また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2206487 全員に公開 ハイキング奥多摩・高尾

雲取山

日程 2020年02月04日(火) [日帰り]
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
丹波村村営駐車場(小袖乗越)駐車
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち50%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間48分
休憩
38分
合計
7時間26分
S丹波山村村営駐車場06:2606:29小袖緑道あがり07:48堂所08:38七ツ石小屋08:4208:55七ツ石山の水場08:5609:21ブナ坂09:54奥多摩小屋10:03ヨモギノ頭10:24小雲取山10:2810:49雲取山11:0711:24小雲取山12:18七ツ石山12:2312:35七ツ石小屋12:4113:08堂所13:49小袖緑道あがり13:52丹波山村村営駐車場G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
七ツ石山から雪が所々出てきました

写真

初めて来た丹波山村村営駐車場からスタートです
2020年02月04日 06:22撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
初めて来た丹波山村村営駐車場からスタートです
1
丹波山村HP参照地図
奥多摩方面から駐車場に行く場合、この地図のWC側から回り込まないと加茂神社脇から入る林道が鋭角で曲がれません(*_*)
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹波山村HP参照地図
奥多摩方面から駐車場に行く場合、この地図のWC側から回り込まないと加茂神社脇から入る林道が鋭角で曲がれません(*_*)
2
駐車場から林道を登っていくと、レコでよく見る登山道の目印がありました。
2020年02月04日 06:27撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場から林道を登っていくと、レコでよく見る登山道の目印がありました。
廃屋の横を通ります。かつて(40年近く前の高校生の頃)は人が住んでおり登山道に一番近い家の前は、静かに歩いた記憶があります。
2020年02月04日 06:41撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋の横を通ります。かつて(40年近く前の高校生の頃)は人が住んでおり登山道に一番近い家の前は、静かに歩いた記憶があります。
暖冬なのでしょう、厳冬期なのに水が流れています。
2020年02月04日 07:26撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暖冬なのでしょう、厳冬期なのに水が流れています。
このコースはいたるところに「平将門迷走ルート」との立派な案内板があります。それに比べ登山標識が少ない気が・・・
2020年02月04日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースはいたるところに「平将門迷走ルート」との立派な案内板があります。それに比べ登山標識が少ない気が・・・
石尾根まだまだ先ですね・・・
2020年02月04日 07:27撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石尾根まだまだ先ですね・・・
雲取山荘の主人新井信太郎さんの著書「雲取山に生きる」によると昭和30年代までこの堂所の広場では七ツ石神社のお祭りで賭博が行われ賑わっていたらしい。
2020年02月04日 07:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山荘の主人新井信太郎さんの著書「雲取山に生きる」によると昭和30年代までこの堂所の広場では七ツ石神社のお祭りで賭博が行われ賑わっていたらしい。
登り工程1/3の地点らしい・・・
2020年02月04日 08:05撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り工程1/3の地点らしい・・・
おっ・・後方に富士山
2020年02月04日 08:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おっ・・後方に富士山
2
大樺ノ頭へ伸びる楢ノ木尾根の上に悠然と構えています
2020年02月04日 08:25撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大樺ノ頭へ伸びる楢ノ木尾根の上に悠然と構えています
7
「この先分岐多し」か・・・
確かに間違えました。
2020年02月04日 08:31撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
「この先分岐多し」か・・・
確かに間違えました。
七ツ石小屋
2020年02月04日 08:42撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋
ここで朝食
2020年02月04日 08:44撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで朝食
小屋の先に水場があります。
この標識に→七ツ石山と書いてありますが←雲取山に進んでしまいました。
2020年02月04日 08:54撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋の先に水場があります。
この標識に→七ツ石山と書いてありますが←雲取山に進んでしまいました。
どうやら七ツ石山の巻道らしい。七ツ石山は帰路に登ろう・・・・
2020年02月04日 09:11撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どうやら七ツ石山の巻道らしい。七ツ石山は帰路に登ろう・・・・
左手に南アルプスが見えます
仙丈岳〜甲斐駒 
2020年02月04日 09:08撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に南アルプスが見えます
仙丈岳〜甲斐駒 
5
台風の痕跡でしょうか、まさに根こそぎ倒れています
2020年02月04日 09:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
台風の痕跡でしょうか、まさに根こそぎ倒れています
ブナ坂
ここで七ツ石山の縦走路と合流
2020年02月04日 09:21撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブナ坂
ここで七ツ石山の縦走路と合流
左手に南アルプスがよく見えます
2020年02月04日 09:35撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
左手に南アルプスがよく見えます
1
農鳥岳〜間ノ岳〜北岳
2020年02月04日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
農鳥岳〜間ノ岳〜北岳
4
聖岳〜赤石岳〜悪沢岳
2020年02月04日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
聖岳〜赤石岳〜悪沢岳
1
赤石岳〜悪沢岳は立派ですね
2020年02月04日 09:29撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤石岳〜悪沢岳は立派ですね
3
飛龍山・三ツ山が近づいてきます
2020年02月04日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛龍山・三ツ山が近づいてきます
2
ヘリポートから山頂が見えてきました
2020年02月04日 09:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヘリポートから山頂が見えてきました
昨年閉鎖された町営奥多摩小屋 ロケーションもよく再建されればビジネスとしても成り立ったのではないでしょうか
2020年02月04日 09:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨年閉鎖された町営奥多摩小屋 ロケーションもよく再建されればビジネスとしても成り立ったのではないでしょうか
1
大菩薩連山 
富士山が隠れてしまいました
2020年02月04日 09:53撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大菩薩連山 
富士山が隠れてしまいました
1
唐松沿いに伸びる小雲取への気持のよい稜線 
2020年02月04日 10:19撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
唐松沿いに伸びる小雲取への気持のよい稜線 
1
富田新道との分岐
2020年02月04日 10:26撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富田新道との分岐
国師、甲武信の奥秩父の山並み
2020年02月04日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国師、甲武信の奥秩父の山並み
1
木賤・甲武信・三宝
2020年02月04日 10:28撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木賤・甲武信・三宝
1
避難小屋がある山頂はもうすぐ
2020年02月04日 10:38撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋がある山頂はもうすぐ
山頂 到着
駐車場から4時間半かかりました
2020年02月04日 10:50撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂 到着
駐車場から4時間半かかりました
4
いつもは賑やかな雲取山山頂を独り占め
2020年02月04日 10:47撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつもは賑やかな雲取山山頂を独り占め
2
明治十五年と刻まれた三角点
2020年02月04日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明治十五年と刻まれた三角点
360度の展望盤がある
2020年02月04日 10:48撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
360度の展望盤がある
1
赤岳も見えるの?
2020年02月04日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳も見えるの?
確かにちょこっと見えますね
2020年02月04日 10:52撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
確かにちょこっと見えますね
3
木々が生い茂ると見えない浅間山方面も見えます
2020年02月04日 10:53撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々が生い茂ると見えない浅間山方面も見えます
1
避難小屋を覗いてみます。
日差しで明るいこぎれいな小屋です。
2020年02月04日 11:00撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
避難小屋を覗いてみます。
日差しで明るいこぎれいな小屋です。
この時期では暖かい零度
2020年02月04日 10:59撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この時期では暖かい零度
登りは滑り止め無しで来たが、帰路はチェーンアイゼンで下ります
2020年02月04日 11:10撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りは滑り止め無しで来たが、帰路はチェーンアイゼンで下ります
雲取山を振り返る。
この辺りの眺望の良い稜線がこのコースのクライマックスではないでしょうか・・・
2020年02月04日 11:18撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲取山を振り返る。
この辺りの眺望の良い稜線がこのコースのクライマックスではないでしょうか・・・
2
右手に鹿の群れ
2020年02月04日 11:55撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
右手に鹿の群れ
まるで放牧されているように草を食べている
雪が無い南斜面は鹿たちの餌場なんですね
2020年02月04日 11:56撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで放牧されているように草を食べている
雪が無い南斜面は鹿たちの餌場なんですね
3
帰路は巻かずに七ツ石山を登ります
2020年02月04日 12:01撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路は巻かずに七ツ石山を登ります
七ツ石山山頂
2020年02月04日 12:17撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山山頂
1
七ツ石山南側にある七ツ石神社の社殿
再建されたのでしょうか、新しいみたいです。
2020年02月04日 12:24撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石山南側にある七ツ石神社の社殿
再建されたのでしょうか、新しいみたいです。
鷹ノ巣山方面が垣間見えます
2020年02月04日 12:27撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鷹ノ巣山方面が垣間見えます
登りで左巻道へ進んでしまった水場の分岐点。
ここに標識立っていれば良さそう・・・
2020年02月04日 12:32撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで左巻道へ進んでしまった水場の分岐点。
ここに標識立っていれば良さそう・・・
七ツ石小屋ベンチで軽く昼食
2020年02月04日 12:35撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
七ツ石小屋ベンチで軽く昼食
ここから下り1.5時間の標識
さてどのくらいで下れるでしょうか・・?
2020年02月04日 12:59撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから下り1.5時間の標識
さてどのくらいで下れるでしょうか・・?
惰性で下れるなだらかな帰路は楽です。
2020年02月04日 13:46撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
惰性で下れるなだらかな帰路は楽です。
駐車場到着
先ほどの標識1.5時間→50分で下れました
2020年02月04日 13:51撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駐車場到着
先ほどの標識1.5時間→50分で下れました
帰路、練馬の極楽湯に立ち寄りました
やっぱり登山の後の温泉は癒されますね
2020年02月04日 16:14撮影 by Canon PowerShot SX740 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰路、練馬の極楽湯に立ち寄りました
やっぱり登山の後の温泉は癒されますね

感想/記録

日帰り近場でそこそこな所ということで3年ぶりの雲取山をピックアップ。今年は雪が少ないときいていたが、防火帯の稜線も黒々地肌をさらしていた。厳冬期ながら、大半が夏道同様なグランドコンデションで珍しくコースタイムも短縮。過去5回の雲取山はすべて縦走宿泊だったが、小袖乗越の駐車場からのスタート、ピストンだと雲取山は日帰りで十分堪能できるコースになったのであろう・・・
訪問者数:538人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ