また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 1809772 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

鷹ノ巣山・雲取山 〜季節はずれの風雪で長沢背稜断念〜

日程 2019年04月27日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち吹雪
アクセス
利用交通機関
車・バイク
東日原の駐車場利用(利用者は朝2台、下山時3台)


経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道は良く整備されており、稲村岩尾根〜石尾根はルート明瞭。
野陣尾根は、倒木多くルートがやや不明瞭な箇所がありますが、迂回路やテープが整備されていて道迷いの心配はありません。
過去天気図(気象庁) 2019年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス 保険証 時計 サングラス タオル カメラ ツエルト アウター チェーンスパイク

写真

東日原からスタート
麓は雨がやみましたが、山にはガスが掛かっています。
徐々に回復するとの予報ですが、、
2019年04月27日 06:39撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東日原からスタート
麓は雨がやみましたが、山にはガスが掛かっています。
徐々に回復するとの予報ですが、、
日原の街を5分ほど進み、この階段を下ります
2019年04月27日 06:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原の街を5分ほど進み、この階段を下ります
程なく、稲村岩尾根急登の始まり
2019年04月27日 06:54撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
程なく、稲村岩尾根急登の始まり
稲村岩のコルを通過
2019年04月27日 07:25撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稲村岩のコルを通過
途中、青空ものぞきましたが、、
2019年04月27日 08:22撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、青空ものぞきましたが、、
鷹ノ巣山は強風とガスの中
2019年04月27日 08:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山は強風とガスの中
鷹ノ巣山に到着。
人の気配は全くなし
2019年04月27日 08:49撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山に到着。
人の気配は全くなし
3
立っていると寒いので、休む間もなく石尾根へ
2019年04月27日 08:53撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立っていると寒いので、休む間もなく石尾根へ
七ツ石山に到着。
予報当たらず、雪が降ってきました
2019年04月27日 10:12撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山に到着。
予報当たらず、雪が降ってきました
3
雲取奥多摩小屋は3月で閉鎖
天気が良ければ眺めの良い休憩適地なのですが
2019年04月27日 10:42撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取奥多摩小屋は3月で閉鎖
天気が良ければ眺めの良い休憩適地なのですが
もう直ぐ5月ですが、冬に逆戻り
2019年04月27日 10:57撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう直ぐ5月ですが、冬に逆戻り
雲取山に到着
ここから長沢背稜〜天祖山経由で日原まで下ります
2019年04月27日 11:29撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山に到着
ここから長沢背稜〜天祖山経由で日原まで下ります
4
、、の予定でしたが、雲取山荘までの道がこの状態。
雪は何とかなりそうですが、石尾根より風がとにかく強くなっています。
この状態で長沢背稜を進む自信がありません。
2019年04月27日 11:31撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
、、の予定でしたが、雲取山荘までの道がこの状態。
雪は何とかなりそうですが、石尾根より風がとにかく強くなっています。
この状態で長沢背稜を進む自信がありません。
このところ撤退続きで悔しい思いをしていますが、本日も諦めてエスケープルートへ
一昨年登りで利用した富田新道(野陣尾根)を下ります
2019年04月27日 11:46撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このところ撤退続きで悔しい思いをしていますが、本日も諦めてエスケープルートへ
一昨年登りで利用した富田新道(野陣尾根)を下ります
1
このルートは、吹きっさらしの尾根ではないので、100mほど下ると穏やかに。
ただし倒木が多いので、迂回路表示やテープを確認しながら下ります
2019年04月27日 12:06撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートは、吹きっさらしの尾根ではないので、100mほど下ると穏やかに。
ただし倒木が多いので、迂回路表示やテープを確認しながら下ります
長沢背稜方面は、やはり雪と風の中
2019年04月27日 12:34撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長沢背稜方面は、やはり雪と風の中
ブナ坂方面への分岐
2019年04月27日 13:01撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂方面への分岐
日原川の吊橋を渡ると間もなく林道
2019年04月27日 13:14撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日原川の吊橋を渡ると間もなく林道
林道と合流。
日原からは6卍度の林道歩きとなるので、できれば利用したくありませんでしたが、、
2019年04月27日 13:24撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と合流。
日原からは6卍度の林道歩きとなるので、できれば利用したくありませんでしたが、、
駐車場に帰着、1台増えて3台利用。

真冬より寒く感じた本日の山行。
こんなアクシデントも楽しいものです
2019年04月27日 15:04撮影 by DSC-WX500, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場に帰着、1台増えて3台利用。

真冬より寒く感じた本日の山行。
こんなアクシデントも楽しいものです

感想/記録

本日は、夏山縦走のトレーニング。
奥多摩の鷹ノ巣山、雲取山、長沢山、天祖山の周回を計画。
結果的には、予想外の風雪に阻まれ、鷹ノ巣山経由の雲取山山行となりましたが、痛めている左膝へのダメージを考えると、ちょうど良いトレーニングだったと思います。
困ったときの奥多摩、丹沢。またお世話になります。

訪問者数:231人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ