また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2542890 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

西丹沢自然教室〜檜洞丸〜蛭ヶ岳〜丹沢山〜塔ノ岳〜鍋割山〜寄

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年08月30日(日) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々曇りから午後は曇りに
アクセス
利用交通機関
電車バス
<往路>
小田急線 新宿駅05:27>新松田駅06:50
富士急湘南バス 新松田駅07:15>西丹沢自然教室08:30

<往路>
富士急湘南バス 寄バス停17:30>新松田駅17:50
小田急線 新松田駅17:55>新百合丘駅18:53>新宿駅19:19
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.5~0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
危険個所なし。道中の水場は、塔ノ岳山頂下の「不動の清水」1ヶ所。
過去天気図(気象庁) 2020年08月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 MHWフリューイッド10 ハイドレーション2L アクエリアス300ml 菓子パン2個 柿ピー小2袋 上下着替え 速乾性のパタゴニアT MHWダイヘドラルプリカーブパンツ MHWウェイクールアームズ アシックス5本指ソックス モントレイルFKT II ヘッ電 予備バッテリー カメラ ガラホ Garmin GPSMAP 62s 地図

写真

天気は晴れ。暑い!
2020年08月30日 08:48撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は晴れ。暑い!
2
水量は少ない。第一渡渉ポイント。不注意で思わずドボンw
2020年08月30日 09:18撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水量は少ない。第一渡渉ポイント。不注意で思わずドボンw
2
乾ききった川底が寂しい
2020年08月30日 09:20撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
乾ききった川底が寂しい
1
自然の造形美
2020年08月30日 10:04撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自然の造形美
2
いつ見ても立派な木道。職人さんに敬意
2020年08月30日 10:21撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつ見ても立派な木道。職人さんに敬意
1
振り返って富士山のはずが、輪郭さえも見えない。。。
2020年08月30日 10:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返って富士山のはずが、輪郭さえも見えない。。。
1
新しくなった標識
2020年08月30日 10:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
新しくなった標識
4
山頂は貸し切り
2020年08月30日 10:29撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は貸し切り
2
蛭ヶ岳と丹沢山。ガスが出てきた
2020年08月30日 10:40撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳と丹沢山。ガスが出てきた
1
富士山はやはり雲の中。ここも貸し切り
2020年08月30日 12:26撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はやはり雲の中。ここも貸し切り
3
ガスが流れる白と緑の世界
2020年08月30日 13:12撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスが流れる白と緑の世界
3
富士山はやはり目視できず
2020年08月30日 13:28撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山はやはり目視できず
3
天気は良いが暑い!
2020年08月30日 13:40撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天気は良いが暑い!
1
水場のサイン
2020年08月30日 14:31撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水場のサイン
1
ちょろちょろの「不動の清水」。冷たくて美味しい
2020年08月30日 14:18撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょろちょろの「不動の清水」。冷たくて美味しい
2
暑いからか、人影は少ない
2020年08月30日 14:32撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暑いからか、人影は少ない
3
富士山の影も形も見えない
2020年08月30日 14:34撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山の影も形も見えない
1
まるで公園。緑が美しい
2020年08月30日 14:52撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで公園。緑が美しい
2
小丸尾根分岐は何もなし
2020年08月30日 14:58撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小丸尾根分岐は何もなし
1
もやのかかる緑のトンネル
2020年08月30日 15:15撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もやのかかる緑のトンネル
2
水はけのためなのか、ここも木枠と石が敷き詰められていた
2020年08月30日 15:18撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水はけのためなのか、ここも木枠と石が敷き詰められていた
3
富士山さようなら
2020年08月30日 15:18撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山さようなら
1
久しぶりの抜け感。相模湾方面
2020年08月30日 16:24撮影 by DMC-FT1, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりの抜け感。相模湾方面
1

感想/記録

 2020年8月30日(土)、久しぶりのロングに出かけることにした。

 都道府県をまたぐ移動の自粛は、6月19日に解除されたものの、天気が悪かったりで山行に行く気にならなかった。

 2020年6月23日の北高尾以来の山行となるため、不安感はあるものの、ロングをちゃんと歩けるのかどうかはやってみないと分からないし、かと言ってお初のルートを歩く勇気もない。

 なので、いつもの丹沢主脈縦走が良さげと電車とバスを乗り継いで西丹沢自然教室に着いたのは、午前8時半頃になった。

 午前中の早い時間帯なのに日陰でも暑いし、湿度も高い。

 スタート時の天気は晴れてはいたが、標高を上げるとガスに巻かれるというイマイチな天気で、終日、富士山の姿を見ることは無かった。

 菓子パンを一つ食べてからトイレを拝借。身支度をして、西丹沢自然教室を出発する。

 ゴーラ沢出合まで少しづつ高度を上げていく。堰堤を過ぎて川面が近づいたところがゴーラ沢出合となる。

 流れは緩やか。油断していたら左足をドボンw。水が冷たくて気持ちが良い。

 足には撥水クリームを塗ってきたので、気にせず次の渡渉ポイントへ向かうと、なんと完全に干上がっていた。

 水不足のニュースもない中で、この乾燥具合は全くの想定外。ここから檜洞丸までは、長い上りが続く。ほぼ無風といって良い急登で、スタート早々から全身滝汗状態に。

 ロングパンツが汗で張り付くが、着替えてもすぐに汗まみれになるので、気にせず先へ進む。石棚山稜分岐を過ぎると、見慣れた木道が現れる。

 富士山ポイントに差し掛かり、振り向くと真っ白け。覚悟はしてたけど、やはり富士山は雲の中。お楽しみ半減の山行を覚悟して檜洞丸山頂を目指す。

 檜洞丸山頂は、きれいに整備されていて、まるで公園のような雰囲気。先客はおらず、山頂は貸し切り状態。

 木枠に敷き詰められた小石が洒落ている。水はけを意識したのか、蛭ヶ岳山頂を意識したのかは不明だけど、きれいなのは良いこと。

 次のピークである臼ヶ岳を目指して出発する。

 青ヶ岳山荘から先は、草ぼうぼうとなり、あざみの棘攻撃がイタイ。道中、二組とすれ違う程度で人影は少ない。臼ヶ岳には、11:40頃に到着する。

 人の記憶は曖昧で、鎖場なんてあったっけ。えっちらおっちら高度を上げて、無事に蛭ヶ岳山頂に到着する。

 小休止を入れて、これからのペースを自問自答する。富士山は見えないし、抜群の抜け感を感じられる尾根歩きもおあずけとなると、あとは消化試合。塔ノ岳まではノンストップで行軍を続ける。

 眼科には、丹沢山への取り付きとなる木道が見える。取り付きを登りきって丹沢山頂に到着。先客は3組とここも人が少ない。写真を撮って先へ進む。

 15時くらいの塔ノ岳山頂着をイメージしていたが、塔ノ岳山頂には14時過ぎ頃に到着する。時間もあるし、水の残量も少ない。お初となる「不動の清水」へ向かって300mほど下山する。

 「不動の清水」には、先客が2名。水出てます?と聞くと、ちょろちょろですが出てますよとのこと。

 水量は少ないが、とても冷たい。顔を洗い、ハイドレに水を1L程追加する。ランニングの時もそうだけど、顔を洗うとがぜんやる気が出てくるから不思議だ。冷たい清水に感謝。塔ノ岳山頂へ折り返す。

 お約束の富士山は、やはりここでもおあずけとなる。 早い時間帯なので、鍋割山を経由して下山することを決める。

 金冷シから先の道は、なだらか。とても歩きやすい。人影はなく、静かな山歩きは気持ちが良い。平坦な道は、走ってCTを稼いでみる。

 小丸尾根分岐から約20分で鍋割山頂に到着する。先客は、1名。富士山が顔を出すのを待っているとのこと。こちらは終日天気には裏切られているので、最初から諦めモードゆえに、ひと言挨拶をして寄(やどりき)バス停に向けて下山を開始する。

 鍋割山頂から途中、開けた場所があって、相模湾を見渡すことができた。この下りルートのハイライトは、この眺望くらい。景色がない薄暗い登山道をひたすら下って、寄(やどりき)バス停に到着したのは、17時になった。

 国民休暇村は、既に閉館していたが、管理人さんにひと声かけて水道を使わせて頂く。国民休暇村隣の雑貨店は閉まっており、ビールを買うことができず、仕方なくペプシ2本で無事の到着を祝う。

 到着したバスは、17:30に予定通り出発し、新松田駅に到着したのは、17:50頃になった。電車の中でビールを飲む気にならず、まんま電車に乗車して帰路についた。

 終わってみると暑さとの闘いだった気がする。水の消費量が半端なく、「不動の清水」で給水しなかったら、最後の1時間は水無しでの行軍になっていただろう。

 これを書いている翌日は、ひどい筋肉痛という有様。毎日ランニングを続けているけど、山の筋肉は別というのを改めて実感している。

 マスクをしながらの登山は、マスクをしながらのランニングとあまり変わらず、暑い。次は、もう少し涼しい山域で山登りしたい。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:349人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ