞沢岳‐乗鞍岳‐焼岳
結構上がった
2017年09月25日 10:09撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結構上がった
2
雷鳥見たいが。
2017年09月25日 10:41撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雷鳥見たいが。
ここへザックをデポして、空身で前穂へ。
2017年09月25日 11:19撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここへザックをデポして、空身で前穂へ。
前穂高岳からの、吊り尾根〜槍ヶ岳。
2017年09月25日 11:36撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前穂高岳からの、吊り尾根〜槍ヶ岳。
こちらは、常念岳‐蝶が岳の稜線
2017年09月25日 11:55撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
こちらは、常念岳‐蝶が岳の稜線
奥穂高岳‐ジャンダルム
2017年09月25日 11:56撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳‐ジャンダルム
5
八ヶ岳・南アルプス
2017年09月25日 12:05撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
八ヶ岳・南アルプス
1
乗鞍岳方面
焼岳を見下ろす
2017年09月25日 12:06撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳方面
焼岳を見下ろす
西穂高岳稜線。
いつか歩けるかな?
2017年09月25日 12:06撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
西穂高岳稜線。
いつか歩けるかな?
1
奥穂高岳
2017年09月25日 12:09撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高岳
3
涸沢岳‐槍ヶ岳
2017年09月25日 12:10撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢岳‐槍ヶ岳
吊り尾根の上りも、しびれる。
奥穂まで、結構な上りだ
2017年09月25日 12:11撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根の上りも、しびれる。
奥穂まで、結構な上りだ
槍ヶ岳〜西岳〜大天井岳
2017年09月25日 12:11撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳〜西岳〜大天井岳
なんの分岐?
2017年09月25日 13:13撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
なんの分岐?
涸沢が見えた。
2017年09月25日 13:32撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢が見えた。
1
振り返って
2017年09月25日 14:01撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返って
1
やっと奥穂高岳。
2017年09月25日 14:35撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと奥穂高岳。
3
よかったテント張れそうだ。
と思ったが、ヘリポート上の最上段でした。
以後のかたヘリポートの周りに張っていた。
2017年09月25日 15:10撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よかったテント張れそうだ。
と思ったが、ヘリポート上の最上段でした。
以後のかたヘリポートの周りに張っていた。
夕景タイム
ガス飛んでってくれー
2017年09月25日 17:38撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夕景タイム
ガス飛んでってくれー
行ってみたいジャン
2017年09月25日 17:39撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
行ってみたいジャン
きたー。
バックは白山
2017年09月25日 17:41撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
きたー。
バックは白山
4
笠ヶ岳かこいい
2017年09月25日 17:51撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳かこいい
御来光〜
2017年09月26日 05:39撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
御来光〜
2
空身で行ってきた
2017年09月26日 06:25撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空身で行ってきた
笠いいね!
2017年09月26日 06:27撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笠いいね!
朝ジャン
2017年09月26日 06:29撮影 by ASUS_T00P, ASUS
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
朝ジャン
ザイテングラードから涸沢槍
2017年09月26日 08:34撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザイテングラードから涸沢槍
1
まだ見頃ではないらしいが、十分にきれい。
涸沢ヒュッテから撮影
2017年09月26日 09:28撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
まだ見頃ではないらしいが、十分にきれい。
涸沢ヒュッテから撮影
8
ヒュッテ近くの秋
2017年09月26日 09:30撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヒュッテ近くの秋
5
本谷橋は、みなさん休憩ポイントのようだ。
2017年09月26日 11:09撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
本谷橋は、みなさん休憩ポイントのようだ。
屏風岩
2017年09月26日 11:40撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
屏風岩
徳澤のソフトクリームは、うまし。
次回はカレーと、心に誓う。
2017年09月26日 13:02撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
徳澤のソフトクリームは、うまし。
次回はカレーと、心に誓う。
かっぱ橋から、吊り尾根。
2017年09月26日 14:39撮影 by XZ-10 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
かっぱ橋から、吊り尾根。
3

感想/記録

蝶ケ岳や常念岳から何度も眺めた穂高岳ですが、何か別格な感じがあって後回しになっていました。
上高地に6時20分到着。(平日は、沢渡バス始発が遅い)
岳沢登山口手前で追い越された方に、どちらから?と聞かれ。思わず「埼玉から
」って答えそうになる(笑)。
重太郎新道でと伝えその人のルートを聞くと、岳沢小屋までいって調子が良ければ、左ルートで天狗のコル方面と言ってました。(ジャンに行くんですね)
岳沢小屋を過ぎて重太郎新道で最初のハシゴのところで、ヘルメットを装着。帽子をしまうためザックの天蓋開けたところ、丸めたレインウェア(ジャケット)がコロコロと崖を落ちて行きました。
蒼ざめながら崖下を覗くと、少し下の木の枝に引っかかっていました。
手を伸ばしても届きませんが、一本の木があったので、それを伝って何とか回収出来ましたが、上るのには必死でした(怖かった)。
ここが今回のコースで一番必死の難所?だったかもしれません(笑)。
紀美子平にザックをデポして前穂へ。
前穂高岳は眺望最高で、晴れていれば全方位見えます。
前穂からは、ほぼ同じペースの方2人と3人で穂高岳山荘まで歩きました。
年配の方は、百名山を3年で終えられ、現在2回目の49座と言ってました(凄ごすぎ)。
山荘に着いてテント場を歩くと、結局一番高い場所になりました(笑)。
この日のテント場は、満員御礼でした。
朝追い越された方に夕景のヘリポートで再会した。
ジャンダルムを越えてきたらしい。
今年の涸沢の紅葉は5割程度と聞いていましたが、初めての私には最高でした。
どうしてもここはまた来るでしょうね。沢山の人が目指すのも頷けます。
おでんとビールも最高でした。
吊り尾根を一緒に歩いた方と明神館で再会。
パノラマコースで降りたそうです。


訪問者数:236人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ