また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1839650 全員に公開 ハイキング石鎚山

アケボノツツジの咲く西赤石山、東赤石山縦走

日程 2019年05月08日(水) [日帰り]
メンバー , その他メンバー24人
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、
バスにて日浦登山口へ
下山は、筏津登山口(バスが迎え)
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち69%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
7時間24分
休憩
1時間17分
合計
8時間41分
S日浦登山口07:5608:29ダイヤモンド水08:3709:03別子銅山発祥の地09:1309:19銅山越09:2110:38西赤石山10:5811:34物住頭11:4011:59前赤石山12:0312:12石室越12:2512:41赤石山荘12:4313:27東赤石山13:3515:44瀬場谷分岐15:4816:36筏津登山口16:37筏津登山口(バス待機所)G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
通常ルートは急で険しい場所もありますが、ルートははっきりしており問題個所は有りません。前赤石山や八巻山縦走は岩稜でかなり手ごわそうな岩登りを要求されそうでした(今回は通っていません)

Myアイテム  

chamchan 重量:-kg

写真

東予港からバスで日浦登山口へ。10台余の駐車スペースとトイレがあります
2019年05月08日 07:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東予港からバスで日浦登山口へ。10台余の駐車スペースとトイレがあります
1
ここから別子銅山の旧跡を辿りながら西赤石山へ登ります
2019年05月08日 07:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから別子銅山の旧跡を辿りながら西赤石山へ登ります
柔軟体操をして...
2019年05月08日 07:50撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柔軟体操をして...
揃って出発です。今回はガイドさん3名を含めて25名での登山です
2019年05月08日 07:55撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
揃って出発です。今回はガイドさん3名を含めて25名での登山です
1
江戸時代から開発された別子銅山時代の色々な建物跡の立派な石垣が残っており、往時を思い起こさせてくれる
2019年05月08日 08:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
江戸時代から開発された別子銅山時代の色々な建物跡の立派な石垣が残っており、往時を思い起こさせてくれる
ダイヤモンド水で最初の休憩
2019年05月08日 08:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ダイヤモンド水で最初の休憩
銅山発祥の地となった歓喜抗
2019年05月08日 09:09撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山発祥の地となった歓喜抗
銅山越で主脈稜線に乗ります。
2019年05月08日 09:20撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越で主脈稜線に乗ります。
銅山越からは明るい気持ちの良い稜線歩きになります。後方に笹ヶ峰の姿も見えてきました
2019年05月08日 09:32撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
銅山越からは明るい気持ちの良い稜線歩きになります。後方に笹ヶ峰の姿も見えてきました
西赤石山のピークも見えてきます。その北東側に延びる尾根の斜面がピンク色に
2019年05月08日 09:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西赤石山のピークも見えてきます。その北東側に延びる尾根の斜面がピンク色に
望遠するとアケボノツツジでしょう。ピンクの絨毯のようになっている
2019年05月08日 09:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
望遠するとアケボノツツジでしょう。ピンクの絨毯のようになっている
こちらの稜線は、この辺りではミツバツツジです
2019年05月08日 09:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらの稜線は、この辺りではミツバツツジです
1
ミツバツツジ。
2019年05月08日 10:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバツツジ。
2
と思っていたら、アケボノツツジも出てきました。ピンクの色合いが少し薄いです
2019年05月08日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
と思っていたら、アケボノツツジも出てきました。ピンクの色合いが少し薄いです
2
西赤石山の斜面もところどころピンク色
2019年05月08日 10:10撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西赤石山の斜面もところどころピンク色
標高1,5000mを越えると笹ヶ峰の奥に石鎚山や瓶ヶ森の姿が浮き上がってきます
2019年05月08日 10:16撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
標高1,5000mを越えると笹ヶ峰の奥に石鎚山や瓶ヶ森の姿が浮き上がってきます
2
オオカメノキ(ムシカリ)
2019年05月08日 10:23撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ(ムシカリ)
北側には瀬戸内海。今朝、着いた東予港のある三条市方面です
2019年05月08日 10:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北側には瀬戸内海。今朝、着いた東予港のある三条市方面です
1
下に見える兜岩周辺の斜面がアケボノツツジで美しい
2019年05月08日 10:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下に見える兜岩周辺の斜面がアケボノツツジで美しい
2
西赤石山直下に一寸した岩場あり
2019年05月08日 10:38撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西赤石山直下に一寸した岩場あり
西赤石山山頂にて石鎚山をバックに。二等三角点の有る本当の山頂はここより少し東へ移動した場所です
2019年05月08日 10:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西赤石山山頂にて石鎚山をバックに。二等三角点の有る本当の山頂はここより少し東へ移動した場所です
4
石鎚山遠望
2019年05月08日 10:54撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石鎚山遠望
1
アケボノツツジはまだ蕾が多いようです
2019年05月08日 10:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アケボノツツジはまだ蕾が多いようです
3
早めのランチを済ませて西赤石山からさらに前赤石山、八巻山、東赤石山(八巻山の上に頭だけ見えてます)への縦走を続けます
2019年05月08日 11:00撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早めのランチを済ませて西赤石山からさらに前赤石山、八巻山、東赤石山(八巻山の上に頭だけ見えてます)への縦走を続けます
1
稜線のアケボノツツジは未だ早いのでしょう。それでもぽつぽつと咲いています
2019年05月08日 11:06撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線のアケボノツツジは未だ早いのでしょう。それでもぽつぽつと咲いています
1
岩がごつごつした前赤石山が近づいてきます
2019年05月08日 11:13撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩がごつごつした前赤石山が近づいてきます
1
振り返ると西赤石山も遠くなってきました。それにしても気持ちの良い稜線です
2019年05月08日 11:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると西赤石山も遠くなってきました。それにしても気持ちの良い稜線です
物住頭(四等三角点)
2019年05月08日 11:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物住頭(四等三角点)
物住頭から見る前赤石の山容は迫力あります。登山道は右側の斜面をトラバースします
2019年05月08日 11:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
物住頭から見る前赤石の山容は迫力あります。登山道は右側の斜面をトラバースします
1
綺麗です
2019年05月08日 11:47撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
綺麗です
1
絶滅危惧種のイシヅチザクラ。咲くのは未だこれからのようです。東赤石山でも2,3本見られました
2019年05月08日 11:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絶滅危惧種のイシヅチザクラ。咲くのは未だこれからのようです。東赤石山でも2,3本見られました
トラバースエリアに入りました
2019年05月08日 11:51撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースエリアに入りました
4
結構スリリングな場所を通過していきます。天気が良くて良かったです
2019年05月08日 11:57撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構スリリングな場所を通過していきます。天気が良くて良かったです
3
左下に登りの登山口の有った別子ダム湖が見下ろせました。正面には平家平、冠山が見えてます
2019年05月08日 11:59撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左下に登りの登山口の有った別子ダム湖が見下ろせました。正面には平家平、冠山が見えてます
1
険しい山ですね
2019年05月08日 12:03撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
険しい山ですね
4
八巻山への縦走路が分かれる石室越。八巻山は岩稜でかなり時間がかかるそうです
2019年05月08日 12:18撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八巻山への縦走路が分かれる石室越。八巻山は岩稜でかなり時間がかかるそうです
今回は、八巻山の岩壁を左手に見ながら赤石山荘へのトラバース道を進みました
2019年05月08日 12:30撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回は、八巻山の岩壁を左手に見ながら赤石山荘へのトラバース道を進みました
赤い屋根の赤石山荘です。無人の避難小屋のようでした
2019年05月08日 12:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤い屋根の赤石山荘です。無人の避難小屋のようでした
オオカメノキ(ムシカリ)
2019年05月08日 12:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オオカメノキ(ムシカリ)
小屋の前から見上げる八巻山。ここからも登る道(難路)が分かれてます
2019年05月08日 12:43撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の前から見上げる八巻山。ここからも登る道(難路)が分かれてます
クロモジ、シロモジ、アブラチャンといろいろ議論が交わされていましたが、枝を折った時のにおいが良いのでクロモジということで決着したようです
2019年05月08日 13:04撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クロモジ、シロモジ、アブラチャンといろいろ議論が交わされていましたが、枝を折った時のにおいが良いのでクロモジということで決着したようです
1
山荘から少し進んだ分岐に荷物をデポして東赤石山を空身でピストンします
2019年05月08日 13:07撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山荘から少し進んだ分岐に荷物をデポして東赤石山を空身でピストンします
この山も山頂付近は結構険しい岩場になっていました
2019年05月08日 13:22撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この山も山頂付近は結構険しい岩場になっていました
1
三等三角点の有る東赤石山山頂(1,706m)
2019年05月08日 13:28撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三等三角点の有る東赤石山山頂(1,706m)
2
東側に権現山、黒岳、二ツ岳と続く縦走路。天気が良かったのでその右奥には剣山系が望めました
2019年05月08日 13:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東側に権現山、黒岳、二ツ岳と続く縦走路。天気が良かったのでその右奥には剣山系が望めました
1
剣山系をアップで
2019年05月08日 13:31撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣山系をアップで
南側の深い谷です。これから筏津登山口へ左手の沢沿いに標高差1100mを下ることになります
2019年05月08日 13:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
南側の深い谷です。これから筏津登山口へ左手の沢沿いに標高差1100mを下ることになります
荷物をデポした山頂分岐まで戻ってきました
2019年05月08日 13:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荷物をデポした山頂分岐まで戻ってきました
主稜線から分かれて筏津登山口へ下ります
2019年05月08日 14:14撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
主稜線から分かれて筏津登山口へ下ります
このルートでもアケボノツツジが楽しめました
2019年05月08日 14:34撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このルートでもアケボノツツジが楽しめました
沢沿いのトラバース道では滝もありましたがよそ見をして落ちないように慎重に
2019年05月08日 15:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢沿いのトラバース道では滝もありましたがよそ見をして落ちないように慎重に
丸太橋も有ります
2019年05月08日 15:46撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋も有ります
ヤマシャクヤクが幾つか見られました。ツアーでなければ近くまで写真を撮りに行くのですが。。。
2019年05月08日 15:48撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤマシャクヤクが幾つか見られました。ツアーでなければ近くまで写真を撮りに行くのですが。。。
1
山頂から休憩を入れて3時間。漸く筏津の登山口まで降りてきました
2019年05月08日 16:35撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から休憩を入れて3時間。漸く筏津の登山口まで降りてきました
そこに迎えのバスが待ってくれています。これが有るのでツアーは楽ちんです
2019年05月08日 16:42撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そこに迎えのバスが待ってくれています。これが有るのでツアーは楽ちんです
そして別子温泉マイントピア別子へ
2019年05月08日 17:33撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして別子温泉マイントピア別子へ
別子銅山時代の歴史遺産を残す施設でもあるようでした。西赤石山の西斜面側の東平にある施設群は東洋のマチュピチュと名付けられてました
2019年05月08日 18:12撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別子銅山時代の歴史遺産を残す施設でもあるようでした。西赤石山の西斜面側の東平にある施設群は東洋のマチュピチュと名付けられてました
施設園内にあったヤマシャクヤク。。しぼんでましたが間近で見ることができました
2019年05月08日 18:17撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
施設園内にあったヤマシャクヤク。。しぼんでましたが間近で見ることができました
1
園内は色とりどりのシャクヤクの花が咲き誇っていました。5月下旬までシャクヤク祭りだそうです
2019年05月08日 18:19撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
園内は色とりどりのシャクヤクの花が咲き誇っていました。5月下旬までシャクヤク祭りだそうです
3

感想/記録

GW明け、多くの人が仕事に戻った後、四国の西赤石山、東赤石山の縦走ツアーに参加した。アケボノツツジが見ごろではと期待しての申し込みだった。ツアー登山は二度目で今回もパステルツアーさんのものである。両夜行(船便でゆっくり寝られる)での日帰り登山。登山口まで(から)のバス送迎、温泉付きでただ付いて行けばよいという気楽さが何とも良い。人数が多くて、ペースが合わなかったり勝手気ままな行動が許されないといった点は仕方のないことと諦めさえすればよい。
それでも今回位のレベルのツアー(パステルツアーは登山コースごとにレベルが指定されていてレベル4以上のツアーには参加資格がないと参加できない仕組みになっている)ともなると女性の方が人数も多かったのだが、皆さん山慣れされていて急な登下降が続くルートや岩場や急峻なトラバースなど結構難しい区間が有っても殆ど遅滞することなくスムーズに歩くことができていたので、好天に恵まれたとは言っても、まったく団体登山としての違和感は感じなかった。
さて、登山の方であるが、旧別子銅山遺跡入口でもある日浦の登山口から出発。標高1,300mの銅山越に至るまで立派な石垣や坑道口、空気穴など別子銅山の歴史を感じさせる遺構が残っており往時の繁栄を思い浮かべながら登っていくことになる。作業にも使われた道なのだろう比較的緩やかで登りやすい道である。
本格的な登山道は銅山越えからであるが、この稜線もなだらかで気持ち良い。展望が開けて背後にはチチ山、笹ヶ峰が右手には平家平、冠山、そして左手には瀬戸内海が見下ろせるようになる。徐々に近づいてくる西赤石山の斜面はピンク色が混じってアケボノツツジの期待が膨らんできた。ただ稜線近くのアケボノツツジはあまり多くなく、また時期もやや早い感じで薄ピンクの群れは期待ほどではなかった。それでも青空に浮かぶアケボノツツジのホンワカしたピンクの花はなんとも美しいものだった。
西赤石山の山頂(プレートは2か所にある)からは素晴らしい展望で石鎚山系の山々を隅々まで望めたような感慨になった。
その後。前赤石山、八巻山の両岩峰は南側の斜面をトラバースして赤石山荘へ到着する。前赤石山のトラバースは急峻な岩壁に付けられていて鎖などは設置されていないのでちょっぴり緊張するところもあったが、今回のメンバーでは殆ど遅れる人もなく順調なペースで通過することができた。
山荘から20分ほど進んだ分岐点から最後の東赤坂山へのピストン。ここは、戻ってくるということも有って空身での登山になったので結構な急坂と岩っぽい稜線歩きではあったがあっという間に到着することができた。東赤坂山も山頂標識は2か所あり、手前のプレート場所から三角点のあるピークまでは2,3分ほどある(しかも特に表示もない)ので知っていないと三角点は踏まずに下山してしまうかもしれない。
東赤坂山の三角点からは東側の展望が楽しめ、この日は石鎚山系東端の二ツ岳に加えて遠くに剣山を始めとした山系の山を見渡すことができた。ガイドさんの話ではこの山は天気の悪いことが多くてこれほどの好天に恵まれるのは珍しいことだそうで本当にラッキーだったと思った。
東赤石山の山頂からのゲキ下りは、さすがに膝と太ももに堪えたが、筏津の下山口にはちゃんとバスが待ってくれて温泉まで直行してくれたことはまっことツアーの有り難い点であった。
アケボノツツジも見れたし、最高の天気に恵まれて四国中の山を見渡せて大感激の山行でした。

【2019年の山行18回目】
 今回の歩行距離:15.5km 2019年の累積距離:250.2km
 今回の累積標高:1,684m 2019年の累積標高:21,599m
訪問者数:456人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2017/3/8
投稿数: 3
2019/5/15 17:44
 ピンクのアケボノツツジ
私も10日から同じコースを(同じツアー)歩いて来ました。

ヤマレコは詳しく、解りやすく書かれてあるので「そうそう」と頷きながら、読ませて頂きました。此れからの参考にさせて頂きます。
天気に恵まれ、可愛いアケボノツツジにも会え、楽しい縦走でした。

登録日: 2009/9/24
投稿数: 226
2019/5/15 19:31
 Re: ピンクのアケボノツツジ
trump-0324さん、こんばんは
そうでしたか。3日後ですから私たちが歩いたときよりアケボノツツジもたくさん花を付けて華やかだったことでしょう。
あのツアーは、私はまだ2回目でしたが、四国や九州に両夜行船便で日帰り登山できるのがお手軽そうなので、これからも利用してみたいと思っています。
またどちらかでお会いできるかもしれませんね。
よろしくお願いします

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ