また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1824872 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走奥武蔵

奥武蔵全山縦走 飯能駅から浦山口駅まで

日程 2019年05月03日(金) [日帰り]
メンバー
 580
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
電車車・バイク
飯能駅そばのコインパーキング利用

秩父鉄道 浦山口ー御花畑
西武秩父線 西武秩父ー飯能
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち81%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
特に危険箇所なし

帰路西武線激混み
その他周辺情報西武秩父駅に温泉設備があるが、GWという事で大混雑、スルーした

・自販機
 子の権現
 橋立鍾乳洞

写真

本日は飯能駅スタート
電車だと始発でも六時スタートになっちゃうので、ここまで車で移動
2019年05月03日 05:15撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日は飯能駅スタート
電車だと始発でも六時スタートになっちゃうので、ここまで車で移動
一座目の天覧山へ、市街地の道標はありがたい
2019年05月03日 05:25撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一座目の天覧山へ、市街地の道標はありがたい
・・・有名なコンビニらしいが、営業時間前
この左側に天覧山の登山口有り
2019年05月03日 05:29撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・有名なコンビニらしいが、営業時間前
この左側に天覧山の登山口有り
1
さっくり一座目、天覧山
まぁ、標高195mだし、スタート地点から標高差80mだし
2019年05月03日 05:39撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さっくり一座目、天覧山
まぁ、標高195mだし、スタート地点から標高差80mだし
1
展覧山から下ってくると、蛙天国の湿地帯
多峯主山へ
2019年05月03日 05:43撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
展覧山から下ってくると、蛙天国の湿地帯
多峯主山へ
多峯主山山頂直下は鎖場
・・・ただし「子供用」の注記あり w
2019年05月03日 05:56撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山山頂直下は鎖場
・・・ただし「子供用」の注記あり w
1
二座目 多峯主山
2019年05月03日 05:58撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二座目 多峯主山
1
本日の日本一(写真中央)、大岳山、御前山・・・
天覧山も多峯主山も、標高の割に眺望が良い
2019年05月03日 05:59撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の日本一(写真中央)、大岳山、御前山・・・
天覧山も多峯主山も、標高の割に眺望が良い
1
多峯主山から間違って永田台の方向に下ってしまったが、コンビニで補給できたので結果オーライ
2019年05月03日 06:18撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多峯主山から間違って永田台の方向に下ってしまったが、コンビニで補給できたので結果オーライ
さて、ここからが本番かな・・・
2019年05月03日 06:22撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて、ここからが本番かな・・・
コースタイム欄で「久須美ケルン」と表示される場所
ケルンの上に控えめな山頂標識「永田山」
2019年05月03日 06:38撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コースタイム欄で「久須美ケルン」と表示される場所
ケルンの上に控えめな山頂標識「永田山」
1
祠と、木の根元に「久須美山」の標識
2019年05月03日 06:45撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
祠と、木の根元に「久須美山」の標識
おぉ、実物を見たいと思っていた「踊る標識」


2019年05月03日 06:47撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ、実物を見たいと思っていた「踊る標識」


1
かまど山分岐
前半でタイム稼がないと後半キツいので、この辺は走る
2019年05月03日 07:00撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かまど山分岐
前半でタイム稼がないと後半キツいので、この辺は走る
58号鉄塔
2019年05月03日 07:19撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
58号鉄塔
東峠
林道と交差する
すぐ目の前に鎖付きの急斜面があるが
天覚山左の道標もあるので左へ
2019年05月03日 07:25撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東峠
林道と交差する
すぐ目の前に鎖付きの急斜面があるが
天覚山左の道標もあるので左へ
すぐに道標
天覚山方向へ
2019年05月03日 07:27撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに道標
天覚山方向へ
杉林のやや急登を詰めると尾根に道標
2019年05月03日 07:31撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉林のやや急登を詰めると尾根に道標
道標を右に行くと70号鉄塔
2019年05月03日 07:32撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標を右に行くと70号鉄塔
道標から左に
尾根筋を登るが森林火災があった様子
(帰宅後調べた所、2019/3/24発生)
2019年05月03日 07:33撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道標から左に
尾根筋を登るが森林火災があった様子
(帰宅後調べた所、2019/3/24発生)
2
天覚山到着
2019年05月03日 07:47撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天覚山到着
1
霞んでいたが西武ドームや都心の高層ビル群も視認できた
2019年05月03日 07:48撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霞んでいたが西武ドームや都心の高層ビル群も視認できた
吾野の頭
↑けものみちって・・・ワロタ
2019年05月03日 08:12撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
吾野の頭
↑けものみちって・・・ワロタ
1
途中の岩にある道標
右「プロのみ」って・・・これまたワロタwww 
2019年05月03日 08:20撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の岩にある道標
右「プロのみ」って・・・これまたワロタwww 
低山だからと言って、緩い坂ばかりではない・・・(´Д`)ハァ…
2019年05月03日 08:25撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低山だからと言って、緩い坂ばかりではない・・・(´Д`)ハァ…
1
大高山到着
ここから前坂までの区間は以前来た事がある
2019年05月03日 08:31撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高山到着
ここから前坂までの区間は以前来た事がある
前坂
ここからスルギまで破線ルートになる
2019年05月03日 08:54撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂
ここからスルギまで破線ルートになる
前坂から林道に下り、暫く林道を進むと、右への分岐があり「スルギ・子の山」の標識がある
分岐のすぐ先に祠有り
2019年05月03日 09:05撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前坂から林道に下り、暫く林道を進むと、右への分岐があり「スルギ・子の山」の標識がある
分岐のすぐ先に祠有り
登山詳細図に「墓地」と書かれた場所
ここは右に
2019年05月03日 09:12撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山詳細図に「墓地」と書かれた場所
ここは右に
右側が切れ落ちた稜線を登る
2019年05月03日 09:16撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右側が切れ落ちた稜線を登る
奥の方が関八州見晴台になるのかな
道がカーブしている所の右側、木の枝に隠れている辺りが吾野駅
2019年05月03日 09:18撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥の方が関八州見晴台になるのかな
道がカーブしている所の右側、木の枝に隠れている辺りが吾野駅
1
ツツジの咲くピークに小さな山頂標識「四本松」
2019年05月03日 09:20撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ツツジの咲くピークに小さな山頂標識「四本松」
飯能アルプスの標識
ベースの丸太に切り込みを入れて立ててある
2019年05月03日 09:29撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飯能アルプスの標識
ベースの丸太に切り込みを入れて立ててある
1
大高沢入山、山頂標識と木のコブ
2019年05月03日 09:33撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大高沢入山、山頂標識と木のコブ
1
六ツ石ノ頭
2019年05月03日 09:41撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
六ツ石ノ頭
スルギ
特に何があるわけでもない分岐
巻いてる久久戸山とか、いつもなら登るのだが今日は時間がないのでパス
2019年05月03日 09:53撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スルギ
特に何があるわけでもない分岐
巻いてる久久戸山とか、いつもなら登るのだが今日は時間がないのでパス
1
子の権現駐車場
自転車業界?では有数の急坂らしい
この時も二台自転車が居たが、ちょっと親近感 w 
2019年05月03日 10:12撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現駐車場
自転車業界?では有数の急坂らしい
この時も二台自転車が居たが、ちょっと親近感 w 
子の権現
自販機でコーラ補給
もっと買っておけばよかったと後悔
2019年05月03日 10:17撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現
自販機でコーラ補給
もっと買っておけばよかったと後悔
天目指峠
2019年05月03日 10:47撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天目指峠
空荷の鉄塔
2019年05月03日 11:17撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空荷の鉄塔
高畑山
問題は次の古御岳
2019年05月03日 11:23撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高畑山
問題は次の古御岳
・・・写真では伝わらないが「超急坂」
古御岳、パネェ
2019年05月03日 11:42撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
・・・写真では伝わらないが「超急坂」
古御岳、パネェ
2
左側斜面に動くものが・・・
見るとカモシカ
生では初対面・・・急登中ちょっと癒やされる
2019年05月03日 11:45撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左側斜面に動くものが・・・
見るとカモシカ
生では初対面・・・急登中ちょっと癒やされる
1
でも急登は続く・・・(´Д`)ハァ…
2019年05月03日 11:50撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも急登は続く・・・(´Д`)ハァ…
1
古御岳・・・ようやく到着
いや、キツいのは知ってたけど、けど・・・
2019年05月03日 11:56撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古御岳・・・ようやく到着
いや、キツいのは知ってたけど、けど・・・
1
伊豆ヶ岳も急登だが、古御岳より短い
2019年05月03日 12:06撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳も急登だが、古御岳より短い
伊豆ヶ岳到着
ちなみに山頂には溢れそうな程の人
ちょうど昼時でもあり、大混雑
写真撮ったらさっさと撤収
2019年05月03日 12:14撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
伊豆ヶ岳到着
ちなみに山頂には溢れそうな程の人
ちょうど昼時でもあり、大混雑
写真撮ったらさっさと撤収
1
この道標を右、山伏峠へ
山頂には行かなくても良かったのだが、ここまで登って山頂踏まないのもアレなので・・・
2019年05月03日 12:17撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道標を右、山伏峠へ
山頂には行かなくても良かったのだが、ここまで登って山頂踏まないのもアレなので・・・
2
分岐からは一転、誰もいない
杉林の中を急降下
2019年05月03日 12:21撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐からは一転、誰もいない
杉林の中を急降下
山伏峠
山の上で22℃、暑い訳だわ
道路の向かい側の取り付きがよく分からず、左側のフェンスの所を強引に登った
2019年05月03日 12:38撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山伏峠
山の上で22℃、暑い訳だわ
道路の向かい側の取り付きがよく分からず、左側のフェンスの所を強引に登った
スタートから8時間
この辺りで足が止まる・・・シャリバテっぽい
朝もあまり食べられなかったのでちょっと休憩
朝コンビニで補給したおにぎり補給
何とかごまかしながら歩き出す
2019年05月03日 13:06撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スタートから8時間
この辺りで足が止まる・・・シャリバテっぽい
朝もあまり食べられなかったのでちょっと休憩
朝コンビニで補給したおにぎり補給
何とかごまかしながら歩き出す
1
前岳川岳到着
何とか歩けそうだ
2019年05月03日 13:45撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前岳川岳到着
何とか歩けそうだ
武川岳到着
2019年05月03日 13:56撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武川岳到着
1
妻坂峠
この先、大持山までCT1時間40分、16時までに着ければ完走できそう・・・
小休止後登り始めるが、いい加減登りがキツい
2019年05月03日 14:12撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
妻坂峠
この先、大持山までCT1時間40分、16時までに着ければ完走できそう・・・
小休止後登り始めるが、いい加減登りがキツい
急斜面を登りきっても、まだまだ・・・
2019年05月03日 14:42撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を登りきっても、まだまだ・・・
2
これを登りきれば、ウノタワ側からの道に合流
2019年05月03日 14:56撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これを登りきれば、ウノタワ側からの道に合流
ここを登ってきた
写真だと斜度が伝わらないがキツかった・・・
2019年05月03日 15:03撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここを登ってきた
写真だと斜度が伝わらないがキツかった・・・
1
大持山到着
前回より1時間以上遅い時間だが、武甲山までの所要時間は見えているので何とかなりそう
2019年05月03日 15:08撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大持山到着
前回より1時間以上遅い時間だが、武甲山までの所要時間は見えているので何とかなりそう
1
小持山山頂から武甲山
さて、残るはラスボスのみ
2019年05月03日 15:34撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小持山山頂から武甲山
さて、残るはラスボスのみ
2
シラジクボとか途中は省略
スタートから11時間、武甲山頂到着
奥武蔵全山縦走達成!

・・・まだ長い下りがあるけど
2019年05月03日 16:22撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラジクボとか途中は省略
スタートから11時間、武甲山頂到着
奥武蔵全山縦走達成!

・・・まだ長い下りがあるけど
2
武甲山からの下りは、こちらのルートの方が明るくていいかも
2019年05月03日 16:35撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
武甲山からの下りは、こちらのルートの方が明るくていいかも
長者屋敷の頭
頭、と言ってもピークではない
水場があるらしいが未確認
2019年05月03日 16:45撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長者屋敷の頭
頭、と言ってもピークではない
水場があるらしいが未確認
林道への降下点
尾根筋はロープで遮断してあるので間違えて直進することはなさげ
2019年05月03日 16:56撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道への降下点
尾根筋はロープで遮断してあるので間違えて直進することはなさげ
1
地図で明らかな様に、杉林の中の九十九折で急降下する
2019年05月03日 17:00撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地図で明らかな様に、杉林の中の九十九折で急降下する
2
林の中を下りきると沢沿いの道になる
2019年05月03日 17:08撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林の中を下りきると沢沿いの道になる
歩くと渡渉点がある
2019年05月03日 17:13撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩くと渡渉点がある
渡渉点からすぐに林道終点到着
あとはタラタラ林道歩いて浦山口の駅へ
2019年05月03日 17:15撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡渉点からすぐに林道終点到着
あとはタラタラ林道歩いて浦山口の駅へ
三峰口行きの電車が到着
2019年05月03日 18:01撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三峰口行きの電車が到着
浦山口駅到着
何とか明るいうちにゴールできてよかった
2019年05月03日 18:04撮影 by DMC-XS3, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
浦山口駅到着
何とか明るいうちにゴールできてよかった
2

感想/記録
by 580

GW後半、何処に行くか・・・
4/27の五日市でバスが混む事を学習したので、
バスを使わない所で検討した結果、
奥武蔵登山詳細図No40、「奥武蔵全山縦走コース」
に行って見る事にした。

以前から過去ログなどを参照して興味はあったのだが、
西行CT23時間35分、東行CT22時間15分と洒落にならない長さなので、
ちょっと腰が引けていた
いざ、行く事にして計画書にしてみると、東行の方が下り基調で楽ではあるが
スタート時間が7時以降になってしまう。
一方、西行で車併用なら、5時飯能スタートが可能で、今の時期なら13時間程
明るい時間帯に活動できる・・・
あとは全行程でCT比0.6程度の速さで歩ければ、と皮算用した
実際には伊豆ヶ岳あたりで続行か途中敗退の判断をすれば良い

◆飯能から天覚山、多峯主山、永田台
 スタート時刻を5時にするため、飯能まで車で行き、飯能駅そばの
 コインパーキングに駐車したが、もうちょっと駅から離れた所でも良かったかも。
 (結局駐車料金は¥1500だった)
 天覚山187m、多峯主山270mといずれも低山だが、こじんまりしていても
 ちゃんとした山で、住宅地の側にある山とは思えない程だった。
 眺望がいいのも◎
 朝6時前にもかかわらず、登山者に数名お会いしたが、おそらく付近の方だろう
 
 多峯主山から先は、例によって予習不足で適当に歩いた結果、
 本来のコースから外れて、更に少々遠回りになってしまった
 結果論だが、ここでミスをしなかったらコンビニに寄れず、
 途中で動けなくなっていたかも知れない・・・
 まぁ、これも準備不足と言う事なのだが。

◆永田山から天覚山、大高山、前坂まで
 徐々に標高を上げていく尾根沿いの道
 上り以外は走ってタイム短縮に努めた区間
 天覚山手前の山火事跡が印象的

◆前坂からスルギ、子の権現
 前坂から先、スルギまでは破線ルートになっているが、
 道自体はよく踏まれており、特に危険な所もない
 四本松の山頂手前が切れ落ちていて、少々スリリングだがその程度
 主要な分岐には私製の道標があるが、GPS等での自位置確認ができれば
 全く問題ないルートだと思う
 子の権現の山門手前には数件の茶屋が有り、
 また自販機も1台あるのである程度の補給はできそう
 私もそのつもりで途中スポドリをガンガン飲んだのだが、
 結局コーラの小缶しか買わなかったので、
 後半飲料が心細くなった

◆天目指峠、高畑山、古御岳、伊豆ヶ岳
 子の権現から天目指峠までは下り基調の平和な区間
 天目指峠から伊豆ヶ岳までが前半の核心部
 特に古御岳、ここの登りは個人的な急登ランキング上位にランクイン
 地図の等高線の混み具合からも、過去レコからも分かっていたが、
 やっぱり体感すると・・・古御岳パネェ
 伊豆ヶ岳はまぁ、予想通りの大混雑
 昼時というのも有り、山頂は人で溢れていたので早々に撤収

◆山伏峠、前武川岳、武川岳、妻坂峠
 古御岳の登りはちょっとへばったが、調子自体悪くなく、
 伊豆ヶ岳から武甲山を目指すことにして、山伏峠側に下る
 200m程下ると祠が有り、すぐ先に舗装路があるのだが、
 ヤマレコマップの足跡は広範囲に分散していてルートがよく分からず
 祠の先を左に下りた。
 (登山詳細図では右だった)
 道路を渡った後の取り付きがよく分からず、正面左側にあった
 階段の跡(既に崩壊)を無理矢理登った
 登った後、右側からの道に合流したので、登山詳細図通りの道が正しかった模様
 山伏峠から前武川岳まで、標高差400m弱の登りなのだが、
 足が前に進まない・・・
 そう言えば、大高山をおにぎり食べながら下って以降、エネルギー補給していない
 飴位は食べていたのだが、そんなものでは誤魔化しきれなかったか
 仕方がないので、倒木に腰を下ろして休憩しながらおにぎり一つチャージ
 10分位休憩して出発
 何とか前武川岳を過ぎ、武川岳山頂へ
 大持山、小持山そして武甲山が目の前に見えるが、
 一度妻坂峠に下って、登り返さなきゃならない・・・行くしか無いので頑張れ俺w

◆妻坂峠、大持山、小持山、そして武甲山
 妻坂峠までの下りは問題なく、妻坂峠で小休止しながらルート確認
 名郷に下る選択肢はないが、一の鳥居まで40分、そこから横瀬駅へという
 選択も可能・・・まぁ、ここまで来たら何とか登るしか無いな
 心配していた雷も大丈夫そうなので、完走目指して出発
 道標のコースタイムは大岳山まで1時間40分、
 前半の急登部分は、標高で50m登ったら小休止という感じで何とか登った
 急斜面を過ぎるとゆるい稜線歩きになるが、そう簡単には登りきれず
 1km程更に歩いて、最後に急斜面を登り切ると、ようやく前回来た
 見覚えのある「大持山の肩」に到着
 景色を楽しむ余裕もなく、大持山山頂へ
 誰も居ない大持山に着いたのは15:08、何とか足も動くし、前回の経験から
 武甲山まで行けると確信
 いくつかピークを越え、一応雨乞岩にも寄って小持山到着
 アカヤシオの向こうに見えるラスボス武甲山に向かって下る
 おにぎりのエネルギーが効いたのか、足も動くようになり、
 シラジクボから一気に武甲山頂上へ
 御嶽神社に参拝し、無事縦走のお礼をする
 そして16:22、飯能駅から11時間で、ついに武甲山到着
 いやぁ、長かったわ・・・

 そして、武甲山頂でハイドレーションの水とボトルのスポドリが底をつき、
 残りは非常用の0.3Lペットの水だけになった

◆武甲山から浦山口駅
 武甲山から浦山口駅は初めてのルートなのだが、最悪、林道部分は暗くなっても
 何とかなるだろうと計算しつつも、明るいうちに行ける所まで行っておくべきで、
 山頂で写真撮ったらさっさと下山開始
 武甲山の肩から長者屋敷ノ頭までは広葉樹の間のトラバース
 横瀬への道と違って明るいのが良い
 足が行けると言うので小走りで下る
 程なく長者屋敷の頭に到着・・・ピークではない分岐
 水場があるらしいが、確認する余裕もなくそのまま下山
 広めの尾根筋を下っていくと、左方向への矢印とロープで林道への下降点が
 表示されている
 ここから杉林の中のジグザグ道をひたすらひたすら下る
 徐々に沢の音が近づいてきて、沢沿いの道に出る
 少し進むと沢を渡る所があるので、手と顔を洗う
 沢には木製の橋が有り、これを渡るとそのすぐ先が林道の終点

 ここから駅までまだ3kmほどあるが、タラタラ歩いているうちに到着
 林道区間で最後の水も消費

 浦山口駅の自販機でコーラを買って飲む
 秩父鉄道ではスイカが使えない事にショックを受けつつ、
 18:11の電車で御花畑駅へ
 西武秩父18:33の電車で飯能へ

 何とか日没前に無事完走、お疲れ様でした


ハイドレ  :1.8L 残0L
ペット   :0.3L 残0L
スポドリ  :0.5L 残0L
コーラ小  :0.16L 残0L (子の権現で購入)

おにぎり  :2個 残0
ジェル   :2個
飴玉    :数個

EK=39.78+27.12+25.54/2=79.67

今回は多摩百山はお休み
 
ちなみに西武秩父駅は大混雑・・・温泉とか絶対ムリだわ
飯能行きの各駅停車も大混雑・・・1時間近く立ってるのキツかったわ
 


訪問者数:147人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ