また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2033672 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

黒部五郎岳(水晶小屋〜新穂高温泉)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2019年08月11日(日) 〜 2019年08月12日(月)
メンバー
 ma-ttun(記録)
天候
アクセス
利用交通機関
車・バイク、 ケーブルカー等

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち82%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
3時間15分
休憩
1時間20分
合計
4時間35分
S水晶小屋08:2508:49ワリモ北分岐08:55岩苔乗越09:31黒部川水源地標10:01三俣山荘11:1512:06三俣蓮華岳巻道分岐12:0712:53黒部五郎小舎12:5813:00宿泊地
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所、特に無し
その他周辺情報平湯の森 500円
過去天気図(気象庁) 2019年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ タイツ ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 着替え ザック ザックカバー サブザック 行動食 地図(地形図) コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 携帯 時計 サングラス タオル ストック ナイフ カメラ

写真

三俣山荘〜黒部五郎小舎の巻道
小さい雪渓を越えました
2019年08月11日 11:51撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘〜黒部五郎小舎の巻道
小さい雪渓を越えました
黒部五郎岳が見えてきました
2019年08月11日 12:26撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎岳が見えてきました
振り返って、鷲羽、ワリモ、水晶
2019年08月11日 12:34撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って、鷲羽、ワリモ、水晶
ハクサンイチゲ
2019年08月11日 12:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハクサンイチゲ
黒部五郎小舎まで長い下りがつづきます。チングルマに和みます。
2019年08月11日 12:39撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎まで長い下りがつづきます。チングルマに和みます。
黒部五郎小舎に着きました。今日は2つのふとんで3人の込み具合とのこと。
2019年08月11日 13:02撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎に着きました。今日は2つのふとんで3人の込み具合とのこと。
小舎でビール(1000円)。キンキンに冷えてます(昨日の缶ビールはぬるめだったので、これはうれしい。)
2019年08月11日 13:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小舎でビール(1000円)。キンキンに冷えてます(昨日の缶ビールはぬるめだったので、これはうれしい。)
山頂で日の出が、、
2019年08月12日 04:56撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂で日の出が、、
笠が岳方面
2019年08月12日 05:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笠が岳方面
北ノ俣岳を経由するルート
Y部員、I隊長は次回このルートで来る?なかなかよさそうです。
2019年08月12日 05:21撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
北ノ俣岳を経由するルート
Y部員、I隊長は次回このルートで来る?なかなかよさそうです。
黒部五郎小舎に戻ってきました
2019年08月12日 06:24撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒部五郎小舎に戻ってきました
三俣蓮華で槍を眺めながらの朝弁当
2019年08月12日 08:06撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣蓮華で槍を眺めながらの朝弁当
中道コースで双六小屋まで行きました
2019年08月12日 08:58撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中道コースで双六小屋まで行きました
鏡平山荘でかき氷(ブルーハワイ)を食べて一休みです
2019年08月12日 11:13撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鏡平山荘でかき氷(ブルーハワイ)を食べて一休みです

感想/記録

お盆休み前半、Y部員、I隊長と鷲羽・水晶を縦走(記録ID:1969322)、途中、水晶小屋から別行動して黒部五郎岳に行きました。

【水晶小屋〜黒部源流〜三俣山荘】
水晶小屋でY部員、I隊長とお別れ。お盆明けに、また会いましょう!
ワリモ分岐から鷲羽を巻いて三俣山荘に向かいます。風がなく暑い中、途中の沢で休憩することもなく、もくもくと歩いて三俣山荘に到着。
三俣山荘2階の食堂でボロネーゼ風?スパゲッティー+食後のコーヒーで一息。窓から槍の姿を見ながら小一時間のんびりしました。

【三俣山荘〜黒部五郎小舎】
三俣山荘を出たところで、結局、Y部員、I隊長とばったり再会、再度別れのあいさつをして巻道で黒部五郎小屋をめざします。
黒部五郎小舎まで長い下りがつづきますが、黒部五郎岳がよく見え、花も咲いていて心が和みます(帰りの登りはきつかったですが)。
黒部五郎小舎に着いたら早速ビールを飲んで、昼寝。翌日の登頂に備えて英気を養いました。

【黒部五郎岳】
翌朝3時、コソコソ出発。まだ皆さん寝ています。私より先行したのは2〜3名?
真っ暗な中ヘッドライトの明かりを頼りに黒部五郎岳に向かって進みますが、視野がやけに狭いような、、、
どうやら電池が切れかかって照度が弱くなっているようです。
しかも、やっちまった、予備電池は小舎に置いてきたよ。
電池切れにビクビクしながら、爆走。なんとか夜明けまでもってくれました。
(教訓:サブザックに予備電池は入れておく)
黒部五郎岳山頂に着いてしばらくすると朝日が昇ってきました。
クリームパンを食べながら、五郎カールが明るくなっていくのをしばらく眺めて堪能しました。

【帰り道】
三俣蓮華から双六小屋は中道コース通りました。人が少なくて快適な道でした。

終始晴天にめぐまれ、大満足の3日間でした。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:88人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ