また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1285180 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走甲斐駒・北岳

鋸岳☆快晴と滑落と道間違い(黒戸尾根〜甲斐駒ヶ岳〜釜無川)

日程 2017年10月08日(日) 〜 2017年10月09日(月)
メンバー
天候10/8 晴れ、風は強め
10/9 快晴、風は強め
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
行き:自宅から車で穴山駅(1300円)
帰り:歩きで富士見駅
   富士見駅から電車で穴山駅(500円)
   穴山駅(0円)から車で自宅(2650円)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
11時間49分
休憩
1時間15分
合計
13時間4分
S穴山駅02:1005:33横手駒ヶ岳神社05:5707:33笹の平分岐08:58刃渡り09:0409:26刀利天狗11:20七丈小屋11:3012:13八合目御来迎場13:14駒ヶ岳神社本社13:2013:41甲斐駒ヶ岳14:1015:14六合石室
2日目
山行
11時間40分
休憩
48分
合計
12時間28分
六合石室05:0206:22三ッ頭06:2908:10第2高点08:1709:01鹿窓09:0309:36鋸岳09:5611:05三角点ピーク11:1312:07横岳峠12:40富士川源流碑12:4413:14ログハウス(小屋)15:29釜無川ゲート17:30富士見駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ルートは計画のものです。ほぼ計画通りのルートを歩いています。
写真は記憶で配置しています。
・黒戸尾根はハシゴ場鎖場あるが特に問題なし
 七丈小屋に水場とトイレがあります。
・甲斐駒ヶ岳から六合目小屋まではマークを忠実に追います。
 鎖場は丁寧に下れば問題ありません。
・この日、六合目小屋は12人くらいで、私は土間に寝ました。
 六合目小屋はトイレはありません。
 私は携帯トイレで小さい方のみ済ませました。
 水場は往復25分くらいです。豊富に出ていました。
・六合目小屋から三ツ頭までは尾根筋
 七丈ヶ滝尾根に迷い込まないこと(今回のミス)
 烏帽子岳への巻き道に迷い込まないこと(今回のミス)
・三ツ頭から中ノ川乗越までは特に問題ありません。
(今回私は中ノ川乗越への下降中にトレッキングポールを折って
 草付きの斜面へ滑落、怪我なし、スマホ破損)
・中ノ川乗越から第二高点はザレ場を直登します。
・第二高点から鹿窓へは、中ノ川乗越へ戻る方向を向いて長野県側に下ります。
 尾根の線に対し真横方向。山頂から下り口に道付いてます。
・大ギャップの底からバンドを巻くと鹿窓が見えますが、登らずに左の草付きを
 水平に進むと、鹿窓からの鎖の先端まで安全に進めるようです
・鹿窓の先のトラバースは、足元が不安定なところがあるため注意です。
・鹿窓から小ギャップへの下降は右側の草付きを下りると
 安全にほぼ下まで下りることができます。
・小ギャップから鋸岳への上昇は、鎖に頼らずに登れます。
 鎖に向かってすぐ左を登り、中間の少し上で右に変わるようにします。
・角兵衛沢ノ頭では、進行方向に向かって右の方へ下ります。
 まっすぐガレ場を下ってはいけません。
・三角点ピークは、鋸岳から角兵衛沢ノ頭の次のピークです。
 頂上で進行方向を確かめること。進行方向左手に鋸岳を見ながら下ります。
 編笠山方面に行かないこと(今回のミス)
・釜無川に下りても林道歩きが2時間以上続きます。
 総じて鋸岳は日帰りが難しい山です。
その他周辺情報・おみやげは中央道初狩PAで買いました。
過去天気図(気象庁) 2017年10月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 山行計画に記載

写真

10/8 2:10 穴山駅
日野春駅の方が近いのですが、赤線つなぎのため、穴山駅から歩くことにしました。ここには事実上のパークアンドライドの無料駐車場があります。
2017年10月08日 02:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10/8 2:10 穴山駅
日野春駅の方が近いのですが、赤線つなぎのため、穴山駅から歩くことにしました。ここには事実上のパークアンドライドの無料駐車場があります。
1
穴山橋近くから甘利山
鳳凰三山から甘利山への赤線をつないでみたいです。過去に1回挑戦しましたが、悪天候で取りやめました。
2017年10月08日 02:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴山橋近くから甘利山
鳳凰三山から甘利山への赤線をつないでみたいです。過去に1回挑戦しましたが、悪天候で取りやめました。
2
3:14 セブンイレブン韮崎円野店
トイレ休憩しました。登山口までのお茶を購入。
2017年10月08日 03:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
3:14 セブンイレブン韮崎円野店
トイレ休憩しました。登山口までのお茶を購入。
大武川の橋の上から黒戸尾根
左真ん中が黒戸山のようです。
2017年10月08日 04:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大武川の橋の上から黒戸尾根
左真ん中が黒戸山のようです。
1
5:12 横手駒ヶ岳神社入口
ここから横手駒ヶ岳神社までが意外と遠かったです。別荘地を通ります。
2017年10月08日 05:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:12 横手駒ヶ岳神社入口
ここから横手駒ヶ岳神社までが意外と遠かったです。別荘地を通ります。
1
5:33 横手駒ヶ岳神社
竹宇駒ヶ岳神社よりも立派です。
2017年10月08日 05:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:33 横手駒ヶ岳神社
竹宇駒ヶ岳神社よりも立派です。
3
5:54 横手駒ヶ岳神社
ここで朝食とトイレ休憩しました。
2017年10月08日 05:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:54 横手駒ヶ岳神社
ここで朝食とトイレ休憩しました。
2
横手駒ヶ岳神社
剣の信仰があるようです。甲斐駒ヶ岳と言えばこれですかね。
2017年10月08日 05:57撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手駒ヶ岳神社
剣の信仰があるようです。甲斐駒ヶ岳と言えばこれですかね。
1
6:00 横手駒ヶ岳登山口
2017年10月08日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:00 横手駒ヶ岳登山口
横手登山道から茅ヶ岳方向
見晴らしの良いところがありました。真ん中少し右の耕作地の中を歩いてきました。
2017年10月08日 06:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手登山道から茅ヶ岳方向
見晴らしの良いところがありました。真ん中少し右の耕作地の中を歩いてきました。
3
横手登山道から八ヶ岳
残念ながら雲が覆っています。八ヶ岳は裾野が広いです。
2017年10月08日 06:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横手登山道から八ヶ岳
残念ながら雲が覆っています。八ヶ岳は裾野が広いです。
5
7:05 横手登山道の水場
けっこう流れています。
2017年10月08日 07:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:05 横手登山道の水場
けっこう流れています。
7:33 笹の平分岐
食事休憩しました。
2017年10月08日 07:33撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:33 笹の平分岐
食事休憩しました。
スギゴケが綺麗です。胞子を伸ばしています。
2017年10月08日 08:32撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スギゴケが綺麗です。胞子を伸ばしています。
富士山が見えました。
2017年10月08日 08:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山が見えました。
7
刃渡りから地蔵岳オベリスク
空が澄み渡ってきました。この時間、良く見えました。
2017年10月08日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りから地蔵岳オベリスク
空が澄み渡ってきました。この時間、良く見えました。
13
8:58 刃渡り
前回通った時は無意識で通り過ぎてしまいました。
2017年10月08日 08:58撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:58 刃渡り
前回通った時は無意識で通り過ぎてしまいました。
8
紅葉が綺麗です。
2017年10月08日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉が綺麗です。
8
刃渡りから八ヶ岳
一気に展望が開けます。
2017年10月08日 09:04撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りから八ヶ岳
一気に展望が開けます。
7
ハシゴ場が現れました。
2017年10月08日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ場が現れました。
1
9:26 刀利天狗
2049ピークから少し先の黒戸山尾根上にあります。
2017年10月08日 09:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:26 刀利天狗
2049ピークから少し先の黒戸山尾根上にあります。
1
10:01 五合目小屋跡
この直前に小学生連れのトレラン親子とすれ違いました。真っ先にkaikaireiさんが思い浮かびましたが、まさかご本人とは…。大失態です。
2017年10月08日 10:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:01 五合目小屋跡
この直前に小学生連れのトレラン親子とすれ違いました。真っ先にkaikaireiさんが思い浮かびましたが、まさかご本人とは…。大失態です。
1
10:12 屏風小屋跡
ここでも食事休憩しました。ここからは基本登りです。
2017年10月08日 10:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:12 屏風小屋跡
ここでも食事休憩しました。ここからは基本登りです。
ハシゴ場が連続します。
2017年10月08日 10:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴ場が連続します。
1
少し古い木橋を渡ります。
2017年10月08日 10:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少し古い木橋を渡ります。
3
信仰のものがありました。
2017年10月08日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
信仰のものがありました。
1
11:20 七丈小屋
トイレ休憩しました。ここから先、トイレはありません。
2017年10月08日 11:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:20 七丈小屋
トイレ休憩しました。ここから先、トイレはありません。
1
七丈小屋のテント場
2張あり、奥にKaz0613さんのツェルトですかね。
2017年10月08日 11:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈小屋のテント場
2張あり、奥にKaz0613さんのツェルトですかね。
1
剣が刺さっている岩が見えます。
2017年10月08日 11:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣が刺さっている岩が見えます。
12:13 八合目御来迎場
見晴らしが悪くて残念です。ガスの中です。
2017年10月08日 12:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:13 八合目御来迎場
見晴らしが悪くて残念です。ガスの中です。
8
刀が刺さっている岩のところまで上がってきました。ここまで鎖場と岩の登りの連続でした。直下の登りでyamayoさんの息子さんに待ってもらったかも。
2017年10月08日 12:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀が刺さっている岩のところまで上がってきました。ここまで鎖場と岩の登りの連続でした。直下の登りでyamayoさんの息子さんに待ってもらったかも。
12
頂上が見えました。
この辺りはハイマツの斜面で、前回トレッキングポールが欲しいと思った場所です。
2017年10月08日 13:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上が見えました。
この辺りはハイマツの斜面で、前回トレッキングポールが欲しいと思った場所です。
2
頂上のほこらと人が見えます。もう少しです。
2017年10月08日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上のほこらと人が見えます。もう少しです。
3
13:14 駒ヶ岳神社本社
2017年10月08日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 駒ヶ岳神社本社
7
大国主命の碑がありました。
2017年10月08日 13:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大国主命の碑がありました。
5
駒ヶ岳神社本社から北岳と間ノ岳
ガスの上に出ましたが、わずかしか見えません。
2017年10月08日 13:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駒ヶ岳神社本社から北岳と間ノ岳
ガスの上に出ましたが、わずかしか見えません。
7
13:22 北沢峠からの道と合流しました。
2017年10月08日 13:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:22 北沢峠からの道と合流しました。
3
13:41 甲斐駒ヶ岳
黒戸尾根を登りきりました。2回目です。横手から7時間30分くらい。前回は竹宇から6時間40分くらいでしたから…ぢぢぃになったのぉ…。
2017年10月08日 13:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:41 甲斐駒ヶ岳
黒戸尾根を登りきりました。2回目です。横手から7時間30分くらい。前回は竹宇から6時間40分くらいでしたから…ぢぢぃになったのぉ…。
25
甲斐駒ヶ岳から駒ヶ岳神社本社ピーク
2017年10月08日 13:42撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳から駒ヶ岳神社本社ピーク
7
甲斐駒ヶ岳からの富嶽
全方位こんな感じで周りの山は見えませんでした。残念です。
2017年10月08日 13:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳からの富嶽
全方位こんな感じで周りの山は見えませんでした。残念です。
1
甲斐駒の直下に雷鳥がいました。すぐに隠れてしまいました。
2017年10月08日 14:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒の直下に雷鳥がいました。すぐに隠れてしまいました。
5
ガスの中、六合目小屋に向かいます。振り返って甲斐駒を撮りました。
2017年10月08日 14:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスの中、六合目小屋に向かいます。振り返って甲斐駒を撮りました。
2
鎖場は落ち着いて難なくこなします。ここは鎖に頼りました。
2017年10月08日 14:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鎖場は落ち着いて難なくこなします。ここは鎖に頼りました。
1
15:14 六合目小屋が見えました。
残念ながら板間は既に埋まっており、土間に寝ることになりました。
水場へ行きましたが特に問題なく大量に出ていました。
2017年10月08日 15:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:14 六合目小屋が見えました。
残念ながら板間は既に埋まっており、土間に寝ることになりました。
水場へ行きましたが特に問題なく大量に出ていました。
10
10/9 4:23 明るい月の夜ですが、オリオン座を撮ってみました。
2017年10月09日 04:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10/9 4:23 明るい月の夜ですが、オリオン座を撮ってみました。
10
5:02 六合目小屋を出発します。最後の出発でした。みんな早い…。
トイレは物陰で携帯トイレを使用しました。
2017年10月09日 05:02撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:02 六合目小屋を出発します。最後の出発でした。みんな早い…。
トイレは物陰で携帯トイレを使用しました。
1
仙丈ケ岳の方が明るくなってきました。
2017年10月09日 05:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳の方が明るくなってきました。
七丈ヶ滝尾根分岐から仙丈ケ岳
未だ陽が当たっていません。
2017年10月09日 05:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈ヶ滝尾根分岐から仙丈ケ岳
未だ陽が当たっていません。
七丈ヶ滝尾根分岐から甲斐駒ヶ岳
この後、道間違いで七丈ヶ滝尾根を少し下りてしまいました。1回目の道間違い。
2017年10月09日 05:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七丈ヶ滝尾根分岐から甲斐駒ヶ岳
この後、道間違いで七丈ヶ滝尾根を少し下りてしまいました。1回目の道間違い。
3
北東の空は雲海です。
2017年10月09日 05:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北東の空は雲海です。
10
日の出となりました。この時既に烏帽子岳への巻き道を誤って進んでいました。2回目の道間違い。
2017年10月09日 05:53撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日の出となりました。この時既に烏帽子岳への巻き道を誤って進んでいました。2回目の道間違い。
10
道間違いから尾根筋へ上がって北岳
2017年10月09日 06:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道間違いから尾根筋へ上がって北岳
2
仙丈ケ岳が明るくなってきました。モルゲンロートに染まります。
2017年10月09日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仙丈ケ岳が明るくなってきました。モルゲンロートに染まります。
7
甲斐駒ヶ岳
2017年10月09日 06:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
甲斐駒ヶ岳
1
中央アルプスのズーム
2017年10月09日 06:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中央アルプスのズーム
8
太陽が昇り始めました。
2017年10月09日 06:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が昇り始めました。
8
6:22 三ツ頭
ここまで2ヶ所も道間違いをしてしまいました。
2017年10月09日 06:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:22 三ツ頭
ここまで2ヶ所も道間違いをしてしまいました。
三ツ頭から真ん中のピークが第二高点、右のピークが鋸岳第一高点
2017年10月09日 06:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭から真ん中のピークが第二高点、右のピークが鋸岳第一高点
7
三ツ頭から北アルプス
2017年10月09日 06:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭から北アルプス
1
三ツ頭から仙丈ケ岳
2017年10月09日 06:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭から仙丈ケ岳
4
三ツ頭から中央アルプス
2017年10月09日 06:26撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ツ頭から中央アルプス
3
6:29 三ツ頭分岐
鋸岳へ向かいます。少し巻き道になります。
2017年10月09日 06:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6:29 三ツ頭分岐
鋸岳へ向かいます。少し巻き道になります。
中ノ川乗越を挟んで第二高点
この後、滑落してしまいました。下降中に足場からさらに低いところにトレッキングポールを立て、体重を掛けたところ、ポールが折れて、背負い投げられるような体勢で草付きの斜面に転げ落ちました。幸い怪我はありませんでした。
2017年10月09日 07:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ川乗越を挟んで第二高点
この後、滑落してしまいました。下降中に足場からさらに低いところにトレッキングポールを立て、体重を掛けたところ、ポールが折れて、背負い投げられるような体勢で草付きの斜面に転げ落ちました。幸い怪我はありませんでした。
10
中ノ川乗越を挟んで第二高点ザレ場ズーム
ルンゼのザレ場を直登するパーティーが見えます。神戸中央山の会の方々ですかね。
滑落で動揺した心を落ち着かせるため写真を撮っています。
2017年10月09日 07:20撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中ノ川乗越を挟んで第二高点ザレ場ズーム
ルンゼのザレ場を直登するパーティーが見えます。神戸中央山の会の方々ですかね。
滑落で動揺した心を落ち着かせるため写真を撮っています。
10
7:27 中ノ川乗越
ここで落ち着いて食事休憩します。スマホを見たら画面表示がおかしくなっていました。どうやら液晶だけ壊れたみたいです。
神田山の会の方々がいらっしゃったみたいです。
2017年10月09日 07:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
7:27 中ノ川乗越
ここで落ち着いて食事休憩します。スマホを見たら画面表示がおかしくなっていました。どうやら液晶だけ壊れたみたいです。
神田山の会の方々がいらっしゃったみたいです。
1
鋸岳第二高点のザレ場を上昇中です。落石起こさないように気をつけて登っています。
登りきったあたりでpakuminさんとすれ違ったみたいです。
2017年10月09日 07:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点のザレ場を上昇中です。落石起こさないように気をつけて登っています。
登りきったあたりでpakuminさんとすれ違ったみたいです。
2
8:10 鋸岳第二高点
到着しました。周りは6人くらい。奥は鋸岳第一高点
2017年10月09日 08:10撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8:10 鋸岳第二高点
到着しました。周りは6人くらい。奥は鋸岳第一高点
17
鋸岳第二高点から木曽御嶽山
2017年10月09日 08:11撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から木曽御嶽山
5
鋸岳第二高点から乗鞍山
2017年10月09日 08:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から乗鞍山
2
鋸岳第二高点から中央アルプス
2017年10月09日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から中央アルプス
2
鋸岳第二高点から仙丈ケ岳
空の雲の形が綺麗です。
2017年10月09日 08:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から仙丈ケ岳
空の雲の形が綺麗です。
18
鋸岳第二高点から北岳と間ノ岳
2017年10月09日 08:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から北岳と間ノ岳
3
鋸岳第二高点から甲斐駒ヶ岳
2017年10月09日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から甲斐駒ヶ岳
4
鋸岳第二高点から奥秩父主脈
2017年10月09日 08:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から奥秩父主脈
7
鋸岳第二高点から八ヶ岳
2017年10月09日 08:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から八ヶ岳
5
鋸岳第二高点から鋸岳第一高点と北アルプス
2017年10月09日 08:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳第二高点から鋸岳第一高点と北アルプス
5
大ギャップ
第二高点からの降下は問題なく正しい道を進めました。
2017年10月09日 08:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大ギャップ
第二高点からの降下は問題なく正しい道を進めました。
2
鹿窓が見えました。ここまでのトラバースは特に問題ありませんでした。
2017年10月09日 08:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓が見えました。ここまでのトラバースは特に問題ありませんでした。
4
鹿窓
前後10人くらいで鹿窓を上ります。細かい落石が頻繁に発生しました。
2017年10月09日 09:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿窓
前後10人くらいで鹿窓を上ります。細かい落石が頻繁に発生しました。
12
9:03 鹿窓
山梨側から長野側を撮っています。南アルプススーパー林道が見えます。思い通りの写真が撮れました。
2017年10月09日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:03 鹿窓
山梨側から長野側を撮っています。南アルプススーパー林道が見えます。思い通りの写真が撮れました。
24
小ギャップ
鹿窓からトラバース後に小ギャップを見下ろします。けっこう高度があります。右側の草付きでほとんど下まで下りられました。
2017年10月09日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ギャップ
鹿窓からトラバース後に小ギャップを見下ろします。けっこう高度があります。右側の草付きでほとんど下まで下りられました。
1
小ギャップから鋸岳第一高点
もう少しです。細心の注意を払いました。
2017年10月09日 09:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小ギャップから鋸岳第一高点
もう少しです。細心の注意を払いました。
6
9:19 小ギャップ
鋸岳第一高点へ向けて上昇します。鎖がありますが、使わずに登ることができます。向かってすぐ左側を登り途中で右側に移ります。被写体は神戸中央山の会の方々
2017年10月09日 09:19撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:19 小ギャップ
鋸岳第一高点へ向けて上昇します。鎖がありますが、使わずに登ることができます。向かってすぐ左側を登り途中で右側に移ります。被写体は神戸中央山の会の方々
1
鋸岳から甲斐駒ヶ岳
2017年10月09日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から甲斐駒ヶ岳
2
鋸岳から仙丈ケ岳と北岳と間ノ岳
2017年10月09日 09:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から仙丈ケ岳と北岳と間ノ岳
3
鋸岳から中央アルプス
2017年10月09日 09:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から中央アルプス
3
鋸岳から北アルプス
手前右下が三角点ピークですが、さらに右端の山だと思っていました。この勘違いがこの後の道間違いにつながります。
2017年10月09日 09:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から北アルプス
手前右下が三角点ピークですが、さらに右端の山だと思っていました。この勘違いがこの後の道間違いにつながります。
1
鋸岳から北アルプス
ほぼ中央に槍ヶ岳
2017年10月09日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から北アルプス
ほぼ中央に槍ヶ岳
1
鋸岳から南八ヶ岳
2017年10月09日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から南八ヶ岳
2
鋸岳から八ヶ岳
2017年10月09日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から八ヶ岳
2
鋸岳から奥秩父主脈
2017年10月09日 09:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鋸岳から奥秩父主脈
2
9:56 鋸岳
最高の日に登頂することができました。
2017年10月09日 09:56撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
9:56 鋸岳
最高の日に登頂することができました。
26
10:13 角兵衛沢のコル
下っていく人がいます。ここを下るのと渡渉がイヤなので今回のコースになりました。
次の角兵衛沢の頭では正しく右に曲がれました。
2017年10月09日 10:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10:13 角兵衛沢のコル
下っていく人がいます。ここを下るのと渡渉がイヤなので今回のコースになりました。
次の角兵衛沢の頭では正しく右に曲がれました。
1
11:05 三角点ピーク
鋸岳から見て3つ目のピークが三角点ピークだと思い込んでいました(本当は2つ目)。気付かずに編笠山方向へ。道が無くなってようやくおかしいことに気付きました。引き返してきて撮っています。GPS無いと恐いですね…。スマホ画面見えないので時間も分からないし。
2017年10月09日 11:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
11:05 三角点ピーク
鋸岳から見て3つ目のピークが三角点ピークだと思い込んでいました(本当は2つ目)。気付かずに編笠山方向へ。道が無くなってようやくおかしいことに気付きました。引き返してきて撮っています。GPS無いと恐いですね…。スマホ画面見えないので時間も分からないし。
2
三角点ピークから鋸岳
これで鋸岳を見納めです。横岳峠へ下ります。
2017年10月09日 11:13撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点ピークから鋸岳
これで鋸岳を見納めです。横岳峠へ下ります。
8
12:07 横岳峠
道間違いが続いたので疑心暗鬼になりながらも無事下ってくることができました。ここで休憩しました。
2017年10月09日 12:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:07 横岳峠
道間違いが続いたので疑心暗鬼になりながらも無事下ってくることができました。ここで休憩しました。
1
12:40 富士川水源
普通の沢ですが、ここから駿河湾まで流れているのはすごいなと思います。
2017年10月09日 12:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12:40 富士川水源
普通の沢ですが、ここから駿河湾まで流れているのはすごいなと思います。
1
富士川水源
水を補給し、だいたい1.5リットルとしました。
2017年10月09日 12:44撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士川水源
水を補給し、だいたい1.5リットルとしました。
3
大きなアザミがいっぱい咲いていました。
2017年10月09日 13:12撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大きなアザミがいっぱい咲いていました。
1
13:14 ログハウス
下はビバーク用に使えるようです。
2017年10月09日 13:14撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
13:14 ログハウス
下はビバーク用に使えるようです。
2
ゲートまで9.2kmを歩きます。自転車で来ている方もいらっしゃいました。
2017年10月09日 13:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートまで9.2kmを歩きます。自転車で来ている方もいらっしゃいました。
1
ログハウスから横岳峠を見上げます。
2017年10月09日 13:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ログハウスから横岳峠を見上げます。
5
15:29 ゲート
右脇から歩いて抜けることができました。
2017年10月09日 15:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15:29 ゲート
右脇から歩いて抜けることができました。
1
ゲートを抜けても鉱山採石場が続きます。単調な道でなかなか民家が出てきません。
遠かった八ヶ岳が少しずつ大きくなってきました。
2017年10月09日 15:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートを抜けても鉱山採石場が続きます。単調な道でなかなか民家が出てきません。
遠かった八ヶ岳が少しずつ大きくなってきました。
2
17:30 富士見駅
4時間以上、下道を歩いてきました。電車で穴山駅へ戻り、車を回収しました。
この2日間お疲れさまでした。
2017年10月09日 17:30撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
17:30 富士見駅
4時間以上、下道を歩いてきました。電車で穴山駅へ戻り、車を回収しました。
この2日間お疲れさまでした。
3
日傘嫁と我が娘へのおみやげ
桔梗信玄餅のビスケットとたまごケーキです。
2017年10月10日 00:38撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日傘嫁と我が娘へのおみやげ
桔梗信玄餅のビスケットとたまごケーキです。
4
娘レコ
我が家に出入りしていた野良猫と戯れています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
娘レコ
我が家に出入りしていた野良猫と戯れています。
22
撮影機材:

感想/記録





鋸岳。前々から登りたいと思っていましたが、安全を確認することができず、
なかなか行くことができませんでした。
最近のレコを見ると、だいぶ攻略法がまとめられるようになってきましたので
思い切って挑戦することにしました。

鋸岳行くなら、鹿窓や第二高点も行かないと魅力が半減するよな、ということと、
鹿窓の鎖は登った方が安全、しかも危ないから1回しか通りたくない、
ということから、甲斐駒ヶ岳の方からの縦走を選択しました。
さらに駅からハイクと赤線つなぎの要素を加えて穴山駅から黒戸尾根、
釜無川は富士見駅までというクレイジーな山行となりました。

天気はすこぶる快晴で、鋸岳からは周りの山々が見え、
絶好の山行日和となりました。

しかし、反省点もあります。滑落してしまいました。
三ツ頭から先の中ノ川乗越への下降中、立ち位置より低い場所に
1本のトレッキングポールを立て体重を掛けたところ、
ポキッと折れて頭から背負い投げの体勢で草付きの斜面へ落ちました。
怪我はありませんでした。油断してました。
トレッキングポールの使い方がダメなので反省します。

道間違いも3回やってしまいました。
1回目は、六合目小屋から尾根筋で仙丈ケ岳に見とれて、尾根筋の右側にある
道に気付かず、左側の七丈ヶ滝尾根を下降。
2回目は、烏帽子岳への巻き道へ突入。これは事前に知っていて、
注意していましたが、やってしまいました。
3回目は、三角点ピークに気付かずに編笠山の方へ行ってしまったこと。
これは道間違い感が全く無かったのでショック大きかったです。

まあ、無事に帰ってこられて良かったです。
スマホは修理中。トレッキングポールは当面無しです。
今年最大の山行ですかね。

2017/10/19動画を追加しました。


訪問者数:818人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ