また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2021266 全員に公開 ハイキング 白馬・鹿島槍・五竜

(扇沢)~爺ヶ岳〜鹿島槍ヶ岳〜五竜岳〜(八方池山荘) 

情報量の目安: S
-拍手
日程 2019年09月13日(金) ~ 2019年09月15日(日)
メンバー , その他メンバー2人
天候全日快晴(これ以上の天気は望みません!)
アクセス
利用交通機関
電車バス、 タクシー、 車・バイク、 ケーブルカー等
◆扇沢登山口まで
 9/12 23:00 都内自宅出発〜中央道〜安曇野IC
9/13 03:00 信濃大町 「すきや家」で腹ごしらえ
     04:00 爺ヶ岳登山口無料駐車場着
◆八方池山荘下山口から
 9/15 9:40  リフト、ゴンドラを乗り継ぎ八方ゴンドラアダム麓駅着
         タクシーで白馬駅へ(料金1,200円)
    10:24  大糸線信濃大町駅行き電車乗車(運賃 500円)
    11:01  信濃大町駅着
    11:15  扇沢行きバス乗車(運賃 1,380円)
    11:40  扇沢着
         (徒歩 10分)
    12:00  爺ヶ岳登山口無料駐車場着、マイカーにて帰宅。
    
 
経路を調べる(Google Transit)
GPS
51:55
距離
26.1 km
登り
3,294 m
下り
2,814 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間6分
休憩
2時間34分
合計
7時間40分
S柏原新道登山口05:3606:44ケルン(柏原新道)06:56駅見岬06:5807:53水平岬07:5408:23富士見坂08:2908:49種池山荘10:3611:23爺ヶ岳南峰11:4612:01爺ヶ岳中峰12:1612:34爺ヶ岳北峰13:00冷乗越13:16冷池山荘
2日目
山行
7時間22分
休憩
2時間34分
合計
9時間56分
冷池山荘04:4704:54冷池山荘テント場04:5505:44布引山05:5206:28鹿島槍ヶ岳06:5107:24鹿島槍ヶ岳北峰07:4008:52八峰キレット08:5809:05八峰キレット小屋09:2110:20口沢のコル10:3611:00北尾根ノ頭11:2813:15五竜岳13:5514:43五竜山荘
3日目
山行
4時間14分
休憩
1時間20分
合計
5時間34分
五竜山荘03:4803:52遠見尾根分岐03:5303:55白岳04:43大黒岳04:4406:03牛首06:07唐松岳頂上山荘06:5207:26丸山07:2707:37扇雪渓07:3908:18八方池08:4608:54第三ケルン08:5509:00八方ケルン09:04第2ケルン09:21八方池山荘09:2209:22ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山口〜種池山荘  整備されています。標識多数。一部、狭いトラバースあり。
種池山荘〜冷池山荘 危険個所は特にありません。
冷池山荘〜鹿島槍北峰 危険個所は特にありません。
鹿島槍北峰〜キレット小屋 キレット小屋近くまで下ると、「これよりキレッ
             ト」の標識あり。鎖、梯子があり、本格的なキレット
             が始まる。鹿島槍北峰よりヘルメット着用、ストック
             は仕舞う。
キレット小屋〜五竜岳   G5、G4の岩稜ゾーンあり。鎖、梯子が多数。
             3点確保すれば特に危険個所はなし。ナイフリッジ的
             な個所もなかったと記憶。
             ザレた九十九折りあり、靴が滑って登りにくかった。
五竜岳〜五竜山荘     山頂直下に岩場(鎖等あり)あり、通過要注意。
五竜山荘〜唐松岳頂上山荘 牛首(岩稜ゾーン)は3点確保で慎重に。ストックは
             しまった方がベター。
唐松岳頂上山荘〜八方池  危険個所はなし。
リフト、ゴンドラ     乗車中は揺らしたり、騒いだりしないこと。(笑)       
         
過去天気図(気象庁) 2019年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ストック カメラ 無線機 水4L 着替え。

写真

5:00出発予定が睡魔に勝てず、30分遅れのスタートに。
平日ながら車多し。
2019年09月13日 05:28撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5:00出発予定が睡魔に勝てず、30分遅れのスタートに。
平日ながら車多し。
爺ヶ岳登山口から、まずは種池山荘を目指します。
2019年09月13日 05:29撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳登山口から、まずは種池山荘を目指します。
登山計画書を記入する山トモ。
読める字で書いてくだいよ!
2019年09月13日 05:35撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山計画書を記入する山トモ。
読める字で書いてくだいよ!
1
種池山荘までの間に崩落気味のトラバースあり。
通過時注意の看板あり。
2019年09月13日 06:40撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘までの間に崩落気味のトラバースあり。
通過時注意の看板あり。
随所に地点を示す黄色の看板あり。
2019年09月13日 06:43撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
随所に地点を示す黄色の看板あり。
一枚岩。(どれが一枚岩か分からなかった)
2019年09月13日 07:20撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一枚岩。(どれが一枚岩か分からなかった)
石畳の道。歩きやすいが雨の日は慎重に。
2019年09月13日 07:50撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石畳の道。歩きやすいが雨の日は慎重に。
包優岬。
2019年09月13日 08:02撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
包優岬。
石ベンチ。
2019年09月13日 08:07撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石ベンチ。
がラ場通過時の注意事項。
2019年09月13日 08:21撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
がラ場通過時の注意事項。
種池山荘が見えてきた!!
2019年09月13日 08:51撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘が見えてきた!!
種池山荘からの眺望〜その1
遠くに富士山が雲の間から頭を出している。左は八ヶ岳。
2019年09月13日 09:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘からの眺望〜その1
遠くに富士山が雲の間から頭を出している。左は八ヶ岳。
種池山荘からの眺望〜その1
遠くに富士山が雲の間から頭を出している。左は八ヶ岳。
2019年09月13日 09:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種池山荘からの眺望〜その1
遠くに富士山が雲の間から頭を出している。左は八ヶ岳。
1
10時からピザ(1枚1,000円)を焼き始めるとのことで、10時までの1時間をジッと我慢の子で待つ。
誘惑に勝てず、生ビール(900円)にも手を出してしまう。
2019年09月13日 10:09撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
10時からピザ(1枚1,000円)を焼き始めるとのことで、10時までの1時間をジッと我慢の子で待つ。
誘惑に勝てず、生ビール(900円)にも手を出してしまう。
1
腹もふくれていい感じなった所で爺ヶ岳南峰を目指す。
2019年09月13日 10:38撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
腹もふくれていい感じなった所で爺ヶ岳南峰を目指す。
1
左に目をやると厳つい劔岳が。
2019年09月13日 10:42撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に目をやると厳つい劔岳が。
1
左に目をやると厳つい劔岳が。
2019年09月13日 10:42撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左に目をやると厳つい劔岳が。
1
劔岳のアップ。
2019年09月13日 10:42撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳のアップ。
1
しつこく、鹿島槍もアップでもう1枚。
2019年09月13日 10:43撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく、鹿島槍もアップでもう1枚。
1
しつこく、鹿島槍もアップでもう1枚。
2019年09月13日 10:44撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しつこく、鹿島槍もアップでもう1枚。
1
来た道を振り返り、1枚。
種池山荘のオレンジの屋根が映える。
2019年09月13日 10:46撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
来た道を振り返り、1枚。
種池山荘のオレンジの屋根が映える。
2
遠くに槍の穂先と奥穂高。
2019年09月13日 11:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに槍の穂先と奥穂高。
アップで。
2019年09月13日 11:02撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
1
爺ヶ岳南峰到着。バックは劔岳。
2019年09月13日 11:24撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳南峰到着。バックは劔岳。
2
爺ヶ岳南峰からの鹿島槍。
今日の宿、冷池山荘も見えた。
2019年09月13日 11:31撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
爺ヶ岳南峰からの鹿島槍。
今日の宿、冷池山荘も見えた。
2
続いて爺ヶ岳中峰に到着。
2019年09月13日 12:03撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて爺ヶ岳中峰に到着。
1
続いて爺ヶ岳中峰に到着。
2019年09月13日 12:04撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
続いて爺ヶ岳中峰に到着。
2
劔岳とガス (笑)
2019年09月13日 12:56撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳とガス (笑)
冷池山荘の夕ご飯。品数多し。
山トモ1名は高山病でダウンし、ご馳走食べられず。
今夜は一人に布団一枚。天国である。
2019年09月13日 17:03撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冷池山荘の夕ご飯。品数多し。
山トモ1名は高山病でダウンし、ご馳走食べられず。
今夜は一人に布団一枚。天国である。
1
今夜満月。
2019年09月13日 18:20撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今夜満月。
1
登山二日目の朝。
早出のため、朝食を弁当(チラシ寿司)に変更してもらう。
出発前に自炊室で平らげる。
2019年09月14日 03:53撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山二日目の朝。
早出のため、朝食を弁当(チラシ寿司)に変更してもらう。
出発前に自炊室で平らげる。
1
5時前から東の空が焼けだしてきた。
今日も天気は上々の様である。\(^o^)/
2019年09月14日 04:49撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5時前から東の空が焼けだしてきた。
今日も天気は上々の様である。\(^o^)/
2
八ヶ岳?と富士山。
2019年09月14日 05:22撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳?と富士山。
2
朝の劔岳。
2019年09月14日 05:23撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝の劔岳。
2
八ヶ岳、富士山、南アルプス。
2019年09月14日 05:28撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳、富士山、南アルプス。
1
何を写したのか覚えていない (-_-;)
多分、立山方向。
2019年09月14日 05:29撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何を写したのか覚えていない (-_-;)
多分、立山方向。
1
鹿島槍手前の布引山に到着。
2019年09月14日 05:45撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍手前の布引山に到着。
朝陽に照らされた劔岳。
2019年09月14日 05:47撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝陽に照らされた劔岳。
鹿島槍(南峰)に到着。
2019年09月14日 06:31撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍(南峰)に到着。
1
鹿島槍(南峰)からの槍穂。
2019年09月14日 06:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍(南峰)からの槍穂。
1
登ってきた稜線。
光と影のコントラストが良いですねぇ。(^^♪
2019年09月14日 06:35撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登ってきた稜線。
光と影のコントラストが良いですねぇ。(^^♪
2
これから辿る稜線。
2019年09月14日 06:45撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから辿る稜線。
1
遠くに滝雲の様な雲が。
2019年09月14日 06:49撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くに滝雲の様な雲が。
1
鹿島槍北峰。
2019年09月14日 06:53撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰。
2
鹿島槍北峰を登頂後、キレット小屋に向けて、さあ下山。
ここからがいよいよ本日の正念場。
2019年09月14日 07:27撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿島槍北峰を登頂後、キレット小屋に向けて、さあ下山。
ここからがいよいよ本日の正念場。
1
キレット小屋に物資を輸送するヘリを発見!!
2019年09月14日 07:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋に物資を輸送するヘリを発見!!
1
キレット小屋とヘリが真下に。
小屋までどんな急斜面を下るんだ?

2019年09月14日 07:36撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋とヘリが真下に。
小屋までどんな急斜面を下るんだ?

五竜岳までの稜線。
2019年09月14日 08:00撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳までの稜線。
1
キレット小屋直前の所に「ここがキレット。バランスとって慎重に」の案内が。ここに至るまでも十分キレットだったのに(笑)
2019年09月14日 08:51撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋直前の所に「ここがキレット。バランスとって慎重に」の案内が。ここに至るまでも十分キレットだったのに(笑)
1
狭いトラバース。
でも、鎖があるので大丈夫。(^.^)
2019年09月14日 09:00撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
狭いトラバース。
でも、鎖があるので大丈夫。(^.^)
1
キレット小屋を上から。
よくぞ、こんな狭い所に建てたものだに・・・
2019年09月14日 09:02撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋を上から。
よくぞ、こんな狭い所に建てたものだに・・・
2
キレット小屋で小休止のあと、口ノ沢のコルで小休止。
(もう少し先の「北尾根の頭」の方が見晴らしもよく、休憩するにはうってつけだったかも)
2019年09月14日 10:21撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋で小休止のあと、口ノ沢のコルで小休止。
(もう少し先の「北尾根の頭」の方が見晴らしもよく、休憩するにはうってつけだったかも)
ということで、北尾根の頭でも更に休憩。
2019年09月14日 11:02撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ということで、北尾根の頭でも更に休憩。
1
この先、G5、G4の難所が待ち構えているらしい・・・
緊張は続く・・・
2019年09月14日 12:15撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この先、G5、G4の難所が待ち構えているらしい・・・
緊張は続く・・・
1
無我夢中で登っている内に無事五竜岳に到着。\(^o^)/
見ての通り、最高のお天気です。
2019年09月14日 13:13撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無我夢中で登っている内に無事五竜岳に到着。\(^o^)/
見ての通り、最高のお天気です。
2
白馬山、白馬鑓ヶ岳も素敵です。
2019年09月14日 13:33撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬山、白馬鑓ヶ岳も素敵です。
2
劔岳はどこから見ても男前です。
2019年09月14日 13:34撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔岳はどこから見ても男前です。
2
五竜岳山頂からの五竜山荘方向。
長野県側にガスが発生。
2019年09月14日 13:35撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳山頂からの五竜山荘方向。
長野県側にガスが発生。
2
五竜岳山頂からの鹿島槍方向。
2019年09月14日 13:52撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳山頂からの鹿島槍方向。
1
五竜岳山頂を十分堪能したので五竜山荘に向かいます。
2019年09月14日 13:58撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜岳山頂を十分堪能したので五竜山荘に向かいます。
五竜山荘前。
事前の情報通り、3連休&好天もあってか超激混みです。
小屋から人が溢れ出している。寝るスペースはあるのだろうか。😟
2019年09月14日 14:44撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五竜山荘前。
事前の情報通り、3連休&好天もあってか超激混みです。
小屋から人が溢れ出している。寝るスペースはあるのだろうか。😟
1
テン場もギッシリ。
スコップ(ショベル?)で斜面を整地してスペースを作っている人も。
(テン場をあぶれた多くの人はこの夜、山小屋内の玄関、廊下、自炊室などありとあらゆるところに緊急避難し、一夜を過ごしていました。お気の毒でした)
2019年09月14日 15:15撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場もギッシリ。
スコップ(ショベル?)で斜面を整地してスペースを作っている人も。
(テン場をあぶれた多くの人はこの夜、山小屋内の玄関、廊下、自炊室などありとあらゆるところに緊急避難し、一夜を過ごしていました。お気の毒でした)
2
5回目の食事タイムでようやく、晩飯にありつけた。
メニューはご存知、スコッチエッグ入りカレー。(カレーライスと味噌汁はお代わり自由)
2019年09月14日 19:24撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
5回目の食事タイムでようやく、晩飯にありつけた。
メニューはご存知、スコッチエッグ入りカレー。(カレーライスと味噌汁はお代わり自由)
1
登山3日目。
前夜は2人に布団1枚。あまりに窮屈なので、ほとんど眠れず
2時位には寝床を抜け出し、外をブラブラ。
4時前には唐松岳に向かって出発した。写真は牛首手前の岩場予告。ストックをここで仕舞う。
2019年09月15日 05:15撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山3日目。
前夜は2人に布団1枚。あまりに窮屈なので、ほとんど眠れず
2時位には寝床を抜け出し、外をブラブラ。
4時前には唐松岳に向かって出発した。写真は牛首手前の岩場予告。ストックをここで仕舞う。
1
唐松岳頂上山荘。
2019年09月15日 06:06撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳頂上山荘。
1
唐松岳。
(今回は先を急ぐのでスルー)
2019年09月15日 06:16撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松岳。
(今回は先を急ぐのでスルー)
今日の白馬岳、白馬鑓ヶ岳。
2019年09月15日 06:53撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日の白馬岳、白馬鑓ヶ岳。
1
アップで。
2019年09月15日 06:54撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アップで。
三大キレットの一つ、不帰ノ嶮(かえらずのけん)。
名前が怖すぎ!
2019年09月15日 06:56撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三大キレットの一つ、不帰ノ嶮(かえらずのけん)。
名前が怖すぎ!
1
ケルン。
2019年09月15日 07:24撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルン。
1
白馬三山(隠れて隠れて見えなかった杓子岳も顔を出す)
右から順に白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。
2019年09月15日 07:25撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬三山(隠れて隠れて見えなかった杓子岳も顔を出す)
右から順に白馬岳、杓子岳、白馬鑓ヶ岳。
2
眼下に八方池。
2019年09月15日 08:09撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
眼下に八方池。
2
絵になります。
2019年09月15日 08:17撮影 by Canon PowerShot G3 X, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
絵になります。
2
白馬岳の真似をする、アラ還オヤジ。
(よく見るとヘルメットが右に傾いている!)
2019年09月15日 08:21撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白馬岳の真似をする、アラ還オヤジ。
(よく見るとヘルメットが右に傾いている!)
2
登山客、観光客で池周辺は大混雑。
2019年09月15日 08:31撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山客、観光客で池周辺は大混雑。
1
【おまけ】
下山後、大糸線の車内で五竜山荘が用意してくれた弁当を食らう。エビフライと塩鮭。
運動後の体に塩味の効いた飯は格別です。
2019年09月15日 10:26撮影 by SO-04H, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【おまけ】
下山後、大糸線の車内で五竜山荘が用意してくれた弁当を食らう。エビフライと塩鮭。
運動後の体に塩味の効いた飯は格別です。
1

感想/記録

昨年10月、八方池山荘から唐松岳経由五竜岳を目指し、五竜山荘まで辿り着いたものの、折からの日本海を通過する台風の影響で山荘から山頂部は暴風が吹き荒れ、やむなく登頂を断念しました。今回はリベンジを兼ねて五竜岳に加え、鹿島槍も一挙に登る欲張りプランに変更し、山トモ2名と挑みました。幸い、3日間とも最高の天候に恵まれ、気温もさほどあがらなかったので、熱中症になることもなく、鹿島槍、五竜の2座に登頂することができました。今年は間ノ岳、白馬岳、塩見岳、飯豊山、大朝日岳ともに良い天気に恵まれ、山の神様に大感謝です。今後とも、よしなにお願いします。(おわり)
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:437人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ