また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1354723 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

南八ヶ岳日帰り縦走(御小屋尾根から阿弥陀岳・赤岳・横岳・硫黄岳)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2018年01月05日(金) [日帰り]
メンバー
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間40分
休憩
1時間2分
合計
12時間42分
S美濃戸口02:3302:33八ヶ岳山荘04:07御小屋山04:1205:03不動清水07:05西の肩(岩場)07:15阿弥陀岳07:2507:47中岳のコル08:07中岳08:41文三郎尾根分岐09:00赤岳09:1509:51地蔵の頭09:55二十三夜峰10:22日ノ岳10:25鉾岳10:43横岳(三叉峰)10:58横岳11:0711:21台座ノ頭11:41硫黄岳山荘12:07硫黄岳12:1512:27赤岩の頭13:12赤岳鉱泉13:2414:22赤岳山荘14:2515:15美濃戸口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
5日の時点で、雪は少なめ。
いつもの危険個所である、阿弥陀岳の下り、鉾岳トラバース、横岳の先の岩場は、いつもより安全(5日時点)です。
過去天気図(気象庁) 2018年01月の天気図 [pdf]

写真

午前2時30分、美濃戸口出発。
2018年01月05日 02:33撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前2時30分、美濃戸口出発。
1
別荘を抜け、登山口に到着。
2018年01月05日 02:58撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別荘を抜け、登山口に到着。
暗いから写真抜きで、一気に御小屋山到着。
2018年01月05日 04:12撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗いから写真抜きで、一気に御小屋山到着。
月がおおきい。そして、月のまわりに輪がかかっている。
2018年01月05日 04:57撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月がおおきい。そして、月のまわりに輪がかかっている。
1
不動清水。
体調が、いまいち。
2018年01月05日 05:03撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不動清水。
体調が、いまいち。
前に撤退したところ。
ここまで来ると、感慨深い。
すぐ先が、阿弥陀岳山頂。
2018年01月05日 06:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前に撤退したところ。
ここまで来ると、感慨深い。
すぐ先が、阿弥陀岳山頂。
1
振り返ると、諏訪方面の夜景。
2018年01月05日 06:23撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、諏訪方面の夜景。
1
阿弥陀への登りから見る、横岳と硫黄岳。
天気崩れないかも。
2018年01月05日 06:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀への登りから見る、横岳と硫黄岳。
天気崩れないかも。
2
阿弥陀への最後の登りは、結構、急。
2018年01月05日 06:37撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀への最後の登りは、結構、急。
1
西の肩到着。あと一息。
2018年01月05日 07:05撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の肩到着。あと一息。
1
阿弥陀岳!!
来られてうれしい。
2018年01月05日 07:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳!!
来られてうれしい。
4
富士山は雲海の上に、頭を出す。
いいかんじ。
2018年01月05日 07:15撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山は雲海の上に、頭を出す。
いいかんじ。
3
赤岳の太陽。
きれいでした。
2018年01月05日 07:21撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の太陽。
きれいでした。
4
さー、縦走開始。
中岳あたりからは、南八ヶ岳が全部展望できます。
2018年01月05日 07:51撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、縦走開始。
中岳あたりからは、南八ヶ岳が全部展望できます。
1
赤岳近辺から、阿弥陀岳を振り返る。かっこよい。
2018年01月05日 08:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳近辺から、阿弥陀岳を振り返る。かっこよい。
2
赤岳山頂から、阿弥陀岳。
稜線部分を歩いてきました。
2018年01月05日 09:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂から、阿弥陀岳。
稜線部分を歩いてきました。
1
赤岳の山頂標識。
奥は、清里。
2018年01月05日 09:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳の山頂標識。
奥は、清里。
2
これから行く、南八ヶ岳。
がんばるぞ〜!
2018年01月05日 09:27撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから行く、南八ヶ岳。
がんばるぞ〜!
1
地蔵の頭の先から、赤岳をふりかえる。
なんと、カッコよい山であることか。
2018年01月05日 10:11撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵の頭の先から、赤岳をふりかえる。
なんと、カッコよい山であることか。
2
日ノ岳のルンゼの登り。
急だけれども、意外に楽だった。
2018年01月05日 10:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日ノ岳のルンゼの登り。
急だけれども、意外に楽だった。
1
かっこい〜〜、八ヶ岳。
2018年01月05日 10:16撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かっこい〜〜、八ヶ岳。
2
私の鬼門、鉾岳トラバース。
が、雪が少なくて、安全だった。
2018年01月05日 10:25撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私の鬼門、鉾岳トラバース。
が、雪が少なくて、安全だった。
2
横岳〜! と、富士山。
2018年01月05日 11:00撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳〜! と、富士山。
2
横岳先の怖いところ。
細っ!!
2018年01月05日 11:08撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横岳先の怖いところ。
細っ!!
1
ここも雪が少なくて、トラバースできました。
雪が多いと、この岩のトップをの越えなくてはならなくて、それはちょっと怖い。
2018年01月05日 11:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも雪が少なくて、トラバースできました。
雪が多いと、この岩のトップをの越えなくてはならなくて、それはちょっと怖い。
硫黄岳山荘から硫黄岳までの道は、苦手。
だらだらしたなだらかな登りは、「いつになったらつくんだ〜」という気持ちにさせられる。
2018年01月05日 11:41撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳山荘から硫黄岳までの道は、苦手。
だらだらしたなだらかな登りは、「いつになったらつくんだ〜」という気持ちにさせられる。
はい、硫黄岳。
風が冷たかったっす。
2018年01月05日 12:14撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はい、硫黄岳。
風が冷たかったっす。
4
南八ヶ岳は、カッコよいよね。
2018年01月05日 12:18撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南八ヶ岳は、カッコよいよね。
1
樹林越しに見る八ヶ岳も、すっばらしいよね。
2018年01月05日 12:30撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林越しに見る八ヶ岳も、すっばらしいよね。
1
赤岳鉱泉のアイスキャンディー。
すげー、成長していた。
2018年01月05日 13:24撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンディー。
すげー、成長していた。
2
沢の表面に、薄く氷が張っていて、不思議な造形。
真ん中アヒルっぽい。
手前左は、ダイオウクマムシ??
2018年01月05日 13:32撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢の表面に、薄く氷が張っていて、不思議な造形。
真ん中アヒルっぽい。
手前左は、ダイオウクマムシ??
北沢の道が、しばらく沢からの水が凍って、スケートリンク状態です。
これから行かれる方、ご注意ください。
2018年01月05日 14:10撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北沢の道が、しばらく沢からの水が凍って、スケートリンク状態です。
これから行かれる方、ご注意ください。
1
さー、美濃戸口にもどってきました。
まだ三時過ぎなのに、なんか夕方ムードだね。
2018年01月05日 15:13撮影 by Canon PowerShot S120, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さー、美濃戸口にもどってきました。
まだ三時過ぎなのに、なんか夕方ムードだね。
撮影機材:

感想/記録

3年ぶりの、積雪期南八ヶ岳日帰り縦走でした。
今年は雪が少なめなのか、いつも難しいところの難度が少し下がっていました。

夜出発して、阿弥陀岳に登るまでは、なんだか体調が悪くて普段より時間がかかりました。
そんななんで、ひとまず赤岳まで行って、その先どうするか考えようと思っていましたが、赤岳についた時には体調はすっかり良くなっていました。

この日の天気は曇りの予報でしたが、13時くらいまではいい感じに晴れていて、快適な登山でした。
きれいな青空を終始見るわけではありませんでしたが、やはり八ヶ岳は胸に迫る美しさでした。

もう一つの趣味のほうが3月頭に会って、また少し山から遠ざかる可能性があるのですが、すばらしい山初めでした。
やっぱり雪山は、楽しいや〜!
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:461人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ