また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2576226 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 丹沢

丹沢主稜縦走(塔ノ岳〜檜洞丸)

情報量の目安: B
-拍手
日程 2020年09月18日(金) [日帰り]
メンバー
天候
アクセス
利用交通機関
電車バス

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち94%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
年に1、2回このコースを歩くが、蛭ヶ岳から檜洞丸の間で人にあった事がない。ほかは、登山者がたくさんいる丹沢にあって、このルートは全く人が少ない。
今回も、蛭ヶ岳頂上で1名。そして、檜洞丸頂上で2名に会ったのみ。
(平日のためもありますが)
コース状況/
危険箇所等
昨年に比べだいぶ木道、階段が増えてました。
過去天気図(気象庁) 2020年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ Tシャツ ズボン 靴下 グローブ 雨具 日よけ帽子 ザック 昼ご飯 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプ 予備電池 GPS 筆記用具 ガイド地図(ブック) ファーストエイドキット 常備薬 日焼け止め 保険証 携帯 時計 サングラス タオル ツェルト ストック カメラ

写真

最初の休憩場所にて。
大倉尾根の木道も1月に比べ、さらに整備が進んでいた。
2020年09月18日 09:28撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初の休憩場所にて。
大倉尾根の木道も1月に比べ、さらに整備が進んでいた。
2
塔ノ岳頂上より、一瞬霧が晴れユーシン谷を見下ろせる。
2020年09月18日 10:38撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳頂上より、一瞬霧が晴れユーシン谷を見下ろせる。
1
塔ノ岳頂上。
2020年09月18日 10:39撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳頂上。
2
塔ノ岳頂上直下の階段も真新しい。
2020年09月18日 10:46撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
塔ノ岳頂上直下の階段も真新しい。
1
丹沢山に到着。
2020年09月18日 11:43撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
丹沢山に到着。
2
蛭ヶ岳に到着。
2020年09月18日 13:31撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳に到着。
2
蛭ヶ岳頂上にて。(セルフタイマー)
2020年09月18日 13:34撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
蛭ヶ岳頂上にて。(セルフタイマー)
5
檜洞丸頂上到着。
2020年09月18日 16:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸頂上到着。
2
檜洞丸もベンチが整備されていた。
2020年09月18日 16:22撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸もベンチが整備されていた。
1
檜洞丸からの下りで一瞬太陽を見る。
2020年09月18日 16:49撮影 by TG-4 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
檜洞丸からの下りで一瞬太陽を見る。
3

感想/記録

 モンベルでバイトをしている、高校のクラブの先輩よりモンベルのトレイルグリッパーは優秀だと勧められ、前日にモンベルショップにてティフトンを購入、その試し歩きと4月から患っているうつ病のリハビリを兼ねて、丹沢山までの往復を考えていたが、どちらもいい按配だったので西丹沢までに主稜を縦走。これは、私にとってもっともハードなトレイルで、この歳になってもまだやれるなと自己満足してます。
 ヤマテンもSWCも、予報では朝方は霧に覆われるが、日中は晴れ間が覗く、ただし強風で、天気は良さそうだと期待していたのだが、一日中霧の中と残念ながら裏切られた。そして、霧で樹木についた水滴が強風にさらされ雫となり始終小雨のように降り注でおり、上半身下半身ともに前半からかなり濡れてきて、雨具を着た方が良かった。とくに丹沢山から先は下草が多く、ズボンの裾そして次第に上部もずぶ濡れになりそうだったため、漸く蛭ヶ岳の下り途中で雨具(下だけ)を装着する。
 蛭ヶ岳から檜洞丸までは4.5kmと表示がされているが、アップダウンがかなりあり、ここの通過が体力を要する。いつもは、途中1回の休憩で踏破するが、この日はいつもの休憩箇所を勘違いし通り過ぎたため、2.5時間ノンストップで檜洞に至る事に。(1回だけ水分補給小休止はとったが)
 檜洞頂上到達は前回より早かったが、バスの出発時刻(18:58)に合わせて30分程の休憩をとり、最後はいつもの通りヘッドランプをつけて、西丹沢ビジターセンターにほぼ定刻通り到着する。
 いつもの事ながらバスの乗車客は私だけであった。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:216人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/2/27
投稿数: 16
2020/9/20 19:15
 お疲れ様でした。
結構なハードコースですね。
体調回復の様子、良かったですね。
トレイルグリッパーは優れものです。
私は種別の異なる3種の靴を使っています。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テン ビジターセンター 木道 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ