また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1516427 全員に公開 ハイキング尾瀬・奥利根

至仏山 アヤメ平 尾瀬ヶ原 <湿原と花々> 鳩待峠周回

日程 2018年07月03日(火) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候曇り時々日差し
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
尾瀬戸倉第一駐車場(1000-/24H、トイレ、乗合バス、タクシー待合場あり)
※本山行時 交通対策により鳩待峠までマイカーは入れません

乗合タクシー(始発バス時間帯頃から7〜8人集まり次第随時 片道980/人)
当日5:25頃駐車場到着で 2人待っていて 我々後4人来た
5:45頃出発で6:05過ぎに鳩待峠到着

帰りは 降りてきたら 丁度前後の登山者が8人いたので 鳩待峠16:05頃発の
乗合タクシーで第一駐車場へ戻る

山行時 鳩待峠発 最終乗合バスは 17:20

※上記乗合タクシー運営は 本山行時の場合であり また5社寄合の運営でもあり
 休日等曜日、混み具合に影響される可能性等
 また 聞くタクシー会社、運転手によっては かなり違った言い方をされ
 常時 同等の運営がされているかは当方には確信がもてませんので
 詳細は 各自でタクシー会社に確認してください

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間47分
休憩
1時間3分
合計
9時間50分
S鳩待峠06:1006:50中ノ原07:10横田代07:34中原山07:3507:43アヤメ平07:52セン沢田代08:00冨士見小屋08:0308:06富士見田代(尾瀬原分岐)08:24土場08:32長沢頭08:3309:15竜宮十字路09:2109:55下ノ大堀川橋10:06牛首分岐(中田代三叉路)10:0710:13上ノ大堀橋10:1410:35山ノ鼻11:2014:01至仏山14:0214:40小至仏山14:4115:03オヤマ沢田代15:0415:23原見岩15:2415:59鳩待峠16:0016:00ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
すべて 一般登山道、遊歩道
至仏山直下、付近は蛇紋岩多く鎖場もあり 非常に滑り易い岩場が続きます
本山行時 ルート上は雪渓はありませんでした

ブヨ等 刺す虫がいます そんなに多くはないかなと思って油断しました
今回も手の甲を刺され 7/4現在腫れています
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

鳩待峠
乗合タクシーで
なんとか6:05に着く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鳩待峠
乗合タクシーで
なんとか6:05に着く
2
アヤメ平へ
スタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平へ
スタート
4
横田代に
今着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横田代に
今着きました
8
至仏山は
まだ見せてくれませんが、
高層湿原

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山は
まだ見せてくれませんが、
高層湿原

2
チングルマの綿毛も
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマの綿毛も
15
尾瀬ヶ原より500m高い
雲上の楽園
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原より500m高い
雲上の楽園
8
ウラジオヨウラク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジオヨウラク
11
タテヤマリンドウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマリンドウ
7
燧ヶ岳
この時だけ
見せてくれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燧ヶ岳
この時だけ
見せてくれる
7
ベニサラサドウダン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサドウダン
15
アヤメ平に今着きます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメ平に今着きます
1
多少オーバーですが
45年越しの地
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多少オーバーですが
45年越しの地
15
富士見峠小屋閉鎖
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士見峠小屋閉鎖
1
尾瀬ヶ原に向かいます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原に向かいます
4
尾瀬のガイド等には
厳しいとの記載もありましたが
登山道としては極く普通でした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬のガイド等には
厳しいとの記載もありましたが
登山道としては極く普通でした
1
尾瀬ヶ原に着きました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾瀬ヶ原に着きました
2
至仏山の雲が
ほぼ取れました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
至仏山の雲が
ほぼ取れました
9
サギスゲと燧ケ岳
(これはワタスゲではなく
サギスゲと思われます)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サギスゲと燧ケ岳
(これはワタスゲではなく
サギスゲと思われます)
16
ニッコウキスゲも
咲き始めています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲも
咲き始めています
6
本日一番の
トキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日一番の
トキソウ
17
モードが
切り替わってしまう
なんとか 修正できないか
後で考える事にする 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モードが
切り替わってしまう
なんとか 修正できないか
後で考える事にする 
1
アヤメも多かったです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アヤメも多かったです
6
逆さ燧ケ岳
不完全版
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆さ燧ケ岳
不完全版
12
キスゲと
これからの至仏山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キスゲと
これからの至仏山
10
さあ ソフトを食べて
向かう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ ソフトを食べて
向かう
1
この湧き水で
顔洗い
一時生き返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この湧き水で
顔洗い
一時生き返る
1
これは
ミネウスユキソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは
ミネウスユキソウ?
5
ベニサラサと
ウラジオヨウラク
似た物?コラボ
仲いいのかな?

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニサラサと
ウラジオヨウラク
似た物?コラボ
仲いいのかな?

4
ユキワリソウ
登場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ユキワリソウ
登場
10
朝歩いたアヤメ平が
遠くに見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝歩いたアヤメ平が
遠くに見えます
6
クモイイカリソウ
春に近所で見た
トキワイカリソウと
似ている、、、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモイイカリソウ
春に近所で見た
トキワイカリソウと
似ている、、、
12
何だっけ
イブキジャコウソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だっけ
イブキジャコウソウ?
7
ロックガーデンです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロックガーデンです
5
この辺りから
ホソバヒナウスユキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りから
ホソバヒナウスユキソウ
11
花で誤魔化すが
頂上は中々着かない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花で誤魔化すが
頂上は中々着かない
1
何度も
尾瀬ヶ原を眺めます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度も
尾瀬ヶ原を眺めます
8
ホソバヒナウスユキソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホソバヒナウスユキソウ
14
なんでしょうか?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんでしょうか?
4
小至仏山まで
とても遠く
見えます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小至仏山まで
とても遠く
見えます
5
クモイイカリソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモイイカリソウ
9
東斜面
ちょっと少ないけど
シナノキンバイ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東斜面
ちょっと少ないけど
シナノキンバイ
3
ありがとうございました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ありがとうございました
3

感想/記録
by boroP

45年前の林間学校ワクワクして歩いた想い出の尾瀬
それから ずーっと再訪したかったが
再訪したのは2009年 それを機会に我々の山歩きは始まった
この8年で3回、至仏も燧も登ったが
林間学校当時でも興味あった
雲上の楽園アヤメ平は うまい周回が思いつかなく行ったことがなかった
至仏は 以前花無い時期でガスだった
アヤメ平と至仏山のコースタイムを足してみる
一般ハイカー向け、登山者向け資料によって
大分違うが 9.5〜11Hぐらいか、、、
この時期 バスでは丁度良い時間がないが
乗合タクシーに期待して だめなら至仏山辞める事にして
3回続けて関越道に向かった

木道の先に ワタスゲとバイケイソウを添えた横田代が広がった
至仏や燧は雲が邪魔しているが 想像以上に広い雲上の湿原
来て 良かった
雲は時間がたてば取れそうな気もしたので 富士見峠小屋跡にも寄ってみたが
ここだけで十分な時間を取れるようにした山行じゃないから致し方ない
竜宮までは厳しい道との情報もあるので先に進んだ
尾瀬ヶ原に着くと 至仏も燧もほぼ雲が取れている
アヤメ平でも充分に広さを感じたが
やっぱり尾瀬ヶ原は広大 花の種類が半端なく
タイムを縮められる木道なのに 早く歩ける訳がなかった
山ノ鼻でランチ 至仏が高く聳える
ここん所 体調が良くない
登山口で 中学生を引率していた地元ガイドの人が 
これから至仏登るんですか 今 花が良いですよと、、
コースタイムよりかかっても 終バスには間に合いそう
樹林帯の急登と熱さで二人ともヘロヘロ
直下の花の多さもありましたが
前回の1.5倍近くかかってしまいました
至仏山山頂も まあまあの天気
花の名山を満喫させていただきました

正直 日帰りでは欲張りすぎで
理想?とする山行ではありませんが
与えられた環境、条件の中
5回目の尾瀬を歩かせていただきました
また 知らなかった尾瀬を教えていただいたと思います

ありがとうございます!

訪問者数:882人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/9/22
投稿数: 1683
2018/7/4 18:04
 想い出のアヤメ平
おこんばんは〜🎵
ワタスゲがゆれるアヤメ平、素敵ですねぇ ( ̄∇ ̄)
中学校の林間学校で訪れた想い出の地なのですね。因みに私の林間学校は日光の中禅寺湖畔のバンガローで、戦場ヶ原をハイキングしたような。。。

さて、アヤメ平は私にとっても想い出の地でございまして、5年程前に会社の同僚たちと訪れ、あいにくの雨だったものの私が登山に嵌まる契機となった場所でこざいますの (^o^)

アヤメ平は、一時登山者の踏み跡で荒廃したそうですが、現在、元の植生を取り戻したようですね。
てか、富士見田代から竜宮に降りるトレイル、激降りではありませんでしたか?

更に尾瀬ヶ原から至仏に登っちゃうなんて、かなりハードな山行かと。
お花に癒されながらの周回、お疲れさまでした〜 (´▽`)ノ
登録日: 2011/8/13
投稿数: 518
2018/7/4 19:13
 Re: 想い出のアヤメ平
お今晩は!

林間学校で行った時は
乗せて貰えませんでしたが
尾瀬沼に遊覧船が航行していたんですよ

アヤメ平歩いているんだ
復活したアヤメ平は 静かな別世界でした
いつか天気の良い日に再訪してくださいね
適度の時間が 流れれば 新しい発見もあるかも、、

竜宮に降りるトレイルは 極く普通の登山道って感じ
長英新道の方がよっぽど歩きにくかった記憶があります
もっとも リュック最低限にして行きましたが
今回も 我々には ハードで
実力相応の山歩きがしたい今日この頃です〜
on-boroP
登録日: 2012/10/16
投稿数: 487
2018/7/5 20:12
 いや〜行きましたね!
boroPさん こんばんは

林間学校の想い出とは 青春真っただ中ですね
歩いていて楽しかったでしょう
アヤメ平のワタスゲがいいですね〜
尾瀬ヶ原・至仏の花々もいいですね〜
逆さ燧が惜しい・・・・
私も今月に行く予定があるので写真を見ていて
ワクワクしました
あ!サギソウは白毛門で見つけたトキソウ
だと思いますが

ロングトレイルお疲れ様でした。
登録日: 2011/8/13
投稿数: 518
2018/7/5 20:29
 Re: いや〜行きましたね!
行っちゃいました

実は中央アを考えていたんですが 向こうは
梅雨明けなのに 天気今一予報だったんで
soratokazeさんの露払いって事で
強引周回してきました
soratokazeさんはテン泊かな?
虫は 結構いますのでお気をつけくださいね

花名誤記?ご指摘ありがとうございます
朱鷺でも鷺でもいっしょになっていました
お詫びして訂正しときます

それでは 夏の尾瀬の玄人レコを楽しみにしてますね
on-boroP

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ