また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1846748 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走剱・立山

毛勝三山周回 ~剱岳に掛かる天の川を求めて~

日程 2019年05月11日(土) 〜 2019年05月12日(日)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
片貝第四発電所に駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間10分
休憩
1時間16分
合計
9時間26分
S片貝第四発電所05:4906:16片貝山荘06:22毛勝登山口06:2407:13板菱07:41二又・大明神沢出合07:5408:01猫又山08:0708:22三又08:2310:19ボーサマ谷・直登ルンゼ出合10:2511:16ボーサマのコル11:32毛勝山12:1512:29ボーサマのコル12:37毛勝山南峰12:3813:38釜谷山13:4215:00猫又山15:15宿泊地
2日目
山行
3時間20分
休憩
0分
合計
3時間20分
宿泊地07:1510:30東又谷・南又谷分岐10:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2019年05月の天気図 [pdf]

写真

周回の為、片貝第四発電所に駐車して出発。
間も無くカモシカが山から滑落してきて笑った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
周回の為、片貝第四発電所に駐車して出発。
間も無くカモシカが山から滑落してきて笑った
15分ほど歩いたら
「兄ちゃん乗ってくか?」と。
喜んで奥の駐車場まで乗せてってもらいました
ありがとうございました^^
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
15分ほど歩いたら
「兄ちゃん乗ってくか?」と。
喜んで奥の駐車場まで乗せてってもらいました
ありがとうございました^^
夏登山口の表示がわかりやすくなってた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏登山口の表示がわかりやすくなってた。
ちょっと怖い(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと怖い(笑)
板菱
大明神山と大明神沢出合いが見えました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
板菱
大明神山と大明神沢出合いが見えました。
1
大明神沢出合を左へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大明神沢出合を左へ。
1
先行者に追いつく
3年前に来た時はカリカリバーンで緊張したが今回は
体力面だけの雪渓だった
直登ルンゼが大好きだったが今回は荷が重いので断念した。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
先行者に追いつく
3年前に来た時はカリカリバーンで緊張したが今回は
体力面だけの雪渓だった
直登ルンゼが大好きだったが今回は荷が重いので断念した。
まず毛勝山
気温が上昇してきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まず毛勝山
気温が上昇してきた
2
カメラ機材やテントや水で25kgになってしまった為
踏み抜きがすごかった
ここでは片足を腰まで埋まらせてしまった。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カメラ機材やテントや水で25kgになってしまった為
踏み抜きがすごかった
ここでは片足を腰まで埋まらせてしまった。
住まいが一緒だったスキーヤーの方は
猫又谷〜釜谷山をピストンだった(この時油断して下半身ズッポリ踏み抜いてしまった)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
住まいが一緒だったスキーヤーの方は
猫又谷〜釜谷山をピストンだった(この時油断して下半身ズッポリ踏み抜いてしまった)
2
猫又山に登る頃にはヘロヘロだった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又山に登る頃にはヘロヘロだった
1
猫又山から少し下った所にいいテラスがあったので
そこにテントを張った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又山から少し下った所にいいテラスがあったので
そこにテントを張った
2
ここからの剱はやっぱカコEE
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからの剱はやっぱカコEE
3
レタッチした写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レタッチした写真
染まる山の王様。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
染まる山の王様。
2
下界は霞がすごい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下界は霞がすごい
山から見る夜景はうっとり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山から見る夜景はうっとり
1
月が沈む時、赤く染められた後立山連峰と
天の川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
月が沈む時、赤く染められた後立山連峰と
天の川
4
劔と天の川
最高に最高でした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔と天の川
最高に最高でした。
5
レタッチした写真
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
レタッチした写真
テントと剱岳と天の川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントと剱岳と天の川
5
私と剱岳と天の川
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
私と剱岳と天の川
11
あっという間に薄明になった
夜がとても短く感じた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっという間に薄明になった
夜がとても短く感じた。
3
ほんのり焼けの剱岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ほんのり焼けの剱岳。
1
朝焼けタイム
鹿島槍
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝焼けタイム
鹿島槍
1
ナイスなテラスでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ナイスなテラスでした。
1
猫又谷。まっっすぐです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
猫又谷。まっっすぐです
2
振り返って
右の谷を降りてきました
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って
右の谷を降りてきました
2
林道取り付き。わかりにくい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道取り付き。わかりにくい
ここの堰堤まで登って右に出る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの堰堤まで登って右に出る
林道と言えど手入れはされていない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道と言えど手入れはされていない
自転車アプローチ最終地点
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自転車アプローチ最終地点
ようやく下界ぽいところまで降りてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく下界ぽいところまで降りてきた
下山、疲れました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山、疲れました。

感想/記録

自分の仕事が終わると車で移動し他の部署に応援に回されるほどの
激務が続いていたが
いろんなタイミングに恵まれて
一番大好きな毛勝三山をテン泊で行ってきました

少し前までは北アのマイナールートのイメージでしたが数多くの登山者が毛勝谷ピストンしていました。
小屋がないので念のためにたくさんの荷物を積み込んだ
水分4リットル 食事5食分
水分3.5リットル消費 食事3.5食消費
カメラ機材で約5キロ
テント泊装備で総重量25キロになってしまった。
今年は珍しくたくさん歩いてるのでなんとかなると自分を信じた
夕景、星空、朝やけと素晴らしい山行になった




・片貝第四発電所〜車両最終ゲート
約1時間の林道歩き
落石か?と思ったがカモシカが滑落していた
目があって恥ずかしそうに山に戻っていった。
最終ゲートまでいくスキーヤーのお父さんに拾っていただいた。ありがとうございました

・車両最終ゲート〜板菱
堰堤の脇などルーファイして通る為
始めてくる人は明るくなってからの方がいいかもしれない

・板菱〜大明神沢出合い
デブリランドだが雪はつながっている
ここが崩壊すると毛勝谷を詰めるルートは危険

・大明神沢〜毛勝谷
デブリランドの為今年は斜度がゆるく感じた
昔来た時はカチカチバーンで緊張したが今回は体力面だけ辛かった
荷が重い人は踏み抜く。

・毛勝山〜猫又山
稜線は踏み抜き多発でした

・猫又谷〜林道取り付き
谷の上部は急斜面 朝一に滑ると厄介。
林道取り付きはわかりにくくて前回来た時は通り過ぎ、藪漕ぎラッセルした。
谷から降りて堰堤2つ目で取り付き、道沿いに歩き上部に見える堰堤まで登ってから右に曲がる

・林道
しばらくは全く手入れのされてない
藪林道を通ることになる
野生動物に遭遇しそうな圧迫された雰囲気。←言い過ぎ?w
(3年前はクマにであってしまった。)

洞杉に癒されるがその後はアスファルト道が続く...


ここまで読んでくださってありがとうございました。
ネットで調べても出でこいないこちらからの
剱岳×天の川を撮ることができて感無量でした。
インスタグラムにてちゃんとレタッチした写真をアップしていく予定ですので
興味ある方は覗いてくださると嬉しいです(^ ^)
インスタ @rskd6100
訪問者数:435人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2010/9/28
投稿数: 994
2019/5/15 19:33
 はじめまして。
インスタのchooyuです。
こちらでははじめましてですね、ヤマレコやられてたんですね!
こちらでもよろしくお願いします〜
登録日: 2015/9/15
投稿数: 16
2019/5/15 21:41
 Re: はじめまして。
chooyuさんこんばんは^^
わざわざありがとうございます!
痺れるレコ楽しみにチェックしていきます!!
登録日: 2013/9/11
投稿数: 1185
2019/5/16 3:24
 見たことのない劔岳
はじめまして、インスタ(tom32.kn)から来ました。
富山や粟巣野からいつも視界に入る毛勝三山、いつかはきっとと思うもののなかなか手が出せないお山です。
劔岳の姿も見たことのない形、こちらの方向に立つことができた方のみが見ることができる山容を見せていただきありがとうございました。
私からすると、なかなかレベルの高い山ばかりですが、興味深い地元のお山の記録も多く、今後も参考にさせていただきたいと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ