また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1988459 全員に公開 ハイキング剱・立山

立山周回時計回り

日程 2019年08月24日(土) [日帰り]
メンバー
天候曇りときどき晴れ
アクセス
利用交通機関
バス、 車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.6〜0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち72%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間20分
休憩
1時間52分
合計
8時間12分
Sスタート地点07:1707:26みくりが池07:30みくりが池温泉07:43雷鳥荘07:49雷鳥沢ヒュッテ07:5008:00雷鳥沢キャンプ場08:06浄土橋09:07剱御前小舎09:2009:24剱御前山(最高点)09:2709:35剱御前小舎09:3710:00別山南峰10:0110:07別山北峰10:0910:16別山南峰10:2110:58真砂岳11:30富士ノ折立11:4711:56大汝休憩所12:3712:49立山12:5413:06雄山13:2413:52一の越山荘14:16浄土山南峰14:1814:26龍王岳14:2714:35浄土山南峰14:3614:42浄土山15:29ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
室堂〜雷鳥沢 石畳、石段。このルートの周回を反時計回りにすると最後にこの石段の登りが脚に来る覚えがあったので、今回は時計回り。
雷鳥沢〜剱御前小屋(雷鳥坂) ハイマツに囲まれて明瞭なガレ道。今回この途中で雷鳥を見かけました。
劔御前小屋〜剱御前(最高峰)ザレ。
剱御前小屋〜別山南峰 所々急坂もあるガレ。稜線歩きで風があると風あたり強い。別山南峰付近はなだらかになる上に分岐が集中しているのでガスに巻かれるとルート見失い易い。
別山南峰〜別山北峰 緩やかなザレ。北峰近くには複数のケルン有り。ここもガスにまかれると嫌らしいかも。
別山南峰〜真砂岳 稜線沿いのアップダウン。真砂岳山頂近くはトラバースルートもあり、分岐に注意。
真砂岳〜富士の折立 富士の折立に近付くにつれて急登の岩場に。富士の折立は急峻な岩峰。
富士の折立〜大汝山 尾根筋の室堂側を歩く岩場。大汝山も岩峰だが、富士の折立よりは緩いか。
大汝山〜雄山 岩場歩き。雄山は峰本社本殿が頂上。参拝料五百円。
雄山〜一の越 急坂のガレ場。立山マラニックのためか、登りルートと下りルートがペンキで明瞭に仕分けされて居た。下りは黄色、上りは赤のペンキ。
一の越〜浄土山南峰 基本ザレだが、一ヶ所急な岩場あり。
浄土山南峰〜龍王岳 五色ヶ原方面にザレを歩くと左側にある岩峰が龍王岳。急な岩場、やや分かりにくいが踏み跡を辿れば山頂。
浄土山南峰〜浄土山北峰 ルート沿いにロープが張ってあり、明瞭で緩やかなルート。
浄土山北峰〜室堂 急な岩場歩き。岩の上を渡って行くような箇所あり。雪渓跡を渡ると、石畳み道になるも、一の越へのルートに合流する直前までは、大きめ石を並べた作りで疲労もあって気は抜けない。

装備

個人装備 ガイド地図 コンパス 保険証 飲料水(2L) ティッシュ 三角巾 バンドエイド 医薬品 タオル 携帯電話 雨具 時計 非常食 熊鈴 ヘッドランプ ロールペーパー ザック タイツ Tシャツ替え 長袖ジャケット ズボン グローブ ハット カメラ コンロ コッヘル ナイフ

写真

歩き初めは石畳なのでカメラをぶら下げて。
みくりが池、水面はそこそこ鏡面なんだけど今日は曇り。
2019年08月24日 07:19撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩き初めは石畳なのでカメラをぶら下げて。
みくりが池、水面はそこそこ鏡面なんだけど今日は曇り。
地獄谷。
風向きのせいで今日は雄山をすぎるまでずっと硫黄が香って居たような気がする。
2019年08月24日 07:24撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地獄谷。
風向きのせいで今日は雄山をすぎるまでずっと硫黄が香って居たような気がする。
トリカブト見つけた。
2019年08月24日 07:25撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トリカブト見つけた。
山に来た感じ。
2019年08月24日 07:27撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山に来た感じ。
すこーし晴れかけて、閻魔台から地獄谷全景。
2019年08月24日 07:29撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すこーし晴れかけて、閻魔台から地獄谷全景。
リンドウ池
2019年08月24日 07:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
リンドウ池
雷鳥沢のキャンプ場を見下す。
2019年08月24日 07:40撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雷鳥沢のキャンプ場を見下す。
1
霧が晴れて一瞬、地獄谷がよく見えた。
2019年08月24日 07:44撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が晴れて一瞬、地獄谷がよく見えた。
山の上の方は完全にガスの中。
この後雷鳥坂はカメラはザックの中へ。
途中坂の名前よろしく本物の雷鳥にも会えた。
2019年08月24日 09:26撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山の上の方は完全にガスの中。
この後雷鳥坂はカメラはザックの中へ。
途中坂の名前よろしく本物の雷鳥にも会えた。
別山到着。
基本このあたりはずっとガスの中。
稜線上は風も強くて寒かった。
2019年08月24日 10:16撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
別山到着。
基本このあたりはずっとガスの中。
稜線上は風も強くて寒かった。
1
真砂岳山頂。
これをすぎたあたりから時々ガスが晴れる。
2019年08月24日 10:57撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真砂岳山頂。
これをすぎたあたりから時々ガスが晴れる。
内蔵助氷河かな。
2019年08月24日 11:04撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
内蔵助氷河かな。
1
おー室堂平が見渡せる。
2019年08月24日 11:15撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おー室堂平が見渡せる。
晴れた!黒部湖が見える!
2019年08月24日 11:31撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
晴れた!黒部湖が見える!
この時間帯は晴天も。富士の折立。
2019年08月24日 11:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時間帯は晴天も。富士の折立。
室堂平が手に取るように!
2019年08月24日 11:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂平が手に取るように!
黒部湖と後立山連峰。いい感じで晴れてました。
2019年08月24日 11:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部湖と後立山連峰。いい感じで晴れてました。
大日岳方面はガスで見通せず。晴れて剱岳が見えると絶景なんだが。
2019年08月24日 11:34撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大日岳方面はガスで見通せず。晴れて剱岳が見えると絶景なんだが。
高度感ありますね。
2019年08月24日 11:36撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感ありますね。
1
登り始めの雷鳥沢
2019年08月24日 11:36撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り始めの雷鳥沢
1
改めて富士の折立標識
2019年08月24日 11:37撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
改めて富士の折立標識
富士の折立付近にいるときに、晴れ間が見えて、良かった!
2019年08月24日 11:48撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士の折立付近にいるときに、晴れ間が見えて、良かった!
最高峰到達
2019年08月24日 12:50撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高峰到達
1
またガスが出てきた。
2019年08月24日 12:51撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またガスが出てきた。
雄山方面
2019年08月24日 12:52撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山方面
雄山に着きました。今日は立山マラニック開催日。ちょうどゴールされてた方がインタビューされてました。海抜0mからここまで来れるなんてスゴイ!
2019年08月24日 13:08撮影 by iPhone 6, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雄山に着きました。今日は立山マラニック開催日。ちょうどゴールされてた方がインタビューされてました。海抜0mからここまで来れるなんてスゴイ!
1
頂上峰本社より。やっぱ別世界だよなぁ。
2019年08月24日 13:16撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頂上峰本社より。やっぱ別世界だよなぁ。
1
龍王岳山頂
2019年08月24日 14:23撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳山頂
1
龍王岳から雄山を望むもガスで隠れて見えず。
2019年08月24日 14:23撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳から雄山を望むもガスで隠れて見えず。
室堂バスターミナルまで戻ってきました。雲が途切れて雄山までの道程が見える。
2019年08月24日 15:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
室堂バスターミナルまで戻ってきました。雲が途切れて雄山までの道程が見える。
この後小雨もぱらついてきましたが、何とか雨に降られることもなく。暑い思いもせずに曇天なりに晴れ間も見えて良かった。
2019年08月24日 15:32撮影 by NIKON D7200, NIKON CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この後小雨もぱらついてきましたが、何とか雨に降られることもなく。暑い思いもせずに曇天なりに晴れ間も見えて良かった。

感想/記録

 衰え気味の足の鍛錬と高所の慣れに、お金をかけてアルペンルートで立山室堂までいった上で、ぐるっと周回。前にやったときは雷鳥坂下った後の室堂までの登り返しが超しんどかったので今回は逆ルートで。
 ほぼ曇りだったお陰であまりカメラが活躍することなく、淡々とピークハントして居たつもりだが、劔御前〜雄山の間では雲が晴れることもあり、帰って来て見たらそこそこ写真を撮ってた。
 富士の折立手前までは比較的人の少ない山歩き。ただ、富士の折立手前から雄山までの間は一の越からの登山者とスレ違い多数。大汝山休憩所近くで大休止する際には休憩所前の混んでいそうだったので、建物の裏側で静かに昼食。
 雄山ではこの日、立山マラニックが開催されていて丁度ゴールラッシュの時間帯に重なった。参加されてた方は、ゴール後は満面の笑み、また一の腰の下りのあいだですれ違う参加者も、もう一息という事もあってか嬉しそうな顔して登っている方が多かった。ゴール後の方と大声で励まし合ってるのが印象的だった。海抜0mからここまで登って来る人はすごい人ばかり、ゴール後でも身軽にスタスタ降りて行く。さらにそのまま浄土山、龍王岳まで登って行く女性の方もいらして(しかも早くてついていけない!)スタミナにビックリさせられる。
 森林限界以上の岩場歩きも含めた立山周回は子供の頃の立山登山の思い出もあり、山に来ている実感があって楽しい。一番よいタイミングで晴れ間もあり、元を取って十分お釣りが来る山行だった。
訪問者数:225人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ