また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1528348 全員に公開 ハイキング白馬・鹿島槍・五竜

北の稜線に魅了!針ノ木岳周回

日程 2018年07月16日(月) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間49分
休憩
1時間28分
合計
12時間17分
S扇沢駅05:0906:09大沢小屋06:1108:15針ノ木小屋08:2909:19針ノ木岳09:3010:07小スバリ岳10:0810:20スバリ岳10:2611:46赤沢岳12:1812:56鳴沢岳12:5813:25新越山荘13:2814:16岩小屋沢岳15:21種池山荘15:3515:55富士見坂15:5616:13水平岬16:41駅見岬16:4216:47ケルン(柏原新道)16:4817:26柏原新道登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
針ノ木〜スバリ〜赤沢岳付近 ガレ場の為、足を取られ易く慎重に。
過去天気図(気象庁) 2018年07月の天気図 [pdf]

写真

柏原新道手前より路駐が目立っていたので無料駐車場も停めれな事を覚悟していましたが、3連休最終日とあってガラガラ状態でした。
2018年07月16日 04:58撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柏原新道手前より路駐が目立っていたので無料駐車場も停めれな事を覚悟していましたが、3連休最終日とあってガラガラ状態でした。
針ノ木登山口。今回は事前に準備していなかったのでここで提出します。
2018年07月16日 05:14撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木登山口。今回は事前に準備していなかったのでここで提出します。
大沢小屋到着。
天気も上々、連日の猛暑でガスらなければいいですが。
2018年07月16日 06:09撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大沢小屋到着。
天気も上々、連日の猛暑でガスらなければいいですが。
ニッコウキスゲ(日光黄萓)
2018年07月16日 06:29撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲ(日光黄萓)
ピンずれオオバギボウシ(大葉擬宝珠)
2018年07月16日 06:33撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンずれオオバギボウシ(大葉擬宝珠)
さあ、雪渓です。
やはり積雪は少ない感じです。
2018年07月16日 06:39撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さあ、雪渓です。
やはり積雪は少ない感じです。
右側に夏道が現れています。
この手前で直径30cmほどの落石がありました。
かなりの急斜面で殆ど避けようがないかと。
2018年07月16日 08:01撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側に夏道が現れています。
この手前で直径30cmほどの落石がありました。
かなりの急斜面で殆ど避けようがないかと。
1
槍がくっきり。
2018年07月16日 08:17撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍がくっきり。
槍から延びる、東鎌・北鎌尾根・穂高へ向かう稜線がいいですね。
2018年07月16日 08:17撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍から延びる、東鎌・北鎌尾根・穂高へ向かう稜線がいいですね。
いつも思いますが、上から望むとちょい足がすくみます。
2018年07月16日 08:31撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも思いますが、上から望むとちょい足がすくみます。
夏らしい景色。
チングルマ(稚児車)が最盛期です。
2018年07月16日 08:48撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏らしい景色。
チングルマ(稚児車)が最盛期です。
2
立山・剱。ありがとうございます。
感無量でございます。
2018年07月16日 09:19撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山・剱。ありがとうございます。
感無量でございます。
1
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)をバックに、これから向かう種池までの稜線。うん〜、遠いぞ。
2018年07月16日 09:22撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイコンソウ(深山大根草)をバックに、これから向かう種池までの稜線。うん〜、遠いぞ。
1
4時間ほどで針ノ木。
ここまで順調に進んでいます。
2018年07月16日 09:30撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
4時間ほどで針ノ木。
ここまで順調に進んでいます。
1
これで4回目の登頂、針ノ木岳。
2018年07月16日 09:31撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これで4回目の登頂、針ノ木岳。
2
針ノ木直下のミヤマオダマキ(深山苧環)
2018年07月16日 09:31撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木直下のミヤマオダマキ(深山苧環)
ガレ場で足元が不安定です。
登りにしても辛そう。
2018年07月16日 09:35撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガレ場で足元が不安定です。
登りにしても辛そう。
一気に150m程下ります。慎重に。
2018年07月16日 09:42撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に150m程下ります。慎重に。
1
念願のスバリ岳登頂。
ここまでくれば目標半分達成。
距離はまだ1/3も来てませ〜ん。
2018年07月16日 10:16撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
念願のスバリ岳登頂。
ここまでくれば目標半分達成。
距離はまだ1/3も来てませ〜ん。
3
ノンアルで生き返りました〜。
2018年07月16日 10:20撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノンアルで生き返りました〜。
赤沢岳に立ち向かう。
2018年07月16日 10:33撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤沢岳に立ち向かう。
コマクサ(駒草)
2018年07月16日 10:37撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサ(駒草)
2
イワギキョウ(岩桔梗)?
2018年07月16日 10:57撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ(岩桔梗)?
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)はこの稜線に良く見られました
2018年07月16日 11:03撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ(白山石楠花)はこの稜線に良く見られました
剱に思いを馳せる。
2018年07月16日 11:48撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱に思いを馳せる。
2
この時間になってもガスる様子もなく、剱を横に稜線歩き。
2018年07月16日 12:22撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間になってもガスる様子もなく、剱を横に稜線歩き。
ハクサンフウロ(白山風露)
2018年07月16日 13:18撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンフウロ(白山風露)
1
今年は当たり年?
群生のコバイケイソウ(小梅濮陝
2018年07月16日 13:24撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今年は当たり年?
群生のコバイケイソウ(小梅濮陝
1
やっとこ、新越山荘まで来ました。
ここら辺で半分来たかなぁ。
2018年07月16日 13:26撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとこ、新越山荘まで来ました。
ここら辺で半分来たかなぁ。
1
振り返ると大町側はガス。
やはり大町側の稜線は暖かい空気で息苦しくかった。
2018年07月16日 13:49撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると大町側はガス。
やはり大町側の稜線は暖かい空気で息苦しくかった。
モミジカラマツ(紅葉唐松)
2018年07月16日 14:45撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツ(紅葉唐松)
サンカヨウ(山荷葉)と奥にキヌガサソウ(衣笠草)
2018年07月16日 14:53撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
サンカヨウ(山荷葉)と奥にキヌガサソウ(衣笠草)
1
新越山荘から表示で2時間半とありました。
見た感じ1時間位な感じでしたが結局、2時間かかりました。
2018年07月16日 15:03撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新越山荘から表示で2時間半とありました。
見た感じ1時間位な感じでしたが結局、2時間かかりました。
ウサギギク(兎菊)
2018年07月16日 15:05撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウサギギク(兎菊)
もう少し高度が低いところにあるイメージでしたが、満開ですね
2018年07月16日 15:17撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少し高度が低いところにあるイメージでしたが、満開ですね
出発して丁度10時間。
いくら爺からの景色が良くてももうお腹いっぱいです。
2018年07月16日 15:23撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発して丁度10時間。
いくら爺からの景色が良くてももうお腹いっぱいです。
1
丁度、時期でしょうか。稜線上で渡り蝶のアサギマダラ(浅葱斑)が数頭見られましたよ。ラッキー(^^
2018年07月16日 15:38撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丁度、時期でしょうか。稜線上で渡り蝶のアサギマダラ(浅葱斑)が数頭見られましたよ。ラッキー(^^
2
長い行程もほぼ終盤。
さよなら種池山荘。また来ます。
2018年07月16日 15:39撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い行程もほぼ終盤。
さよなら種池山荘。また来ます。
1
山荘から下り1000m。もうヘトヘトです;;疲れ果てました。
2018年07月16日 17:26撮影 by arrowsM04, FUJITSU
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から下り1000m。もうヘトヘトです;;疲れ果てました。
2

感想/記録
by chobit

20kmの長丁場、流石に疲れ果てました。
行けるうちにこの稜線を歩きたいと思い、いつもの連れと計画。
ここの所の猛暑もあり、いつガスが湧いてくるか心配でとにかく針ノ木までは気合を入れてスタート。
流石に雪渓は冷たい風が山肌に沿って吹き降ろしてくる。
とにかくバテないようにと4.5Lの水と3個のおにぎりを小分けに取りながら。
おかげですこぶる順調。針ノ木山頂では立山と剱岳が迎えてくれた。
ここからは未踏の地。
スバリ・赤沢・鳴沢とアップダウンを繰り返しながら少しずつ高度を下げていく。
下界は35℃越えだそう。稜線は涼しいといっても日差しがあり、アップダウンで結構体もきつくなる。高山植物は今が最盛かうなだれて歩く目線に綺麗な花達がそこここに咲き誇りホッとさせられた。
体力的に厳しいコースでしたが、北の稜線は花と景色に大満足の山行になりました。
訪問者数:502人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

落石
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ