また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1935541 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走白馬・鹿島槍・五竜

五竜岳〜唐松岳*テント背負って雲の上を歩いて来ました!*

日程 2019年07月20日(土) 〜 2019年07月21日(日)
メンバー
天候1日目
くもり&ガスのち晴れ
テントを張っている時だけ小雨と強風(何かの試練?)
2日目
眺望は最高!のくもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等
【行き】
●白馬五竜エスカルプラザ無料駐車場
とてもとても広い、トイレや売店は建物内にあり。
●白馬五竜テレキャビン(ゴンドラ)
ゴンドラ&リフトの運行日程や時間は日によって違うのでホームページで要確認↓
http://hakubaescal.com/shokubutsuen/access/
私はゴンドラのみ利用 片道1,000円
さらにリフトも乗ればプラス400円ですが、距離も短いし、せっかくなので乗らずに高山植物園の中を歩いて楽しみました。
ゴンドラに乗る前に登山者カードを記入し、係の方から登山道の状況などを教えていただきます。
【帰り】
●八方アルペンライン
リフト2本+ゴンドラ 片道1,550円
荷物15キロ以上は別途荷物代
歩こうと思えば歩いて下山もできそう。
少なくともリフト2本分はリフトに沿って登山道がありました。
私はそんな根性はないので迷わず乗り物を利用。
●白馬シャトル(バス)[車の回収]
1回300円、一日券500円
ブルーライン 八方ゴンドラ 14:51発 → 八方インフォメーション15:01着
レッドライン 八方インフォメーション 15:30発 → 五竜エスカルプラザ 15:45着
私は乗り換えなので一日券500円
乗ったバスで買うことができます。
運行期間や時刻表はホームページで要確認↓
https://www.paipunokemuri.com/hakuba/%e7%99%bd%e9%a6%ac%e3%82%b7%e3%83%a3%e3%83%88%e3%83%ab%ef%bc%88%e5%91%a8%e9%81%8a%e3%83%90%e3%82%b9%ef%bc%89%e3%81%ae%e3%81%94%e6%a1%88%e5%86%85/
去年まであった花三昧バスがなくなってシャトルバスになったようです。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8〜0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち73%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間57分
休憩
1時間19分
合計
8時間16分
S白馬五竜アルプス平09:0109:26地蔵の頭10:31小遠見山10:3410:56中遠見山10:5711:35大遠見山12:0112:52西遠見山14:16白岳14:18遠見尾根分岐14:23五竜山荘15:0716:18五竜岳16:2317:17五竜山荘
2日目
山行
5時間53分
休憩
2時間5分
合計
7時間58分
五竜山荘05:4205:47遠見尾根分岐05:50白岳06:49大黒岳06:5008:22牛首08:2308:29唐松岳頂上山荘08:3808:56唐松岳09:0209:23唐松岳頂上山荘09:4510:28丸山10:2910:40扇雪渓10:4411:27八方池12:4012:43第三ケルン12:57八方ケルン13:02第2ケルン13:32八方池山荘13:4013:40ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
歩いてみて危険と思うところは特にありませんでしたが、五竜で登山者カードを提出する時に説明されたのは、
・白岳手前にやせ尾根と鎖場があるが注意して歩けば大丈夫。
・五竜山荘から山頂までは片道1時間かかる。
・五竜山頂付近は岩場。
・五竜岳から唐松岳の間は牛首が注意箇所だが慎重に行けばまぁ大丈夫。
・天候によっては五竜山頂は諦める。唐松岳に行かずにピストンで戻る。
その他周辺情報五竜エスカルプラザB1Fに温泉「白馬姫川温泉 竜神の湯」あり。
17:00まで(受付16:30まで)650円
http://www.hakubaescal.com/shokubutsuen/shop/spa/
私は「確かあったよな〜」と、お風呂の支度をして建物に入ったのになぜか見つけれらず(そこでなぜ従業員に聞かなかったのかは自分でも不明)、勘違いだったかも?と思ってお土産だけ買って帰宅。
お風呂を見つけられない人は従業員さんに聞いてみましょう!

写真

【1日目】おはようございます。
こちらは五竜テレキャビンのとおみ駅。
家を出たのは昨夜12時だけど睡魔に勝てず2時間走っては仮眠を繰り返していたら家から8時間もかかってしまいました(ナビでは4時間15分くらい)
車にオートクルーズっていうのが付いているから使えばよかったかな??とにかく到着が遅くなりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【1日目】おはようございます。
こちらは五竜テレキャビンのとおみ駅。
家を出たのは昨夜12時だけど睡魔に勝てず2時間走っては仮眠を繰り返していたら家から8時間もかかってしまいました(ナビでは4時間15分くらい)
車にオートクルーズっていうのが付いているから使えばよかったかな??とにかく到着が遅くなりました!
3
出発は遅れ気味だけど、せっかくなので植物園のメインどころだけ少し。
この植物園の看板娘、ヒマラヤの標高4000mに自生する幻の花といわれる青いケシ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発は遅れ気味だけど、せっかくなので植物園のメインどころだけ少し。
この植物園の看板娘、ヒマラヤの標高4000mに自生する幻の花といわれる青いケシ。
17
コマクサの群生。
白いコマクサも♡
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コマクサの群生。
白いコマクサも♡
13
ニッコウキスゲの花畑。
この植物園のある標高はガスが濃かった。
向こうに見えるリフトに乗ってしまうと植物園は素通りなので誰も乗っていない(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲの花畑。
この植物園のある標高はガスが濃かった。
向こうに見えるリフトに乗ってしまうと植物園は素通りなので誰も乗っていない(笑)
9
「当園注目植物!」という看板が立てられたミヤマトキソウ。
ただのトキソウではなく博物館の遊川氏の調査でミヤマトキソウだということがわかったそうです。が、トキソウとの違いについては書いてなかった…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「当園注目植物!」という看板が立てられたミヤマトキソウ。
ただのトキソウではなく博物館の遊川氏の調査でミヤマトキソウだということがわかったそうです。が、トキソウとの違いについては書いてなかった…
6
おぉ、これはモウセンゴケ。
ネバネバした葉っぱで虫を捕まえ食べちゃいますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おぉ、これはモウセンゴケ。
ネバネバした葉っぱで虫を捕まえ食べちゃいますよ。
4
…と、なんだかんだ言っても、植物園は人が管理していますからね。楽しかったけど。
サクッと見学して山に登らねば!

登山道に入れば、毎度おなじみサラサちゃんのお出迎え。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
…と、なんだかんだ言っても、植物園は人が管理していますからね。楽しかったけど。
サクッと見学して山に登らねば!

登山道に入れば、毎度おなじみサラサちゃんのお出迎え。
4
小遠見山まではあっという間。ハイキング装備の方もここまでは来ることができます。看板の「ここからの眺望はまさに」で板が折れている〜っ!小遠見山は2回目だけど続きはまったく思い出せません。帰ってから調べたら「360°の大展望です」でした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小遠見山まではあっという間。ハイキング装備の方もここまでは来ることができます。看板の「ここからの眺望はまさに」で板が折れている〜っ!小遠見山は2回目だけど続きはまったく思い出せません。帰ってから調べたら「360°の大展望です」でした!
1
ガスが濃くて360°の大展望はよく分からなかったけど、正面のあれは鹿島槍ヶ岳のカクネ里氷河です。2018年1月に日本で4例目の氷河として認定されました。あの氷河を見るためにここに登ってくる方もたくさんいらっしゃいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが濃くて360°の大展望はよく分からなかったけど、正面のあれは鹿島槍ヶ岳のカクネ里氷河です。2018年1月に日本で4例目の氷河として認定されました。あの氷河を見るためにここに登ってくる方もたくさんいらっしゃいます。
6
中遠見岳に到着。
前に来た時は3月の残雪期だったので登ったのはここまで。この先に進むのは初めてです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中遠見岳に到着。
前に来た時は3月の残雪期だったので登ったのはここまで。この先に進むのは初めてです。
2
ミツバオウレン。今日も足元で可愛らしく。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミツバオウレン。今日も足元で可愛らしく。
5
大遠見山。お腹がすいたのでここでおにぎりタイム。
すると雨がポツポツ来ましたっ。えーっ(>_<)どうしよう…帰ったほうがいいのかな?と急激に弱気モードへ。
とりあえず休憩中でよかったと思うことにして、上下レインを着てそそくさと進みます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大遠見山。お腹がすいたのでここでおにぎりタイム。
すると雨がポツポツ来ましたっ。えーっ(>_<)どうしよう…帰ったほうがいいのかな?と急激に弱気モードへ。
とりあえず休憩中でよかったと思うことにして、上下レインを着てそそくさと進みます。
5
歩き出したら5分と経たずにポツポツが止みました。着なきゃよかった面倒くさいなー、と心の中で悪態をつきながら暑くなるので脱ぎます。小屋泊だったら乾かしてもらえるから少しの雨なら様子見してもよかったけど、今日はテントなので。服が濡れたら乾かないかもしれないし、面倒でも面倒がらずにちゃんとやる!(普段の私に言い聞かせたい)

西遠見山にはまだ雪渓があり登山道は雪の上です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き出したら5分と経たずにポツポツが止みました。着なきゃよかった面倒くさいなー、と心の中で悪態をつきながら暑くなるので脱ぎます。小屋泊だったら乾かしてもらえるから少しの雨なら様子見してもよかったけど、今日はテントなので。服が濡れたら乾かないかもしれないし、面倒でも面倒がらずにちゃんとやる!(普段の私に言い聞かせたい)

西遠見山にはまだ雪渓があり登山道は雪の上です。
3
あの細尾根を歩き、稜線を登れば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あの細尾根を歩き、稜線を登れば
3
いよいよ五竜岳!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよ五竜岳!
4
やったー♪五竜山荘が見えた!!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やったー♪五竜山荘が見えた!!
6
これが言われていた鎖場や
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが言われていた鎖場や
4
岩場かな。楽しく登っちゃいます♪
これを上がればいよいよ稜線。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩場かな。楽しく登っちゃいます♪
これを上がればいよいよ稜線。
3
うぉ〜、稜線にあがったら反対の谷からの小雨交じりのガスと風。厳しい環境に早変わりっ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うぉ〜、稜線にあがったら反対の谷からの小雨交じりのガスと風。厳しい環境に早変わりっ。
4
だけどここからがお花畑パラダイス。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だけどここからがお花畑パラダイス。
5
チングルマ
今年は見れないかと思ってました。お花も花が終わったあとも可愛らしくて大好きなお花です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チングルマ
今年は見れないかと思ってました。お花も花が終わったあとも可愛らしくて大好きなお花です。
5
ミヤマアズマギク
この子も。ピンクが本当にかわいい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマアズマギク
この子も。ピンクが本当にかわいい。
7
ミヤマキンポウゲ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマキンポウゲ
2
ベニバナイチゴ
来月には美味しいイチゴが実っているかな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベニバナイチゴ
来月には美味しいイチゴが実っているかな?
4
お名前なにかな〜
お花がいつもペアで咲いていますよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お名前なにかな〜
お花がいつもペアで咲いていますよ。
2
仲良さ草(ナカヨサソウ)なんちゃって。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
仲良さ草(ナカヨサソウ)なんちゃって。
7
歩いてきた稜線が雲のベールをまとっています。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩いてきた稜線が雲のベールをまとっています。
7
五竜山荘に到着!
風も強いし雨も降っているし(泣)
どうしよう…小屋泊に変更しようかな(また弱気)
でも白馬の天狗山荘の時だってもっとすごかったけどテントを張ったし!このくらいでめげちゃダメ!
小屋で受付をし、中でレイン上下を着込んでテントもザックから出して、いざテント場へ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘に到着!
風も強いし雨も降っているし(泣)
どうしよう…小屋泊に変更しようかな(また弱気)
でも白馬の天狗山荘の時だってもっとすごかったけどテントを張ったし!このくらいでめげちゃダメ!
小屋で受付をし、中でレイン上下を着込んでテントもザックから出して、いざテント場へ。
3
いや〜、飛ばされそうになるテントを押えるのに必死な私を見かねて手伝ってくださった方、本当にありがとうございましたm(_ _)m
見よ!石でがっちり固定し、なかなか上手な張りっぷりではありませんか。
そして張り終わったら、急に風も止みガスも晴れ、素晴らしい天気となるのでした…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いや〜、飛ばされそうになるテントを押えるのに必死な私を見かねて手伝ってくださった方、本当にありがとうございましたm(_ _)m
見よ!石でがっちり固定し、なかなか上手な張りっぷりではありませんか。
そして張り終わったら、急に風も止みガスも晴れ、素晴らしい天気となるのでした…
20
ガスが晴れたら現れた存在感のある山は毛勝三山です。
一週間ぶりに現れたと小屋の方から聞きました。
私を歓迎してくれたのかしら(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが晴れたら現れた存在感のある山は毛勝三山です。
一週間ぶりに現れたと小屋の方から聞きました。
私を歓迎してくれたのかしら(笑)
3
今日は五竜岳登頂はやめようと思っていたけど、天気もよくなったし、時間的には遅いけど日が長いから行けなくもない。
明日の天気が悪かったら行けないし、思い切って行ってこよう!
コマクサに応援してもらって出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は五竜岳登頂はやめようと思っていたけど、天気もよくなったし、時間的には遅いけど日が長いから行けなくもない。
明日の天気が悪かったら行けないし、思い切って行ってこよう!
コマクサに応援してもらって出発。
9
あのオレンジが私のテント。
帰ってくるまで、飛ばされないでねー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あのオレンジが私のテント。
帰ってくるまで、飛ばされないでねー。
11
五竜山荘がだんだん遠くになってきて、唐松岳が見えてきた。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘がだんだん遠くになってきて、唐松岳が見えてきた。
2
そして、山道はだんだんと岩々になってきて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、山道はだんだんと岩々になってきて
3
あれ?なにこれ?
まさかあんなところは行かないでしょう??
道はどこだろう〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれ?なにこれ?
まさかあんなところは行かないでしょう??
道はどこだろう〜
2
すると雷鳥さん♡
うしろには子どもの雷鳥ライちゃんがいました。
親鳥があえて前に出てきて人間の目を引き子どもを守ると教えてもらったことがあります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すると雷鳥さん♡
うしろには子どもの雷鳥ライちゃんがいました。
親鳥があえて前に出てきて人間の目を引き子どもを守ると教えてもらったことがあります。
13
雷鳥さんとさよならして、五竜岳山頂に着きました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥さんとさよならして、五竜岳山頂に着きました!
23
空身だから楽に行けるかと思ったら、疲れていたのかちょっと大変だった…。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空身だから楽に行けるかと思ったら、疲れていたのかちょっと大変だった…。
4
穂高〜槍ヶ岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高〜槍ヶ岳方面
4
鷲羽や水晶岳方面
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷲羽や水晶岳方面
4
日本海をバックにこちらの山はわからないけど、とにかく大パノラマでした!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日本海をバックにこちらの山はわからないけど、とにかく大パノラマでした!
4
ウルップソウもまだ咲いていましたよ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウルップソウもまだ咲いていましたよ〜。
10
なんだか雲の上にいる感が半端ないです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか雲の上にいる感が半端ないです。
5
今日歩いてきた稜線を上から眺めてテントまで帰りましょう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日歩いてきた稜線を上から眺めてテントまで帰りましょう。
3
ミヤマシオガマ、小屋が見えたら勝ったも同然でお花を見ながら戻ります。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマシオガマ、小屋が見えたら勝ったも同然でお花を見ながら戻ります。
5
ムシトリスミレ、虫食べちゃいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ムシトリスミレ、虫食べちゃいます。
4
おや、おそろいのテントのお隣りさんが増えてますね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、おそろいのテントのお隣りさんが増えてますね。
7
あ〜、今日は気分よくビールいっちゃおう♪
勢いと気分で500を買ってしまったけれど、これは私には多かった…(反省)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ〜、今日は気分よくビールいっちゃおう♪
勢いと気分で500を買ってしまったけれど、これは私には多かった…(反省)
11
外に出たら夕焼け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
外に出たら夕焼け
8
夕焼けの左のほう、海の向こうの点々の灯りは能登半島みたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼けの左のほう、海の向こうの点々の灯りは能登半島みたいです。
6
【2日目】
おはようございます!
起きて外に出てみたら朝焼けでした。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【2日目】
おはようございます!
起きて外に出てみたら朝焼けでした。
6
すごい!富士山です!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すごい!富士山です!
12
こちらは新潟方面から志賀草津あたりかと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは新潟方面から志賀草津あたりかと
2
目立っていた浅間山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目立っていた浅間山
5
富士山の左が八ヶ岳、右が南アルプス
聞き耳を立てていると大菩薩嶺とかも見えているそう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の左が八ヶ岳、右が南アルプス
聞き耳を立てていると大菩薩嶺とかも見えているそう
3
朝3時くらいに少し雨の音がしたのでどうしようかと思ったけれど、今日は予定とおりに唐松岳に向かいます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝3時くらいに少し雨の音がしたのでどうしようかと思ったけれど、今日は予定とおりに唐松岳に向かいます!
5
あら〜♪ここにコマクサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あら〜♪ここにコマクサ
5
これもドウダンツツジの種類かな?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これもドウダンツツジの種類かな?
5
ウラジロヨウラク
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウラジロヨウラク
5
クモマスミレ、スミレの中で一番標高が高いところに咲くそう。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
クモマスミレ、スミレの中で一番標高が高いところに咲くそう。
4
素晴らしい景色になりました!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい景色になりました!
8
唐松岳への登りは岩場です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳への登りは岩場です。
5
あれが恐怖の牛首!?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あれが恐怖の牛首!?
5
ちょうどここですれ違った方が、五竜岳が素晴らしいから撮ってあげると戻ってきてシャッターを押してくださいました。ありがとうございました♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょうどここですれ違った方が、五竜岳が素晴らしいから撮ってあげると戻ってきてシャッターを押してくださいました。ありがとうございました♪
23
ホント!まるで絵はがきみたいな五竜岳。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ホント!まるで絵はがきみたいな五竜岳。
12
そして恐怖の場所がよく分からないまま牛首を通過し唐松岳頂上山荘は目の前
鞍部から白馬の山並みが連なっています!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして恐怖の場所がよく分からないまま牛首を通過し唐松岳頂上山荘は目の前
鞍部から白馬の山並みが連なっています!
6
ここのコマクサもステキ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここのコマクサもステキ
9
頂上山荘にザックをデポして、いざ山頂へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上山荘にザックをデポして、いざ山頂へ
2
八ヶ岳、富士山、南アルプス、五竜岳を挟んで槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、富士山、南アルプス、五竜岳を挟んで槍ヶ岳
4
槍ヶ岳と前穂もはっきりと見えています!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と前穂もはっきりと見えています!
5
素晴らしすぎる…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしすぎる…
3
こちらは白馬方面
杓子の後ろにちょこんと白馬岳の先っちょが見えます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こちらは白馬方面
杓子の後ろにちょこんと白馬岳の先っちょが見えます。
3
唐松岳は3回目だったので登らなくてもいいかなぁと思ったけれどやっぱり登ってよかった!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳は3回目だったので登らなくてもいいかなぁと思ったけれどやっぱり登ってよかった!
11
さぁ、帰りはこの景色を眺めながら下山です。
雨飾山、火打、妙高、高妻山、戸隠、飯縄・・・ぜーんぶ見えちゃってます!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さぁ、帰りはこの景色を眺めながら下山です。
雨飾山、火打、妙高、高妻山、戸隠、飯縄・・・ぜーんぶ見えちゃってます!
5
五竜岳からよく歩いてきたなぁ〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳からよく歩いてきたなぁ〜。
4
今日は天気が良いので荷揚げのヘリもたくさん飛んでいました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日は天気が良いので荷揚げのヘリもたくさん飛んでいました。
3
白馬三山も見えてきましたよ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山も見えてきましたよ。
4
このお花はサクラソウ?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このお花はサクラソウ?
4
シラネアオイとのコラボ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シラネアオイとのコラボ。
3
ニッコウキスゲのバックに五竜岳(絵はがき風)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ニッコウキスゲのバックに五竜岳(絵はがき風)
7
結構下ってやっと八方池が見えてきました!
思っていたより結構長かった…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構下ってやっと八方池が見えてきました!
思っていたより結構長かった…
4
今日はここでランチして大休憩です。
カップヌードルだけどね(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はここでランチして大休憩です。
カップヌードルだけどね(笑)
9
八方池が鏡になって白馬三山を映しています♪
ビュ〜ティフォ〜♪♪♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八方池が鏡になって白馬三山を映しています♪
ビュ〜ティフォ〜♪♪♪
17
タカネバラ
ここからの下山はハイキング。
のんびりお花を見ながら帰りましょう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タカネバラ
ここからの下山はハイキング。
のんびりお花を見ながら帰りましょう!
7
イブキジャコウソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イブキジャコウソウ
9
おなじみ顔ケルン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おなじみ顔ケルン
4
ミヤマダイモンジソウ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ミヤマダイモンジソウ
4
タテヤマウツボグサ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
タテヤマウツボグサ
5
ハッポウウスユキソウ
こんなふうにお花のそばに紹介の看板があるので、お花の名前はばっちりです(笑)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハッポウウスユキソウ
こんなふうにお花のそばに紹介の看板があるので、お花の名前はばっちりです(笑)
4
ハイキングの方たちはこのお花ガイドを片手にお花を楽しんでいましたよ!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハイキングの方たちはこのお花ガイドを片手にお花を楽しんでいましたよ!
2
今回の私のザックの重さは11キロくらいでした。
だいぶ無駄を減らして軽くしたので、今回はまぁまぁ歩けたかな。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今回の私のザックの重さは11キロくらいでした。
だいぶ無駄を減らして軽くしたので、今回はまぁまぁ歩けたかな。
10
リフトとゴンドラを乗り継いで無事ゴールです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リフトとゴンドラを乗り継いで無事ゴールです。
6

感想/記録
by peachy

計画だけはずっとずっと前から立てていて、やっと行ってきました。
今回は、台風の影響が心配だったのだけど、てんくらではくもりのB判定。
本当に大丈夫なのかかなり疑って、高速に乗る前にも最後にまた天気予報チェック。
大丈夫そうだったので、てんくらを信じて思い切って行ってきました!
結果、小屋の方もこんなに見えたことはないというくらいの眺望に恵まれ
お花はいきいきと咲き誇り、八方池に映る白馬三山は最高の輝き。
恵まれ過ぎた山行となりました。
テントも久しぶりだったけれど、何事もなく無事に歩き切ることができて一安心。
ちょっと自信も持てました。
またテントでどこかに行きたいなぁ〜♪
訪問者数:917人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/6/28
投稿数: 3108
2019/7/23 18:28
 こっそり!(;>_<;)
スミマセン!拍手制限中ナノで、こっそりお邪魔します。(;>_<;)

折角、コメントオープンナノに!(笑)

また、出直しますね!(´▽`;)ゞ
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/23 19:10
 Re: こっそり!(;>_<;)
のりさん、こんばんは!
こっそりありがとうございます♪
お気持ちはこっそりじゃなく
しっかりいただきました(笑)
いつもありがとうございます(*^^*)
登録日: 2016/8/21
投稿数: 26
2019/7/23 19:59
 お疲れさまでした〜!
peachyさん、こんばんは。
テント泊お疲れさまです〜!
お花が綺麗で癒されました。😆
梅雨とはいえお天気に恵まれてよかったですね。✨

エスカルプラザのお風呂は、けっこう奥まったところにあった気がします。。♨️
登録日: 2018/11/13
投稿数: 2537
2019/7/23 20:05
 お疲れ様です!
良い展望で良かったですね♪

これだけ遠望が見れれば、少しの雨は全然OKですね♪

それにしても、高速移動時間が大変ですね💦

オートクルーズは眠くなるので、眠い時は仮眠で正解です♪
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/24 6:39
 Re: お疲れさまでした〜!
mt5993さん、おはようございます!
いつも見てくれてありがとうございます。
今までは梅雨明けから活動開始だったけど
梅雨が明けるとお花の時期を逃すみたいで
今回は今までになくきれいなお花を見ることが出来ました(*^^*)

mt5993さんとこのルートを歩きたいとお話ししましたよね。
mt5993さんは私と逆で歩いていて、遠見尾根の登り返しのことを言っていて。
遠見尾根を歩きながら思い出していました(*^^*)
あれからだいぶ経ったけどやっと行ってきました〜。

エスカルプラザのお風呂、もっと主張してもいいのにね(^o^;
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/24 6:55
 Re: お疲れ様です!
ともさん、おはようございます!
コメントありがとうございます。

ほんとに、くもりで何も見えないのを覚悟でいたので、逆にあんなに遠くまでの景色に恵まれてびっくりでした。
雨はなぜか降らない前提で、少しのパラつきにもオタオタしましたが(^_^;)

オートクルーズはやっぱり眠くなりますよねぇ?
使う練習しないと怖くて使えなくて、まだやったことがなくて〜
仮眠も軽く1時間以上寝てしまうので、なかなかたどり着かずだけど、おかげさまで山は元気に歩けました!
登録日: 2015/4/30
投稿数: 1610
2019/7/24 13:37
 たくさんの花☆彡
peachyさん、こんにちは

梅雨が明けようとしているけどまだイマイチなこの週末、思い切って行かれて正解でしたね
ピーカンだけが山の素晴らしい天気ではない、程よく雲もあって、少し雨もあって、でもそんな気候の下だからこそ、綺麗に見えてくるものもある、そんな事を再確認させていただきました
ホント思い切っていかれてなによりでしたね
雄大な高山の景色もスバラシイですが、たくさんのお花ちゃん達がすごくきれいで
この時期の醍醐味でもありますね
あ〜テント、やっぱり重いし設営も大変だけれども、いいですよね
自分も天候と休み、下界での折り合いをつけて、始動したいです

追伸
新しいプロフ、富士山バックにステキですね
ホームグラウンドの丹沢でしょうか?
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/24 15:43
 Re: たくさんの花☆彡
machagonさん、こんにちは!
いつもありがとうございます
そうなんですよぅ。
いつもの私だったら思い切って行くなんてことはなかったし
ましてや天気予報に マークがないなら絶対に遠出なんてしなかったのに。
山は行ってみないと分からないものですね!
そうは言っても行ってみてやはり天候が悪いと
「天気予報で分かっていただろ 」とお叱りを受けることもあるし
今回は良いほうに転がったのでよかったです
特にこんなにきれいな状態のお花を見れたことはなかったのでちょっとした興奮状態で(笑)
お花を見るなら梅雨が明けてからでは遅いんだなぁと学習しました

machagonさんは寒い時期でももっと長くテントで行きますもんね!
私も前は食べ物の心配が大きくて準備にも時間がかかっていたし、食べ物ばかりがザックの3分の1を占めるし比例して重くもなるし、当然登るのはきついしだんだん足はヨタヨタになってテントはきついなぁ〜を繰り返してきたけれど、小屋があるんだからお金さえ持っていけば何とかなる、と急に気楽に考えられるようになって
そしたら、今回はすごく楽だったんですよね〜。
私はmachagonさんのようには歩けないけど、私なりのところでもっと楽しめたらいいなと思いました

写真はKazuhagiさんと一緒に行った杓子山の時のなんですよ〜。
カメラマンの腕がよかったみたいで(笑)気に入ったので採用しました

machagonさんも週末はにぎやかに山に行かれたんですね!
最近、レコを見かけてなかったので、お忙しいのかなぁと思っていました。
登録日: 2013/11/7
投稿数: 160
2019/7/24 17:51
 懐かしいです!
peachyさん こんにちは!

ご無沙汰しています!唐松岳懐かしく拝見しました!
白馬三山など、やはり素晴らしい景色ですね!

目まぐるしく変わる天気の中で、雷鳥との遭遇(絶滅種で滅多に遭遇しないみたいです)やたくさんの種類の花ありで、充実した2日間を過ごされましたね!特に2日目はガスも切れて良かったですね!
雲を眼下に見ながらの山行は最高ですね!

ここ暫く腰痛で遠のいてますが、唐松岳はもう一度行きたくる山ですね!
梅雨明けすれば腰痛治るかな…
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/25 6:28
 Re: 懐かしいです!
かんちゃん、おはようございます。
いつもありがとうございます。
おかげさまでほんと色々恵まれて楽しんできましたが、
そうですよね!
かんちゃんの唐松岳!
私も、かんちゃんの2回に渡る唐松岳の登山は胸に刻まれています。
そして夕べは、かんちゃんの唐松岳のレコを改めて拝見してしまいました!
2回目の唐松岳の素晴らしさ、感動的でしたね。
白馬三山が空の青さと紅葉に映えて。
私も紅葉の時期に行ってみたくなりました。
かんちゃんも、岩場がありますがそれが大丈夫でしたら、今度は五竜岳と合わせて歩いてもいいかもですよ!
唐松岳と五竜岳に2泊すれば余裕があります。

それより、腰は大丈夫ですか!?
かんちゃんのレコが上がらないから、お忙しいのかと思っていたのですが、腰だったのですね(>_<)
私も腰は弱いので、辛さは分かります。
お大事にしてくださいね。
登録日: 2014/6/1
投稿数: 0
2019/7/25 20:26
 無題
五竜岳山頂であったものです。次の朝も山頂に登ってから遠見尾根を下りました。
天候が良くない中で日本海、富士山を見渡せたのは珍しかったかもしれないです。
また どこかで会えることを楽しみにしています😊
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/26 9:31
 五竜ではありがとうございました!
mistiさん、おはようございます!
なんと!ヤマレコをやっていたのですね
あの時は、五竜岳までわざわざ引き返してご一緒していただき
本当にどうもありがとうございました!!
山頂の写真を撮っていただいて、おかげさまで思い出に残すことができました
mistiさん達は朝も五竜岳山頂とはうらやましいです。
私にはその体力はありませんでしたが
お互いに良い山行ができてよかったですよね。
最近、長野群馬新潟は行くことが多いので、またお会いするかもですね〜。
mistiさんも、ぜひレコをアップしてくださいね
登録日: 2013/10/18
投稿数: 2445
2019/7/27 15:22
 「温泉はどこですか?」。聞くは一時の恥、知らぬは一生の恥(笑)
遅コメながらお邪魔します。
今回は「閉店」になってなくてよかったです(笑)

中遠見までのレコ、よく覚えていますよ。季節が違うとはいえ、今回は遥かその先まで行かれましたね
これでもかというぐらい花まみれ?になりながら、五龍も唐松も踏めたし、鹿島槍の新氷河も見れたしと、中々充実していて、上等上等の山行でしたね
天気も梅雨時としては御の字でしょう。
にしても、この険しいコース(私は未踏ですが)をテント背負って0.8-0.9で歩く桃っ子さん、やはり逞しいなあ テント経験さえない私からは尊敬しかありません。

高速に乗る前に天気予報の最終チェック…これは「やるやる」ですね。私もよくやってます
登山届の受付で説明された「五か条」…よく記憶できましたね。私ならせいぜい2か条ぐらいしか覚えられなさそうですが

「温泉に支度までして行って、風呂を見つけられずに帰ってくる」って、桃さんらしい気もしますが(失礼)、「普通尋ねるでしょう!」って私も思いました(笑)

ところでお節介な話、「テン泊で北アルプス」とか、旦那様が心配されないのかなという心配をしてしまいます 心の広い方とお見受けしました。旦那様のご趣味は釣りでしたっけ? それとも、よくある「奥さんが遊ぶなら俺も遊べるから逆に助かる」理論なのでしょうか
と、ここまで書いて、前にも俺同じこと書かなかったっけ?? と不安になりました。かぶってたらスンマセン
登録日: 2013/3/5
投稿数: 1310
2019/7/29 1:46
 Re: 「温泉はどこですか?」。聞くは一時の恥、知らぬは一生...
つかどんさん、こんばんは!
いつもするどいコメントをありがとうございます(笑)
すみません。山に行かなかったら行かなかったで
溜まった家事、草ボーボーの庭と格闘し、行かないと損するスポーツクラブに足を運びで、お返事が遅くなってしまいましたm(_ _)m

まずですね。
「温泉はどこですか?」と聞けなかった私…
実は、この山行の出発の前に、いくら私でもそれはないだろう!?という信じられない失態を起こしていて、自分を信じられなくなっていたというかですね。
実は、他の山行の約束を一週間勘違いして、待ち合わせ場所まで行って一時間待っていたんですよ
待ち合わせに遅れてはいけないと思って30分早めに行って、時間になっても時間が過ぎても誰も来ないし連絡もないし、30分過ぎてさすがにおかしいな?と思って計画書を見直したら一週間後だったんです
気分がもう山に向かっていたので、急いで家に帰ってテントを詰め込んで出直してのこの山行だったんですけど、出発前にそんなことがあったので、私の思い込んでいることはほぼ間違いだ、と思ってしまってたので諦めが早かった感じです。

そうそう、出発がこんな感じだったわりには、中身は上等でしたよね
なにせ何年も行きたいと思い続けあたためた山行だったので!
だからその「五か条」も覚えてたというより、言われなくても承知の助くらい予習済みだったことを言われただけだったんです(笑)
お花はゴンドラやリフトのりばにたくさんあんちょこ写真が貼ってあったので名前も分かったしバッチリ 山も本当に小屋のスタッフもこんなに見える日はないって興奮していたくらいで、私もぜんぶ聞いてきたのだけど、カメラも普通のデジカメだし、記憶力もないから写真ではいつものようにぜんぜん分からなくて、、、でも心には残っているからいいことにします

コースタイムは、たぶん標準が甘いです
これでも写真をだいぶ削ったのですが、撮った枚数は450枚くらいあって、写真のためにだいぶ足を止めたし、空身で行った五竜岳や唐松岳の山頂もここは速く歩こうと思ったのにぜんぜん速く歩けなかったから。
去年の荒川三山と赤石岳がかなり苦しかったので、それを思えばルートは楽だったのかな?

うちの旦那さんね〜。
一緒に行ってくれたら本当にいいのですけど、、、一緒に行ってくれないので、心配されても何でも一人で行くしかないです。
でも今どきは小屋に行けば電波が入るので、出発と小屋と下山は必ずラインを入れてるから、ま、大丈夫かな。
心が広いというか、やさしいとは思います
自分の母親がパート先の忘年会にも行かせてもらえないような暮らしをしていてとてもかわいそうだったって、自分の奥さんにはそういうふうにしたくないから好きなことは好きなようにやってほしい、って話してくれたことがあります。
だからって、週末は晴れれば自由奔放に山に行き、時間があればスポーツクラブに通いで、ここまでやられちゃうとは、うちの旦那さんも不憫ですよね
あと10年くらいの辛抱と思ってもらえれば…私もきっと落ち着くと思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ