また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1444039 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

北ア涸沢・奥穂 GWの雪山満喫❗

日程 2018年04月28日(土) 〜 2018年04月30日(月)
メンバー
天候4/28 快晴
4/29 快晴
4/30 快晴のち高曇り
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.1〜1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
1時間15分
合計
8時間5分
S上高地BT07:1010:30横尾11:1012:25本谷橋13:0015:15涸沢テント場
2日目
山行
4時間55分
休憩
1時間15分
合計
6時間10分
涸沢テント場05:0507:20穂高岳山荘08:0008:55奥穂高岳09:2510:00穂高岳山荘10:0511:15涸沢テント場
3日目
山行
6時間0分
休憩
30分
合計
6時間30分
涸沢テント場08:3010:20横尾10:5015:00上高地BTG
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
途中のポイント記録が表示されず。
登山中何度かログ停止中と表示されたので、記録表示と関係があるかもしれません。
コース状況/
危険箇所等
⬛上高地〜横尾
・上高地・明神間で登山道一部崩壊。迂回ルートあり。
⬛横尾〜涸沢
・本谷橋は架けられていた。
・残雪が少ないため本谷橋より雪上の夏ルートとなる。
⬛涸沢〜穂高岳山荘
・小豆沢は複数ステップがある。
・登り(早朝)はカチカチ。下り(日中)はズブズブ。
・日中の下りは要注意。急傾斜のためズブズブの雪はアイゼンが全く効かず、滑り始めたらズルズルと止まらないので、慌てずピッケルを刺し込む必要がある。
⬛穂高岳山荘〜奥穂高岳
・ハシゴ・クサリはアイゼンを引っかけないよう慎重に。クサリ区間の岩場でアイゼンで躓いた方を目撃。
・クサリ上部〜山頂間に2箇所雪壁(ルート短い)あり。みなさんクライムダウンで降りていた。慎重に行動すれば問題ない。
⬛その他
・上記は晴天時の状況です。天候によりコース状況は大きく異なりますので、くれぐれも安全登山を心掛けて下さい。
過去天気図(気象庁) 2018年04月の天気図 [pdf]

写真

久しぶりに夜行列車利用。
松本から電車とバスを乗り継ぎ上高地へ。
2018年04月27日 23:42撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりに夜行列車利用。
松本から電車とバスを乗り継ぎ上高地へ。
2
上高地バスターミナル2階の食堂で腹ごしらえ。
2018年04月28日 06:48撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地バスターミナル2階の食堂で腹ごしらえ。
2
お約束の風景。
迫力ある穂高連峰にモチベーションアップ。
2018年04月28日 07:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お約束の風景。
迫力ある穂高連峰にモチベーションアップ。
7
明神からの明神岳。
2018年04月28日 09:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神からの明神岳。
1
横尾手前の残雪。
ここから工事用車道を歩く。
2018年04月28日 10:03撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾手前の残雪。
ここから工事用車道を歩く。
梓川のせせらぎ。
癒されます。
2018年04月28日 10:10撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梓川のせせらぎ。
癒されます。
5
横尾到着。
穂高・槍・蝶への分岐点。
2018年04月28日 10:30撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾到着。
穂高・槍・蝶への分岐点。
4
「ようこそ穂高へ」と言わんばかりのデカいゲート。
2018年04月28日 11:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「ようこそ穂高へ」と言わんばかりのデカいゲート。
1
迫力ある屏風岩。
2018年04月28日 11:50撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
迫力ある屏風岩。
1
本谷橋到着。
もう橋が架けられていました。
2018年04月28日 12:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋到着。
もう橋が架けられていました。
2
ここでアイゼンを装着。
2018年04月28日 12:26撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここでアイゼンを装着。
2
ここからいきなり急登が始まる。
雪が少ないため夏ルートを歩く。
2018年04月28日 12:53撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからいきなり急登が始まる。
雪が少ないため夏ルートを歩く。
S字谷をトラバース。
前穂が見えてきた。
2018年04月28日 13:50撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
S字谷をトラバース。
前穂が見えてきた。
涸沢カールが見えてきた。
2018年04月28日 14:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールが見えてきた。
2
大勢の登山者が涸沢を目指す。
2018年04月28日 14:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大勢の登山者が涸沢を目指す。
2
照り付ける太陽。
重たい荷物がこたえる。
2018年04月28日 14:37撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
照り付ける太陽。
重たい荷物がこたえる。
3
涸沢テント場に到着。
まずは受付で手続き。
2018年04月28日 15:28撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢テント場に到着。
まずは受付で手続き。
1
建設用地を確保。
これより建設工事に着手します。
2018年04月28日 15:40撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
建設用地を確保。
これより建設工事に着手します。
除雪・整地・幕営・荷開が終了した頃にはすっかり日没。
2018年04月28日 17:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
除雪・整地・幕営・荷開が終了した頃にはすっかり日没。
5
午前5時。快晴。
日の出とともに奥穂に向け出発。
2018年04月29日 05:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
午前5時。快晴。
日の出とともに奥穂に向け出発。
小豆沢をひたすら登り詰めていく。
2018年04月29日 05:21撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小豆沢をひたすら登り詰めていく。
4
途中屏風岩方面よりご来光。
2018年04月29日 05:24撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中屏風岩方面よりご来光。
2
ガチガチの硬いトレース。
アイゼンがよく刺さり気持ちよく高度を稼ぐ。
2018年04月29日 05:50撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガチガチの硬いトレース。
アイゼンがよく刺さり気持ちよく高度を稼ぐ。
2
稜線まであと一息。
2018年04月29日 06:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線まであと一息。
ようやく赤い屋根の穂高岳山荘に到着。
2018年04月29日 07:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく赤い屋根の穂高岳山荘に到着。
山荘前より奥穂方面を望む。
2018年04月29日 07:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘前より奥穂方面を望む。
5
クサリに取り付く登山者。
近くには滑落防止ネットが設置されている。
2018年04月29日 07:19撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリに取り付く登山者。
近くには滑落防止ネットが設置されている。
3
ハシゴとクサリをよじ登る。
2018年04月29日 08:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハシゴとクサリをよじ登る。
1
クサリ上部より山荘を見下ろす。
2018年04月29日 08:07撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クサリ上部より山荘を見下ろす。
1
今回の山行唯一の難所に取りかかる。
このような雪壁が2箇所ある。
下りはほとんどの方がクライムダウンしていた。
2018年04月29日 08:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の山行唯一の難所に取りかかる。
このような雪壁が2箇所ある。
下りはほとんどの方がクライムダウンしていた。
4
1回目の急登を終えると緩やかな登りとなる。
2018年04月29日 08:16撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
1回目の急登を終えると緩やかな登りとなる。
3
奥穂高岳山頂が見えてきた。
2018年04月29日 08:44撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂が見えてきた。
3
2箇所目の雪壁はさっきより急ではなく、また距離も短い。
でも慎重にいこう。
2018年04月29日 08:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2箇所目の雪壁はさっきより急ではなく、また距離も短い。
でも慎重にいこう。
5
南側の景色がひらけると山頂は近い。
2018年04月29日 08:51撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の景色がひらけると山頂は近い。
2
奥穂高岳山頂。
槍ヶ岳・薬師岳方面を望む。
以下時計回りに眺望を満喫。
2018年04月29日 08:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂高岳山頂。
槍ヶ岳・薬師岳方面を望む。
以下時計回りに眺望を満喫。
7
槍ヶ岳ズーム
2018年04月29日 08:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳ズーム
4
後立山連峰(爺・鹿島槍・白馬岳)
2018年04月29日 08:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後立山連峰(爺・鹿島槍・白馬岳)
4
前山(常念・蝶ヶ岳)
2018年04月29日 08:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前山(常念・蝶ヶ岳)
3
吊尾根
2018年04月29日 08:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吊尾根
4
上高地の両側に霞沢岳と焼岳。
遠く乗鞍・御岳も。
2018年04月29日 08:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地の両側に霞沢岳と焼岳。
遠く乗鞍・御岳も。
2
上高地ズーム
2018年04月29日 08:58撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地ズーム
3
ジャンダルムと西穂への稜線。
遠く白山も。
2018年04月29日 08:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンダルムと西穂への稜線。
遠く白山も。
7
笠ヶ岳。
2018年04月29日 08:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠ヶ岳。
3
白山ズーム。
2018年04月29日 08:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白山ズーム。
3
帰路は槍に向かって下る。
2018年04月29日 09:35撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は槍に向かって下る。
2
涸沢カールを俯瞰
2018年04月29日 09:37撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢カールを俯瞰
涸沢ヒュッテとテント場をズーム
2018年04月29日 09:37撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢ヒュッテとテント場をズーム
4
前穂北尾根
2018年04月29日 09:38撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂北尾根
無事山荘まで下りてきました。
涸沢岳はアイゼンなしで登れそう。
2018年04月29日 10:02撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事山荘まで下りてきました。
涸沢岳はアイゼンなしで登れそう。
涸沢に向けて一気に下ります。
雪がグズグズでアイゼンが効かずかなり難儀しました。
ピッケル必携。
2018年04月29日 10:04撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢に向けて一気に下ります。
雪がグズグズでアイゼンが効かずかなり難儀しました。
ピッケル必携。
2
今日のミッション終了。
これより別天地でまったりタイム。
2018年04月29日 11:15撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日のミッション終了。
これより別天地でまったりタイム。
1
生ビールとおでんで至極のひととき。
2018年04月29日 12:06撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
生ビールとおでんで至極のひととき。
2
北穂と鯉のぼり。
2018年04月29日 12:11撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北穂と鯉のぼり。
涸沢テント村
2018年04月29日 13:45撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢テント村
3
昼寝タイム。
2018年04月29日 14:00撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼寝タイム。
涸沢の日没は早い。(16時)
一気に冷え込んでいく。
2018年04月29日 16:13撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢の日没は早い。(16時)
一気に冷え込んでいく。
19時のテント村。
おやすみなさい。
2018年04月29日 19:12撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
19時のテント村。
おやすみなさい。
3
おはようございます。
今朝は少しだけ焼けました。
2018年04月30日 04:56撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おはようございます。
今朝は少しだけ焼けました。
3
涸沢槍方面のプチモルゲン。
2018年04月30日 04:57撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
涸沢槍方面のプチモルゲン。
6
奥穂方面のプチモルゲン。
2018年04月30日 04:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂方面のプチモルゲン。
7
今日もいい天気。
今日は下山だけなので気が楽。
2018年04月30日 05:59撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日もいい天気。
今日は下山だけなので気が楽。
1
撤収完了。
お世話になりました。
2018年04月30日 08:25撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
撤収完了。
お世話になりました。
あっという間にS字谷。
2018年04月30日 08:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間にS字谷。
横尾方面のS字谷。
2018年04月30日 08:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾方面のS字谷。
本谷橋の上から。
2018年04月30日 09:23撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本谷橋の上から。
横尾到着。
2018年04月30日 10:18撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横尾到着。
徳沢でお約束ソフト。
なぜか買ってしまう。
2018年04月30日 11:49撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徳沢でお約束ソフト。
なぜか買ってしまう。
2
途中サルの大群と遭遇。
年々出会う回数頭数が増えている気がする。
2018年04月30日 12:25撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中サルの大群と遭遇。
年々出会う回数頭数が増えている気がする。
2
川遊びするサル
2018年04月30日 12:46撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
川遊びするサル
1
明神池ほとりの穂高神社奥宮でご朱印を頂く。
2018年04月30日 13:05撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神池ほとりの穂高神社奥宮でご朱印を頂く。
2
上高地に無事下山。
2018年04月30日 13:47撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上高地に無事下山。
1
その足で3日間の汗を流す。
お疲れさまでした。
2018年04月30日 13:52撮影 by SO-02G, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その足で3日間の汗を流す。
お疲れさまでした。
1

感想/記録

GWはテントを背負い北ア涸沢・奥穂高岳へ。
3日間とも晴天に恵まれ、特に28・29日は雲やガスが全く見当たらない程の大快晴であった。
初日。20kg近い?テン泊装備はかなりの負担でS字谷では本当にたどり着けるのか不安だった。天気が悪ければきっとどこかで心が折れていたと思う。
2日目は奥穂高岳へ。早出午前中帰還でピストンすることができ、涸沢ではまったりとした非日常のテント生活を楽しんだ。
3日目はプチモルゲンを楽しんだ後、ゆっくりと撤収し山を下りた。
この時期の山行は天候に左右されるだけに、3日間とも晴天に恵まれたのはラッキーであった。山の神様・天の神様に感謝。
訪問者数:438人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ