また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1408474 全員に公開 雪山ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

山頂からの大絶景に妻、唖然!大満足スノーハイク@唐松岳♪

日程 2018年03月24日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候終始ド快晴☀
唐松山荘の尾根まで無風〜弱風。
山頂はそれなりの強風。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
■前泊@八方第3P (WCあり)
 http://www.happo-one.jp/access/parking
 路面凍結や圧雪等、一切なし。サマータイヤ可。

■当日@B駐車場 (ゴンドラ近辺P) @¥600/台/日
 5:45起床、6時到着時、6〜7割程度の入りも、6:30頃で満車。
 他にも色々民間Pあり。(中には¥500/台も)

■ゴンドラ、リフト情報
 http://www.happo-one.jp/gelande/lift
 アダム → アルペンクワッド → グラートクラッド → 八方池山荘前到着
 往復@¥2,900/人 (但し、強風時は一括購入出来ない)
 尚、購入時に登山届の用紙提出、内容確認あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち47%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
3時間59分
休憩
1時間8分
合計
5時間7分
Sスタート地点08:2908:41石神井ケルン08:47第2ケルン08:5308:57八方ケルン09:05第三ケルン09:54丸山09:5510:27唐松岳頂上山荘10:2910:52唐松岳11:2711:32唐松岳頂上山荘11:5512:30丸山13:09第三ケルン13:13八方ケルン13:18第2ケルン13:24石神井ケルン13:2513:36八方池山荘13:36ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
全般を通して、特に危険箇所なし。
トレースを外さなければ、ワカン、シュー不要。
アイゼン、ピッケル、必携。(使用是非は現地判断)
山頂直下のトラバースのみ、非常に狭い為、上下山での譲り合いが必要。
その他周辺情報八方の湯@¥800/人
過去天気図(気象庁) 2018年03月の天気図 [pdf]

写真

B駐車場は、アダムから最も近いP。
WCが無いので、ここで車中泊は出来ませんでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
B駐車場は、アダムから最も近いP。
WCが無いので、ここで車中泊は出来ませんでした。
1
人の流れに乗って、アダム → アルペン → グラートと乗り継いで、いきなりの絶景から開始。
右手を見れば、白馬三山!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
人の流れに乗って、アダム → アルペン → グラートと乗り継いで、いきなりの絶景から開始。
右手を見れば、白馬三山!
7
左手を見れば、五竜〜カシヤリ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手を見れば、五竜〜カシヤリ!
7
正面にはこれから進む綺麗な雪の尾根が。。。
素晴らしい!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面にはこれから進む綺麗な雪の尾根が。。。
素晴らしい!!
4
アイゼン装着し、記念撮影をお願いした。
が、ピンボケ!笑
くぅぅぅぅ〜〜!笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アイゼン装着し、記念撮影をお願いした。
が、ピンボケ!笑
くぅぅぅぅ〜〜!笑
16
などとやってる間に、先ほどまでガラガラだったトレイルは行列行進に、、、!
し、しまった。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
などとやってる間に、先ほどまでガラガラだったトレイルは行列行進に、、、!
し、しまった。。。
7
なので、のんびりと景色を見ながら歩きます。
五竜とカシヤリ、荘厳ですなぁ。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なので、のんびりと景色を見ながら歩きます。
五竜とカシヤリ、荘厳ですなぁ。。。
6
荒々しい五竜に、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒々しい五竜に、、、
6
猫耳のカシヤリ。
まだまだ雪たっぷりの美しい姿で待ってくれています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫耳のカシヤリ。
まだまだ雪たっぷりの美しい姿で待ってくれています。
10
綺麗に並んだ白馬三山。
今年はまた残雪期に縦走し、営業前の鑓温泉+ビアを楽しもうと思っています。
楽しみ楽しみ♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗に並んだ白馬三山。
今年はまた残雪期に縦走し、営業前の鑓温泉+ビアを楽しもうと思っています。
楽しみ楽しみ♪
7
進む尾根、そして、奥に目指す唐松も奥に。
(不帰も見えています)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進む尾根、そして、奥に目指す唐松も奥に。
(不帰も見えています)
1
ほんと綺麗な雪景色。
この辺りは、緩やかな斜度の登りでポクポク感が堪りません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんと綺麗な雪景色。
この辺りは、緩やかな斜度の登りでポクポク感が堪りません。
せっかくなので、白馬三山が綺麗に見える場所にて記念撮影!
肌の露出、妻0%!笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくなので、白馬三山が綺麗に見える場所にて記念撮影!
肌の露出、妻0%!笑
6
紺碧の空に雲ひとつなし!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紺碧の空に雲ひとつなし!
6
顔ケルンに到着。
いつも愛くるしいな、こいつは。。。
荒天時には、とても貴重な目印になります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
顔ケルンに到着。
いつも愛くるしいな、こいつは。。。
荒天時には、とても貴重な目印になります。
1
点々々と並ぶ人の行進・・・
ムスカ大佐!人がアリのようであります!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
点々々と並ぶ人の行進・・・
ムスカ大佐!人がアリのようであります!!
7
エンヤコラと登り続け、ようやく丸山に到着。
ここらは強風だろうと予想し、手前でハードシェルを着込んだけど、無風〜弱風で暑い、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
エンヤコラと登り続け、ようやく丸山に到着。
ここらは強風だろうと予想し、手前でハードシェルを着込んだけど、無風〜弱風で暑い、、、
3
ここから主稜線まではあと少し。
フォトの奥に見えています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから主稜線まではあと少し。
フォトの奥に見えています。
2
左手に五竜。
主稜線に近付いてきて、風景が異なってきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に五竜。
主稜線に近付いてきて、風景が異なってきました。
1
シュカブラと雪庇、綺麗だなぁ。。。
ポクポク。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シュカブラと雪庇、綺麗だなぁ。。。
ポクポク。
3
妻、武尊山以来のハイクで少しヘバリ気味ですが、我妻ながら、ほんとタフな妻です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻、武尊山以来のハイクで少しヘバリ気味ですが、我妻ながら、ほんとタフな妻です!
5
主稜線までの最後の一登り。
(多くのレコでちょっと危ないと目にする事が多いですが、特に危険と感じる場所ではありませんでした)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線までの最後の一登り。
(多くのレコでちょっと危ないと目にする事が多いですが、特に危険と感じる場所ではありませんでした)
3
登り詰めると、、、

おぉぉぉぉ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り詰めると、、、

おぉぉぉぉ
3
ドーーーンと剱岳!!
なんという荘厳さでしょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ドーーーンと剱岳!!
なんという荘厳さでしょう。
14
今回、これをメインに見に来たのです。
やっぱり格好良いな、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回、これをメインに見に来たのです。
やっぱり格好良いな、、、
4
左手には五竜と北ア奥部の山々。
沢山のグリーンシーズンの思い出、そしてまた新たな思い出作りにワクワクします!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手には五竜と北ア奥部の山々。
沢山のグリーンシーズンの思い出、そしてまた新たな思い出作りにワクワクします!
5
目指す唐松、積雪期の方がピラミダルさが強調されて格好良い。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目指す唐松、積雪期の方がピラミダルさが強調されて格好良い。
4
これから登りだが、小屋との分岐で、ハードシェル内の防寒着等、あらかじめ着込む。
山頂でなるべく長く過ごしたいためだ。
エビの尻尾も分厚く重量級です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登りだが、小屋との分岐で、ハードシェル内の防寒着等、あらかじめ着込む。
山頂でなるべく長く過ごしたいためだ。
エビの尻尾も分厚く重量級です。
3
剱と唐松、画になります。

風はそれなりにありますが、恐らく、風速10M程度だったのでは、、、
ワタクシ「今日風ないね」
妻「?!風めっちゃ強いじゃん!!」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱と唐松、画になります。

風はそれなりにありますが、恐らく、風速10M程度だったのでは、、、
ワタクシ「今日風ないね」
妻「?!風めっちゃ強いじゃん!!」
2
八方尾根では背中側に、主稜線では右手側に、これまた素晴らしい景観を呈してくれている信州五岳の絶景。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方尾根では背中側に、主稜線では右手側に、これまた素晴らしい景観を呈してくれている信州五岳の絶景。
1
振り返って小屋。
夏道は、八方尾根から小屋右手側に出ますが、冬道は小屋左上のピーク右手に出ます。
尚、冬季小屋の開放等ありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って小屋。
夏道は、八方尾根から小屋右手側に出ますが、冬道は小屋左上のピーク右手に出ます。
尚、冬季小屋の開放等ありません。
1
妻、唐松山頂までもう少し。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻、唐松山頂までもう少し。。。
そして、積雪期の唐松岳ピークに!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、積雪期の唐松岳ピークに!
4
凄いダイナミックな雪の絶景を背後に今立っているんだよ〜〜〜!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄いダイナミックな雪の絶景を背後に今立っているんだよ〜〜〜!
9
夫婦で記念撮影!!
妻、ポーズがめちゃくちゃカッコイイじゃないか!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦で記念撮影!!
妻、ポーズがめちゃくちゃカッコイイじゃないか!
20
妻とここに立てて感動、とても嬉しいです!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻とここに立てて感動、とても嬉しいです!
15
すぐそこにある剱。
音なんて無いのにジョジョのように「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」という効果音が聞こえるような聞こえないような。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐそこにある剱。
音なんて無いのにジョジョのように「ゴゴゴゴゴゴゴゴゴゴ」という効果音が聞こえるような聞こえないような。。。
11
五竜、そして、北ア奥部の山々。
最も好きな山域、そこはロマンの宝庫です!笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜、そして、北ア奥部の山々。
最も好きな山域、そこはロマンの宝庫です!笑
2
ワタクシも記念撮影。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワタクシも記念撮影。
5
剱は、百名山最後の1座として、ずーっと取ってあるのです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱は、百名山最後の1座として、ずーっと取ってあるのです。
5
が、我慢出来るかどうか、、、
早くあのピークに立ちたい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
が、我慢出来るかどうか、、、
早くあのピークに立ちたい!
4
ちなみに、五竜の奥の方に、槍様も出ていますよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちなみに、五竜の奥の方に、槍様も出ていますよ〜。
6
もっと居たかったが、妻が指先が痛過ぎて降りたいという。
厳冬期用オーバーグラヴをするタイミングが遅かった様です。
ちなみにワタクシはインナーのみで全然OKでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もっと居たかったが、妻が指先が痛過ぎて降りたいという。
厳冬期用オーバーグラヴをするタイミングが遅かった様です。
ちなみにワタクシはインナーのみで全然OKでした。
1
そして、小屋上まで戻り、微風地帯を見付け、大絶景を見ながら、本日の目的その◆
右に、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、小屋上まで戻り、微風地帯を見付け、大絶景を見ながら、本日の目的その◆
右に、、、
3
やっぱど真ん中!
カンパーーーイ!!

最高の昼食タイムを過ごせました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっぱど真ん中!
カンパーーーイ!!

最高の昼食タイムを過ごせました。
4
さて、とても名残惜しいですが下山開始します。
主稜線からの下り始めの風景。
おわかりの通り、特に危険箇所はありません。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、とても名残惜しいですが下山開始します。
主稜線からの下り始めの風景。
おわかりの通り、特に危険箇所はありません。
2
太陽の角度が変わってきて、五竜ーカシヤリの陰影も朝と変わって来ました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽の角度が変わってきて、五竜ーカシヤリの陰影も朝と変わって来ました。
2
迫力を増す五竜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力を増す五竜。
2
ちょうど真上から照らされ、違う表情を見せるカシヤリ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうど真上から照らされ、違う表情を見せるカシヤリ。
1
ポクポクの無風ゾーンまで戻り、白馬バックにまたもや撮影。
いやほんと、ついつい何度も撮ってしまうのです^^;
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポクポクの無風ゾーンまで戻り、白馬バックにまたもや撮影。
いやほんと、ついつい何度も撮ってしまうのです^^;
4
陰影でまたもや表情を変える五竜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
陰影でまたもや表情を変える五竜。
カシヤリも全然違う表情に。
ほんと山って美しいですね。。。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カシヤリも全然違う表情に。
ほんと山って美しいですね。。。
2
山の神様、最高の機会をくれて、ありがとーーーーーう!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の神様、最高の機会をくれて、ありがとーーーーーう!!
3
この時間だと、雪面はシュプールだらけ。
まるで落書きされたみたい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間だと、雪面はシュプールだらけ。
まるで落書きされたみたい。
2
そうだ!
格好良い五竜とカシヤリをバックに写真を撮ろう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そうだ!
格好良い五竜とカシヤリをバックに写真を撮ろう!
6
お、妻が初めて顔を出した笑

本当に素晴らしいのんびりハイクになりました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、妻が初めて顔を出した笑

本当に素晴らしいのんびりハイクになりました。
10
グラートクワッドで下り、カフェ・ピラールにてワタクシだけ2回目の昼食!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グラートクワッドで下り、カフェ・ピラールにてワタクシだけ2回目の昼食!
6

感想/記録

北アの雪山入門的な山として位置付けられる唐松岳。
このルートで気をつけなければならないのは、
やはり、風と荒天時のホワイトアウトだと思う。
想像しただけで恐ろしい、、、

が、今回の様に天候にさえ恵まれれば、
難易度は下がり、ポクポクスノーハイクに最高の山だ。

てんくらもヤマテンもAM共に快晴予報。
風に至っては、終日穏やか予報だった為、
元々計画していた別のソロプランを変更し、
久しぶりに妻とポクポクハイクに来たのでした。

そして、この日は終日素晴らしい天気に恵まれ、
春の陽気の中、八方尾根でも時々鳥のさえずりを聴きながら、
ハッピーハイクを楽しむ事が出来ました。


今回、妻が唐松山頂からの雪の大絶景に唖然、、、
信じられない風景を目の当たりにし、感動の独り言が止まらない自体に!笑

本当に凄いものを見た時、感動した時、
周りを忘れ、ただただその驚きが自然と口からこぼれる、、、

まさにそんな状況でした^^

吹き荒む冷たい風の中、明らかに下界とは異なる空気感。
そんな中で、グリーンシーズンとは全く違うその絶景。
白と黒しかないモノトーンですが、
雄弁に語りかける何かを感じたのでしょう。

妻、一緒に登ってくれてありがとう!
また次回のハイクも楽しもう^^
訪問者数:1072人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/12/25
投稿数: 6019
2018/3/26 19:57
 凄いdスネ
messiah さん、こんにちは

アルプスの雪山となると白さが違いますね。
別世界です。
無茶凄い所ですね。

奥様も大感動、月面着陸を果たした宇宙飛行士のような
お姿ですね。
登録日: 2010/8/9
投稿数: 2032
2018/3/26 20:59
 Re: 凄いdスネ
higurasiさん、コメントいただきありがとうございます。

北アはやっぱり雪の残り具合が全然違って、
まだまだたっぷりのスノーハイクを愉しむことが出来ます

ただ、たった今、higurasiさんが唐松を登る事を想像してみたのですが、、、
やっぱなんかチガウ。。。

藪の伝道師のhigurasiさんは、スノーシーズンでも、
人がワンサカの所を歩いてるのが似合わない!!
やはり孤高で、エクシカリパーシャキーン!ワカンジャキーン!じゃないと

玄人ルート、クラッシックルートを歩いてこそhigurasiさんですね
登録日: 2009/5/17
投稿数: 25
2018/4/1 13:08
 お久しぶりです。
凄いですね。
登録日: 2010/8/9
投稿数: 2032
2018/4/1 22:37
 Re: お久しぶりです。
これはこれはNISSYさん!
随分とご無沙汰しております。
NISSYさんに八ヶ岳の赤岳鉱泉で教えていただいヤマレコ、
その後、大変活用させていただいております。
本当にありがとうございます。

その後、如何お過ごしでしょうか。
山は当然続けられておられると思いますが、
また何処かのテン場で、
是非一杯ご一緒させていただけるのを楽しみにしています!

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ