また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1782890 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

〜春休み勉強お疲れ様会〜棒ノ嶺・高水三山制覇

日程 2019年04月06日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ。雲が無い快晴だが、展望はやや春霞だった。
気温は朝方10〜15度、昼からは20度近い
アクセス
利用交通機関
電車自転車
(行き)家から蕨駅まで自転車

↓6:58〜7:02/京浜東北線大宮行き
南浦和
↓7:06〜7:36/武蔵野線府中本町行き
西国分寺
↓7:45〜7:50/中央線高尾行き
立川
↓7:57〜8:40/青梅線奥多摩行き
軍畑

御嶽
↓16:27〜16:43/青梅線青梅行き
青梅
↓16:43〜16:48/中央・青梅線快速東京行き
河辺
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間58分
休憩
44分
合計
7時間42分
S軍畑駅08:4108:57高源寺09:50常福院09:5610:02高水山10:0310:24岩茸石山10:2610:46名坂峠11:00興越山11:28逆川ノ丸11:50黒山11:5112:07権次入峠12:25棒ノ嶺12:4612:55権次入峠13:07黒山13:0913:38逆川ノ丸13:4314:05興越山14:24名坂峠14:42岩茸石山14:4615:14惣岳山15:1616:23御嶽駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
黒山〜逆川の丸間において、登山道を一時ロストし、約10分ロスタイム。
その他周辺情報夕食は、青梅線河辺駅徒歩7分 幸楽苑青梅店〜

装備

個人装備 グローブ 防寒着 雨具 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 救急セット 登山計画書 常備薬 携帯 時計 タオル 菓子類 現金 Suica ライター ザックカバー

写真

初めはあんまり写真撮らず、、軍畑駅側から登り、高水山に着きました。ここまで約1時間20分。快調なスタート。標高759m、高水三山の一つです。山の近くに立派なお寺がありました。
2019年04月06日 10:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めはあんまり写真撮らず、、軍畑駅側から登り、高水山に着きました。ここまで約1時間20分。快調なスタート。標高759m、高水三山の一つです。山の近くに立派なお寺がありました。
2
さっきの写真から23分後。岩茸石山です。こちらは展望が聞くところです。少し霞んで展望△ですが、冬ならスカイツリーなども見えるそうです。
2019年04月06日 10:25撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっきの写真から23分後。岩茸石山です。こちらは展望が聞くところです。少し霞んで展望△ですが、冬ならスカイツリーなども見えるそうです。
3
山頂から青梅市街方面。東の方角。
2019年04月06日 10:26撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から青梅市街方面。東の方角。
2
コースの大半がこんなスギ?林の道でした。花粉症じゃないので大丈夫です、
2019年04月06日 10:50撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースの大半がこんなスギ?林の道でした。花粉症じゃないので大丈夫です、
1
棒ノ嶺山頂です。8:40に軍畑駅を出て、12:25に着きました。約3時間45分と、なかなかいいペースですが、ある理由があります。
2019年04月06日 12:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺山頂です。8:40に軍畑駅を出て、12:25に着きました。約3時間45分と、なかなかいいペースですが、ある理由があります。
4
棒ノ嶺からの展望②。北西方面です。
2019年04月06日 12:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺からの展望②。北西方面です。
1
棒ノ嶺の山頂標。埼玉県とは、驚きです、、飯能市名栗にあるんでしょうか、、
2019年04月06日 12:46撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ嶺の山頂標。埼玉県とは、驚きです、、飯能市名栗にあるんでしょうか、、
3
下山開始して、約20分。黒山に戻ってきました。山頂から下り始めてすぐ、道に迷いかけました。少し道がわかりにくかったです
2019年04月06日 13:08撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山開始して、約20分。黒山に戻ってきました。山頂から下り始めてすぐ、道に迷いかけました。少し道がわかりにくかったです
1
ああいう、谷間のところは好き
2019年04月06日 13:48撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ああいう、谷間のところは好き
3
夕方、14時40分に岩茸石山に着きました。朝の10時半ごろは賑わっていましたが、もう誰もいませんでした。御嶽駅に下山開始。
2019年04月06日 14:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕方、14時40分に岩茸石山に着きました。朝の10時半ごろは賑わっていましたが、もう誰もいませんでした。御嶽駅に下山開始。
2
岩茸石山の展望②。朝10時半とどっちが霞んでいるのか。
2019年04月06日 14:44撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山の展望②。朝10時半とどっちが霞んでいるのか。
2
岩茸石山→惣岳山(高水三山)のところ。伐採した後がすごい。これのためか、一部迂回路になっていましたが、普通に歩きやすく、問題はありません。
2019年04月06日 15:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山→惣岳山(高水三山)のところ。伐採した後がすごい。これのためか、一部迂回路になっていましたが、普通に歩きやすく、問題はありません。
1
木がなくなるとこんなになるのか、と考えると驚きです。
2019年04月06日 15:02撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木がなくなるとこんなになるのか、と考えると驚きです。
2
惣岳山手前には岩場があり、足場が悪いので気をつけます。
2019年04月06日 15:11撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山手前には岩場があり、足場が悪いので気をつけます。
2
惣岳山の山頂に寺院がありました。そこは、なんか、ヘェンスで入れなかったですが、壁画は取れました。綺麗です。
2019年04月06日 15:17撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惣岳山の山頂に寺院がありました。そこは、なんか、ヘェンスで入れなかったですが、壁画は取れました。綺麗です。
1
送電鉄塔下から①
2019年04月06日 16:03撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔下から①
1
送電鉄塔下から②
2019年04月06日 16:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
送電鉄塔下から②
2
御嶽駅周辺の町が見えてきました。電車の音も聞こえます。降りて行きます。
2019年04月06日 16:13撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽駅周辺の町が見えてきました。電車の音も聞こえます。降りて行きます。
1
今日も河辺駅で途中下車。実際に気になったので、河辺おんせん梅の湯には行きませんでしたが、ちょっとこのタウンビルを見学しました。
河辺駅北口の左側の河辺タウンビルに梅の湯と青梅市立中央図書館とがあり、右側には河辺とうきゅうがあります。
2019年04月06日 16:51撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も河辺駅で途中下車。実際に気になったので、河辺おんせん梅の湯には行きませんでしたが、ちょっとこのタウンビルを見学しました。
河辺駅北口の左側の河辺タウンビルに梅の湯と青梅市立中央図書館とがあり、右側には河辺とうきゅうがあります。
1
駅前の円形ロータリー。人は少なく、落ち着いたいい町です。やはり同行した友人とラーメン食べる話になり、ここで降りたのですが、彼も気に入ってました。地元の駅(かなりうるさいです…)よりはよほどいいと思います。
2019年04月06日 16:59撮影 by iPhone 5s, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅前の円形ロータリー。人は少なく、落ち着いたいい町です。やはり同行した友人とラーメン食べる話になり、ここで降りたのですが、彼も気に入ってました。地元の駅(かなりうるさいです…)よりはよほどいいと思います。
3
撮影機材:

感想/記録
by gao__

今日は春休み最後の土日休みなので、ずっと椅子に座って勉強した春のお疲れ様会の登山。やく1ヶ月ぶりの一日休みです。来週からまた学校始まります…。
まあ、ですが、お疲れ様会とはいえ、しっかり運動したく、そこそこ長いコースにしてみました。
しかし、朝はやはりzzz…。やや出遅れ、立川駅7:57発直通の奥多摩行きで軍畑駅には8:40到着。このままでは下山が18:30を過ぎそうなので、やばかったら、棒ノ嶺までの途中で引きかえそうという話に。はじめのコンクリート部分から早歩きでたくさんの登山の方々を抜かし、30分ほどで登山口へ。マスとりの場所の近くにあります。
なかなかはじめからペースが良く、岩茸石山から黒山までの途中の稜線で先行者から、クマクマ🐻の目撃情報が、、
まだ、時間ありそうなので、棒ノ嶺まで向かうに決定。やはりクマに対して不安があるので、スピーカーで音楽をかけながら、やや大きめの声で話しつつ、しかもクマ鈴を稼働して、音をだしつつ、進みました。結果、クマはいませんでした。
黒山までは、人が対したことありませんでしたが、名栗との分岐?から?人が増えました。
みんなそこから登るand降るらしいです。。
棒ノ嶺山頂は凄い賑わいでした。みんなカップヌードルを食べていて、うらやましかったです。バーナーデビューしようか、悩みます、なかなか景色の良い山で、埼玉県側(北側)が何層にも山が連なっていました。前登った、伊豆ヶ岳とかあるのかも。
棒ノ嶺は12時45分くらいに出て、下山開始。初めはトレイルランナーの方に入れてもらい、走りましたが、5分ほどでギブアップ。凄いです。体力が、、
そこから岩茸石山まできた道を折り返しましたが、一部、分岐がめちゃくちゃになっているところを進み、関係ない方角に降りてしまい、体力をロスしました。上成木のあたりの斜面の50m直登のところです、変な景色が出たら気をつけなきゃですね、、
あとはひたすら、歩いて、16時25分に御嶽駅に着きました。遅れていた青梅行きに乗り、河辺駅へ。
河辺駅前から考えていましたが、なかなかやっぱり住みやすいと思います。
住みやすい点↓
・発達していてお買い物にほとんど困らない。(駅前は河辺とうきゅう・西友、青梅街道に行くとさらに多数。
・そんなにマンションなどは高くないのでは?
・都心から1時間と、程よい距離をあけられる、(今より都心通勤通学には少し大変かもしれないが、)
・駅前に立派な図書館があり、はかどりそうです、
・駅前でも落ち着いた雰囲気がある(毎日なんだか人がたくさんの蕨駅とは真反対なのです…)
そしてなにより、
・大好きな奥多摩の山域に近い
です、久しぶりでしたが、やっぱりいい町でした。晩御飯と合わせて1時間半くらい滞在していたみたいです。帰りたくなかったです、、

次の登山は2週間後くらいに考えてます、4月5月はいい季節なので、月に2回は登りたいです。今日は、虫除けスプレー持ってきて正解。もう、山歩きのブーン、出始めてます。ビビりなので、あの音はダメダメです😭

行き帰りなども合わせた本日の結果
本日の歩数…40,677歩
本日の歩行距離…25.5km
訪問者数:88人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2019/4/7
投稿数: 0
2019/4/8 19:22
 無題
河辺駅非常にいいところだと思います!
私も住みたいです。
登録日: 2018/3/9
投稿数: 2
2019/4/9 23:18
 Re: 無題
東京都心に通勤通学ならまだ許せるけど、、今住んでる川口みたいに都心から近くに住んでるとなんだか帰っても落ち着かないし、すぐに嫌になる、
通うなら少し遠いけど、最低でもさいたま市より北とか西なら高尾や青梅とか、あたりが理想的です
早く引っ越したいな…。
まあ、山に近いほうがいいから、埼玉県北部より、東京多摩とかの方がいいかもしれないけど、ね、

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

バーナー 直登 スギ クリ
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ