また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2639585 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 剱・立山

剱岳 滑落厳禁、クレパスだらけの池ノ谷から早月尾根

情報量の目安: A
-拍手
日程 2020年10月11日(日) [日帰り]
メンバー
天候曇りのち2000m以上は快晴
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
10時間34分
休憩
1時間24分
合計
11時間58分
Sスタート地点00:1607:12小窓ノ王07:1807:20三ノ窓07:4107:45池ノ谷ガリー07:5808:01チンネ08:0308:07池ノ谷乗越08:2708:51長次郎ノ頭08:5308:56長次郎のコル09:0609:17剱岳09:2109:26カニのハサミ09:3109:43標高2800m標識10:05標高2600m標識10:35早月小屋10:3611:011920.9m三角点11:26早月尾根標高1600m標識11:57松尾平12:14ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
池ノ谷は雪渓が減少してとても危険。
その他周辺情報アルプスの湯

装備

個人装備 バイル アイススクリュー ロープ

写真

白萩川の渡渉はよっちゃん。
2020年10月11日 01:54撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白萩川の渡渉はよっちゃん。
4
激坂の始まり。
2020年10月11日 02:09撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
激坂の始まり。
3
暗闇、激坂、拷問でした。
2020年10月11日 02:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
暗闇、激坂、拷問でした。
5
池ノ谷に下降、しばらくで雪渓が現れた。
2020年10月11日 04:23撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ谷に下降、しばらくで雪渓が現れた。
4
久しぶりのアイゼン歩行。
2020年10月11日 04:51撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
久しぶりのアイゼン歩行。
8
恐怖のクレパス。
2020年10月11日 05:05撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
恐怖のクレパス。
14
不気味な池ノ谷。
2020年10月11日 05:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
不気味な池ノ谷。
9
やっと明るくなってきた。
2020年10月11日 05:40撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
やっと明るくなってきた。
7
紅葉がきれい。
2020年10月11日 05:55撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉がきれい。
4
高度が上がっていく。
2020年10月11日 06:00撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度が上がっていく。
8
自撮り。
2020年10月11日 06:07撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自撮り。
10
マジで勘弁してください。
2020年10月11日 06:08撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
マジで勘弁してください。
31
核心に入っていく。
2020年10月11日 06:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
核心に入っていく。
24
これが1本橋。
2020年10月11日 06:17撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これが1本橋。
22
トンネルだべ。
2020年10月11日 06:35撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トンネルだべ。
8
ジョーズの口ですか。
2020年10月11日 06:37撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ジョーズの口ですか。
17
戦いが終わり三ノ窓を目指す。
2020年10月11日 06:50撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
戦いが終わり三ノ窓を目指す。
10
振り返ると雲海。
2020年10月11日 06:59撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると雲海。
22
小窓尾根の影。
2020年10月11日 07:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓尾根の影。
14
いよいよクライマックス。
2020年10月11日 07:28撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いよいよクライマックス。
10
三ノ窓に到着。
2020年10月11日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三ノ窓に到着。
21
素晴らしい紅葉。
2020年10月11日 07:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
素晴らしい紅葉。
13
池ノ谷ガリーを行く。
2020年10月11日 07:49撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池ノ谷ガリーを行く。
10
見送ってくれる小窓ノ王。
2020年10月11日 08:01撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見送ってくれる小窓ノ王。
16
劔沢方面の紅葉。
2020年10月11日 08:24撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢方面の紅葉。
10
八ッ峰最高。
2020年10月11日 08:31撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ッ峰最高。
17
劔沢上部。
2020年10月11日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
劔沢上部。
19
山頂が見えてきた。
2020年10月11日 08:45撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂が見えてきた。
9
あそこが山頂。
2020年10月11日 09:18撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あそこが山頂。
9
ベイビー。
2020年10月11日 09:27撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ベイビー。
48
雲海に浮かぶ我が白山。
2020年10月11日 09:29撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海に浮かぶ我が白山。
15
早月尾根から下山。
2020年10月11日 09:52撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早月尾根から下山。
6
小窓尾根支尾根の紅葉。
2020年10月11日 10:15撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小窓尾根支尾根の紅葉。
13
さらばじゃ。
2020年10月11日 10:43撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さらばじゃ。
8
雲海の中に突入。
2020年10月11日 11:16撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲海の中に突入。
3
今日も試練でした。
2020年10月11日 12:22撮影 by Canon EOS Kiss X7, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
今日も試練でした。
31
撮影機材:

感想/記録

今日は決戦の日、先日渡渉できなくて敗退した池ノ谷周回のリベンジだ。台風14号の影響が無くなり日曜晴れの予報…行くしかないだろう。<

深夜0時過ぎに馬場島をスタート、ゲートには車が1台ありヘッデン付けていた。もし後続なら友達になりたいがどうやら違ったみたい。空は曇りで暖かい夜だった。取水口からの高巻きで早くも汗だくとなる。河原に降り立ち先へ進む、水量は少ないから安心した。1時間40分で雷岩に到着、渡渉は余裕のよっちゃんでした。<br>
<
さあここから小窓尾根に登り上げる、ここは一般登山道だったら日本三大急登の一つになるだろう。汗が噴き出て目が痛い、夜中からこの重筋トレは辛いっす。しかし足は止まらない、ガシガシ登って1時間ちょいで尾根上に着いた。ここで初めて休憩した、空は薄曇りになり月明りが届きだした。尾根から池ノ谷に下降する。笹が夜露で濡れていたのでカッパを着てサックっと降り立った.
<
夜明けまでまだ2時間ある、早く明るくなってほしいが行くしかない。険悪な池ノ谷を遡行していく。大きな滝は幾度と現れ暗闇の中ルートを探すのに苦労した。高巻きは足元からガラガラ崩れていく…しかしまだ序の口だった。<
とうとう暗闇の中で雪渓が現れた、できれば明るくなってから取付きたかったけど仕方がない、今日は速攻周回するのだ。<
<
久しぶりにアイゼンを装着して雪渓に乗った。まだ下部なのでクレパスは無かった、もしかしてこのまま三ノ窓まで繋がっていれば超ラッキーだが甘くはない。雪渓は無くなり深い渓谷となった…、雪渓から下降するのも大変、そしてまた滝の連続となった、もう序の口から十両だべ。<
<
暗闇の中とうとう二俣に着いた、左俣は三ノ窓に続く。ここから傾斜が一気に増す、そしてまた雪渓が現れた。何とかよじ登り雪渓の上を歩くと無数のクレパスが入っているではないか。勘弁してください、早く明るくなって。さすがに時間調整をして明るくなるのを待った。明るくなると恐怖と絶景が待っていた。見事な紅葉は凄くきれい、これを見たかったんだ。うっとりするけど現実に戻り恐怖と戦おう。クレパスは深さ5m以上、落ちたら終わり、クレパスもさることながらこの先の雪渓も切れていて渓谷は深い。敗退だけはしたくなかったので登攀具を担いできている。アイススクリューにバイル、ロープがあれば雪渓の上り下りは安全にできるだろう。<
<
登攀具を使うことはなかったが際どいルートばかりで時間がかかる、大きく口が開いた所や1本橋、雪渓のトンネルまで現れた。もうこれは幕の内…イヤ横綱級だ。格闘が終わったのは2400mあたりか、ここから三ノ窓までガレ場を登っていく。中々近づかない窓、足が棒になりそうだった。スタートから7時間、やっと三ノ窓に到着、休憩しながら絶景を堪能した。池の平の尾根の紅葉は絶品だった。<
<
さあ先を急ごう、この先の北方稜線は歩きなれているので問題は無い。池ノ谷ガリーから稜線に登り上げるとまたまた絶景が待っていた。貸し切りの贅沢です。絶景を見ながら岩と戯れて剱岳山頂に登り上げたのがスタートから9時間。頑張りました。雲海が広がり上部は快晴、まるで飛行機から見る景色のようだった。<
山頂には人が多かったので記念写真を撮って直ぐに下山開始をした、別山尾根分岐で声をかけられた。今売り出し中の大作であった。初剱を早月尾根往復だった。<br>
<
さあ後は下山するだけだが長い早月尾根はこれまた試練だ。下から続々と登山者が登ってくる、すれ違いは慎重に。標高が下がると暑い、暑いとスピードが落ちてしまう。早月小屋で水分補給をして再び下山開始、標高1800mから雲の中に入り涼しくなったのでペースを上げた。松尾平で走ったら足が攣って苦しかった、ヤバい12時間切を目指しているんだ。最後の階段は半泣き状態だったが無事ゴール、12時間切ました。頑張ってよかった。。。</

お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:4872人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ