また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2234701 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 屋久島

ビューンと青森から屋久島 宮之浦岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年02月22日(土) ~ 2020年02月24日(月)
メンバー
天候2/22 小雨、曇り
2/23 晴れ
2/24 晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 飛行機
2/21 青森空港→羽田空港(泊)
2/22 羽田空港→鹿児島空港→屋久島空港
→(予約タクシー)Aコープ安房店(ショッピングセンターばんちゃん)経由、荒川登山口

2/24 荒川登山口(予約タクシー)→屋久島空港14:35→16:10大阪伊丹空港18:25→20:10青森空港
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち85%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
4時間41分
休憩
55分
合計
5時間36分
S荒川登山口11:2311:27トンネル11:2912:33小杉谷橋13:04楠川分れ14:10大株歩道入口14:2914:50ウィルソン株14:5616:25縄文杉16:5316:59高塚小屋
2日目
山行
6時間48分
休憩
1時間20分
合計
8時間8分
高塚小屋06:4407:48新高塚小屋07:5008:46坊主岩08:4809:19平石09:2710:19焼野三叉路10:2310:47宮之浦岳11:1511:27焼野三叉路12:17平石12:2612:55坊主岩13:36新高塚小屋14:0314:52高塚小屋
3日目
山行
3時間26分
休憩
47分
合計
4時間13分
高塚小屋06:0306:10縄文杉06:1107:13ウィルソン株07:3207:48大株歩道入口08:0408:55楠川分れ08:5609:20小杉谷橋09:2910:12トンネル10:1310:16荒川登山口G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
【コース状況】荒川登山口〜大株登山道入り口 トロッコ道です。ずっと木道
大株登山口入口〜高塚小屋 木道が多く設置された登山道です
高塚小屋〜宮之浦岳 残雪あり、岩の表面の凍結あり(何らかの滑り止め必要)
多少雪が深めの所もあり、膝上まで踏み抜いた跡もあったが(1〜2歩)そのような場所は限定的で、ワカンなどの装備は不要でした。
その他周辺情報【下山後の温泉】縄文の宿 まんてん 日帰り入浴 1600円
貸しタオル付、洗い用のタオルあり、洗顔料、シャンプー、コンディショナー、化粧水、ボディーローション、ヘアーローション、ヘアブラシ、ドライヤーあり
ヘアートニック、ヘアーリキッド、アフターシェーブローション、シェービングフォームはありましたが、髭剃り用のカミソリはありませんでした
http://www.arm-manten.co.jp/index.html
屋久島空港の目の前
過去天気図(気象庁) 2020年02月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 靴(スパイク長靴) ザック ヘッドランプ レインウェア・ザックカバー 水筒 地図・コンパス 行動食・非常食 防寒着 グローブ 帽子 タオル ゴミ袋 常備薬・非常用薬 マッチ ナイフ 日焼け止め 予備衣料 ストック 携帯電話 財布 ウェットティッシュ 時計 無線機 歯ブラシ ロールペーパー コンロ・食事道具・ガス(空港で調達可能) シュラフ シュラフマット ツェルト類
共同装備 GPS 食事(極食2回 パン食1回(2日目昼・「Aコープ」立ち寄りで) クイックパスタ1回分 インスタントラーメン用かやく インスタントラーメン2個;夜2昼2朝3 米2/3合×2+1/2合*1) 卵6個「Aコープ」 1日目昼:おにぎり弁当とおかず「Aコープ」)

Myアイテム  

shun-s 重量:9.41kg
komadori 重量:8.45kg

写真

荒川登山口にある
立派な休憩所内の掲示板
屋久島のアレコレが細かく掲示されています
色々と確認して行きましょう
2020年02月22日 11:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川登山口にある
立派な休憩所内の掲示板
屋久島のアレコレが細かく掲示されています
色々と確認して行きましょう
3
そんな休憩所にて最終準備
雨の日はありがたいです
2020年02月22日 11:22撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そんな休憩所にて最終準備
雨の日はありがたいです
1
心配していた雨も小降りになって
日が差してきました

さ〜、元気に行ってみましょう!
2020年02月22日 11:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
心配していた雨も小降りになって
日が差してきました

さ〜、元気に行ってみましょう!
5
トロッコの車庫
今でも使われているそうです
2020年02月22日 11:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコの車庫
今でも使われているそうです
1
男女別のトイレや休憩舎があり
向かいには10台くらいの駐車スペース
2020年02月22日 11:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
男女別のトイレや休憩舎があり
向かいには10台くらいの駐車スペース
1
荒川登山口
登山ポスト、記入用紙も準備されています
2020年02月22日 11:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
荒川登山口
登山ポスト、記入用紙も準備されています
1
では出発
しばら〜〜〜〜〜く
このレールの間をテクテク歩いて行きます
2020年02月22日 11:25撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では出発
しばら〜〜〜〜〜く
このレールの間をテクテク歩いて行きます
4
出発してスグの橋

足元は得意のスパイク長靴
今回も大活躍
2020年02月22日 11:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出発してスグの橋

足元は得意のスパイク長靴
今回も大活躍
2
最初はルンルル〜ン
2020年02月22日 11:35撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初はルンルル〜ン
1
ピンボケだけど椿
2020年02月22日 11:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ピンボケだけど椿
1
何だ?
椿の実?
2020年02月22日 11:47撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何だ?
椿の実?
1
お〜
屋久島っぽい!
2020年02月22日 11:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お〜
屋久島っぽい!
3
暑いので衣服調整
ついでにお昼ご飯
Aコープで仕入れた
おにぎり弁当
2020年02月22日 11:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いので衣服調整
ついでにお昼ご飯
Aコープで仕入れた
おにぎり弁当
2
♪線路は続くよ
 ど〜こまでも〜♪

ぽっぽー(k)
2020年02月22日 12:27撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
♪線路は続くよ
 ど〜こまでも〜♪

ぽっぽー(k)
3
橋の上でハイポーズ
2020年02月22日 12:28撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋の上でハイポーズ
2
実は結構高いので
ビビってる人
2020年02月22日 12:28撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実は結構高いので
ビビってる人
3
一段と立派なコノ橋を渡ると集落跡
2020年02月22日 12:33撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一段と立派なコノ橋を渡ると集落跡
2
高い
そして河原の岩がバカデカイ
これが流れるって、どういう水量になるんでしょうか、、
2020年02月22日 12:33撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高い
そして河原の岩がバカデカイ
これが流れるって、どういう水量になるんでしょうか、、
3
楠川分れの分岐
2020年02月22日 13:03撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楠川分れの分岐
1
本日の中間地点
長いなぁー
2020年02月22日 13:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の中間地点
長いなぁー
1
でも、遊歩道チックだから歩きやすい
2020年02月22日 13:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
でも、遊歩道チックだから歩きやすい
1
ザックはちょっと大きいけど
まだ大丈夫
2020年02月22日 13:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックはちょっと大きいけど
まだ大丈夫
2
立派な杉が目立ってきました
2020年02月22日 13:54撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
立派な杉が目立ってきました
3
あ、雪が残っている
一応冬ですからね
2020年02月22日 14:05撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、雪が残っている
一応冬ですからね
1
道の脇には立派な沢
木で見えないけど
たぶん大きな岩がゴーロゴロ
2020年02月22日 14:10撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道の脇には立派な沢
木で見えないけど
たぶん大きな岩がゴーロゴロ
1
トロッコ道はココで終わり
2020年02月22日 14:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ道はココで終わり
1
この階段を登ると登山道
2020年02月22日 14:11撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この階段を登ると登山道
2
その前に立派なトイレで用を足し
休憩後に再出発
2020年02月22日 14:26撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
その前に立派なトイレで用を足し
休憩後に再出発
2
凄い杉が目立ってきました
古い株に2世代目、3世代目の木が育ってます
2020年02月22日 14:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凄い杉が目立ってきました
古い株に2世代目、3世代目の木が育ってます
3
はぁー、凄いもんだねー

ふぇー、疲れてもきたぞー
2020年02月22日 14:38撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
はぁー、凄いもんだねー

ふぇー、疲れてもきたぞー
2
翁杉(枯死)
髭みたい
2020年02月22日 14:45撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翁杉(枯死)
髭みたい
4
おや、苔をベッドに花が咲いている
2020年02月22日 14:46撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おや、苔をベッドに花が咲いている
4
ウィルソン株、到着です
2020年02月22日 14:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウィルソン株、到着です
3
では、正面から
2020年02月22日 14:52撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
では、正面から
2
中に入って、、いいハート型を探す
2020年02月22日 14:53撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中に入って、、いいハート型を探す
5
お、これで芯か?
2020年02月22日 14:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、これで芯か?
4
うねうねした根っ子の間を道は続く
2020年02月22日 15:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
うねうねした根っ子の間を道は続く
1
木道も結構あって、助かる

けど辛い。。。。。
2020年02月22日 15:19撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木道も結構あって、助かる

けど辛い。。。。。
2
こうやって、距離を示して励ましてくれる

いや、私は滅入る。。。。。
2020年02月22日 15:23撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって、距離を示して励ましてくれる

いや、私は滅入る。。。。。
3
お休み処の立派な木道
夏はこれがいっぱいになる位の人が来るんでしょうね
2020年02月22日 15:40撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お休み処の立派な木道
夏はこれがいっぱいになる位の人が来るんでしょうね
1
大王杉、ドーンとして立派
王冠みたい
2020年02月22日 15:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大王杉、ドーンとして立派
王冠みたい
3
ちゃんと名だたる杉には看板がある
2020年02月22日 15:48撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちゃんと名だたる杉には看板がある
2
我が家の「大王」さま

へなちょこ大王ね('◇';ゞ
2020年02月22日 15:49撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が家の「大王」さま

へなちょこ大王ね('◇';ゞ
3
夫婦杉
手をつなぎあう大小の杉
2020年02月22日 15:53撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦杉
手をつなぎあう大小の杉
3
空に向かって競争
2020年02月22日 16:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
空に向かって競争
1
木の間を縫っていくので、アップダウンが続く
2020年02月22日 16:01撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木の間を縫っていくので、アップダウンが続く
1
足元に雪が出てきています
2020年02月22日 16:04撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足元に雪が出てきています
1
独特な表皮
てかりがすごい
2020年02月22日 16:04撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
独特な表皮
てかりがすごい
5
ここの潜りは、ザックのてっぺんが引っかかる

その結果、ドッと疲れも押し寄せる
2020年02月22日 16:07撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの潜りは、ザックのてっぺんが引っかかる

その結果、ドッと疲れも押し寄せる
2
ん?向こうに、山が見える
(翁岳だった)
2020年02月22日 16:09撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ん?向こうに、山が見える
(翁岳だった)
4
縄文杉到着です
これは北テラスから
2020年02月22日 16:29撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
縄文杉到着です
これは北テラスから
3
もう少しで小屋、久しぶりの荷物で疲れたね
水を汲まなきゃ
はぁ〜い
2020年02月22日 16:29撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう少しで小屋、久しぶりの荷物で疲れたね
水を汲まなきゃ
はぁ〜い
2
こうやって、今はテラスから少し離れて鑑賞するようになっています
2020年02月22日 16:29撮影 by TG-860 , OLYMPUS IMAGING CORP.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こうやって、今はテラスから少し離れて鑑賞するようになっています
3
これだけの年月経って、まだ茂る葉、、素晴らしい

来て良かったよ
2020年02月22日 16:37撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これだけの年月経って、まだ茂る葉、、素晴らしい

来て良かったよ
3
もうすぐ小屋です
2020年02月22日 16:38撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もうすぐ小屋です
高塚小屋到着
2020年02月22日 16:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高塚小屋到着
3
やっとのことで到着でした
2020年02月22日 16:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっとのことで到着でした
1
暗い、、
頑張って朝支度中
2020年02月23日 05:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗い、、
頑張って朝支度中
1
霧が凄かったので夜明けを待ち、出発です
2020年02月23日 06:39撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧が凄かったので夜明けを待ち、出発です
1
雪がここからいきなり出てくる感じ
2020年02月23日 06:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪がここからいきなり出てくる感じ
1
霧の中の登山道、杉の大木に囲まれて
2020年02月23日 07:02撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霧の中の登山道、杉の大木に囲まれて
2
で、やっぱり暑いので脱ぐ
2020年02月23日 07:02撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、やっぱり暑いので脱ぐ
2
登山道脇の木も凄い大木
2020年02月23日 07:31撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道脇の木も凄い大木
2
新高塚小屋到着
2020年02月23日 07:47撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新高塚小屋到着
3
杉の木に抱き着くシャクナゲ
2020年02月23日 07:52撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の木に抱き着くシャクナゲ
4
暑い、あつい
2020年02月23日 07:52撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑い、あつい
日が当たるようになったね
2020年02月23日 08:05撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が当たるようになったね
雲海の上に立って
2020年02月23日 08:06撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の上に立って
4
お日様、おはよう

青空も出てきたよ
2020年02月23日 08:07撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お日様、おはよう

青空も出てきたよ
1
木々の間から、目的地を望む
2020年02月23日 08:13撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木々の間から、目的地を望む
3
実はこの時、翁岳を宮之浦岳と勘違いしていた、、
2020年02月23日 08:16撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
実はこの時、翁岳を宮之浦岳と勘違いしていた、、
2
坊主岩
のっぺり岩だね
2020年02月23日 08:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主岩
のっぺり岩だね
3
永田岳見えた
2020年02月23日 08:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田岳見えた
3
中国の山水画のような、、
2020年02月23日 08:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中国の山水画のような、、
5
こんにちはー
ヤクシカさんです
2020年02月23日 08:48撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんにちはー
ヤクシカさんです
3
ひょっこりと
2020年02月23日 08:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひょっこりと
2
かわいいサイズでした
2020年02月23日 08:51撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいいサイズでした
3
あ、またいた
2020年02月23日 09:05撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あ、またいた
2
発信機つきの一頭
2020年02月23日 09:05撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
発信機つきの一頭
2
モグモグ、落ちた枝を食べてます
2020年02月23日 09:06撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モグモグ、落ちた枝を食べてます
3
ノンビリですね
2020年02月23日 09:06撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ノンビリですね
4
ここの水場は確認せず
2020年02月23日 09:08撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここの水場は確認せず
夏山の雰囲気、、、
2020年02月23日 09:11撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏山の雰囲気、、、
2
格好も夏山のよう、、
2020年02月23日 09:11撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
格好も夏山のよう、、
1
日差しも強い
2020年02月23日 09:14撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日差しも強い
1
見渡しても里は見えず
2020年02月23日 09:19撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見渡しても里は見えず
2
融けた水が岩の表面で凍る
2020年02月23日 09:19撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
融けた水が岩の表面で凍る
5
ここも木道しっかりでした
2020年02月23日 09:19撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここも木道しっかりでした
1
凍った氷の下を水が流れ、間の気泡がオタマジャクシのように踊って動く
2020年02月23日 09:22撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍った氷の下を水が流れ、間の気泡がオタマジャクシのように踊って動く
3
平石岩屋到着
岩の隙間が風よけになりそうでした
2020年02月23日 09:24撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平石岩屋到着
岩の隙間が風よけになりそうでした
2
笹がせり出すので、ストックは上へ〜
2020年02月23日 09:33撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
笹がせり出すので、ストックは上へ〜
2
種子島が見える
2020年02月23日 09:54撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種子島が見える
3
ちょっと休憩しました
風は有るけど、困るほどでない
2020年02月23日 09:55撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと休憩しました
風は有るけど、困るほどでない
2
永田岳への三差路
2020年02月23日 10:15撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田岳への三差路
1
永田岳方面を見つめる人

見てるだけ〜
2020年02月23日 10:15撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田岳方面を見つめる人

見てるだけ〜
2
一気に登って
最後はチョット正規ルート外れ
藪から飛び出す格好になって
いきなり山頂
2020年02月23日 10:51撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一気に登って
最後はチョット正規ルート外れ
藪から飛び出す格好になって
いきなり山頂
4
上部は笹の原
2020年02月23日 10:52撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
上部は笹の原
2
山頂標識と記念撮影
2020年02月23日 10:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂標識と記念撮影
7
三角点、ぴ

年季が入った三角点でした
2020年02月23日 10:54撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三角点、ぴ

年季が入った三角点でした
4
屋久島は海の上にいきなり山がある感じ
2020年02月23日 11:02撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
屋久島は海の上にいきなり山がある感じ
3
種子島はのっぺり、だねえ
2020年02月23日 11:02撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種子島はのっぺり、だねえ
3
写真、写真!
2020年02月23日 11:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真、写真!
1
種子島からロケット上がるの見えそうね
2020年02月23日 11:11撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種子島からロケット上がるの見えそうね
3
永田岳方面を望む
2020年02月23日 11:12撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
永田岳方面を望む
3
下がって、平石で昼食です
もぐっ
2020年02月23日 11:42撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下がって、平石で昼食です
もぐっ
2
まるっきり、夏の高山の様相、、、
2020年02月23日 11:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるっきり、夏の高山の様相、、、
2
種子島と屋久島のあいだに、、、?
2020年02月23日 11:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
種子島と屋久島のあいだに、、、?
3
おおきな船!
2020年02月23日 11:57撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おおきな船!
3
ここから杉がでてくるのですね
2020年02月23日 12:19撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから杉がでてくるのですね
1
坊主岩に戻って来ました
これ、登る人いそうだなあ、、
2020年02月23日 12:49撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
坊主岩に戻って来ました
これ、登る人いそうだなあ、、
3
えっちらー
登り返し
2020年02月23日 13:16撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
えっちらー
登り返し
1
ずんどこー
木道の下り
2020年02月23日 13:21撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ずんどこー
木道の下り
1
新高塚小屋到着!

しばし休憩して行きましょう
2020年02月23日 13:58撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新高塚小屋到着!

しばし休憩して行きましょう
1
雪のテラス
テント場ですね
2020年02月23日 13:59撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雪のテラス
テント場ですね
1
新高塚小屋内部
靴箱あるのね
2020年02月23日 14:00撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新高塚小屋内部
靴箱あるのね
3
で、高塚小屋に戻って来ました
こちらは、パイプ作りの小屋です
2020年02月23日 14:53撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
で、高塚小屋に戻って来ました
こちらは、パイプ作りの小屋です
2
最終日、今日は下山のみ
出発です
2020年02月24日 06:00撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最終日、今日は下山のみ
出発です
1
宮之浦岳さん、さようなら〜
2020年02月24日 06:35撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
宮之浦岳さん、さようなら〜
2
夫婦杉
なかよしでいましょうね
2020年02月24日 06:38撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夫婦杉
なかよしでいましょうね
2
ここが世界自然遺産の境
2020年02月24日 06:41撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここが世界自然遺産の境
1
大王杉に戻って来ました
2020年02月24日 06:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大王杉に戻って来ました
1
正面から
2020年02月24日 06:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
正面から
2
水場です
2020年02月24日 07:12撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場です
朝日と共に、ウィルソン株の撮影に再トライ!
2020年02月24日 07:15撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日と共に、ウィルソン株の撮影に再トライ!
2
トロッコ道に戻りました
2020年02月24日 07:46撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ道に戻りました
帰る方向はこちら
2020年02月24日 07:46撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰る方向はこちら
1
休憩していきます
2020年02月24日 07:49撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
休憩していきます
スイッチバック用
手掘り感がいい
2020年02月24日 08:14撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
スイッチバック用
手掘り感がいい
1
今日はしっかり開いていた椿
2020年02月24日 08:15撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日はしっかり開いていた椿
3
頑張って写真とるぞー
2020年02月24日 08:17撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
頑張って写真とるぞー
1
登りで気になりまくった
「高圧気中負荷開閉器盤」
トロッコに積んで運搬し
線路脇に設置したんでしょう
2020年02月24日 08:30撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りで気になりまくった
「高圧気中負荷開閉器盤」
トロッコに積んで運搬し
線路脇に設置したんでしょう
お、ここは
2020年02月24日 08:40撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お、ここは
そう、ここは、近道入口
(行きには気づかず、、、)
2020年02月24日 08:42撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そう、ここは、近道入口
(行きには気づかず、、、)
1
あっと言う間にショートカット!
2020年02月24日 08:42撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっと言う間にショートカット!
1
楠川分かれ 到着
2020年02月24日 08:54撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
楠川分かれ 到着
モフモフのコケ
2020年02月24日 08:59撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフのコケ
4
しだれて露をキャッチする
2020年02月24日 08:59撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しだれて露をキャッチする
3
第二世代 育成中!
2020年02月24日 09:00撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
第二世代 育成中!
4
勢い良い水場
足もじゃぶーっと
2020年02月24日 09:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
勢い良い水場
足もじゃぶーっと
1
東屋も、ベンチもある
2020年02月24日 09:20撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東屋も、ベンチもある
2
この大きな岩の河原も見納め
2020年02月24日 09:29撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この大きな岩の河原も見納め
2
こういう、高架が結構緊張する、、
2020年02月24日 09:45撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういう、高架が結構緊張する、、
1
シャワーブースへどうぞ
2020年02月24日 09:58撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
シャワーブースへどうぞ
ガサガサっと音がして、見渡せば、
ヤクシマザル!
2020年02月24日 09:59撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガサガサっと音がして、見渡せば、
ヤクシマザル!
2
トロッコ道に降りてきました
2020年02月24日 10:03撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トロッコ道に降りてきました
5
テクテクっと
2020年02月24日 10:05撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テクテクっと
3
写真に一所懸命
2020年02月24日 10:05撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真に一所懸命
いやあ、いい物みたね
2020年02月24日 10:05撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いやあ、いい物みたね
1
さ、行きましょう
(サルをおいかけてる)
2020年02月24日 10:06撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さ、行きましょう
(サルをおいかけてる)
1
朽ちたトロッコ
2020年02月24日 10:09撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朽ちたトロッコ
4
手掘り感ある隧道
2020年02月24日 10:10撮影 by DSC-RX100M7, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
手掘り感ある隧道
3
到着!
おつかれさまでした
2020年02月24日 10:15撮影 by RICOH WG-20, RICOH IMAGING COMPANY, LTD.
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!
おつかれさまでした
4
飛行機とハイビスカス
南の島っぽいよね

海の向こうに種子島も見えちゃう
2020年02月24日 13:40撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機とハイビスカス
南の島っぽいよね

海の向こうに種子島も見えちゃう
2
飛行機もハイビスカス
2020年02月24日 14:15撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
飛行機もハイビスカス
1
搭乗です
ありがとう屋久島!
2020年02月24日 14:16撮影 by SO-02J, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
搭乗です
ありがとう屋久島!
1

感想/記録
by shun-s

今回の百名山ピークハント遠征は、最南端の宮之浦岳。
今回も計画はコマに全てお任せで、私が準備したのは往復の航空券手配だけ。
まさか屋久島に行く事は無いと思っていたので、山の事はホボ予備知識無し。
知っていたのはとにかく山頂は遠い、世界遺産になっている、ハート形のウィルソン株と超有名な縄文杉がある、そのくらい。
コマが作ってくれた計画は4種類で、様々な事を考慮してくれている。いつもながらお見事な計画です。
最終的に決まったのは、どうせ行くなら縄文杉などの観光スポット込みで、泊り装備を背負ったピーク越えをせず、鈍った体に優しい?荒川登山口ピストンの山中2泊ルート。

今回も文明の利器をフルに使っての遠征で、金曜日の退勤後に最終便の飛行機に飛び乗り、羽田に移動して宿泊。
土曜日の早朝に空路で羽田から鹿児島へ、鹿児島でジャスト乗継便であっという間に南国の屋久島へ到着。
多少ドタバタとしつつも北緯40度49分、東経140度45分の北国青森から、北緯30度28分、東経130度51分の南国屋久島まで、緯度経度ともに約10度分の大移動完了である、素晴らしい!
屋久島空港で最終的な山行準備(ガス缶の購入、足元や服装の支度)をし、予約していたタクシーに乗り、登山口に向かう途中のスーパーに寄ってもらい、最終食材などの買い出しをしつつ荒川登山口まで移動。
下山後もお迎えのタクシーを一緒に御願いしていたので、着替えなどをまとめたスーツケースをタクシー会社の営業所に預かってもらえた。

こうして11時30分前に登山口を出発。
ウィルソン株の手前までは、トロッコの線路の間に敷かれた、遊歩道チックな敷板の上をユルユルと登って行く道が延々と続く。
敷板は濡れているが、スパイク長靴が効きホボ足元に気を使う事が無く、ノホホ〜ンと歩いていく事ができる。だが沢を渡る橋の上ではちょっと気を使った。
敷かれている板の厚みは約3cm程度で、おそらく屋久杉なのかな?
環境的に高温多湿と言う事もあるのだろうが、歩き慣れている分厚いヒバ材の木道と比べると、枕木の間に足を乗せると私の体重ではグニュっとたわむのがわかる。
踏み抜く事は無いかと思うが、一応橋の上では敷設ピッチが一定しない枕木の上を選んで渡って行った。
この事は下山時にコマに伝えたが、コマも聞いてしまったら気になりだしたようで、橋の上ではピョコタコ枕木の上を選んで歩いていた(笑)。

服装は雨が止んではきたが、2月と言う事で上着を着てのスタートだったが、30分くらいで暑くなり脱ぐ。
これは3日間同じ事を繰り返した。
2月なんだけど、長袖のコンプレッションウエアーに半袖と、すっかり夏山仕様。
すれ違う縄文杉を見てきたと思われる人達は、ほぼレインウエアーの上下を着ているし、中には毛糸の帽子を被っている人までいた。
居住地域の違いなのかな?体感温度、耐寒能力、人それぞれ違う物だな〜と感じながらトロッコ道をユルユルと登って行くと、
線路脇に個人的に見慣れている人工物が出現!
「高圧気中開閉器盤」
はぁ?PASだよパス!
PASを入れた小さ目のキュービクル。
うん、寸法的にジャストインサイズだな。
いやいや、そんな仕事の目で見てる場合じゃないよ、それがなんでこんなところに有るのよ?でしょ。
電気だよ電気、それも高圧、街中の電柱の一番上に張っている3本の電線と同じ6600V、こんな人も住んでいない山の奥深くに、どこで何に使うために引いているのよ?
頭の中で疑問符が飛びまくってしまった。

う〜ん・・・・・スタート当初はしばらく電柱があって、そのあと発電所の導水管関係の借地標識があったな〜、それ用なのか?
などと考えながらトロッコ道を歩いて行くと、レールの脇に「電気」と標された杭が打込まれていた。
ほっほ〜、電柱が無くなってからは延々と高圧ケーブルを埋設しているんだな、ご苦労様な事だ。
トロッコを使っての仕事だろうけど、とてつもない仕事量だと思いながらケーブルの行先を見届けたい気持ちになった。
その行き先は、全く予想外の施設で使われている事が、延々とトロッコ道を歩ききった所で確認する事ができた。
それは立派なトイレの建物。
トロッコ道が終わり、いよいよ山道に入ってウィルソン株や縄文杉に向かおうとするところに有った。
建物はコンクリート製の立派な2階建てで、トイレは常時水が勢いよく流れっ放しの綺麗な水洗トイレ。
なんとトイレットペーパーまで備え付けられている。
電気はこの施設の汚水処理などに使われているのであろう。
レール終端の先に、見慣れた機械室などの出入口に使われている、鋼板製の大きな扉があった。
昔、林業で使われていたトロッコが、今は観光のためにこの様な形で使われているんだと思った。
この立派なトイレを建てると言う事は、それだけ人が押し寄せると言う事。
帰りのタクシーで運転手さんに聞いた話だと、ゴールデンウィークなどの最盛期には1日に800人くらいが入山するとの事。
びっくりすると同時に、立派なトイレの必要性に納得できた。

と、ここまで長々と山行とは関係の薄い事を書いてきたが、いよいよコノ場からが本格的な山行の始まり。
道はそれなりに木道や階段などが整備されてはいるが、基本は登山道。
岩や木の根、傾斜も一気に増してそれっぽくなる。
縄文杉を見て帰って来たと思われる人の中には、荷物をガイドさんに預け、やっと下山しているような人も出てきた。
そんな登山道を登り、ウィルソン株でハート形の角度を探している頃までは、私も何とかなっていたが、その先あたりから私の脚力、体力、気力などがドンドン低下していく。
縄文杉に到着する頃には、会話不能、思考停止、木道から外れないように歩く事だけでイッパイイッパイ。
縄文杉を見るための立派なステージ群を顔を上げて見る余裕もなく、
「縄文杉だよ〜、ステージに行けばココに戻ってくるみたいだから、ザックを置いて行こうね」
と言われるまで、全く縄文杉に気が付かなかったし、その言葉もスンナリと理解できなかった。
ザックを置くと、身が軽い!
今までは何だったんだ?と思うくらいの身のこなしでステージに登り詰める。
うっひょひょ〜、凄い!凄すぎる!
縄文杉は凄かった。
見に来てよかったと思った。

縄文杉に感動し、この日の予定は高塚小屋までの残り200m。
水場はココが最後と言う事で、水を汲めるだけ汲んで小屋まで行く事にする。
6kgくらい重さが増えたザックを背負い、残りたった200mの距離をジワジワと登りながら歩く。
堪えた。。。。。。。。。。
ヘロヘロになりながら、やっとの思いでホボ5時ジャストに高塚小屋に到着。
小屋に入ると一組の親子二人が既に1階を利用中だったので、2階に上がる事にした。
私達が使っているスパイク長靴は、林業従事者用に作られた物なので、足首部などのフィット感がありカポカポしない。
山を歩く分には最高の逸品だが、脱ぐ時には汗で湿ったソックスの影響もあり、一苦労する。
慎重に踵の突起を引っ掻けて脱ぐが、フゲゲェ〜〜〜〜足が攣った(~_~;)
こうなると暫し身動き不能。。。。。
わかってはいるけど、頻繁にやってしまう山行後の儀式(笑)

何とか2階に上がり、荷物を整理してから夕食にする。
食事はコマに完全にお任せ。
本日のメインメニューは生米を焚き、Aコープで仕入れた生卵を使った卵かけご飯と、フリーズドライながらも凄く美味しい「極食」3品のおかず。
  極食 http://www.kyokusyoku.co.jp/
いつもながらペロッとたいらげて、ほぼ日没とともに就寝。

夜中に何度か目が覚め、コソコソ動き回るネズミの気配を感じたり、ゴーゴーと吹いている風を感じてはいたが、4時半過ぎに起きると風は一段落していた。
風はおさまり雨も降っていないので、今日は問題なく歩けると思いながらトイレに行くため外に出ると、外はガスが立ち込めてヘッデンの光が拡散して視界がとても悪い。
ヘッデンを使って早めに出発しようと思っていたが、それは無理と判断してユックリと朝食にした。
6時半を過ぎると明るくなり、外の視界も良くなってきたのでイザ出発。
今日は宮之浦岳に登頂後、再度コノ小屋に戻ってくるので、不要な荷物は小屋にデポしておいた。
山行距離はソコソコあるが、いつもの山行装備なので足取りはそれなり。
高塚小屋からの斜面を登って行くと、徐々に積雪が増え、それが冷え込んで締まってはいるが、それをスパイク長靴で踏みしめて登って行く。
何か所か雪が融けた水が凍り、ツルッツルに岩肌を覆っている所もあったが、少し露出している岩肌や、滑りにくいポイントを見極めたり、張られたりしていた補助ロープを使いながら問題なく進んで行けた。
ガスはどんどん薄くなり、樹林が薄くなるころには雲海が広がっていた。
樹林帯を抜けると雲海も薄くなり、隣の種子島やポコポコ海に浮かぶ周りの島々も見え、気象条件はどんどんと良くなる。
朝食中のヤクシカの親子に出くわしてホッコリしたり、樹林を抜け、独特の高山の雰囲気をかもし出している景色を眺め、去年のお盆に登った羅臼岳での景色に重ねたりしつつ、順調に登って行ったが、登るにつれて目標にしていた山がずれている事に気が付き始める。
目標が手前にずれている気配で、口に出してしまうと違った時のショックが大きくなると思い、最後の最後まで口に出さなかったが、山頂直下で道を間違え(^^ゞ、薄い踏み跡の藪道を登り詰め、山頂標識の目の前にポンと出た時にはホッとした(笑)。

山頂は九州一の標高を誇るだけあり、360度見渡せる抜群の展望が広がっていた。
晴れているとは言え、少々遠くが霞んでいたがそこまでの欲は言えない。
そんな展望の良い山頂なので風当たりも良いため、景色を楽しんだ後、昼食は少し下りた平石のあたりで食べた。
昼食後は高塚小屋に戻り、最終日に備えるだけなので、焦ることなくノンビリと歩いて高塚小屋まで戻った。
小屋に戻り、夕食を済ませたのが5時頃だったと思う。
それまで小屋に泊まる気配の人は来なかった。
今日は貸し切りなのかな?と思いながらシュラフに入ると、即効で寝落ちたらしい。
一回目が覚め、時計をモゾモゾと探して時間を確認すると、9時・・分。
回りは真っ暗だが、ドップリと寝た感覚があり、素直に午後の9時だとは思えず、時計表示がワールドタイム表示になっていると勘違いし、少しの間時計のボタンをアレコレ押して格闘した。
結果、午後の9時だと納得し、再度の眠りに入っていった。

起床は4時30分。さすがに10時間近く寝たので珍しく一発で起きた(笑)。
朝食、身支度、荷物のパッキングと、下山の支度を済ませて6時にヘッデンを使いながらの下山開始。
ザックは大きめだが、重量はそれほどでもない。
道も登り返しは多少はあれど、基本的には下り。
登りで滅入った階段も、下りではありがたい物で順調にトロッコ道まで下りてきた。
トロッコ道まで来れば残りは遊歩道、距離はソコソコあるが緊張感は山道とは別物。
ノホホ〜ンと歩き、登山口の手前でお猿サンの群れに出くわした。
屋久島の猿も鹿も、本土のものよりサイズが一回り小さくて人に牙を向ける気配はない。
そしてある一定の距離を保てば人間の存在を無視してくれる。
しばしシャッターチャンスを待ちながら、身軽な猿の動きを見て楽しんだ。
そうこうしながら無事に登山口に戻って行った。
登山口には既に予約していたタクシーのお迎えが来ていて、スムーズに町まで戻り、汗を流してから昼食を食べ、空路伊丹空港経由で青森まで、再度緯度にして約10度ほど北上して無事に帰宅する事ができた。

今回の遠征も、コマの発案と計画があってこその物。
毎回ビックリさせてくれる案を出し、これまで考えもしなかった所に連れていってくれてありがとう。
今回も良い山行でした。

感想/記録

いつ頃に宮之浦岳を意識したんだったか、もう記憶はない。
山歩きを始めて、いや、再開してからだった。そんなに時間は経っていなかったはずだ。いくつかのレコを眺めるうちに、いつかは行くのだろうと漠然と考えていた。
そして、冬でも比較的歩かれていることもその時に知った。
はじめから、この山は「冬」に行こうと思っていた。
屋久島は、雨の時期がいい、春の時期がいいと言われる。杉と苔を鑑賞するならそうだろうと今も思う。でも、私にとっては白いアクセントがあった方がいいと思ったのだ。
決定打になったのは、豪雨で荒川林道が通行止めになった時のニュースであった。たくさんの登山者が閉じ込められ、その人数を聞き及んだ時点でハイシーズンの可能性が消滅した。人混みの中に育ち、生活してきたが、自分にとっては苦痛ではないが、喜ばしいことではなかったのだと山を歩くようになって気づいた。
やはり「冬」。

世の中でいう「働き方改革」で、有給を使えと言う。なんとか仕事はやりくりできそうなので、三連休いっぱいで出かけられそうだ。
いくつか挙げていた候補だが、今年は記録的な暖冬で雪が少なく冬山縦走系は気分が乗らないし体力も自信がない。そこで急遽持ち出してきた計画だった。
飛行機を乗り継げば、山中二泊が可能!縦走でも良かったが、体力に余裕をみたかったのでピストン計画に決定した。いつものことだが、主人と手分けしてあっと言う間に勢いで予約完了。屋久島での足はタクシーかレンタカー。Web上の情報から「まつばんだタクシー」では、縦走中の荷物を預かってくれるらしい。空港のコインロッカーは心もとないし、荒川登山口の少ない駐車スペースを気にする必要もないのでタクシーで。
空港でガス缶を入手して、タクシーでスーパー(Aコープ)に立ち寄ってもらってから登山口に向かう。やはり冬で人は少ないが、登山口の駐車場はいっぱいで、手前の路上に駐車している状態だった。
トロッコ道をひたすらにたどる。線路中央をひたすらに歩いていくと、まるで自身がトロッコにでもなったような感覚に襲われる。
「きしゃきしゃしゅっぽしゅっぽ、、、」
すこししなる杉の板、滑り止めの溝が気になるが、そのままよりはるかに歩きやすい。手掘りの切通しをいくつも越えて、山肌をなでて沢に寄りながら、離れながら、支流の沢を渡って終点まで運ぶ。
登山道に入っても木道は要所要所を抑えてくる。登りの足には堪えるが、下りでは絶大な威力だ。ウィルソン株の祠に挨拶し、空を見上げてからアップダウンの道を進む。どんどんと大きな杉が迫ってくる。なまめかしい杉の木肌と命の水を吸い上げる根が主張を強めていく。大切にやや遠巻きに眺めた縄文杉は、いまだに葉を茂らせ異様な大きさで圧力を感じさせる。
水を調達して、二晩お世話になる高塚小屋に到着した。
先客は親子、私達は二階に陣取った。さらにもう一人の来訪者があってその夜は5人宿となった。
翌朝は6時発を目指したが、濃霧であかりが散乱して視界が取れないので30分繰り下げての出発。すぐに登りになり、足元は白くなった。雪はまだ締まっていて登りにくさはない。ピストンなので背中の荷物は格段に軽く、昨日がうその様。
順調に進んで行く。夜明けとともに靄が取れると、雲海上に立っているのに気づく。空は綺麗な青で染まっている。雨のイメージしかなかった宮之浦岳は、予想外の好天の下、進んで行くことになった。
ヤクシカも朝食中。二度の遭遇。彼らも慣れたものなのか警戒しつつも食事は止めない。私達がその場を離れた。
樹林を越えると笹原。とても小さい葉で東北の根曲がりとは全く違う優しい笹だ。揺れる音も優しい。大きな岩が雨風から取り残されて立っている。それが風景を面白くしている。
風は予報よりはるかに弱く10mに届かない。雪が融けて岩の表面を撫でて凍り付いた一面は注意が必要だが、必要な場所にはちゃんとロープが置いてある。これを引きはがして使わせてもらう。平石で風を浴びながら休憩した後、山頂に向けて一登り。
比較的広い山頂は休憩にも良かったが、さすがに風は通って行く。種子島が平べったく横たわり、屋久島との好対照を観察してから平石に戻った。座りやすいので昼寝でもしたくなる。夏のような日差しと、笹の緑に残雪の白がまるで夏の遠征のような錯覚をさせてしかたない。昼ごはんを取って、体を休めたら来た道を戻る。雪は緩み、道はますます水っぽいが、困る事もなく足は進む。木道が水平を保たせてくれるのは本当にありがたい。シャクナゲを抜けて、杉がどんどん大きくなったら新高塚小屋だ。水場はすぐそば、美味しい水をいただく。
少し水を足してから高塚小屋に戻った。その夜は私達だけの貸し切りとなった。
早く休んで、4時半ごろに起き出す。6時には出発となった。
縄文杉は暗く再度目に止める事は出来なかったが、ウィルソン株はもう一度来訪。
そこでこの日の初めての登山者とであう。そこからはいい天気であったからか、続々とすれ違う。ガイド、グループ、単独、色々な人がやってくる。
波が去るとまた静寂のトロッコ道になった。
ひたすらに歩く。ガサガサっと音がして見渡すと、ヤクシマザル。小ぶりで大人しく木の芽を食べている。枝を渡り、幹を伝ってトロッコ道に降りてきた。
彼らはここの住人なのである。すっかり落ち着いて過ごしている。
まもなく登山口に戻ってきた。早めの到着だったが、すでにタクシーが待機していて里まで一気に運んでくれた。麓の気温は17度、青森の6−7月、、、。冬モードのままの体には暑かった。

いつもながら、突然の山行計画に付き合ってくれる主人に感謝です。また、いつこんなことを言い出すかわかりませんが、笑って許してくださいな。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:424人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2009/1/22
投稿数: 3657
2020/2/26 12:26
 いつの日か・・
こんにちは!
 お疲れ様でした!!
近い将来、訪れてみたい山の一つです。
やはり、南の島でも、雪が降るのですね
登録日: 2009/7/6
投稿数: 2256
2020/2/26 13:20
 ウメチャンさん、コメントありがとうございます
積もる時は結構積もるみたいですよ
トロッコ道の踏板には、登山口からず〜っとアイゼンの傷跡がありましたしね
まあ、長期間に渡っての積雪ではなく、一時的な事だろうとは思います
もし行く事になったら、ヤマレコの記録をチェックしていると、最近の情報を知る事ができるので、やっぱりヤマレコは便利ですね
ただ、積雪の表現が人によって違うので、その判断が難しい所です
例えば1歩2歩の踏み抜きを、いかにも長く続くような感じで判断してしまうと厄介ですよね
私も記録への表現は、今後そのような所に気を付けなければいけないなと思いました

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ