また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1930952 全員に公開 ハイキング槍・穂高・乗鞍

燕岳から常念岳,表銀座縦走

日程 2019年07月13日(土) 〜 2019年07月15日(月)
メンバー
天候曇,小雨
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
松本駅〜大糸線穂高駅〜タクシー中房温泉燕岳登山口
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 1.0〜1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち75%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間52分
休憩
2時間29分
合計
6時間21分
S中房温泉登山口11:0911:48第1ベンチ11:5912:20第2ベンチ12:3313:02第3ベンチ13:1813:40富士見ベンチ14:0414:31合戦小屋14:5515:03合戦山(合戦沢ノ頭)15:1915:50ベンチ15:5616:06燕山荘16:2716:33いるか岩16:48めがね岩16:5216:52燕岳17:0417:06めがね岩17:0817:21いるか岩17:30燕山荘
2日目
山行
5時間53分
休憩
1時間13分
合計
7時間6分
燕山荘05:1805:51蛙岩05:5706:15大下りの頭06:1707:54小林喜作レリーフ08:0608:09槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐08:1608:47大天荘09:3310:34東天井岳12:24常念小屋
3日目
山行
6時間59分
休憩
37分
合計
7時間36分
常念小屋03:3304:55常念岳05:1006:05常念小屋09:07笠原沢09:1409:35烏帽子沢09:4310:01王滝ベンチ10:0810:58山ノ神11:09一ノ沢登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
中房温泉登山口から登り,燕岳から表銀座縦走コースを経て常念岳に至り,ヒエ平に下山しましたが,どの区間も非常に整備された登山道。特に表銀座縦走路は高山植物保護のため全区間ロープで登山道が仕切られ,丁寧な管理が行き届いています。ヒエ平までの間非常に短い区間雪渓を歩くこともありましたが,特に危なくはありません。
その他周辺情報蝶ヶ岳温泉の「ほりでーゆー四季の郷」という天然温泉を冠したホテルで入浴。入浴後レストランで天ぷら蕎麦と生ビールで乾杯。休憩室あり。

写真

中房温泉燕岳登山口 土曜日なので登山者多数。トイレ,売店あり。北アルプスの登山口はどれも賑わってますよね。
2019年07月13日 11:09撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中房温泉燕岳登山口 土曜日なので登山者多数。トイレ,売店あり。北アルプスの登山口はどれも賑わってますよね。
1
第1ベンチ 最初から結構急登です。この状態は頂上近くまで続きます。昼間から登り始めましたが,下山者とすれ違う違うことも多かったです。
2019年07月13日 11:48撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第1ベンチ 最初から結構急登です。この状態は頂上近くまで続きます。昼間から登り始めましたが,下山者とすれ違う違うことも多かったです。
第2ベンチ 息が切れてきます。
2019年07月13日 12:25撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第2ベンチ 息が切れてきます。
案内表示はしっかりと。一本調子の急登なので休む暇がありません。
2019年07月13日 13:52撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
案内表示はしっかりと。一本調子の急登なので休む暇がありません。
合戦小屋の名物スイカ。500円で二切れ。写真はそのうちの一つ。片方は食べてしまう。
2019年07月13日 14:40撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦小屋の名物スイカ。500円で二切れ。写真はそのうちの一つ。片方は食べてしまう。
4
看板の右手には合戦小屋の由来の説明あり。桓武天皇時代,この地に八面大王と名乗る大着者がいて,坂上田村麻呂も手を焼いたのに矢助という人物が大合戦の末滅ぼしたとか・・・説明文書が難しい(笑)。
2019年07月13日 14:46撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
看板の右手には合戦小屋の由来の説明あり。桓武天皇時代,この地に八面大王と名乗る大着者がいて,坂上田村麻呂も手を焼いたのに矢助という人物が大合戦の末滅ぼしたとか・・・説明文書が難しい(笑)。
燕山荘手間1・3キロメートル辺りから傾斜が緩やかになってきます。だけど体力は消耗。
2019年07月13日 15:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘手間1・3キロメートル辺りから傾斜が緩やかになってきます。だけど体力は消耗。
燕山荘直下。この花は多分有名な?
2019年07月13日 16:07撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘直下。この花は多分有名な?
これです。
2019年07月13日 16:07撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これです。
2
梅雨で遠望は期待してませんでしたが,奇跡的に槍が。これで目的の一つが達成。山荘前から。
2019年07月13日 16:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梅雨で遠望は期待してませんでしたが,奇跡的に槍が。これで目的の一つが達成。山荘前から。
2
燕岳はそれほど興味はなかったもの,山荘から眺めるとむき出しのザレた火山岩で彩られた芸術的な山でした。現地に来ないと良さがわからりませんでした。
2019年07月13日 16:11撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳はそれほど興味はなかったもの,山荘から眺めるとむき出しのザレた火山岩で彩られた芸術的な山でした。現地に来ないと良さがわからりませんでした。
4
これから登ってきます。往復約1時間程度です。テン場も大賑わい。
2019年07月13日 16:23撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから登ってきます。往復約1時間程度です。テン場も大賑わい。
1
イルカ岩
2019年07月13日 16:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イルカ岩
4
メガネ岩ですが,撮影位置の加減でメガネが隠れた。
2019年07月13日 16:49撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
メガネ岩ですが,撮影位置の加減でメガネが隠れた。
1
道端のお花畑。何箇所かあって目を楽しませてくれます。
2019年07月13日 16:50撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道端のお花畑。何箇所かあって目を楽しませてくれます。
1
頂上は省略し(狭い),下山します。
2019年07月13日 17:01撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上は省略し(狭い),下山します。
1
帰りの道すがら,イワカガミの群生。この花,どこでも見かけます。
2019年07月13日 17:16撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りの道すがら,イワカガミの群生。この花,どこでも見かけます。
1
砂地に咲いたお花畑。保護されてます。花の名は詳しいヤマレコを参照ください。
2019年07月13日 17:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
砂地に咲いたお花畑。保護されてます。花の名は詳しいヤマレコを参照ください。
1
高山植物の宝庫。
2019年07月13日 17:21撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高山植物の宝庫。
1
教えてもらっても花の名前が覚えられない。
2019年07月13日 17:25撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
教えてもらっても花の名前が覚えられない。
2日目は山荘から表銀座縦走路のハイキング。予想よりアップダウンがきつく,体力のない私にはルンルン気分とはなりませんでした。
2019年07月14日 05:52撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目は山荘から表銀座縦走路のハイキング。予想よりアップダウンがきつく,体力のない私にはルンルン気分とはなりませんでした。
縦走路は全区間テープでお花畑が保護されています。
2019年07月14日 07:00撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路は全区間テープでお花畑が保護されています。
1
ところどころお花畑に遭遇しながら,苦しい山道歩き。
2019年07月14日 07:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところどころお花畑に遭遇しながら,苦しい山道歩き。
へえ,槍にも行けるんや(笑)
2019年07月14日 08:08撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へえ,槍にも行けるんや(笑)
大天荘直下。ここからが急登です。一番きつかった。
2019年07月14日 09:24撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘直下。ここからが急登です。一番きつかった。
ようやく大天荘。小屋は今物資が届かなくて困っておられるとか。途中休憩で利用させていただきました。
2019年07月14日 09:33撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ようやく大天荘。小屋は今物資が届かなくて困っておられるとか。途中休憩で利用させていただきました。
大天荘から大天井岳を撮りました。10分程度で行けるそうですが,パス。遠望もできないので。
2019年07月14日 09:38撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘から大天井岳を撮りました。10分程度で行けるそうですが,パス。遠望もできないので。
一路常念岳へ。雪渓がずいぶん見られます。一部歩いたりしますが,アイゼン?,そんなものはいりません。
2019年07月14日 10:29撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一路常念岳へ。雪渓がずいぶん見られます。一部歩いたりしますが,アイゼン?,そんなものはいりません。
大天井岳から常念岳までの縦走路は慣れもあって比較的穏やかに。常念岳から来た方は,結構きつそう。
2019年07月14日 10:54撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳から常念岳までの縦走路は慣れもあって比較的穏やかに。常念岳から来た方は,結構きつそう。
常念坊が見えてきました。このあたりは長い下降。だから逆コースをとる場合の方がきつそうです。
2019年07月14日 12:20撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念坊が見えてきました。このあたりは長い下降。だから逆コースをとる場合の方がきつそうです。
2日目(7月14日)も雨はなくてともガスっていて,小屋から常念岳の頂上は見えません。ましてや穂高,槍など全く見えず。これだけは残念でした。
2019年07月14日 12:34撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2日目(7月14日)も雨はなくてともガスっていて,小屋から常念岳の頂上は見えません。ましてや穂高,槍など全く見えず。これだけは残念でした。
ところが何と,3日目午前3時30分に小屋を出て,ヘッドライトをつけて常念岳山頂を目指すと,その時だけは晴れ間が出てご来光を拝めたんですね。写真は頂上で記念撮影して下ってきたところから頂上を撮ったもの。
2019年07月15日 05:04撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ところが何と,3日目午前3時30分に小屋を出て,ヘッドライトをつけて常念岳山頂を目指すと,その時だけは晴れ間が出てご来光を拝めたんですね。写真は頂上で記念撮影して下ってきたところから頂上を撮ったもの。
1
でもすぐにガスってきます。ヤマの天気はほんとに運次第なんで諦めないことですね。
2019年07月15日 05:14撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でもすぐにガスってきます。ヤマの天気はほんとに運次第なんで諦めないことですね。
1
最後の最終水場。下山なんで関係ありません。登りだとここからが非常にきつそうですね。おいしい水でした。
2019年07月15日 08:13撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後の最終水場。下山なんで関係ありません。登りだとここからが非常にきつそうですね。おいしい水でした。
雪渓横断しますが,雪に滑らないよう踏み跡をたどれば安全です。
2019年07月15日 08:15撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪渓横断しますが,雪に滑らないよう踏み跡をたどれば安全です。
丸太橋を2回通過します。新しいので安全。今日は梅雨雨で水量は多いです。
2019年07月15日 08:47撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丸太橋を2回通過します。新しいので安全。今日は梅雨雨で水量は多いです。
2
登山口近くの古池。
2019年07月15日 10:45撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山口近くの古池。
すぐに神社。安全祈願する登山者多し。
2019年07月15日 10:55撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに神社。安全祈願する登山者多し。
一の沢登山口。小屋があり,タクシーもあります。ヤマ水も豊富でストックなども洗えます。
2019年07月15日 11:09撮影 by iPhone XS, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一の沢登山口。小屋があり,タクシーもあります。ヤマ水も豊富でストックなども洗えます。
1

感想/記録

3回目の北アルプスです。某社のツアーに参加しました。健脚ぞろいで,ついていくのが精一杯。一番の年長者でしたからね。今回のヤマ行の最大の目的は,昨年槍から見た常念岳に惹かれたので,今度は常念岳から槍を見返すことでした。それは裏切られましたが,燕から槍が見えたので良しとしました。表銀座縦走路というからには,もっと悠々と歩けるかと想像していたのとは大違い。アップダウンがあって,体力消耗します。最後に一つ収穫が。常念岳は槍から見ると,少し北側が膨らんで見えます。その原因が分かりました。偽ピークがあるからです。
天候に恵まれずほんとに疲れましたが,振り返ると,実際に行ってみてわかることが多く,写真では味わえないのが現実の山行体験ですよね。
訪問者数:292人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ