また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2565335 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 甲斐駒・北岳

甲斐駒ヶ岳 黒戸尾根ピストン

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年09月12日(土) ~ 2020年09月13日(日)
メンバー
天候一日目 曇り時々霧雨 夕方少し晴れ間
二日目 標高2000メートル以上は晴れ時々曇り,それ以下は曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
尾白渓谷駐車場で車中泊。トイレ,飲料自販機あり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.8~0.9(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち56%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間30分
休憩
1時間19分
合計
9時間49分
S尾白川渓谷駐車場05:5005:57竹宇駒ヶ岳神社06:03千ヶ淵07:44笹の平分岐07:5309:09刃渡り09:24刀利天狗10:21五合目小屋跡10:2510:26屏風小屋跡10:3711:19七丈小屋11:4912:34八合目御来迎場12:3513:37駒ヶ岳神社本宮13:3813:44甲斐駒ヶ岳13:5914:02駒ヶ岳神社本宮14:0414:55八合目御来迎場15:0115:39七丈小屋
2日目
山行
4時間28分
休憩
25分
合計
4時間53分
七丈小屋06:0906:54屏風小屋跡07:0707:11五合目小屋跡07:35黒戸山08:18刀利天狗08:30刃渡り08:3109:25笹の平分岐09:3210:53竹宇駒ヶ岳神社10:5711:02尾白川渓谷駐車場11:02ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
丹念に整備されていますが,それでもところどころキバは隠せない個所があります。ヘルメット装着者はほとんどいませんでしたが,ワタクシは五合目以降は被りました。
その他周辺情報山麓のおじろの湯に行ったら,10時営業開始だと思ったのに12時からとなっており,キャンパーが行列してたので諦めた。

装備

個人装備 長袖シャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 防寒着 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 非常食 飲料 コンパス ヘッドランプ ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト カメラ GPS ヘルメット

写真

試練と(違)
2020年09月12日 05:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
試練と(違)
1
いざ出発!
2020年09月12日 05:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いざ出発!
誰だお前は???
2020年09月12日 05:55撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
誰だお前は???
1
もう空は明るい。
2020年09月12日 05:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう空は明るい。
柄にもなく神社でお参り。
2020年09月12日 06:02撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
柄にもなく神社でお参り。
おお,よく写真で見る橋だ!
2020年09月12日 06:04撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお,よく写真で見る橋だ!
ここから本格登山道。
2020年09月12日 06:06撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから本格登山道。
いろんな年代の看板があって趣深かった。
2020年09月12日 06:58撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いろんな年代の看板があって趣深かった。
アレはラスボスかね?
2020年09月12日 07:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレはラスボスかね?
ガスってきたが,こういう雰囲気好きだな。
2020年09月12日 07:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ガスってきたが,こういう雰囲気好きだな。
忘れ物発見!
2020年09月12日 09:08撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
忘れ物発見!
刃渡りは思ったほど怖くなかったが,霧で下が見えなかったからかな?
2020年09月12日 09:19撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刃渡りは思ったほど怖くなかったが,霧で下が見えなかったからかな?
刀根天狗直下の梯子。第一核心部。
2020年09月12日 09:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
刀根天狗直下の梯子。第一核心部。
無事到着。
2020年09月12日 09:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
無事到着。
ここからは苔むしたいい雰囲気の道。富士平小屋から金峰山への道に似ている。
2020年09月12日 10:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは苔むしたいい雰囲気の道。富士平小屋から金峰山への道に似ている。
このコースのランドマーク。ちょっと色っぽく見えるのはワタクシだけ?因みに,黒土山の取り付きはここです。
2020年09月12日 10:10撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
このコースのランドマーク。ちょっと色っぽく見えるのはワタクシだけ?因みに,黒土山の取り付きはここです。
五合目到着。荘厳。
2020年09月12日 10:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目到着。荘厳。
こんなのがゴロゴロある。いろいろと深い山。
2020年09月12日 10:31撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こんなのがゴロゴロある。いろいろと深い山。
五合目以降の核心部。全体でここが一番厳しいポイントかな。
2020年09月12日 10:54撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五合目以降の核心部。全体でここが一番厳しいポイントかな。
カッコいい小屋番のオネーさんに荷物を預かってもらい,山頂アタック開始。
2020年09月12日 11:50撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カッコいい小屋番のオネーさんに荷物を預かってもらい,山頂アタック開始。
2
おお,ここもよく見るね。
2020年09月12日 11:52撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
おお,ここもよく見るね。
1
剣,刺さってるね!
2020年09月12日 12:17撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
剣,刺さってるね!
二本刺さってるね!!
2020年09月12日 13:15撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二本刺さってるね!!
1
いい天気だね!!!
2020年09月12日 13:36撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いい天気だね!!!
1
最高の眺望だね!!!!
2020年09月12日 13:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高の眺望だね!!!!
3
我が人生に一片の悔いなし!!!!!
2020年09月12日 13:47撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
我が人生に一片の悔いなし!!!!!
1
わかりました。
2020年09月12日 13:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
わかりました。
なんか,もう凄すぎ。圧倒されつつ下山。
2020年09月12日 13:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか,もう凄すぎ。圧倒されつつ下山。
夕刻,小屋からのショット。鹿島槍,劒と続いてたので,富士山のデカさにビビる。
2020年09月12日 17:57撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕刻,小屋からのショット。鹿島槍,劒と続いてたので,富士山のデカさにビビる。
1
二日目の朝。ピークハントされた皆さん,絶景に出遭えただろうか。
2020年09月13日 05:48撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目の朝。ピークハントされた皆さん,絶景に出遭えただろうか。
テン場まで上がると八ヶ岳が浮かび上がっていた。もっと上に上がればもっと浮かび上がるのであろうムキー!
2020年09月13日 05:59撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テン場まで上がると八ヶ岳が浮かび上がっていた。もっと上に上がればもっと浮かび上がるのであろうムキー!
2
アレは・・・なんだ?
2020年09月13日 06:00撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
アレは・・・なんだ?
ヤツの向こうは奥秩父になるのか?
2020年09月13日 06:05撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ヤツの向こうは奥秩父になるのか?
2
お世話になりました。一日目到着遅れてすみませんでした。
2020年09月13日 06:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
お世話になりました。一日目到着遅れてすみませんでした。
むーん,写真だとあの怖さがうまく出ない。
2020年09月13日 06:29撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
むーん,写真だとあの怖さがうまく出ない。
嗚呼,こんな天気の時に山頂行きたかった・・・
2020年09月13日 06:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嗚呼,こんな天気の時に山頂行きたかった・・・
2
下山するのに登れっておかしいだろって,剱岳でも言っただろ???
2020年09月13日 07:14撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下山するのに登れっておかしいだろって,剱岳でも言っただろ???
この道,好き。単純に好き。
2020年09月13日 07:25撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この道,好き。単純に好き。
1
黒土山三角点。
2020年09月13日 07:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒土山三角点。
イイネ!
2020年09月13日 07:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イイネ!
黒土山からの光景。行くかどうかはあなた次第。
2020年09月13日 07:39撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒土山からの光景。行くかどうかはあなた次第。
苔むすねえ。
2020年09月13日 08:32撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
苔むすねえ。
帰りもまだ残ってたので,ワタクシの手持ちの栗山選手のも並べてみました。
2020年09月13日 08:38撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
帰りもまだ残ってたので,ワタクシの手持ちの栗山選手のも並べてみました。
4
逆光は勝利(今回はちょっと小声)
2020年09月13日 08:43撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
逆光は勝利(今回はちょっと小声)
1
この写真見てたら,また行きたくなってきた。
2020年09月13日 09:56撮影 by Canon EOS 6D, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この写真見てたら,また行きたくなってきた。
1
撮影機材:

感想/記録

 仙丈ケ岳は冬季に戸台から登って辿り着けた。ならば,甲斐駒ヶ岳は黒戸尾根からだろうとチャレンジ。さすがに冬に行く度胸はなかったので,夏場,小屋泊まり装備でサクッと行くぜと挑み,返り討ちに遭う。

 シゴトを定時で上がり,高速走って前夜22時半頃尾白渓谷駐車場到着。クルマはまだ数えるほどしかなかった。どうせ朝になったら満車になるんだろうと思ってたんだが,それほどでもなく,どうやら天気予報がヨロシクなかったので敬遠された方が多かった模様。入山者もそれほど多くなく,土日共に比較的静かなヤマノボリ活動となった。

 6時前出発。神社を抜け,橋を渡ってすぐに登りが始まる。急登続きと聞いているのでペースを上げすぎないようゆっくり登る。フラットな箇所も結構あり,先月二回のテント泊に比べて荷が軽いこともあって,思ってたより順調に登ることができた。標高1000メートル辺りから笹が地面を覆い始め,大峰奥駈と似た雰囲気になる。この辺りから霧が立ち込め,時々霧雨も降るが合羽を出すほどでもなく,そのまま進む。

 五合目小屋跡に結構な団体さんが休憩されていたんだが,下山されてきた方だったんだろうか。その後お見かけしなかった。メンバーの高齢の男性が「ヘルメットとは落石に備えて被るもんだ,このコースではいらない」と声高に力説されているのを耳にしながらワタクシはここからヘルメット装着。その先の垂直梯子を上りながら,やっぱ備えあれば患いなしよと,自分を慰める。その後もゴリゴリと登っていたら,いきなり発電機の音が聞こえ11時20分,小屋に着いた。

 想定より早く到着し,受付はまだの時間だったが,荷物は預かってもらえることになり,そのまま山頂アタックを実行する。が,この先はいくら荷物が軽くなったとはいえ,かなりヘビーで,特に8合目以降の岩場の連続にはかなり手を焼いた。なんかもうフラフラになりつつ14時頃ピークハント完了。周りは一面真っ白世界で眺望ゼロ。登山者も誰一人いない。おまけに小雨も降り始める。8合目付近で合羽を着こみ,15時40分小屋到着。放心状態でネクターなど飲み,カレーをいただき寝床をこしらえ,枕に頭を置き,意識を失う。

 あ,夕方,天候は少し回復し,小屋から富士山とあのオベリスクがくっきり見えたんだった。あの光景にかなりいろいろ救われた気がする。

 二日目,同宿者のミナサマは朝からピークハントのため出立される。ワタクシ一人ゆっくり朝食弁当をいただき,6時過ぎ出発。結構雲は多く,眼下には雲海が広がっている。一番上のテン場まで上がって八ヶ岳の姿をカメラに収める。

 あとはひたすら下山。股関節が固くバランス感覚の悪いワタクシは,下山が下手なのである。しょっちゅう現れる結構な段差にヒーヒー泣きながら降りる。途中,下山するトレランの皆様にガンガン抜かれる。一体何時から走り始めておられるのか。

 途中,黒戸山に寄ってみる。登山道から10分くらい。行く価値があるかと言われると・・・微妙かなあ。

 刃渡りの辺りから周りはガスに覆われ,笹の平分岐辺りまでは幻想的な雰囲気が漂って,なかなかによかった。このコース,樹林帯あり,笹原あり,苔あり,岩場あり,なかなかにてんこ盛りで贅沢であるよな。リピーターが多いというのもうなずける。

 そんなこんなで,最後の方は完全に脚が無くなり,フラフラになって11時過ぎ駐車場に辿り着く。小屋番のカッコいいオニ―さんとオネーさんは,二日目朝のピークハントを進めてくださってたが,それをやってたら無事に降りられなかったんじゃないかな。バリ堅の身体がつくづく恨めしい。

 まあしかし,とにもかくにも黒戸尾根往復を無事こなせたのは,我ながらちょっと驚きである。気をよくして早月尾根とか絶対無理だけど。
 
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:377人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2016/10/19
投稿数: 829
2020/9/13 21:51
 こんばんは!
黒戸尾根いいですねぇ!
前から歩きたくて楽しみにしております。
レコ、参考になりますm(_ _"m)

早月、上りは全然行けますよ!
小屋までは(笑)
え?もう着いた?って感じです。

勿論小屋で一泊です^^;

問題は山頂アタック後の下りです^_^;
山頂アタックを初日にすれば大丈夫かもですよd(⌒ー⌒)

お疲れ様でした!
登録日: 2015/10/31
投稿数: 35
2020/9/13 22:03
 Re: こんばんは!
コメント,ありがとうございます。

振り返ってみれば,バラエティに富んだ,ホント楽しいコースでした。

早月尾根,今年は小屋もテン場もやってないので,日帰りピストンだそうで,来年以降に・・・

・・・行くんか?>ワタクシ

下山,ホント苦手です。今日も苦労しました。乗鞍みたいに劒岳も山頂直下まで下山専用バス通せばいいのに(暴論)

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ