また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1925420 全員に公開 ハイキング剱・立山

立山三山 雷鳥沢キャンプ場〜劔御前小屋〜時計回り

日程 2019年07月13日(土) [日帰り]
メンバー , その他メンバー3人
天候曇り時々ガス
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク、 ケーブルカー等
立山駅駐車場(無料)
3:20で駅に近い1番メインの駐車場に停められた。
今日の始発は7:00なのでその40分前にチケット売場が開くので5:00から並ぶことにした。大体15番目くらいに並べた。
予定より少し早い6:05にチケット売場が開き無事始発をゲット。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち78%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
5時間37分
休憩
1時間28分
合計
7時間5分
S雷鳥沢キャンプ場09:5409:58浄土橋11:00剱御前小舎11:0911:37別山南峰11:4512:29真砂岳13:05富士ノ折立13:2513:39大汝休憩所13:4013:50立山13:5114:02雄山14:4615:26一の越山荘15:3016:17室堂16:28みくりが池16:32みくりが池温泉16:44雷鳥荘16:49雷鳥沢ヒュッテ16:5016:59ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
室堂での記録開始が遅れて雷鳥沢キャンプ場からスタートとなった。
室堂到着は8:05。

室堂 15℃
劔御前小屋 14℃
テント21時 12℃
テント2時 11℃

シェラフはモンベル#3にシェラフカバーがわりにビビィを使っている。これでギリギリ快適。
温泉上がりだったので薄着(ジオラインLWとメリノウールシャツ)で寝てしまったが2時に目が覚めた時、そこまで寒くなかった。
一枚フリースを追加して良い感じ。
コース状況/
危険箇所等
まだまだ雪渓箇所が多くありアイゼンがないと厳しいルートが多数あった。
室堂に情報が掲示されているのでそれを見てルートを選ぶと良いと思う。
大走りはアイゼン必須との事だったので劔御前小屋経由で迂回した。
その他周辺情報雷鳥沢キャンプ場から10分のところに日帰り温泉があり、夕食後は一風呂浴びた。600円。
むちゃくちゃ泉質の良い温泉だった。

装備

備考 ザックはフルで入れると約17kgとなるが冷凍チャーハン1.2kgがザックに入らず他の人に持ってもらった。
また雷鳥沢キャンプ場に設営が終わったらテン泊装備はデポしたので縦走時は6〜8kg程度。
アイゼンは携帯していたが、アイゼンが無いと行けないルートを避けた為終始未使用。

写真

夜のSAの雰囲気は好き
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夜のSAの雰囲気は好き
2
徹夜で移動中ラーメンを補給
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徹夜で移動中ラーメンを補給
大汝山へ向かう稜線
なかなかの急登
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山へ向かう稜線
なかなかの急登
大汝山の岩場
ここはかなり怖かったw
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山の岩場
ここはかなり怖かったw
大汝山から黒部ダムを臨む
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大汝山から黒部ダムを臨む
2
室堂付近
滑り落ちても事故にならなさそうな場所で写真ほど危険ではない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂付近
滑り落ちても事故にならなさそうな場所で写真ほど危険ではない
1
テン場に戻ってしばらくしたら雨が降り出した
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場に戻ってしばらくしたら雨が降り出した
2
雷鳥沢キャンプ場から10分の温泉
誰もいなかったのでパシャリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢キャンプ場から10分の温泉
誰もいなかったのでパシャリ
1
テントの中
ビビィのお陰で1〜2℃は暖かいはず
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントの中
ビビィのお陰で1〜2℃は暖かいはず

感想/記録
by ruu999

せっかくの三連休も雨予報でなかなか予定が立たず、取り敢えず1番天気がマシな13日に立山周回をする事にした。
雨も降らず、時折そこそこガスも晴れ眺望を楽しめた。

テン場に戻って夕食を取っている途中で雨が降り出し、それ以降はずっと雨。
14日は奥大日岳から称名滝まで歩く予定だったがそれも取り止め下山の予定。

雷鳥沢キャンプ場から1番近い日帰り出来る温泉に行ったが最高に気持ちが良かった。
立山とこの温泉で十分満足できたので1日だけの山行となったがこれで下山するのも全然アリな気分だ。

今回はいつものメンバー1名と、3年ぶりとなる登山夫婦との山行。この旦那がハイペースでそれに必死についていった山行となった。
とは言っても速い時で標高500〜600m/h、稜線に出てからは400〜500m/h。
普段とそこまで変わらないペースに見えるがこれを標高3000m付近でやるには中々しんどい。
ヤマレコにログをアップして対コースタイムを見たら、普段の我々のなんちゃってトレランの様なハイペースで笑ったw
訪問者数:669人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ