また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1435696 全員に公開 雪山ハイキング甲信越

【川内山塊】木六山・銀太郎山 雪崩に磨かれた山々

日程 2018年04月22日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
●北陸自動車道・三条燕ICより悪場峠まで、車でおよそ40分。村松公園より県道17号で早出川ダムへと向かい、途中で右折して林道に入ります。悪場峠へは「チャレンジランド杉川」側、「衣岩」側からのどちらも通行可。
●五泉市ホームページ「チャレンジランド杉川」
 https://www.city.gosen.lg.jp/organization/21/3/829.html
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
11時間20分
休憩
7分
合計
11時間27分
S悪場峠05:5306:31水無平。悪場峠-杉川分岐06:3306:38水無平06:3907:57木六山07:5809:33七郎平山10:43銀次郎山11:51銀太郎山11:5313:41銀次郎山14:19七郎平山15:42木六山15:4316:51水無平16:56水無平。悪場峠-杉川分岐17:19悪場峠17:20ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
●登山口…悪場峠に登山口を示す標柱や看板はナシ。ただ、しっかりした踏み跡がありますので、なんとなく分かります。
●序盤、「仏峠→水無平」区間、トラバースあり。草で足元が見えない場所もありますので、ご注意下さい。
●「水無平」はどこもかしこも同じに見えて迷いやすいです。ピンクテープは必要最小限の数しか付いていません。
●「木六山→赤花ノ頭→七郎平山」区間、距離が長くアップダウンもあります。ここの通過で体力を消耗しました。
●「赤花ノ頭→七郎平山」区間、やや長めのトラバースあり。手がかりとなるヤブも少なく、イヤらしい感じでした。ただ、万が一滑落しても、ヤブが多いため斜面すぐ下のどこかに引っかかるはずです。
●「七郎平山」直下に雪の急斜面があります(往路ではピークの手前)。ツボ足で登れましたが、注意が必要です。
●ワカン、6本爪アイゼンを携行しましたが、どちらも使用しませんでした。
●水場…七郎平山直下の急斜面を登り切った先に水場アリ。十分な水量が流れていました。
●虫…山ヒルは0匹。小さいブヨが20匹ほど、終始まとわりついていました。
●登山ポストなし。登山届はメールフォームにて新潟県警に提出しました。
 https://www.police.pref.niigata.jp/
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 日よけキャップ 靴下 グローブ 雨具 ザック 輪カンジキ アイゼン 昼ご飯 行動食 水筒(保温性) コンパス ヘッドランプ GPS ガイド地図(ブック) 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ

写真

●*銀次郎山からの展望
2018年04月22日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*銀次郎山からの展望
16
●●左奥 太郎山&魚止山
2018年04月22日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●左奥 太郎山&魚止山
15
●●●*中央に銀太郎山
2018年04月22日 11:00撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*中央に銀太郎山
36
●●●●*進路・登山道
2018年04月22日 10:59撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*進路・登山道
11
●*1000m峰より山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*1000m峰より山座同定
9
●●*正面に銀次郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*正面に銀次郎山
17
●●●*日本平山・鍋倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*日本平山・鍋倉山
9
●●●●*大方山・広倉沢
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*大方山・広倉沢
8
【朝を迎える菅名岳】
5時10分、県道17号・新潟村松三川線を走行し、悪場峠に向かいます。菅名岳の奥がしだいに赤く染まります。
2018年04月22日 05:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【朝を迎える菅名岳】
5時10分、県道17号・新潟村松三川線を走行し、悪場峠に向かいます。菅名岳の奥がしだいに赤く染まります。
28
早朝の早出川の風景。早出川ダムの手前、笹目集落から右折して林道に入ります。路面は概ね良好です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早朝の早出川の風景。早出川ダムの手前、笹目集落から右折して林道に入ります。路面は概ね良好です。
18
【悪場峠に到着】
5時43分、クネクネした林道を走り、悪場峠に到着。駐車場はないため路駐。すでに6台ありました。
2018年04月22日 05:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【悪場峠に到着】
5時43分、クネクネした林道を走り、悪場峠に到着。駐車場はないため路駐。すでに6台ありました。
8
【悪場峠の登山口】
5時53分、悪場峠より登山開始。登山口に標柱や目印はありませんが、しっかりした踏み跡があります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【悪場峠の登山口】
5時53分、悪場峠より登山開始。登山口に標柱や目印はありませんが、しっかりした踏み跡があります。
9
【まずは仏峠へ向かう】
まずは右から回り込んで仏峠に向かう。写真、仏峠の位置が間違っているかもしれませんが、大体あの辺りです…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【まずは仏峠へ向かう】
まずは右から回り込んで仏峠に向かう。写真、仏峠の位置が間違っているかもしれませんが、大体あの辺りです…
3
早くもイワウチワがお出迎え。「今日は暑くなりそう。気をつけて行ってくるよ…」
2018年04月22日 06:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早くもイワウチワがお出迎え。「今日は暑くなりそう。気をつけて行ってくるよ…」
36
静かなブナ林を歩きます。ちょっぴりヤブがせり出していますが、登山道に危険なし。「ややワイルドです…」
2018年04月22日 06:10撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
静かなブナ林を歩きます。ちょっぴりヤブがせり出していますが、登山道に危険なし。「ややワイルドです…」
17
【仏峠を通過】
6時15分、仏峠を通過。ここから尾根を外れてトラバースし、水無平へ下降を開始。
2018年04月22日 06:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【仏峠を通過】
6時15分、仏峠を通過。ここから尾根を外れてトラバースし、水無平へ下降を開始。
4
【トラバース・注意】
「仏峠→水無平」区間、トラバースがしばらく続きます。ヤブで足元が見えない場所もあり、注意が必要です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【トラバース・注意】
「仏峠→水無平」区間、トラバースがしばらく続きます。ヤブで足元が見えない場所もあり、注意が必要です。
5
仏峠付近からの進行方向の展望。いま向かっている水無平、さらに後ほど登る「木六山」が見えます。
2018年04月25日 17:57撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仏峠付近からの進行方向の展望。いま向かっている水無平、さらに後ほど登る「木六山」が見えます。
4
【川内山塊・毛石山】
さらに目を右に移しますと、グシノ峰から北へ伸びる尾根の向こうに「毛石山」がどっしりと構えています。
2018年04月22日 06:26撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【川内山塊・毛石山】
さらに目を右に移しますと、グシノ峰から北へ伸びる尾根の向こうに「毛石山」がどっしりと構えています。
20
6時31分、トラバースをパスしました。カタクリの群落を横目に、ゆるい斜面を下り続けます。「ホッとしましたね…」
2018年04月22日 06:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
6時31分、トラバースをパスしました。カタクリの群落を横目に、ゆるい斜面を下り続けます。「ホッとしましたね…」
37
【水無平・迷いやすい】
6時35分、水無平を歩きます。どこもかしもこも同じに見えて、迷いやすいです。ピンクテープもごくわずか。
2018年04月22日 06:35撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【水無平・迷いやすい】
6時35分、水無平を歩きます。どこもかしもこも同じに見えて、迷いやすいです。ピンクテープもごくわずか。
8
【急斜面が始まる】
6時45分、水無平を抜け、尾根に向かって急斜面。つづら折りで登ります。「急坂が続きますよ…」
2018年04月22日 06:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【急斜面が始まる】
6時45分、水無平を抜け、尾根に向かって急斜面。つづら折りで登ります。「急坂が続きますよ…」
5
急登にあえぎながら、後方を振り返ります。これまで歩いてきた仏峠や水無平が眼下に見えます。「歩き始めて1時間です…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急登にあえぎながら、後方を振り返ります。これまで歩いてきた仏峠や水無平が眼下に見えます。「歩き始めて1時間です…」
3
【ヤマザクラと越後白山】
日陰となった山桜。その奥に浮かぶ越後白山を眺めながら、尾根を目指し続けます。
2018年04月22日 07:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【ヤマザクラと越後白山】
日陰となった山桜。その奥に浮かぶ越後白山を眺めながら、尾根を目指し続けます。
25
木六山にて出会った花1
ヤマザクラ
2018年04月22日 07:11撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木六山にて出会った花1
ヤマザクラ
23
木六山にて出会った花2
ムラサキヤシオツツジ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木六山にて出会った花2
ムラサキヤシオツツジ
28
木六山にて出会った花3
タムシバ
2018年04月22日 07:33撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木六山にて出会った花3
タムシバ
33
木六山にて出会った花4
ユキツバキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木六山にて出会った花4
ユキツバキ
14
【焼峰の神様を通過】
7時09分、急登から解放されてゆるい斜面を斜上。尾根に上がり「焼峰の神様」を通過。小さな石祠アリ。
2018年04月22日 07:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【焼峰の神様を通過】
7時09分、急登から解放されてゆるい斜面を斜上。尾根に上がり「焼峰の神様」を通過。小さな石祠アリ。
5
夏道と雪道が交互に現れます。「根開け」の間を縫うようにして登っていると、レコユーザーDaytonaCATさんに追いつかれます。
2018年04月22日 07:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道と雪道が交互に現れます。「根開け」の間を縫うようにして登っていると、レコユーザーDaytonaCATさんに追いつかれます。
12
【分岐・木六山山頂へ】
7時36分、分岐点にて山頂方面へ進みます。「コチラですよ…」と、DaytonaCATさんに教えていただきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【分岐・木六山山頂へ】
7時36分、分岐点にて山頂方面へ進みます。「コチラですよ…」と、DaytonaCATさんに教えていただきました。
7
後は尾根伝いに登り続け、途中でグシノ峰コースと合流。左手奥に木六山山頂が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後は尾根伝いに登り続け、途中でグシノ峰コースと合流。左手奥に木六山山頂が見えてきました。
4
【木六山に到着】
7時57分、木六山(825m)に到着。山頂はまあまあの広さ。川内山塊の山々が見渡せます。
2018年04月22日 07:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木六山に到着】
7時57分、木六山(825m)に到着。山頂はまあまあの広さ。川内山塊の山々が見渡せます。
13
【木六山からの展望】
木六山からこれから向かう山を展望。「銀太郎山まではまだまだ遠いですね…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【木六山からの展望】
木六山からこれから向かう山を展望。「銀太郎山まではまだまだ遠いですね…」
16
8時00分、木六山を後にして、まずは「赤花ノ頭」へ向かいます。木六山から大きく下ります。
2018年04月22日 08:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
8時00分、木六山を後にして、まずは「赤花ノ頭」へ向かいます。木六山から大きく下ります。
3
見事なヤマザクラが咲いていました。周囲にはウグイスの鳴き声だけが響きます。
2018年04月22日 08:16撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見事なヤマザクラが咲いていました。周囲にはウグイスの鳴き声だけが響きます。
16
さらに足元にはイワウチワの群落。「ココでゆっくりラーメンを食べて、もうそれで帰ってもいいくらいですね…」
2018年04月22日 08:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらに足元にはイワウチワの群落。「ココでゆっくりラーメンを食べて、もうそれで帰ってもいいくらいですね…」
26
【赤花ノ頭を通過】
8時30分、何と言うこともない登山道を歩き続け、赤花ノ頭(785m)を通過。
2018年04月22日 08:30撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【赤花ノ頭を通過】
8時30分、何と言うこともない登山道を歩き続け、赤花ノ頭(785m)を通過。
4
【再びトラバース・長め】
「赤花ノ頭→七郎平山」区間、やや長めのトラバースあり。手がかりとなるヤブが少なく、イヤな感じでした。
2018年04月22日 08:53撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【再びトラバース・長め】
「赤花ノ頭→七郎平山」区間、やや長めのトラバースあり。手がかりとなるヤブが少なく、イヤな感じでした。
8
【奈羅無登山周辺の山々】
トラバースをパスすると、左手側の展望が開け、「奈羅無登山」周辺の山々が見渡せます。
2018年04月22日 08:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【奈羅無登山周辺の山々】
トラバースをパスすると、左手側の展望が開け、「奈羅無登山」周辺の山々が見渡せます。
6
●*赤花ノ頭 付近にて撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*赤花ノ頭 付近にて撮影
11
●●*鍋倉山・奈羅無登山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*鍋倉山・奈羅無登山
14
●●●*902m・御神楽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*902m・御神楽岳
15
●●●●*中杉山・赤犬
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*中杉山・赤犬
7
【スタミナを奪われる】
それにしても「木六山→七郎平山」区間、実に長いです。アップダウンも多く、徐々にスタミナが奪われます。
2018年04月22日 09:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【スタミナを奪われる】
それにしても「木六山→七郎平山」区間、実に長いです。アップダウンも多く、徐々にスタミナが奪われます。
7
【七郎平山直下・急斜面】
9時05分、七郎平山ピークまであと少しという所で、急斜面が現れました。それでもツボ足で登れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七郎平山直下・急斜面】
9時05分、七郎平山ピークまであと少しという所で、急斜面が現れました。それでもツボ足で登れました。
4
急斜面を登り切って後方を撮影。木六山からこの場所まで、歩いてきた尾根がよく見えます。「けっこう歩いてきましたよ…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登り切って後方を撮影。木六山からこの場所まで、歩いてきた尾根がよく見えます。「けっこう歩いてきましたよ…」
8
【七郎平山手前・水場】
9時22分、七郎平山の山頂すぐそば、水場に来ました。冷たい雪解け水が豊富に流れていました。
2018年04月22日 09:22撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七郎平山手前・水場】
9時22分、七郎平山の山頂すぐそば、水場に来ました。冷たい雪解け水が豊富に流れていました。
4
七郎平山のピーク手前で、トレースが2つに分かれます。私は山頂が踏みたかったので、左へと進みました。
2018年04月28日 17:37撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七郎平山のピーク手前で、トレースが2つに分かれます。私は山頂が踏みたかったので、左へと進みました。
4
【七郎平山に到着】
9時34分、七郎平山(906m)に到着。広く細長い山頂からは「北→西」方面の展望が開けています。
2018年04月22日 09:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七郎平山に到着】
9時34分、七郎平山(906m)に到着。広く細長い山頂からは「北→西」方面の展望が開けています。
4
西の方角には「赤犬」から「中杉山」へと尾根が続いています。「次はアチラにも行ってみたい…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の方角には「赤犬」から「中杉山」へと尾根が続いています。「次はアチラにも行ってみたい…」
6
【銀次郎山・美しい双耳峰】
そして北に目を移しますと、これから向かう銀次郎山が、美しい双耳峰となって聳えています。
2018年04月22日 09:48撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀次郎山・美しい双耳峰】
そして北に目を移しますと、これから向かう銀次郎山が、美しい双耳峰となって聳えています。
20
●*七郎平山付近にて撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*七郎平山付近にて撮影
7
●●*銀次郎山ピーク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*銀次郎山ピーク
21
●●●*南峰とその周辺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*南峰とその周辺
9
●●●●*930mとその周辺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*930mとその周辺
7
【銀次郎山へ向かう】
9時39分、七郎平山を後にして「銀次郎山」へ向かいます。まずは鞍部まで雪道を下ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀次郎山へ向かう】
9時39分、七郎平山を後にして「銀次郎山」へ向かいます。まずは鞍部まで雪道を下ります。
3
そして鞍部より左奥の930mを目指して登り返し。ここからはほぼ夏道が出ていました。
2018年04月22日 09:46撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして鞍部より左奥の930mを目指して登り返し。ここからはほぼ夏道が出ていました。
3
【930mを通過】
10時01分、930mを通過。進むにつれて、銀次郎山・南峰が姿を現していきます。
2018年04月22日 10:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【930mを通過】
10時01分、930mを通過。進むにつれて、銀次郎山・南峰が姿を現していきます。
3
進行方向である南峰を観察。東斜面は雪消えが早く、また夏道も出ています。「雪道のほうが涼しくていいのに…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
進行方向である南峰を観察。東斜面は雪消えが早く、また夏道も出ています。「雪道のほうが涼しくていいのに…」
3
銀次郎山にて出会った花1
ショウジョウバカマ
2018年04月22日 10:15撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀次郎山にて出会った花1
ショウジョウバカマ
17
銀次郎山にて出会った花2
マンサク
2018年04月22日 10:19撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀次郎山にて出会った花2
マンサク
22
銀次郎山にて出会った花3
キクザキイチゲ
2018年04月22日 12:54撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀次郎山にて出会った花3
キクザキイチゲ
46
銀次郎山にて出会った花4
キスミレ
2018年04月22日 14:03撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銀次郎山にて出会った花4
キスミレ
15
10時17分、南峰より銀次郎山へ向かいます。「左斜面の雪が崩れそうだ…」
2018年04月22日 10:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時17分、南峰より銀次郎山へ向かいます。「左斜面の雪が崩れそうだ…」
3
南峰の最後は雪道の登りでした。強い日差しが照りつけます。時々雪をかじります。
2018年04月22日 10:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南峰の最後は雪道の登りでした。強い日差しが照りつけます。時々雪をかじります。
7
【銀次郎山 南峰を通過】
10時25分、銀次郎山「南峰」を通過。「いや〜、もうここでスバラシイ展望だ!」
2018年04月22日 10:25撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀次郎山 南峰を通過】
10時25分、銀次郎山「南峰」を通過。「いや〜、もうここでスバラシイ展望だ!」
6
そのまま銀次郎山へ向かいます。大部分が夏道ですが、1ヶ所だけデブリを通過する区間がありました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そのまま銀次郎山へ向かいます。大部分が夏道ですが、1ヶ所だけデブリを通過する区間がありました。
4
●*鍋倉山・中杉山・赤犬
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*鍋倉山・中杉山・赤犬
3
●●*進行方向 銀次郎山
2018年04月22日 10:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*進行方向 銀次郎山
4
●●●*銀太郎山・青里岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*銀太郎山・青里岳
4
●●●●*粟ヶ岳・權ノ神岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*粟ヶ岳・權ノ神岳
5
●*グシノ峰・木六山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*グシノ峰・木六山
3
●●*七郎平山・奈羅無登山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*七郎平山・奈羅無登山
3
●●●*日本平山・鍋倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*日本平山・鍋倉山
5
●●●●*中杉山・御神楽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*中杉山・御神楽岳
3
【氷化したデブリ通過 
「南峰→銀次郎山」区間、鞍部を過ぎた後にデブリを通過。氷化して固くなっていました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【氷化したデブリ通過 
「南峰→銀次郎山」区間、鞍部を過ぎた後にデブリを通過。氷化して固くなっていました。
6
【氷化したデブリ通過◆
近寄ってみると意外に大きいブロック。「崩れてまだ数日ですね…」
2018年04月22日 10:38撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【氷化したデブリ通過◆
近寄ってみると意外に大きいブロック。「崩れてまだ数日ですね…」
13
デブリ通過後は夏道の出た急斜面を登ります。南峰からはあっという間です。
2018年04月22日 10:39撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
デブリ通過後は夏道の出た急斜面を登ります。南峰からはあっという間です。
3
【銀次郎山に到着 
10時43分、銀次郎山(1052m)に到着。山頂はまあまあの広さ。奥の銀太郎山がグンと近づきました。
2018年04月22日 10:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀次郎山に到着 
10時43分、銀次郎山(1052m)に到着。山頂はまあまあの広さ。奥の銀太郎山がグンと近づきました。
8
【銀次郎山に到着◆
銀次郎山の標柱。「川内山塊の標柱は、どれもカッコイイですね…」
2018年04月22日 10:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀次郎山に到着◆
銀次郎山の標柱。「川内山塊の標柱は、どれもカッコイイですね…」
20
10時47分、銀次郎山を後にして「銀太郎山」に向かいます。まだらの残雪模様を見ながら、まずは鞍部へと下ります。「迫力ありますよ…」
2018年04月22日 10:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時47分、銀次郎山を後にして「銀太郎山」に向かいます。まだらの残雪模様を見ながら、まずは鞍部へと下ります。「迫力ありますよ…」
7
【今年は雪消えが早い】
途中、テン泊した男女ペアとスライド。今年はヤブがひどく、矢筈岳どころか青里岳さえもあきらめたとのこと。
2018年04月22日 10:55撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【今年は雪消えが早い】
途中、テン泊した男女ペアとスライド。今年はヤブがひどく、矢筈岳どころか青里岳さえもあきらめたとのこと。
8
【銀太郎山・撮影ポイント】
そして「銀次郎山→銀太郎山」区間、鞍部へと下る途中、ココぞ!という銀太郎山の撮影ポイントあり(^^)
2018年04月22日 10:56撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀太郎山・撮影ポイント】
そして「銀次郎山→銀太郎山」区間、鞍部へと下る途中、ココぞ!という銀太郎山の撮影ポイントあり(^^)
10
●*銀太郎山を望む
2018年04月22日 11:09撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*銀太郎山を望む
3
●●*左奥に太郎山
2018年04月22日 11:08撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*左奥に太郎山
3
●●●*正面に銀太郎山
2018年04月22日 11:08撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*正面に銀太郎山
14
●●●●*進行方向 登山道
2018年04月22日 11:08撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*進行方向 登山道
3
●*銀次郎山から山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*銀次郎山から山座同定
8
●●*五剣谷岳・銀太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*五剣谷岳・銀太郎山
13
●●●*白根山・中山尾根
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*白根山・中山尾根
6
●●●●*粟ヶ岳・權ノ神岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*粟ヶ岳・權ノ神岳
7
「銀次郎山→銀太郎山」区間、鞍部へ向けてまあまあの急斜面を下ります。岩や木の根がゴツゴツと張り出します。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「銀次郎山→銀太郎山」区間、鞍部へ向けてまあまあの急斜面を下ります。岩や木の根がゴツゴツと張り出します。
5
まだ新緑を迎えない雑木林。奥にはいま向かっている銀太郎山が見えます。「この辺りは遅い春です…」
2018年04月22日 11:02撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まだ新緑を迎えない雑木林。奥にはいま向かっている銀太郎山が見えます。「この辺りは遅い春です…」
6
【鞍部を通過・小さな祠】
11時17分、鞍部を通過して登り返し始めると、登山道脇に小さな祠。中には男性のシンボルが祀られていました。
2018年04月22日 11:17撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鞍部を通過・小さな祠】
11時17分、鞍部を通過して登り返し始めると、登山道脇に小さな祠。中には男性のシンボルが祀られていました。
5
ゆるい斜面のトラバース。進行方向に小ピーク1000m、さらに奥に「銀太郎山」が見えてきました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゆるい斜面のトラバース。進行方向に小ピーク1000m、さらに奥に「銀太郎山」が見えてきました。
4
後方、銀次郎山や菅名山塊を背にして登り続けます。「五剣谷岳まで行きたかったけど、もう疲れました…」
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後方、銀次郎山や菅名山塊を背にして登り続けます。「五剣谷岳まで行きたかったけど、もう疲れました…」
10
【小ピーク1000mを通過】
11時42分、小ピーク1000mを通過。このピークの周りだけ雪が残る。「あぁ、見えてきましたね…」
2018年04月22日 11:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【小ピーク1000mを通過】
11時42分、小ピーク1000mを通過。このピークの周りだけ雪が残る。「あぁ、見えてきましたね…」
2
【本当のピークはあの先…】
小ピーク1000mを越えると、前方にようやく銀太郎山が出現。ただ、本当のピークはあのもう少し先です。
2018年04月22日 11:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【本当のピークはあの先…】
小ピーク1000mを越えると、前方にようやく銀太郎山が出現。ただ、本当のピークはあのもう少し先です。
2
斜面を登り切ると、30mほど先に本当のピークが見えてきます。最後に雪の斜面を登ってゴールとなります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
斜面を登り切ると、30mほど先に本当のピークが見えてきます。最後に雪の斜面を登ってゴールとなります。
8
【銀太郎山に到着 
11時52分、ついに銀太郎山(1112m)に到着。登山口の悪場峠から6時間もかかりました(*_*)
2018年04月22日 11:52撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀太郎山に到着 
11時52分、ついに銀太郎山(1112m)に到着。登山口の悪場峠から6時間もかかりました(*_*)
6
【銀太郎山に到着◆
銀太郎山の山頂標柱。「いや〜、初めて登りましたが、ココまで遠かったね…」
2018年04月22日 12:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀太郎山に到着◆
銀太郎山の山頂標柱。「いや〜、初めて登りましたが、ココまで遠かったね…」
21
眼下には雪崩で磨かれた山々、そして広倉沢の谷間が残雪のまだら模様をなして広がっています。
2018年04月22日 12:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には雪崩で磨かれた山々、そして広倉沢の谷間が残雪のまだら模様をなして広がっています。
7
そして前方には平頂となった五剣谷岳。「DaytonaCATさん、もうあんなトコを登ってる。健脚ですね…」
2018年04月22日 12:06撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして前方には平頂となった五剣谷岳。「DaytonaCATさん、もうあんなトコを登ってる。健脚ですね…」
8
【銀太郎山にてランチ♪】
本日進むのはココまでにして、銀太郎山にてランチタイム。「もう正午です…」
2018年04月22日 11:57撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀太郎山にてランチ♪】
本日進むのはココまでにして、銀太郎山にてランチタイム。「もう正午です…」
19
美しい青空と残雪の山々を眺めながら、誰もいない山頂でのんびりカップラーメンを楽しみました。
2018年04月22日 12:12撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
美しい青空と残雪の山々を眺めながら、誰もいない山頂でのんびりカップラーメンを楽しみました。
8
【鳴り響く雪崩の轟音】
ランチ休憩をしていると、あちこちから「ガガガーン」と雷鳴のような轟音が聞こえてきました。「雪崩れだ…」
2018年04月22日 12:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【鳴り響く雪崩の轟音】
ランチ休憩をしていると、あちこちから「ガガガーン」と雷鳴のような轟音が聞こえてきました。「雪崩れだ…」
5
突如、ヤブの奥から1人の男性が出現。矢筈岳を断念したそうで、憔悴したご様子。「ヤブがひどすぎましたよ…」
2018年04月22日 12:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
突如、ヤブの奥から1人の男性が出現。矢筈岳を断念したそうで、憔悴したご様子。「ヤブがひどすぎましたよ…」
15
●*銀太郎山より山座同定
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*銀太郎山より山座同定
6
●●*雲河曽根山・太郎山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*雲河曽根山・太郎山
5
●●●*正面に五剣谷岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*正面に五剣谷岳
7
●●●●*青里岳・守門岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*青里岳・守門岳
5
●木六山・銀次郎山・又六山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●木六山・銀次郎山・又六山
6
●●*日本平山・鍋倉山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*日本平山・鍋倉山
7
●●●*大方山・御神楽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*大方山・御神楽岳
7
●●●●*貉ヶ森山・魚止山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*貉ヶ森山・魚止山
5
●*右上のヤブ奥 青里岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*右上のヤブ奥 青里岳
4
●●*鋸山・白根山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*鋸山・白根山
4
●●●*粟ヶ岳・堂ノ窪山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*粟ヶ岳・堂ノ窪山
8
●●●●*宝蔵山・越後白山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*宝蔵山・越後白山
7
【銀太郎山・下山開始】
12時50分、銀太郎山より下山開始。まずは右奥の銀次郎山まで戻ります。
2018年04月22日 12:50撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【銀太郎山・下山開始】
12時50分、銀太郎山より下山開始。まずは右奥の銀次郎山まで戻ります。
4
下山路は長いです。時々足を止めては花たちを眺め、そして急がずゆっくりと下山します。
2018年04月22日 13:31撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山路は長いです。時々足を止めては花たちを眺め、そして急がずゆっくりと下山します。
36
【もの悲しい銀太郎山】
後方を振り返りました。逆光となった銀太郎山は、どことなくもの悲しい雰囲気でした。「また来るよ…」
2018年04月22日 13:24撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【もの悲しい銀太郎山】
後方を振り返りました。逆光となった銀太郎山は、どことなくもの悲しい雰囲気でした。「また来るよ…」
17
【下山・銀次郎山を通過】
13時42分、銀次郎山まで戻ってきました。そのまま下山を続けます。
2018年04月22日 13:42撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・銀次郎山を通過】
13時42分、銀次郎山まで戻ってきました。そのまま下山を続けます。
7
●*下山 銀次郎山より撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*下山 銀次郎山より撮影
7
●●*下山方向 南峰周辺
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*下山方向 南峰周辺
6
●●●*木六山・七郎平山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*木六山・七郎平山
3
●●●●*中央に日本平山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*中央に日本平山
4
●銀次郎山→南峰 鞍部にて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●銀次郎山→南峰 鞍部にて
5
●●*南峰・五頭山塊
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*南峰・五頭山塊
10
●●●*日倉山・日本平山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*日倉山・日本平山
8
●●●●*鍋倉山・御神楽岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*鍋倉山・御神楽岳
6
●*下山 振り返り南峰撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*下山 振り返り南峰撮影
4
●●*銀次郎山 西尾根
2018年04月22日 14:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*銀次郎山 西尾根
4
●●●*銀次郎山と南峰
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*銀次郎山と南峰
8
●●●●シジロ岩は同定不可
2018年04月22日 14:07撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●シジロ岩は同定不可
4
【七郎平山・ピーク巻く】
14時14分、七郎平山まで戻りました。ピークは登らず、左巻きにトラバースして通過しました。
2018年04月22日 14:14撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【七郎平山・ピーク巻く】
14時14分、七郎平山まで戻りました。ピークは登らず、左巻きにトラバースして通過しました。
3
「七郎平山→木六山」区間、アップダウンが多く疲れた脚にこたえます。水の消費も激しいものでした。
2018年04月22日 15:01撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「七郎平山→木六山」区間、アップダウンが多く疲れた脚にこたえます。水の消費も激しいものでした。
7
右手側、中杉川を挟んだ対岸には、順光となった「奈羅無登山」の山肌が荒々しく感じられました。
2018年04月22日 15:13撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手側、中杉川を挟んだ対岸には、順光となった「奈羅無登山」の山肌が荒々しく感じられました。
6
【下山・木六山を通過】
15時43分、木六山を通過。「いや〜長かった。もし五剣谷岳まで行くんだったら、よほど覚悟しないとだね…」
2018年04月22日 15:43撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・木六山を通過】
15時43分、木六山を通過。「いや〜長かった。もし五剣谷岳まで行くんだったら、よほど覚悟しないとだね…」
6
ヤマザクラを眺めながら尾根を外れ、水無平へと下り続けます。
2018年04月22日 16:34撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマザクラを眺めながら尾根を外れ、水無平へと下り続けます。
3
【下山・水無平を通過】
16時47分、カタクリが群生している水無平を通過。とても暑い日で、山ヒルが出てくるのでは…と心配しました。
2018年04月22日 16:47撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【下山・水無平を通過】
16時47分、カタクリが群生している水無平を通過。とても暑い日で、山ヒルが出てくるのでは…と心配しました。
26
【悪場峠・下山終了】
17時21分、やっとのことで悪場峠に到着。下山には4時間30分かかりました。
「う〜ぅ、疲れた…」
2018年04月22日 17:21撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【悪場峠・下山終了】
17時21分、やっとのことで悪場峠に到着。下山には4時間30分かかりました。
「う〜ぅ、疲れた…」
6
【バックショット】
「The 越後の山」とも言うべき、雪崩に磨かれた山々に出会えた1日でした。それでは、また〜(^^)/
2018年04月22日 13:11撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【バックショット】
「The 越後の山」とも言うべき、雪崩に磨かれた山々に出会えた1日でした。それでは、また〜(^^)/
10
●*銀太郎山からの展望
2018年04月22日 12:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●*銀太郎山からの展望
9
●●*中央に銀次郎山
2018年04月22日 12:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●*中央に銀次郎山
18
●●●*雪崩に磨かれた山肌
2018年04月22日 12:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●*雪崩に磨かれた山肌
16
●●●●*広倉沢の谷間
2018年04月22日 12:45撮影 by Canon EOS M10, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
●●●●*広倉沢の谷間
12
撮影機材:

感想/記録

ずいぶん前の話になりますが、かつて渓流釣りをしていた頃に、朝日連峰の麓、三面川水系のある枝沢に入渓した際に、山ヒルとメジロアブに散々な目に遭わされたことがありました。

そうした苦い経験から山ヒルを毛嫌いするようになり、もう渓流釣りを止めてしまった今でも、山ヒルとメジロアブが生息するこの「川内山塊」を訪れることがおっくうになっていました。

今回は珍しく川内山塊「銀太郎山」に登ってみました。豪雪地帯独特の山岳美、雪崩に磨かれた山々。藪の奥に透けて見える真っ白な残雪模様が、この上なく美しいのでした。



【参考文献・その他】
・『新潟100名山』新潟県山岳協会 監修 新潟日報事業社
・『関越道の山88』打田0 著 白山書房
・『越後の山旅』藤島玄 著 富士波出版社
・『五泉市 山岳観光ガイドマップ』 五泉市役所発行
・カシミール3D
訪問者数:645人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ