また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1443828 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

燕岳-大天井岳-常念岳-蝶ヶ岳

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月30日(月)
メンバー
 hia
天候28日 快晴
29日 快晴
30日 晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
自宅からフル高速で5.5h、割引有6,000円弱
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間22分
休憩
2時間20分
合計
11時間42分
S有明山裏参道登山口04:2304:42中房温泉登山口04:4305:34第1ベンチ05:3806:07第2ベンチ06:0906:46第3ベンチ06:4907:13富士見ベンチ07:3008:14合戦小屋08:1708:41合戦山(合戦沢ノ頭)08:4409:13ベンチ09:1709:32燕山荘10:0610:39燕岳11:0211:35燕山荘11:3612:10蛙岩12:1512:35大下りの頭12:5215:37大天井岳16:0016:05大天荘
2日目
山行
7時間49分
休憩
1時間8分
合計
8時間57分
宿泊地06:3108:57常念小屋09:1510:28常念岳11:1514:31蝶槍14:3414:44蝶ヶ岳・蝶槍間分岐(横尾方面)15:28蝶ヶ岳ヒュッテ
3日目
山行
2時間55分
休憩
20分
合計
3時間15分
蝶ヶ岳ヒュッテ07:5207:59蝶ヶ岳08:0609:50まめうち平10:0010:22ゴジラみたいな木10:2510:45三股登山口11:07ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
シーズン初縦走だったので休憩多め
コース状況/
危険箇所等
1日目:中房温泉-燕岳‐大天荘 11.1km, +1,900m, -425m
合戦尾根:第三ベンチより上でアイゼン使用
燕山荘:17:30でテントは40張りほどの混み具合
燕岳-大天井岳:ほぼ夏道。大天井ピーク直下でのみアイゼン使用。積雪期はトラバース禁止で直登のみ
大天荘:テント3張り、小屋利用10名程

2日目:大天荘-蝶ヶ岳ヒュッテ 10.6km, +980m, -1,215m
大天荘-常念小屋:ほぼ夏道。水200円/L
常念小屋‐常念岳:ほぼ夏道
常念岳‐蝶ヶ岳:コル以降は雪道、アイゼン使用
蝶ヶ岳ヒュッテ:水200円/L、テン場1,000円/人。テントは体感70~80張り程度の混み具合、まだまだ余裕はあった。

3日目:蝶ヶ岳ヒュッテ-三股登山口 5.5km, +40m, -1,445m
まめうち平まではアイゼン使用、その後は夏道
その他周辺情報温泉:常念坊 500円 ★★★★☆
風情があって安い。サウナ・水風呂は無し。おそらく休憩室も無い。

食事:かわせみ 信州サーモンフライ丼 1,100円 ★★☆☆☆
味の割に値段が高い。

甘味:あずみの菓子工房彩香 ジェラートダブル 350円 ★★★★★
ココアとりんごinバニラを選択。美味い。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

後に歩く稜線が物干し竿の様にまっすぐ伸びている
2013年01月28日 20:39撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後に歩く稜線が物干し竿の様にまっすぐ伸びている
空に溶けちまいそうだ…
2013年01月28日 20:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に溶けちまいそうだ…
1
北アルプスの名だたる山々
登れば登るほど行きたい場所が増える、山とは終わり無き道楽よ
2013年01月28日 22:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプスの名だたる山々
登れば登るほど行きたい場所が増える、山とは終わり無き道楽よ
3
イルカの化石
昔はここら一帯も海に沈んでいたのだろうか
*嘘です
2013年01月28日 22:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカの化石
昔はここら一帯も海に沈んでいたのだろうか
*嘘です
1
白砂と黒岩…相反する大地を身に纏いし者
2013年01月28日 22:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白砂と黒岩…相反する大地を身に纏いし者
4
寝不足で頭が痛過ぎる
だが行くしかねぇ
俺はもう見ちまったんだ…3,000mの宇宙の色を
2013年01月28日 23:01撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寝不足で頭が痛過ぎる
だが行くしかねぇ
俺はもう見ちまったんだ…3,000mの宇宙の色を
2
振り返って燕岳方面
2013年01月29日 00:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って燕岳方面
1
見た目以上にアップダウンが激しい
2013年01月29日 00:25撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見た目以上にアップダウンが激しい
1
槍ヶ岳スカイライン
2013年01月29日 00:33撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳スカイライン
1
大天井岳の肩から
いつか登らせて下さいお願いします
2013年01月29日 04:02撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳の肩から
いつか登らせて下さいお願いします
白…あらゆる波長の可視光を反射する、神秘の色
2013年01月29日 04:06撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白…あらゆる波長の可視光を反射する、神秘の色
3
今日の宿と駐車場が見えるのが一番の絶景
2013年01月29日 04:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の宿と駐車場が見えるのが一番の絶景
1
ナイス宿からのイマイチ日の出
2013年01月29日 17:22撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイス宿からのイマイチ日の出
もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
2013年01月29日 18:48撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一度
遠くへ行け遠くへ行けと
僕の中で誰かが歌う
どうしようもないほど熱烈に
1
双翼を広げ飛翔する猛禽の如し常念岳
2013年01月29日 20:26撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
双翼を広げ飛翔する猛禽の如し常念岳
振り返って
燕岳はもう見えない
2013年01月29日 22:12撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
燕岳はもう見えない
白…何色にも染まる全てを許容する色、否、何色にも染まらない全てを拒絶する色
2013年01月29日 22:35撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白…何色にも染まる全てを許容する色、否、何色にも染まらない全てを拒絶する色
2
蝶ヶ岳-大滝山の稜線
2013年01月29日 23:31撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶ヶ岳-大滝山の稜線
俺を…見てた…?
2013年01月30日 01:27撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
俺を…見てた…?
たとえ世界中の人間が俺を否定したとしても、お前さえいれば前に進める
2013年01月30日 01:33撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たとえ世界中の人間が俺を否定したとしても、お前さえいれば前に進める
1
蝶槍の頂
2013年01月30日 02:30撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蝶槍の頂
あと少しが意外と長い
2013年01月30日 02:41撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あと少しが意外と長い
2
???「陽が落ちるといい画が撮れないんすよ、すいませんねー(ゲス顔)」
2013年01月30日 04:47撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
???「陽が落ちるといい画が撮れないんすよ、すいませんねー(ゲス顔)」
2
クラシックのような夕焼け
2013年01月30日 06:51撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クラシックのような夕焼け
2
オーケストラのような朝焼け
2013年01月30日 17:04撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オーケストラのような朝焼け
3
あらゆる色に染まり得るこの世などただのまやかし…
2013年01月30日 17:07撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あらゆる色に染まり得るこの世などただのまやかし…
4
曙。夜の終わり、朝の始まり。
2013年01月30日 17:10撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
曙。夜の終わり、朝の始まり。
4
焼岳、乗鞍岳、御嶽山
2013年01月30日 17:11撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
焼岳、乗鞍岳、御嶽山
1
黄金色の邂逅
2013年01月30日 17:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黄金色の邂逅
3
いい3日間だった
2013年01月30日 20:16撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい3日間だった
長野県へ転がり落ちる
2013年01月30日 20:21撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長野県へ転がり落ちる
1
森羅を震わし、万象を癒す
2013年01月30日 20:37撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
森羅を震わし、万象を癒す
始まりの地へ…
山、山仲間は素晴らしい。
お疲れ様でした。
2013年01月30日 22:54撮影 by PENTAX K-50 , PENTAX
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
始まりの地へ…
山、山仲間は素晴らしい。
お疲れ様でした。

感想/記録

0-1日目
20:00自宅発。色々と忙しかったので準備不足だった。
23:30仲間と合流
02:20三股登山口に車をデポ。駐車場は半分ほど埋まっていた。ao氏のお迎えに感謝。
03:30中房温泉着。この時点で第一Pは満車、第二Pへ。
04:20寝不足だがモチベーションだけで体を動かして入山。
12:00大天井岳へ向かう途中からめちゃくちゃ頭が痛くなり、力が出ない。他の寝不足組も同様だった模様。
15:30大天井岳着。ここでao氏はお別れ、今来た道を3hかからずに戻っていった。
16:30テント設営完了。晩飯はhia氏が手配した赤辛鍋。寒い日は辛いものに限る。俺は寝過ごして一切準備出来なかった、申し訳ない。夕焼けも見る気力が無かった。盛大に乾杯したかったが、体調が悪すぎて500mLビールを半分も飲まずに就寝。det氏がHRカード当てたね。

2日目
04:00起床。たっぷり8時間寝て全快。日の出はイマイチだった。カップ麺食べて撤収し、すぐに出発。
11:30賑わう常念岳山頂。大天井岳よりはかなり登りやすかった。不死身のhia氏の体調が優れずずっと寝ていた。
15:30一議論あったが蝶ヶ岳ヒュッテにテントを張ることに。北海道では想像だにできないあまりの混雑具合に辟易するが、予想に反してなかなか快適だった。晩飯はレトルトカレー、ビールも2本開けてつまみもたくさん食べた。こういうのがしたかったんだよ。しかしそこそこ疲労していたので気がついたら寝ていた。ロープのサプライズ、ありがとう。

3日目
04:30起床。最高の日の出だった。今日は急がなくていい、なんて幸せなんだ。歩きながら見る日の出も良いが、ゆったり見る日の出が縦走の醍醐味の一つなのかもしれない。ゆっくりとカップ麺食べてノロノロ準備。
08:00出発。今日は下るだけだが無敵のhia氏の左足が不調。狭いトラバース道でのすれ違いも多いので慎重に行く。
11:00フィナーレ。飯→風呂→甘味。最近は帰りの首都圏の渋滞を気にして甘味は省略していた。やはりこういう余裕を持ったスケジュールも良い。
18:00仲間を送り届けて解散。

------------------------------------------------------------------------
0~1日目がややハードだったが、快晴の常念山脈を歩けてよかった。しかし、登山の前はしっかり睡眠せねばならぬな…仕事の都合上難しいのだが。
ハードな縦走も楽しいが、ゆったりとした縦走も楽しい。どちらもやりたい。日頃から企画をストックせねば。新たな山飯も作ってみたい。準備段階からやることが多いなぁ。登山とは終わりなき道楽よ。
訪問者数:453人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ