また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 2022771 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

奥穂〜ジャンダルム〜西穂 新穂高より周回

日程 2019年09月14日(土) 〜 2019年09月15日(日)
メンバー
天候快晴 絶好の登山日和
アクセス
利用交通機関
車・バイク
連休の好天で大混雑 何とか最奥の鍋平駐車場P11へ入庫 
 
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間8分
休憩
0分
合計
7時間8分
S鍋平高原P1106:5614:04穂高岳山荘
2日目
山行
6時間22分
休憩
4時間21分
合計
10時間43分
穂高岳山荘05:0505:05穂高岳山荘05:1505:51穂高岳06:0606:26馬の背06:4206:51ロバの耳06:5807:03ジャンダルム07:5308:59天狗のコル09:1609:22天狗岩09:4810:01逆層スラブ10:1410:29間ノ岳10:4411:00赤岩岳11:2011:38P111:4711:52西穂高岳12:0712:31チャンピオンピーク4峰12:3912:50ピラミッドピーク12:5613:14西穂独標13:1513:45西穂丸山13:58西穂山荘14:3015:02旧ボッカ道分岐15:0315:27西穂高口(千石平)15:48ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ロバの耳 トラバース後の鎖なし垂直気味の登りが核心部 逆コースはかなり怖そう
馬の背 YouTubeで見るほど高度感はなし 信州側の斜度が緩いのでそっちを見て下りました
天狗の頭から落石に気をつかう 自分で発生させないようにと前後の人の落石に注意 ガリーの下りで後続者の小石が腕にヒットしました。
縦走中ラクの叫び声と落石音を幾度と聞きました
快晴の条件下では〇印と踏み跡を見ればミスコースはほぼなかったです
その他周辺情報穂高岳山荘 当日700人!泊まったとの事です。布団2人で1つ 夕食7回 朝の大きいトイレ行列

立ち寄り湯 ホテル本陣

写真

西の空 満月と笠
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西の空 満月と笠
雲海に影奥穂!
2019年09月15日 05:38撮影 by X013D, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に影奥穂!
要塞にも日が当たります
西からの微風 行けそう 
2019年09月15日 05:44撮影 by X013D, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
要塞にも日が当たります
西からの微風 行けそう 
奥穂 頭上は雲一つなし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
奥穂 頭上は雲一つなし
1
前後縦走者が連なります 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前後縦走者が連なります 
1
ついに天使様に会えました 撮影は行列待ちでした
2019年09月15日 07:19撮影 by X013D, ASUS
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ついに天使様に会えました 撮影は行列待ちでした
2
ジャンは混雑のため皆 南のテラス状で休憩
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジャンは混雑のため皆 南のテラス状で休憩
天狗の頭 登り返し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭 登り返し
天狗の頭よりジャンダルムを振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗の頭よりジャンダルムを振り返る
下り ガレガレで落石に気をつかう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下り ガレガレで落石に気をつかう
逆層スラブ 結構斜度あり 鎖あり乾いていれば問題なし
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆層スラブ 結構斜度あり 鎖あり乾いていれば問題なし
1
縦走路を振り返る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縦走路を振り返る
西穂から独標までも地味にキツイ
逆コースの方々多数 タフですねー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西穂から独標までも地味にキツイ
逆コースの方々多数 タフですねー
いずれは晴天下で西→奥縦走して山荘で祝杯をあげたいですね。 
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いずれは晴天下で西→奥縦走して山荘で祝杯をあげたいですね。 

感想/記録

国内登山道の最難関コース。8月24日強風とガスガスであきらめたリベンジです。しかし連休のしかも好天でこんなにいるんかぁと思うほど縦走者多数。穂高岳山荘宿泊者の数割は同コースだと思います。より難易度の高い逆コースの縦走者も50人はすれ違ったかもしれません。オバ様おねえさんも多数。
あくまでも好天を条件としたら吊り尾根にアップダウンと距離が増えた様な難易度だと思います。しかしひとたび風と雨になれば難易度は激増すると思います。岩が濡れてたらロバの耳は無理だと思いました。
今回最高の天候の下で縦走できました。良い山行でした
訪問者数:231人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ