また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1282060 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

唐松岳 五竜岳

日程 2017年10月07日(土) 〜 2017年10月08日(日)
メンバー
天候初日霧と小雨、2日目快晴。
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
八方池山荘よりスタート。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間14分
休憩
17時間12分
合計
20時間26分
S八方池山荘08:2108:45石神井ケルン08:4508:52第2ケルン08:5209:00八方ケルン09:0009:16第三ケルン09:1809:23八方池09:2510:22扇雪渓10:2610:49丸山10:5511:50唐松岳頂上山荘
2日目
山行
8時間26分
休憩
19時間11分
合計
27時間37分
唐松岳頂上山荘04:3204:46唐松岳04:5105:12唐松岳頂上山荘06:2806:37牛首06:3707:49大黒岳07:5008:35白岳08:3508:39五竜山荘08:3909:41五竜岳09:5810:52五竜山荘11:2311:27遠見尾根分岐11:2711:34白岳11:3412:29西遠見山12:2913:09大遠見山13:0913:39中遠見山13:3913:56小遠見山13:5614:46地蔵の頭14:4615:07白馬五竜アルプス平15:2515:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
多少の泥濘はあるが、おおむね良好。八方池山荘付近の石が濡れていると滑りやすい。

休憩時間がおかしなことなってますね。修正出来ず…
その他周辺情報郷の湯 半額デーで300円でした。
蕎麦屋 双葉 とても美味しいお蕎麦頂きました。

写真

前日夜、名古屋で大阪組を拾い、中央道を走らせる。駒ヶ岳パーキング。晴れてると木曽駒ケ岳見えます。
2017年10月07日 03:18撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日夜、名古屋で大阪組を拾い、中央道を走らせる。駒ヶ岳パーキング。晴れてると木曽駒ケ岳見えます。
keikodama氏の鉄壁の雨男に導かれ、雨スタート。
2017年10月07日 06:20撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
keikodama氏の鉄壁の雨男に導かれ、雨スタート。
あーめー
2017年10月07日 07:27撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あーめー
特に雨が嫌なわけではない3人。
2017年10月07日 07:31撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特に雨が嫌なわけではない3人。
1
うさぎ平テラス。立派です。
2017年10月07日 07:41撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うさぎ平テラス。立派です。
雨の中リフト。
2017年10月07日 07:48撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雨の中リフト。
1
リフトを乗り継ぎます。
2017年10月07日 07:52撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトを乗り継ぎます。
紅葉終盤ですが、綺麗でした。
2017年10月07日 07:52撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉終盤ですが、綺麗でした。
1
八方池山荘を抜け、ケルン。
2017年10月07日 08:45撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池山荘を抜け、ケルン。
八方池です。心の目で逆さ白馬を見つめる。
2017年10月07日 09:18撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池です。心の目で逆さ白馬を見つめる。
2
八方池から稜線沿いのケルンを狙う。
2017年10月07日 09:22撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池から稜線沿いのケルンを狙う。
2
時々雲が取れます。登ってきた稜線。
2017年10月07日 09:36撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
時々雲が取れます。登ってきた稜線。
1
扇雪渓。
2017年10月07日 10:23撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
扇雪渓。
丸山ケルン。すれ違った方の情報だとこの近くにライチョウがいたそうなんですが、逢えず。
2017年10月07日 10:54撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸山ケルン。すれ違った方の情報だとこの近くにライチョウがいたそうなんですが、逢えず。
1
丁寧に整備されたトラバース。
2017年10月07日 11:39撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧に整備されたトラバース。
1
山荘着きました。
2017年10月07日 11:50撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘着きました。
北館を選びました。天候のせいか人が少なく、とても快適に使わせて頂きました。
2017年10月07日 12:50撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北館を選びました。天候のせいか人が少なく、とても快適に使わせて頂きました。
1
らいちょー
2017年10月07日 13:00撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
らいちょー
夕飯までの間、のんびり過ごす。
2017年10月07日 13:15撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕飯までの間、のんびり過ごす。
1
翌朝、打って変わっての快晴。keikodama氏の雨男伝説の終焉。劔と月が綺麗でした。
2017年10月08日 04:48撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、打って変わっての快晴。keikodama氏の雨男伝説の終焉。劔と月が綺麗でした。
2
唐松岳山頂。うっすら色づいたところで、朝ごはんの時間があるため戻ります。
2017年10月08日 04:52撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳山頂。うっすら色づいたところで、朝ごはんの時間があるため戻ります。
3
唐松岳リピートしたいなぁ。
2017年10月08日 04:53撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳リピートしたいなぁ。
2
朝食を済ませ、山荘裏のヘリポートへ。富士山!
2017年10月08日 05:30撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食を済ませ、山荘裏のヘリポートへ。富士山!
3
朝日をバックに。keikodama氏とKeigoShibata氏。例により自分写らない。
2017年10月08日 05:36撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日をバックに。keikodama氏とKeigoShibata氏。例により自分写らない。
3
朝日を受ける唐松岳。
2017年10月08日 05:51撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日を受ける唐松岳。
4
ご来光。
2017年10月08日 05:51撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ご来光。
4
朝日に染まる山荘。
2017年10月08日 05:53撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まる山荘。
3
牛首に入ります。絶壁感が素晴らしい。
2017年10月08日 06:37撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首に入ります。絶壁感が素晴らしい。
3
牛首通過中。珍しく映り込むnemunekoyuki。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
牛首通過中。珍しく映り込むnemunekoyuki。
2
丁寧に歩けば晴れていれば問題はないと思います。しっかりと補助が整備されてます。
2017年10月08日 06:47撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁寧に歩けば晴れていれば問題はないと思います。しっかりと補助が整備されてます。
2
トラバースー
2017年10月08日 07:01撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースー
1
今回のアー写。かっこいい風。例により自分は…
2017年10月08日 07:25撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回のアー写。かっこいい風。例により自分は…
3
なだらかなコル。
2017年10月08日 07:33撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なだらかなコル。
2
写真だとただただ気持ちいい稜線ですが、割と角度はありました。
2017年10月08日 07:39撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真だとただただ気持ちいい稜線ですが、割と角度はありました。
2
唐松と牛首を振り返る。
2017年10月08日 08:11撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松と牛首を振り返る。
1
向かう五竜。
2017年10月08日 08:24撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
向かう五竜。
1
雲海がずっと綺麗な1日でした。
2017年10月08日 08:38撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海がずっと綺麗な1日でした。
2
遠くに富士山。
2017年10月08日 09:24撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに富士山。
2
五竜山荘をとりあえず通り抜け、五竜岳山頂に向かいます。
2017年10月08日 09:30撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘をとりあえず通り抜け、五竜岳山頂に向かいます。
1
五竜岳山頂ルートはなかなかハードです。牛首はトラバース中心、五竜は直登といった感じ。
2017年10月08日 09:36撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳山頂ルートはなかなかハードです。牛首はトラバース中心、五竜は直登といった感じ。
1
稜線がきれい。
2017年10月08日 09:36撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線がきれい。
3
唐松山荘が見える。
2017年10月08日 09:37撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松山荘が見える。
2
もう山頂!
2017年10月08日 09:42撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう山頂!
1
着きました。
2017年10月08日 09:46撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
着きました。
4
唐松からぐるっと。
2017年10月08日 09:47撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松からぐるっと。
遠見方面。
2017年10月08日 09:47撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見方面。
鹿島槍と槍。
2017年10月08日 09:47撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍と槍。
2
穂高は見えてるのかな。同定力低い。
2017年10月08日 09:48撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高は見えてるのかな。同定力低い。
1
ぐるっと。劔方面。
2017年10月08日 09:48撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぐるっと。劔方面。
一周しました。
2017年10月08日 09:48撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一周しました。
1
岩肌の力強い五竜。
2017年10月08日 09:51撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩肌の力強い五竜。
2
五竜山荘にて。鹿島槍から八峰抜けて、今日は唐松側から下山するという夫妻とお話しました。このカエル君はずっと一緒に行動してるらしいです。雲海と記念に。
2017年10月08日 10:46撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘にて。鹿島槍から八峰抜けて、今日は唐松側から下山するという夫妻とお話しました。このカエル君はずっと一緒に行動してるらしいです。雲海と記念に。
3
今から降りる遠見尾根。
2017年10月08日 10:52撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今から降りる遠見尾根。
1
天空のレストラン。五竜山荘。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天空のレストラン。五竜山荘。
2
きのこうどん!きのこがすごい!うまい!
2017年10月08日 10:53撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きのこうどん!きのこがすごい!うまい!
1
少し降りたところから裏側の五竜。雪渓が残ってます。
2017年10月08日 12:35撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し降りたところから裏側の五竜。雪渓が残ってます。
4
逆さ五竜。
2017年10月08日 12:41撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ五竜。
3
紅葉と空。
2017年10月08日 12:59撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉と空。
きれいな花ですが、名前わからず。
2017年10月08日 13:26撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
きれいな花ですが、名前わからず。
遠見尾根長いよー 紅葉が綺麗。
2017年10月08日 13:31撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根長いよー 紅葉が綺麗。
2
地蔵ノ頭に到着。下山長かった!
2017年10月08日 14:46撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵ノ頭に到着。下山長かった!
3
あのリフトがゴールかー 終わっちゃうと思うと寂しいねー とか話してたんですが、ゴンドラ突っ切って降りちゃうらしく乗らない。
2017年10月08日 14:51撮影 by PENTAX Q , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのリフトがゴールかー 終わっちゃうと思うと寂しいねー とか話してたんですが、ゴンドラ突っ切って降りちゃうらしく乗らない。
下山後郷の湯さんへ。泉質を強く感じれる良い湯でした。
2017年10月08日 16:19撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後郷の湯さんへ。泉質を強く感じれる良い湯でした。
蕎麦屋を探し、双葉さんへ。とても美味しい蕎麦を頂きました。
2017年10月08日 17:41撮影 by iPhone 7, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蕎麦屋を探し、双葉さんへ。とても美味しい蕎麦を頂きました。

感想/記録

夏の大峰山行けなかったリベンジ、北アルプスの唐松岳五竜岳縦走に行ってきました。

もはや説明不要というか、余すことなく山を堪能出来る山旅となりました。

初日雨だったことも良い方向に働き、とても優雅な時間を山荘で過ごせました。頭痛や下山病の相談に乗って頂き、マスターありがとうございます。

2日目は早朝唐松岳山頂へ。打って変わっての素晴らしい快晴となりました。

牛首、五竜岳も快晴と絶景の中登頂でき、この時期の山の魅力はほとんど堪能したのではないでしょうか。

同行してくれた2人にもいい旅だった!と言ってくれて、プランナー冥利に尽きます笑

こういう体験をすると、またすぐにでも
^_^行きたくなりますね。
訪問者数:154人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ