また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1289603 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走妙高・戸隠・雨飾

妙高山・火打山(笹ヶ峰から日帰り)日没下山で道迷いも(×_×)

日程 2017年10月14日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇 時々 晴と霧
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間12分
休憩
52分
合計
12時間4分
S笹ヶ峰登山口06:1606:58黒沢橋07:59富士見平分岐08:0108:39黒沢池ヒュッテ08:4309:09大倉乗越09:39長助池分岐10:38妙高山(北峰)10:45妙高山10:4710:53妙高山(北峰)11:0711:51長助池分岐11:5212:26大倉乗越12:2712:43黒沢池ヒュッテ12:5613:24茶臼山13:45高谷池ヒュッテ13:4714:29ライチョウ平14:58火打山15:0915:28ライチョウ平15:50天狗の庭16:04高谷池ヒュッテ16:0516:38富士見平分岐18:18笹ヶ峰登山口18:1918:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
高谷池ヒュッテと黒沢池ヒュッテを結ぶ(火打↔妙高間の)登山道は藪が目立つ。両山ともメイン登山道はよく整備されている。
黒沢橋↔富士平間の半分及び妙高山直下は明らかな急登、ヘッドランプでの夜間歩行は避けるべき。
ルートはとりあえずのもの、帰りの道迷い等未反映。

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック ザックカバー 昼ご飯 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め ロールペーパー 保険証 携帯 時計 タオル ストック

写真

前日は高速のPAで車中泊。深夜割引の関係で4時前に起きて移動・行動していたのですが、気乗りせず・・・。登山開始は6時16分。5時半までに出発の予定がだいぶ遅れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前日は高速のPAで車中泊。深夜割引の関係で4時前に起きて移動・行動していたのですが、気乗りせず・・・。登山開始は6時16分。5時半までに出発の予定がだいぶ遅れました。
火打山・妙高山登山口。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山・妙高山登山口。
1
ここから登山道開始です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから登山道開始です。
1
緩やかな傾斜の木道で始まります
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
緩やかな傾斜の木道で始まります
グリーンハウスへと続く遊歩道の分岐。
帰りにとんでもない事になる分岐です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンハウスへと続く遊歩道の分岐。
帰りにとんでもない事になる分岐です。
このところ雨が多いせいか土路面は全体的に緩い感じです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このところ雨が多いせいか土路面は全体的に緩い感じです。
紅葉はピークを過ぎてかなり落ちています、落ち葉が多め。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉はピークを過ぎてかなり落ちています、落ち葉が多め。
黒沢橋、もう少し来るのが早ければ素晴らしい紅葉だったでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋、もう少し来るのが早ければ素晴らしい紅葉だったでしょう。
1
黒沢橋からの景観、素敵でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋からの景観、素敵でした。
黒沢橋を越えると急登ががはじまります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢橋を越えると急登ががはじまります。
途中12曲がりを越えても侮れない急登が続きました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中12曲がりを越えても侮れない急登が続きました。
富士見平へ到着、一息つきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平へ到着、一息つきます。
傾斜はあまりないのですが、ぬかるんだ道が増えていきます・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
傾斜はあまりないのですが、ぬかるんだ道が増えていきます・・・。
途中1回、ものの見事に(^^)足を滑らせてザックも地面にデスタッチ。(たまたま)受け身をとるような綺麗なこけ方だったため何事もありませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中1回、ものの見事に(^^)足を滑らせてザックも地面にデスタッチ。(たまたま)受け身をとるような綺麗なこけ方だったため何事もありませんでした。
湿原地帯に突入、気持ちよく歩ける地帯。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原地帯に突入、気持ちよく歩ける地帯。
遠くの山並みを眺めながら、木道を進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くの山並みを眺めながら、木道を進みます。
黒沢池ヒュッテに到着。オレンジジュース、CCレモン等のビタミンC飲料を買いたかったのですが、管理人・スタッフが見つからず。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢池ヒュッテに到着。オレンジジュース、CCレモン等のビタミンC飲料を買いたかったのですが、管理人・スタッフが見つからず。
1
手持ちの飲料で、喉を潤してから妙高山へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ちの飲料で、喉を潤してから妙高山へ。
ぬかるんで滑りやすい土路面が多く、慎重に進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるんで滑りやすい土路面が多く、慎重に進みます。
大倉乗越、外輪山を越えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越、外輪山を越えました。
山頂部は雲に隠れていますが、妙高山のすくっとした山容が目前に登場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂部は雲に隠れていますが、妙高山のすくっとした山容が目前に登場です。
大倉乗越以降は、土質が違うのか滑りにくくはなりましたが急下降気味。勾配の緩い箇所も狭めのトラバースで侮れません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越以降は、土質が違うのか滑りにくくはなりましたが急下降気味。勾配の緩い箇所も狭めのトラバースで侮れません。
長助池分岐。外輪山をおりきって、ここから頂上に向けての急登がはじまります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長助池分岐。外輪山をおりきって、ここから頂上に向けての急登がはじまります。
ひたすら急登が続くので、黙々といきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひたすら急登が続くので、黙々といきます。
頂上手前のほこら。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上手前のほこら。
三角点のある妙高山北峰に到着。最高峰は南峰のため早々にパスします。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点のある妙高山北峰に到着。最高峰は南峰のため早々にパスします。
妙高山最高地点の妙高大神。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山最高地点の妙高大神。
1
妙高山南峰に到着です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山南峰に到着です。
百名山39座目。
サンキューのピース!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
百名山39座目。
サンキューのピース!
北アルプスの山並み。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの山並み。
雲隠れしたり、顔を出したりの近隣の山々。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲隠れしたり、顔を出したりの近隣の山々。
広くて休憩の方が多い北峰にリターン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
広くて休憩の方が多い北峰にリターン。
北アルプス中部?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス中部?
北アルプス北部。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス北部。
次は火打、休憩は手短に済ませて来た道を戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は火打、休憩は手短に済ませて来た道を戻ります。
振り返って妙高山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って妙高山。
外輪山への登り返し、小雨もぱらつきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外輪山への登り返し、小雨もぱらつきました。
大倉乗越へリターン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大倉乗越へリターン。
雲が多くて幻想的な妙高山。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲が多くて幻想的な妙高山。
滑りやすい土路面が多い中をおりていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑りやすい土路面が多い中をおりていきます。
黒沢池ヒュッテにリターン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒沢池ヒュッテにリターン。
軽く行動食を頂いてガスガスの中、火打山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
軽く行動食を頂いてガスガスの中、火打山へ向かいます。
先ずは茶臼山を目指します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先ずは茶臼山を目指します。
これまでのよく整備された登山道ではなく、藪も目につくほどほどに整備された道が続きます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これまでのよく整備された登山道ではなく、藪も目につくほどほどに整備された道が続きます。
茶臼山に到着。一通過点といった場所でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山に到着。一通過点といった場所でした。
茶臼山の下山は登り同様緩やか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
茶臼山の下山は登り同様緩やか。
高層湿原の木道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高層湿原の木道。
高谷池ヒュッテ。土曜の山小屋ということもあってか飲料はアルコールと濾過された水しかなく、ジュースは完売していました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池ヒュッテ。土曜の山小屋ということもあってか飲料はアルコールと濾過された水しかなく、ジュースは完売していました。
1
高谷池。テントも散見されます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高谷池。テントも散見されます。
手持ちの飲料で喉を潤してから火打山へ向かいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手持ちの飲料で喉を潤してから火打山へ向かいます。
湿原の木道歩き。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
湿原の木道歩き。
妙高山と比べれば、緩やかに登っていきます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妙高山と比べれば、緩やかに登っていきます。
この後、藪の中を歩いている雷鳥4羽を確認。
今日みたいなガスが多い日や雨の日は本当によく目にすることができます(^_^)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後、藪の中を歩いている雷鳥4羽を確認。
今日みたいなガスが多い日や雨の日は本当によく目にすることができます(^_^)
ターゲットの火打山も、後一踏ん張りです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ターゲットの火打山も、後一踏ん張りです。
火打山山頂に到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
火打山山頂に到着。
祝、百名山40座達成です。
来年の50座、百名山ハーフハンターの称号も現実味を帯びてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祝、百名山40座達成です。
来年の50座、百名山ハーフハンターの称号も現実味を帯びてきました。
1
辺り一面、ガスガス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
辺り一面、ガスガス。
展望ゼロです・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展望ゼロです・・・。
休憩は軽く済ませて、早々に下山を開始しました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩は軽く済ませて、早々に下山を開始しました。
ガスがはれれば、美しい湿原が広がります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスがはれれば、美しい湿原が広がります。
既に16時を回っていたため、高谷池ヒュッテには寄らずに先を急ぎます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
既に16時を回っていたため、高谷池ヒュッテには寄らずに先を急ぎます。
しばらくは歩きやすい木道。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばらくは歩きやすい木道。
富士見平を抜けて少しだけ木道あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見平を抜けて少しだけ木道あり。
程なく急下降気味の登山道へ変わります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく急下降気味の登山道へ変わります。
途中日没を迎えますが、なんとか急登の黒沢橋までは越えることができました。
この後はヘッドランプの明かりでの緩やかな夜間ハイキングのはずでした・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中日没を迎えますが、なんとか急登の黒沢橋までは越えることができました。
この後はヘッドランプの明かりでの緩やかな夜間ハイキングのはずでした・・・。
ヘッドランプで下山中、残り1.5km位の地点で道標を見失いルートロスト。別の遊歩道に迷い込みとても怖い思いをしました。
やはりヘッドランプでの下山はリスクが高いものでした・・・、登山口に無事帰還出来たときはホットするとともに一気に力が抜けました。とても苦労した登山となりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘッドランプで下山中、残り1.5km位の地点で道標を見失いルートロスト。別の遊歩道に迷い込みとても怖い思いをしました。
やはりヘッドランプでの下山はリスクが高いものでした・・・、登山口に無事帰還出来たときはホットするとともに一気に力が抜けました。とても苦労した登山となりました!
2

感想/記録

今回の登山は前日車中泊で、妙高・火打の百名山2座日帰り。
5時半過ぎに出発の予定が(最近毎度の気分がのらないという理由の遅延で)6時20分頃の出発・・・。自分の脚力では日没までの下山について早々にイエロー信号点灯(×_×)

長丁場なのでハイペースにならないように注意しつつ、大変な妙高山からアタックしました。妙高山は長助池分岐からの登り返しが予想どおりの急登。その山容からも近隣の高妻山の最後の急登と同じ感覚。凡人が無理すると(力を)出し切って潰れそうな雰囲気があり黙々と自分を抑えつつ登りました。妙高山を下山して黒沢池ヒュッテまで戻ると既にやり遂げた感一杯、お腹一杯でした。そこから更にもう一山ですから大変でした。火打に行く途中、高谷池ヒュッテをのぞくとザックが沢山。10月中旬の(新潟の)土曜日ということで、私みたいな冬前最後の駆け込みハイカーが多いのかもしれません。アルコール(と濾過された水)以外の飲料は全て売り切れでした。火打山までの行程は尾瀬の至仏山と似た雰囲。(比較的)なだらかな山容のターゲットを拝みつ高層湿原を経由して山頂を目指すという優美な道のり。写真にはおさめられませんでしたが雷鳥4羽にも遭遇する事が出来ました(^-^)。笹ヶ峰からの火打山ピストンならば体力的に程よい中級登山が楽しめる感じでした。

今回の最大の山場は、笹ヶ峰までの下山。途中で日没を迎えてのヘッドランプ下山でした。ギリギリ急登箇所の黒沢橋までは何とかヘッドランプを点灯せずにすみ、なだらかな行程のみの夜間ハイクでしたが残り1.5km位の地点で道を間違えます・・・15〜20分位違う道を進んでしまい歩いた道を引き返す事に・・・遭難手前の恐怖と緊張の体験でした・・・。後で確認すると別の遊歩道に迷い込んだだけでしたが視界の狭い暗い山の中でのひとりぼっちのルートロストは恐怖感倍増でとても心臓に悪いものでした(×_×)。
※翌日500ルーメンの明るいヘッドランプを新調しました

やっぱりヘッドランプでの下山はとても危険で極力避けるべき事でした。往路の登りであれば山頂に向かうため先細りの行程で更に最悪ルートロストでも停滞していれば夜明けを迎えて道が開けます。
が、下山は真逆です。徐々に夜がふけて裾野が広がるわけで、ルートロストしたまま進めば進むほど危険性が加速度的に増加します・・・。今回最悪ヘッドランプで下山すればいいやといった感じで山を甘く見ていました、猛反省ものです。
朝早出のヘッドランプ歩行は計画に入れてもリスクは低く支障ないと思いますが、逆のヘッドランプ下山計画は絶対にだめな事でした。
計画は全て日没までに下山できるものが妥当でした。アクシデント等で遅れた場合、緊急事態としてのみ許されるのがヘッドランプ下山だということを身をもって経験する事が出来ました。(今回も)とても勉強になる登山となりました。

今後はよりいっそうリスク回避を意識して登山を満喫していこうと思います。ありがとうございました。
訪問者数:555人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ