また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1560435 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

【試練と憧れ♪剱岳(早月尾根)再挑戦】

日程 2018年08月18日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
馬場島荘前の駐車場は早いうちに満車
200mほど降った駐車場に止めました、いずれも無料だし距離もそれほど変わりません
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
8時間32分
休憩
59分
合計
9時間31分
Sスタート地点04:1404:23馬場島04:3305:04松尾平07:08早月小屋07:1609:11カニのハサミ09:1609:20剱岳09:3309:44カニのハサミ09:5511:33早月小屋11:4213:13松尾平13:37馬場島13:4013:45ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山届は馬場島荘で提出
早月尾根はやはり急登ですね、特に標高1100くらいの立山杉の巨樹から1800あたりまでは全然休ませてくれません
木野根っこを掴んで登るような急登です
その他周辺情報私はいつも上市町町営のアルプスの湯 @500円
過去天気図(気象庁) 2018年08月の天気図 [pdf]

写真

今日は3年ぶりの剱岳、早月尾根
3年前の滑落事故以来です
2018年08月18日 04:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は3年ぶりの剱岳、早月尾根
3年前の滑落事故以来です
松尾奥の平からの小窓尾根と大窓
2018年08月18日 05:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
松尾奥の平からの小窓尾根と大窓
出ました早月尾根の主
立山杉の巨樹
2018年08月18日 05:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出ました早月尾根の主
立山杉の巨樹
猫又山、いつかは登らねば
2018年08月18日 06:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又山、いつかは登らねば
1
大日連山の稜線
2018年08月18日 06:27撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日連山の稜線
2
避難小屋跡、シシウド祭り状態です
2018年08月18日 06:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋跡、シシウド祭り状態です
1
ホッと和む池塘
2018年08月18日 06:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホッと和む池塘
早月小屋の直下
大きなスラブが露出しているところ、ロープが張られてました
2018年08月18日 07:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋の直下
大きなスラブが露出しているところ、ロープが張られてました
1
P2224から剱岳が全貌を現す
2018年08月18日 07:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2224から剱岳が全貌を現す
早月小屋で小休憩、メットも装着
2018年08月18日 07:08撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋で小休憩、メットも装着
1
眼下には富山平野と富山湾
2018年08月18日 07:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下には富山平野と富山湾
平らで張りやすそうなテント場
ただここまでテント担ぎ上げるのが大変
2018年08月18日 07:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平らで張りやすそうなテント場
ただここまでテント担ぎ上げるのが大変
1
早月小屋がはるか下になった
2018年08月18日 07:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋がはるか下になった
弥陀ヶ原の向こうに薬師岳が見える
2018年08月18日 07:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原の向こうに薬師岳が見える
3
この辺りでストックをしまう
2018年08月18日 07:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺りでストックをしまう
この辺り険しい早月尾根にあって牧歌的な和むところ
2018年08月18日 08:11撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺り険しい早月尾根にあって牧歌的な和むところ
1
特徴的な小窓尾根
2018年08月18日 08:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な小窓尾根
1
北向きの谷にはまだ雪渓が残ってますね
2018年08月18日 08:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北向きの谷にはまだ雪渓が残ってますね
大日連山が眼下になった
その向こうに白山
2018年08月18日 08:49撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日連山が眼下になった
その向こうに白山
1
カニのハサミのトラバース
2018年08月18日 09:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミのトラバース
2
ほぼ核心部を終えて早月尾根を振り返る
2018年08月18日 09:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほぼ核心部を終えて早月尾根を振り返る
代わりに見えてきたのが立山連峰
2018年08月18日 09:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
代わりに見えてきたのが立山連峰
2
別山尾根と合流
急に人が増える
2018年08月18日 09:15撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山尾根と合流
急に人が増える
1
韓国、中国の方が多かった
この写真も中国の方に撮ってもらった
2018年08月18日 09:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
韓国、中国の方が多かった
この写真も中国の方に撮ってもらった
11
では山頂からの山座同定
毛勝三山
2018年08月18日 09:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では山頂からの山座同定
毛勝三山
鹿島槍ヶ岳
2018年08月18日 09:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍ヶ岳
2
唐松岳と五竜岳
2018年08月18日 09:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳と五竜岳
2
針ノ木岳
遠くに富士山
2018年08月18日 09:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳
遠くに富士山
2
弥陀ヶ原と薬師岳
2018年08月18日 09:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
弥陀ヶ原と薬師岳
2
立山界隈
槍穂高は背後に隠れてますね
2018年08月18日 09:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立山界隈
槍穂高は背後に隠れてますね
3
山頂は大賑わい
2018年08月18日 09:24撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は大賑わい
3
源次郎尾根
II峰の懸垂下降見えました
2018年08月18日 09:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
源次郎尾根
II峰の懸垂下降見えました
1
三角点
これだけしっかり埋設してあればむき出しになることもないか
2018年08月18日 09:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点
これだけしっかり埋設してあればむき出しになることもないか
1
さて早月尾根を下りますか
この標高差を考えるとうんざりします
2018年08月18日 09:36撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて早月尾根を下りますか
この標高差を考えるとうんざりします
劔尾根と小窓尾根
まさに針の山
2018年08月18日 09:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔尾根と小窓尾根
まさに針の山
薬師岳から雲海を経て白山に至る
2018年08月18日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
薬師岳から雲海を経て白山に至る
平蔵の頭
平蔵谷の雪渓は切れちゃってますね
2018年08月18日 09:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平蔵の頭
平蔵谷の雪渓は切れちゃってますね
ここで別山尾根とお別れ
2018年08月18日 09:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで別山尾根とお別れ
早月尾根に進みます
2018年08月18日 09:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根に進みます
しばし気の抜けない鎖場の連続
2018年08月18日 09:53撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しばし気の抜けない鎖場の連続
岩場に咲くミヤマダイコンソウ
2018年08月18日 09:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場に咲くミヤマダイコンソウ
カニのハサミのトラバース
以前はカニのハサミのような岩だったらしいが折れてしまったらしい
2018年08月18日 10:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カニのハサミのトラバース
以前はカニのハサミのような岩だったらしいが折れてしまったらしい
3
ここの通過はいつも緊張します
2018年08月18日 10:01撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの通過はいつも緊張します
ギラギラ照りつける太陽
2018年08月18日 10:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ギラギラ照りつける太陽
1
剱岳本峰
2018年08月18日 10:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剱岳本峰
それに続く小窓尾根
2018年08月18日 10:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
それに続く小窓尾根
2800m地点まで降りてきました
まだ2000mも降らなくてはならない
2018年08月18日 10:21撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2800m地点まで降りてきました
まだ2000mも降らなくてはならない
東大谷側
ものすごい切れ落ちかた
2018年08月18日 10:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東大谷側
ものすごい切れ落ちかた
モミジカラマツと毛勝三山
2018年08月18日 10:39撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モミジカラマツと毛勝三山
P2614
ここは巻きます
2018年08月18日 10:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2614
ここは巻きます
1
ここはチングルマ畑
和む場所
2018年08月18日 10:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここはチングルマ畑
和む場所
昼近くなって逆光が解消
青空が映えます
2018年08月18日 10:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昼近くなって逆光が解消
青空が映えます
小窓尾根
2018年08月18日 10:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓尾根
2
大日岳を背後に登ってくる登山者
2018年08月18日 11:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳を背後に登ってくる登山者
目立ちませんが剱御前
これも百高山
2018年08月18日 11:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目立ちませんが剱御前
これも百高山
この辺で剱本峰も見納め
2018年08月18日 11:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この辺で剱本峰も見納め
1
早月小屋に戻ってきました
2018年08月18日 11:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月小屋に戻ってきました
ネコの後ろ姿にしか見えない
2018年08月18日 11:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ネコの後ろ姿にしか見えない
マッチ箱ピーク
2018年08月18日 11:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マッチ箱ピーク
今日は予約で満室だそうです
予約なしで来た人は強制日帰り送還か
2018年08月18日 11:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は予約で満室だそうです
予約なしで来た人は強制日帰り送還か
1
P2214から早月小屋と剱岳
2018年08月18日 11:44撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
P2214から早月小屋と剱岳
池の平山
2018年08月18日 11:45撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池の平山
巨大杉、象の鼻
2018年08月18日 13:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大杉、象の鼻
巨大杉、あまりの見事さにしばし足を止める
2018年08月18日 13:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
巨大杉、あまりの見事さにしばし足を止める
標高1000m地点まで戻って来ました
2018年08月18日 13:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1000m地点まで戻って来ました
大窓には雲がかかってました
2018年08月18日 13:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大窓には雲がかかってました
登山口が見えた
禊の早月尾根、無事下山
2018年08月18日 13:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口が見えた
禊の早月尾根、無事下山
1
試練と憧れの碑に感謝
2018年08月18日 13:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試練と憧れの碑に感謝
1
他の山ではあまり見かけない厳しい内容
ひとつだけ気になるのが
人身? → 心身 と言いたかったのでは?
2018年08月18日 13:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
他の山ではあまり見かけない厳しい内容
ひとつだけ気になるのが
人身? → 心身 と言いたかったのでは?
1
馬場島
どっかのリゾートのような緑
2018年08月18日 13:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
馬場島
どっかのリゾートのような緑
下山後の炭酸は至福のドリンク
2018年08月18日 13:40撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山後の炭酸は至福のドリンク
3

感想/記録

お盆休みの最後の一座に選んだのは剱岳、それも早月尾根にしました
というのも3年前の春にここで滑落事故を起こして以来、なんとなく剱岳から足が遠ざかってしまい丸3年間未登の状態でした

山に対する心構え取り組む姿勢みたいなものも以前とは変わったように思います
当時のショックもだいぶ和らいできて一区切りつける意味もあってあえて同じルートで再挑戦しました

どこの谷のどの地点で滑ってしまったのかきちんと見極めるつもりで登りましたが、春山とは景色も雰囲気もずいぶん違うこともあってどこだったかを正確に判別することはできませんでした

なにはともあれ無事登って降ってくることができました
あの時の恐怖は今でもハッキリ記憶に残っています、無理しそうな時にはそのことをあえて思い出し、自分への戒めにするようにしています
これからも安全登山をモットーに長く山登りを続けていきたいですね
訪問者数:486人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/4/6
投稿数: 22
2018/8/19 12:28
 標高1800辺りでお会いした者です。
昨日は途中お会いして親しくお話させていただきました。ありがとうございます。
昨日はヘロヘロで何とか帰ってきました。今日は脚が張ってます(^_^;)
登録日: 2008/10/24
投稿数: 1300
2018/8/19 13:47
 Re: 標高1800辺りでお会いした者です。
こんにちは、昨日はお疲れ様でした
とても楽しくお話しさせていただき、ありがとうございました
朝のうちは涼しくて登りやすかったですね
下りはお話ししてた通り膝にきてガクガクでした
私も同じく三重から来た方と帰り道にお話ししましたよ
地下足袋で登っておられたので印象に残ってます
登録日: 2010/9/28
投稿数: 2859
2018/8/19 13:48
 早過ぎ!(^^)
sakuraさん、こんにちは

早月尾根、昼過ぎに下りちゃうんですか?!
早過ぎっ!!

三年前の滑落レコは読んでるだけでもドキドキしてましたが、
今回無事帰ってこれ、早月尾根の気持ちの切り替えができたのでは?

いつもガッツリな山行と山頂の笑顔、良いですね〜
登録日: 2008/10/24
投稿数: 1300
2018/8/19 15:35
 Re: 早過ぎ!(^^)
pikachanさん どうもです

結構早く出ましたから昼過ぎに着きました
登山道が急なんで早く終われーと思いながら登ったり降りたりしてると早く着いちゃうみたい

滑落現場近くではここだったよな?と思いながら通過しましたが、帰って写真見てみるとどこだか全く検討つかない?? やっぱ雪がある時とない時では様子がガラリと違うので人間の記憶なんて曖昧なもんだなと痛感しました
気持ちの切り替えはこれで出来ました、のんびりと好きな山を登り続けます
登録日: 2011/8/20
投稿数: 266
2018/8/20 12:38
 お帰りなさい
いつかsakuraさんにもこの日が来るかと思っていました。
僕も白山で滑落した時は、ちょうど1年後の同じ日に滑落現場を見て、振り返ったものです。
その後の山とのかかわり方も変わったという意味では「新たな原点」にもなりました。

あれから3年経ったのですね。
それにしても、当時はよくぞ無事に生還されました。
また、今回は(も)、相変わらず早いですねー。
予想はしていましたがそれ以上です。

とにかく、お帰りなさい
登録日: 2010/8/20
投稿数: 181
2018/8/20 12:47
 偶然にも
この日の朝7時頃、剱岳にいましたよ。笑
登録日: 2008/10/24
投稿数: 1300
2018/8/20 17:20
 Re: お帰りなさい
shirayamaさん ありがとうございます

あれから3年たちました、他の山には登っても剱岳はなんとなく敬遠するようになってまして、ようやく今回登ってこようという気になってなんとか登って帰って来れました
トラウマみたいなものは一生消えないと思いますし、また簡単に消えたらまずいんじゃないか、消えない方がいい教訓になって生かされるようにも思います、マジメな話

またどっかでお会いしましょう、船窪小屋より鞍掛山が一番可能性高いですね
登録日: 2008/10/24
投稿数: 1300
2018/8/20 17:21
 Re: 偶然にも
おおー、そうだったんですね、山頂で会えればよかったですが7時はとても無理でしたね
天気は良かった ですけど早朝は寒かった

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ