また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1546273 全員に公開 ハイキング 剱・立山

立山

情報量の目安: A
-拍手
日程 2018年08月04日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー1人
天候快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス、 ケーブルカー等
前日23時新宿発の毎日あるぺん号で朝7時室堂着。山行後、ロッジ立山連峰に1泊し、翌日は立山黒部アルペンルートと新幹線で東京へ。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間13分
休憩
2時間0分
合計
8時間13分
Sスタート地点07:4208:42一の越山荘08:5409:58雄山10:2610:45立山11:0111:04大汝休憩所11:2011:38富士ノ折立11:5112:32真砂岳12:3313:28別山南峰13:3813:44別山北峰13:4713:51別山南峰13:5214:17剱御前小舎14:2915:31浄土橋15:3815:45雷鳥沢ヒュッテ15:50ロッジ立山連峰15:5115:55ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
何箇所か雪渓の上を歩くけれど、アイゼン等はまったく不要。
その他周辺情報下山後長野駅まで戻ってきて、タクシーでうるおいの湯に立ち寄り。
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

室堂ターミナル前の玉殿湧水で水を汲んでスタート!
2018年08月04日 07:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂ターミナル前の玉殿湧水で水を汲んでスタート!
山麓にはチングルマがまだ残ってた。
2018年08月04日 07:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓にはチングルマがまだ残ってた。
シナノキンバイ
2018年08月04日 07:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シナノキンバイ
イワギキョウ
2018年08月04日 08:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワギキョウ
一の越から雄山は賑やかな急登。
2018年08月04日 08:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の越から雄山は賑やかな急登。
イワツメクサ
2018年08月04日 09:23撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワツメクサ
北アルプス南部の山々。
2018年08月04日 09:32撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北アルプス南部の山々。
2991mの雄山三角点付近から3003mの雄山神社峰本社を見上げる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2991mの雄山三角点付近から3003mの雄山神社峰本社を見上げる。
参拝料500円払って3003m! 右奥は大汝山。
2018年08月04日 10:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
参拝料500円払って3003m! 右奥は大汝山。
室堂を見おろす。中央は大日岳、右は奥大日岳。
2018年08月04日 10:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂を見おろす。中央は大日岳、右は奥大日岳。
右から薬師岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳、水晶岳、奥穂高、槍、前穂高。
2018年08月04日 10:10撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から薬師岳、黒部五郎岳、笠ヶ岳、水晶岳、奥穂高、槍、前穂高。
1
大汝山。1〜2人しか乗れない山頂の岩に半分ぐらいの人が登ろうとするので、撮影待ち渋滞。
2018年08月04日 10:49撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山。1〜2人しか乗れない山頂の岩に半分ぐらいの人が登ろうとするので、撮影待ち渋滞。
黒部湖の向こう正面は針ノ木岳。
2018年08月04日 10:52撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖の向こう正面は針ノ木岳。
やっと大汝山山頂の撮影順が来たら、山頂標識が持ち回り中・・・
2018年08月04日 10:54撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと大汝山山頂の撮影順が来たら、山頂標識が持ち回り中・・・
右は富士ノ折立、左は別山から剱岳。
2018年08月04日 11:22撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右は富士ノ折立、左は別山から剱岳。
1
富士ノ折立
2018年08月04日 11:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ノ折立
ここからも黒部湖と針ノ木岳が目の前に。
2018年08月04日 11:39撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからも黒部湖と針ノ木岳が目の前に。
右から鹿島槍、五竜、白馬三山。
2018年08月04日 11:41撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右から鹿島槍、五竜、白馬三山。
トウヤクリンドウ
2018年08月04日 11:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トウヤクリンドウ
富士ノ折立を振り返る。
2018年08月04日 11:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士ノ折立を振り返る。
室堂を見おろす。残雪がアクセントになってる。
2018年08月04日 11:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂を見おろす。残雪がアクセントになってる。
次は真砂岳へ。
2018年08月04日 12:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
次は真砂岳へ。
右手には内蔵助カール。
2018年08月04日 12:14撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手には内蔵助カール。
大日と奥大日。
2018年08月04日 12:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日と奥大日。
真砂岳。
2018年08月04日 12:33撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳。
別山への美しい尾根を登り返す。
2018年08月04日 12:34撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山への美しい尾根を登り返す。
1
再び室堂方面。
2018年08月04日 12:53撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
再び室堂方面。
頑張る妻。
2018年08月04日 12:57撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張る妻。
花崗岩の稜線が美しい。
2018年08月04日 13:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
花崗岩の稜線が美しい。
1
立山を振り返る。
2018年08月04日 13:27撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山を振り返る。
1
ラスボス別山到着。標識がマジック書き!
2018年08月04日 13:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ラスボス別山到着。標識がマジック書き!
剱岳がど〜ん。
2018年08月04日 13:30撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳がど〜ん。
1
自分だけ別山北峰に足を伸ばしてみた。
2018年08月04日 13:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分だけ別山北峰に足を伸ばしてみた。
剱岳がますます間近に。
2018年08月04日 13:45撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳がますます間近に。
1
今まで歩いてきた尾根をすべて見渡せる。
2018年08月04日 13:55撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今まで歩いてきた尾根をすべて見渡せる。
2
剣山荘。このロケーション、カッコ良すぎる。いつか行くことになるのかなあ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山荘。このロケーション、カッコ良すぎる。いつか行くことになるのかなあ。
1
今回撮影した剱岳で一番のお気に入り。
2018年08月04日 14:12撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回撮影した剱岳で一番のお気に入り。
1
ミヤマリンドウ。タテヤマリンドウは見かけなかった。
2018年08月04日 14:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマリンドウ。タテヤマリンドウは見かけなかった。
1
すっかり下ってきて立山を振り返る。
2018年08月04日 15:15撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すっかり下ってきて立山を振り返る。
1
チングルマを入れてみた。
2018年08月04日 15:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマを入れてみた。
1
浄土沢。冷たくて気持ちいい!
2018年08月04日 15:35撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浄土沢。冷たくて気持ちいい!
1
ロッジ立山連峰に到着。
2018年08月04日 15:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロッジ立山連峰に到着。
荷物を置いて、みくりが池まで往復する途中で出会ったチングルマの果穂の海。
2018年08月04日 16:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物を置いて、みくりが池まで往復する途中で出会ったチングルマの果穂の海。
2
少しアップで。
2018年08月04日 16:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
少しアップで。
1
みくりが池の逆さ立山連峰。朝だと逆光なので、下山後に疲れた足を伸ばして良かった!
2018年08月04日 16:58撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みくりが池の逆さ立山連峰。朝だと逆光なので、下山後に疲れた足を伸ばして良かった!
6
血の池。名前はおどろおどろしいけど美しい。
2018年08月04日 17:09撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
血の池。名前はおどろおどろしいけど美しい。
1
夕陽を受けたチングルマの海があまりに綺麗だったのでもう1枚。
2018年08月04日 17:29撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕陽を受けたチングルマの海があまりに綺麗だったのでもう1枚。
前を歩く妻の向こうには今日歩いたすべての山!
2018年08月04日 17:06撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前を歩く妻の向こうには今日歩いたすべての山!
3
撮影機材:

感想/記録

妻の提案で立山を回ってきた。

おそらく40数年前、自分がまだ10歳前後の時に家族4人で雄山に登ったことがある。山登りをしない父が唯一連れて行ってくれた山だった気がする。室堂から見上げた一ノ越・雄山間の稜線がかすかに瞼の裏に残っていて、今回訪れてみたらやはり同じ絵だった。

ただ、その稜線以外はまったく記憶がなく、どこに泊まったのかも、雄山から縦走したのかピストンしたのかも、全然分からない。

そんな「ほぼ初めまして」の立山は、天候に恵まれ、雪渓も残っていて、素晴らしかった。登山口が既に森林限界を超えていて、山行の最初から最後までずっと絵になる。雄山からは北アルプス南部の山々、途中の稜線では黒部湖越しに後立山連峰、そして別山では大迫力の剱岳。その間、歩く稜線が前後に雄大に見渡せて、左手にはほぼ常に室堂が箱庭のように広がっている。こんな、良い意味での金太郎飴みたいな山域があるんだなあと関心してしまった(相変わらず表現力なさすぎ・・・)。

今回1つ当たったのは、室堂内の散策を午後にしたこと。室堂の東側に山々がそびえているので、午後の方が山肌をきれいに見ることができた気がする。

この山域はそれほど体力や技術を要しないので、もっと歳を重ねて脚が衰えてきたら毎年のように行ってしまいそう(笑)。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:336人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ