また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2755498 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 霊仙・伊吹・藤原

北鈴鹿縦走・霊仙山、三国山、御池岳、藤原岳

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年11月21日(土) ~ 2020年11月23日(月)
メンバー
天候晴れ、曇、雨、晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.9~1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち60%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

2日目
山行
6時間47分
休憩
1時間58分
合計
8時間45分
宿泊地06:3708:14P67608:1508:49ダイラの頭09:3309:39阿蘇谷分岐09:46鉄塔09:4709:53三国岳三角点09:5410:07烏帽子岳縦走路分岐10:0810:22三国岳山頂10:4310:50三国岳最高点10:5512:06鞍掛峠13:13鈴北岳13:3013:41真の池13:48鈴北岳分岐13:4914:09御池岳14:3514:50御池岳・鈴北岳分岐15:12カタクリ峠分岐15:22宿泊地
3日目
山行
3時間0分
休憩
32分
合計
3時間32分
宿泊地09:5610:20冷川岳10:26白船大神跡10:2710:44木和田尾分岐10:47頭陀ヶ平11:11天狗岩分岐11:19天狗岩11:4511:47天狗岩分岐11:4812:08藤原山荘12:1012:25藤原岳九合目12:2612:32藤原岳八合目12:52藤原岳表登山道五合目13:18藤原岳大貝戸休憩所13:25西藤原駅13:2613:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ファイル 鈴鹿山脈縦走.docx (更新時刻:2020/11/29 06:05)
過去天気図(気象庁) 2020年11月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 地下足袋+脚絆 焚き火セット ノコギリ 弁当 水筒 軍手 ラテルネ 地図磁石 防寒具 雨具 寝袋+カバー マット
共同装備 タープ ドームテント1人用

写真

国鉄東海道線柏原駅前より、伊吹が見える。近畿地方に来てしまった。
2020年11月21日 08:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
国鉄東海道線柏原駅前より、伊吹が見える。近畿地方に来てしまった。
2
古い宿場町の寺
2020年11月21日 08:14撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
古い宿場町の寺
2
霊仙山へ
2020年11月21日 08:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙山へ
3
高速道路をくぐると虹が出た
2020年11月21日 08:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高速道路をくぐると虹が出た
3
紅葉末期のやま
2020年11月21日 09:56撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉末期のやま
3
御嶽山、岐阜の金華山、恵那山
2020年11月21日 10:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山、岐阜の金華山、恵那山
3
風よけの避難施設。冷たい北風が吹いている。
2020年11月21日 10:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風よけの避難施設。冷たい北風が吹いている。
2
いつも行く山では見かけない常緑の灌木。西日本に来た感じ
2020年11月21日 11:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつも行く山では見かけない常緑の灌木。西日本に来た感じ
2
日が低くて終日斜陽な光線
2020年11月21日 11:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が低くて終日斜陽な光線
1
東方、養老山地のおそらく笙ヶ岳
2020年11月21日 11:30撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東方、養老山地のおそらく笙ヶ岳
2
石灰岩のニョロニョロに苔が付き、御嶽山の霊神碑みたいだ。
2020年11月21日 11:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩のニョロニョロに苔が付き、御嶽山の霊神碑みたいだ。
2
深さ30mの継子穴
2020年11月21日 11:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深さ30mの継子穴
1
深さ30mの継子穴
2020年11月21日 11:48撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深さ30mの継子穴
1
御嶽山と
2020年11月21日 11:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御嶽山と
2
琵琶湖と竹生島が見えちゃった
2020年11月21日 12:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖と竹生島が見えちゃった
2
石灰岩の原
2020年11月21日 12:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩の原
2
見たことのない風景です。
2020年11月21日 12:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見たことのない風景です。
3
琵琶湖が見える
2020年11月21日 12:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
琵琶湖が見える
3
霊仙の避難小屋
2020年11月21日 12:29撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙の避難小屋
2
最高点へ。風びゅうびゅう
2020年11月21日 12:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点へ。風びゅうびゅう
3
風びゅうびゅう
2020年11月21日 12:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風びゅうびゅう
5
霊仙の北東コルから白谷を見下ろす遠くに御池山など
2020年11月21日 13:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙の北東コルから白谷を見下ろす遠くに御池山など
2
霊仙の北東コルから白谷へ下る。石灰岩と苔の森
2020年11月21日 13:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
霊仙の北東コルから白谷へ下る。石灰岩と苔の森
4
石灰岩の典型的に面白い形の転石
2020年11月21日 13:39撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩の典型的に面白い形の転石
2
五僧峠近くの支沢に天場定める
2020年11月21日 15:41撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
五僧峠近くの支沢に天場定める
風のある稜線、昨日の霊仙
2020年11月22日 07:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
風のある稜線、昨日の霊仙
1
三国岳への尾根
2020年11月22日 07:20撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国岳への尾根
3
道は迷いやすく、案内は充実している
2020年11月22日 07:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道は迷いやすく、案内は充実している
1
太陽が低い。
2020年11月22日 09:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽が低い。
1
最高点は隣の高まり
2020年11月22日 10:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最高点は隣の高まり
1
ここからは人多し。峠道はうるさいエンジン音。
2020年11月22日 12:05撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここからは人多し。峠道はうるさいエンジン音。
鈴北岳、御池岳が近づくと禿山展望良くなる
2020年11月22日 12:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳、御池岳が近づくと禿山展望良くなる
2
特別な植生の風景
2020年11月22日 12:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特別な植生の風景
1
特別な植生の風景
2020年11月22日 12:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特別な植生の風景
特別な植生の風景 苔の原
2020年11月22日 12:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特別な植生の風景 苔の原
5
三国山や霊仙
2020年11月22日 12:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三国山や霊仙
3
杉の葉のような
2020年11月22日 12:44撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の葉のような
鹿が五頭、あの白い木の向こうを歩いていった。
2020年11月22日 12:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鹿が五頭、あの白い木の向こうを歩いていった。
1
日が低くて逆光
2020年11月22日 12:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が低くて逆光
石灰岩層の穴ぽこ
2020年11月22日 13:12撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩層の穴ぽこ
1
鈴北岳より御池岳、初めて見る風景
2020年11月22日 13:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
鈴北岳より御池岳、初めて見る風景
4
石灰岩の墓標と、穴ぽコ。スコットランド?
2020年11月22日 13:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩の墓標と、穴ぽコ。スコットランド?
3
水を湛えたくぼみ
2020年11月22日 13:42撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水を湛えたくぼみ
2
御池岳山頂。残置のピッケルを拝借
2020年11月22日 14:11撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂。残置のピッケルを拝借
2
御池岳山頂
2020年11月22日 14:12撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池岳山頂
6
下草なき自由な斜面
2020年11月22日 15:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下草なき自由な斜面
1
愛知川本流の源流部に降りた
2020年11月22日 15:12撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛知川本流の源流部に降りた
1
深い落ち葉で足探り
2020年11月22日 15:15撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
深い落ち葉で足探り
三本杉の炭焼き窯あと
2020年11月22日 15:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三本杉の炭焼き窯あと
1
100年の杉、青々
2020年11月22日 15:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
100年の杉、青々
2
杉葉をいただく
2020年11月22日 15:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉葉をいただく
1
杉の横の窯跡
2020年11月22日 15:33撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杉の横の窯跡
イワナ5匹
2020年11月23日 08:45撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナ5匹
1
イワナの水たまり
2020年11月23日 09:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
イワナの水たまり
1
歩きやすい山肌
2020年11月23日 10:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
歩きやすい山肌
尾根道に出た
2020年11月23日 10:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
尾根道に出た
1
養老山地と濃尾平野
2020年11月23日 10:47撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山地と濃尾平野
1
穴を穿たれた石灰岩塊
2020年11月23日 11:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穴を穿たれた石灰岩塊
3
木肌の苔が逆光に光る
2020年11月23日 11:07撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木肌の苔が逆光に光る
低い光線
2020年11月23日 11:09撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
低い光線
4
藤原岳山頂直下
2020年11月23日 11:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳山頂直下
2
天狗岩は藤原岳の最高点。後ろの三角が藤原岳1009.5mピーク
2020年11月23日 11:24撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩は藤原岳の最高点。後ろの三角が藤原岳1009.5mピーク
5
天狗岩より志摩半島と伊勢湾
2020年11月23日 11:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩より志摩半島と伊勢湾
2
天狗岩より岐阜市方面
2020年11月23日 11:28撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天狗岩より岐阜市方面
1
御池山と伊吹山。奥に金糞岳方面
2020年11月23日 12:01撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
御池山と伊吹山。奥に金糞岳方面
3
木曽三川と濃尾平野が見える
2020年11月23日 12:03撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
木曽三川と濃尾平野が見える
4
養老山地と木曽三川、伊勢湾、三河高地
2020年11月23日 12:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
養老山地と木曽三川、伊勢湾、三河高地
3
特徴的な風景
2020年11月23日 12:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
特徴的な風景
2
藤原岳避難小屋
2020年11月23日 12:10撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳避難小屋
2
紅葉の絨毯
2020年11月23日 12:51撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
紅葉の絨毯
5
山麓神武神社
2020年11月23日 13:16撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山麓神武神社
3
藤原駅の登山計画書カード入れ
2020年11月23日 13:27撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原駅の登山計画書カード入れ
1
三岐線藤原駅
2020年11月23日 13:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三岐線藤原駅
1
かわいい黄色い電車
2020年11月23日 13:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
かわいい黄色い電車
2
よく揺れます。
2020年11月23日 13:36撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よく揺れます。
1
杖を拾いました。
2020年11月23日 13:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
杖を拾いました。
3
硬券です。
2020年11月23日 13:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硬券です。
3
藤原岳東面のセメント工場通過
2020年11月23日 13:46撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
藤原岳東面のセメント工場通過
2
石灰岩掘削斜面が見える
2020年11月23日 13:50撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
石灰岩掘削斜面が見える
2
コロナ対応ラーメン@名古屋駅
2020年11月23日 15:26撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コロナ対応ラーメン@名古屋駅
3

感想/記録

雪もまだない水も冷たい三連休、ほぼ未踏の鈴鹿北部を縦走とした。強気の時間読みではじめ霊仙から御在所までの計画で出たが、ガツガツ行ってもダルい!と、無理ないペースにしたら、藤原岳まででちょうどよかった。石灰岩の特徴的な風景の山は、ふたりとも初めてで新鮮に感激。行ったこと無いけど、スコットランドってこんな感じ?
電車入山電車下山で旅情も満喫、天場は沢ヤの勘で地図を見ればすぐに見当がつく快適な谷。谷と尾根も近く自由なライン取りができて、里から近いのに深山でもあり、良い山域だと思った。

1日目・霊仙山・柏原ルート
名古屋で朝ごはん食べて汽車で入山、理想的だ。滋賀、岐阜、三重県警で、まだコンパスに対応していない三重県警宛に、登山計画書を封筒で柏原駅前ポストに投函する。

今週は11月下旬にしては気温が高い。でも今日から北風が吹いて下がっていくという。終日太陽が低くて、なんだか夕暮れをずっと歩いているようだ。でも日光があるだけありがたい。石灰岩の山の特徴的な風景が初めてで、すごく心に残る。はじめに継子穴(ママコ穴)が強烈。30mの縦穴が空いている。その周りには御嶽山の霊神碑のように墓場のような白い石灰岩が取り囲んでいた。霊仙の山頂付近にはピークがいくつもあるが、風が結構強く、1083.5ピークの山頂に乗って帰る。あまりの強風に、ハイハイしているお姉さんもいた。

今日中に五僧あたりまで進めたいので白谷を下降して、白谷林道を行くことに変更する。沢源頭はどこでも快適に泊まれそう。林道手前の堰堤がいくつもあり、左岸巻道は結構高度感あり。林道はコンクリ舗装されていて、地下足袋にはキツイ。転石が多く車は来られない。最近読んだ本の話など交わしながら歩く。五僧は峠の東側に昔集落があったとのこと。こちら西側にはお墓が二基。枝沢に入って小さな二股の間に幕営適地あり。昔集落の人が炭を焼いたり杉を植えただろう跡がある。火を囲みくつろぎ、スコッチを飲む。随分飲んでしまった。気温が高く寒くない。

2日目・三国岳〜御池岳
4時起きでメシを済ませ5時過ぎにはスタンバイしていたが、全然明るくならず、火を見て待つ。斜面を上り国境稜線に戻る。美濃と近江。この一帯は国境の山脈が一本ではなくて複雑で、しかも畿内からの出口だし、さぞや歴史的に色んな事情の人たちが越えようとしていろんな結末になったんだろうなあ。小さな峠一つ、小さな沢型一つに、などと思いながら三国境を目指す。稜線の道はかなり不明瞭なところもあるが、丁寧な案内板や色テープが充実している。こういうところを時間に追われて歩くと碌なことがない。山頂は三国境。これまで、日本の三国境をいくつ登っただろうということが結構気になり始めた。帰ったら数えてみよう。

鞍掛峠からは人が増えた。下の自動車道からはうるさいエンジン音が絶え間ない。うるさいエンジンの車ほど、峠道が好きなようだ。人もクマもシカも、みんな黙って聞いている。鈴北岳が近づくと、かつて歩いたことのない、石灰岩風景となる。一面の苔、琵琶湖や伊吹山、濃尾平野や御嶽山まで。しかも冬至の低い太陽が陰陽を付けてくれて素晴らしい。遠くの木立をシカが数頭、ゆっくりと逃げていく。樹林限界以上はほぼ石灰岩原野で、鈴北岳は完全に展望のきく良いところ。御池岳までの平地は石灰岩層特有のくぼみがあちこちにあり、面白い。

御池岳から、また天場を探して谷へ。愛知川の源流、真ノ川の源頭あたりも心地よいところだ。一応道記号が山と高原地図にはあるけれど、無かった。水がわき始めるあたりで大きな三本杉のところに炭焼き窯跡があり、100年近く前、ここで人の営みがあったことが伺える。鈴鹿の滋賀側は、20年前にも神崎川源流で見たが、この山の民の忘れ形見が面白い。この泊まり場は、昼ぐらいに地形図をみて見当を付けた。出発前の予定ではどこまで伸ばせるかわからなかったが、地形図で良さそうな泊まり場がすぐに見つかるのも、この山域の良いところだ。谷が浅くて広く、快適だ。
夕方から雨が降り始めたのでタープを張る。快適だ。夜中にすごい風になり、雨もざばざばになった。

3日目・藤原岳越え
8時ころまで雨がしょぼしょぼ降り、完全に出る気をなくす。昨日の夕方は、きょうは明るくなる6時半発で竜ヶ岳あたりまで行こうと話していたが、ゆっくり起きて火を熾してお茶飲んでおモチを焼いたりして10時に出る。雨は8時にやんで日も射した。天場脇の水たまりにイワナが5匹も居てびっくりした。30mほど先の木の枝伝いに、サルが10匹ほど谷を横切っていった。シカの遠吠えがキーンキーンと盛んに聞こえる。ラジオで始まったビートルズ特集を切って出発。10分たらずで稜線に戻り、藤原岳の最高点、天狗岩へ。こっちが最高点なのか、と現地で地図を見て初めて知る。この山域は、山頂がいくつもあって最高点と頂上とがずれる山が結構多い。藤原岳はこっちってことにする。20年前にも登っているし。

山頂で、一人の姉さんとあちこちのルートの話などする。写真も撮ってもらった。
藤原小屋周辺は人も多く、小屋もひと目、中を覗いて、下る。泥が滑って苦労する人が多いようだ。下山となるとスピードが上がり、1時間半足らずで下ってしまった。

三岐線終点の藤原駅は、周りに商店など無し。発車20分前でちょうどよし。硬いきっぷを名古屋まで買う。車両貸し切り。よく晴れた空に、セメント工場、石灰岩採掘岩壁、藤原岳、伊吹山、と次々遠ざかる。富田で近鉄に乗り換えたらすぐに名古屋についた。近いものだ。駅前の地下街でラーメンとビールで打ち上げ。コロナ対応で横並び衝立付き。明るいうちに帰宅して、近所の銭湯に行けた。最終日に余裕があるのって悪くない。無理して縦走距離を伸ばさなくてよかった。また続きをやろう。

感想/記録

 「鈴ハイ(鈴鹿ハイキング)」を目指して歩き出したものの、泊まりの大ザック背負って歩ってたのは我々くらいなものだった。
 水を携行しない我々は、縦走する稜線から一下りして天場を求めたのだったが、鈴鹿山脈という山は予想以上に素晴らしい幕場を提供呉れた。ここ最近の私の林業での仕事場が鈴鹿山脈北部と同じく石灰岩台地であり、親しみある風景が展開したがやはりこちらは広葉樹主体の自然林であり、流下する沢の源頭は針葉樹人工林のそれとは違って大らかな空間を成しており、お陰で大層快適な夜を過ごした。
 柏原駅から歩き出し、ガツガツせずにのんびり歩き、適当な頃合いを見計らって適当に見繕った泊地で宿る。強風下の霊仙岳、三県境の三国岳、苔の道、鈴鹿最高峰・御池岳への庭園風台地、そして藤原岳天狗岩。三岐鉄道の終点・西藤原駅に下山し、鉄道にて帰途に就くという理想的な山行を成せた。
 地図が読めて、沢登りの多少の心得があれば自由度の高い登山の適う心地好い山域である。日帰りで登った14年前の霊仙では感じられなかったことである。
 
 今回は途中で終わった鈴鹿山脈の縦走、続きの計画を立てるのが今の愉しみである。既にトレースのある神崎川を絡めて、いずれ柘植駅まで繋ぎたい。布引山地も?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:781人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2012/6/8
投稿数: 3348
2020/11/24 5:38
 名コンビ
 ヨネ&マッチャン?でいいよね〜 名コンビですね
 3日間お疲れ様
 今回は、山なんだ?いつも沢が多いから、野営の写真の見たかったです
 さすが、ヨネちゃんの写真の腕前は、とても上手なのは毎度なんですが、被写体のまっちゃん、も、尚いいですね
登録日: 2007/5/15
投稿数: 6021
2020/11/24 8:24
 いとーさんRe: 名コンビ
野営の写真は、いずれ忘れた頃にでも。山頂付近は人多かったですが、それ以外は静かで奥深な山域ですね。
登録日: 2008/6/30
投稿数: 953
2020/11/24 19:24
 Re: 名コンビ
イトゥーさん
どうもありがとうございます。イトゥーさんのマップ赤線、イイですね。
登録日: 2011/5/3
投稿数: 508
2020/11/27 16:12
 Re:「ガツガツ行ってもダルい!」
Yoneyamaさん、こんにちは。ベルクハイルです。
Yoneyamaさんの山歩きの記録は、写真も良いし、文章も素敵ですネ。

文章の最初のあたりに書いてある「ガツガツ行ってもダルい!」。

私も(年のせいもありますが)、若いころのように「ガツガツ歩く」のではなく、のんびりと山を歩く楽しみが解ってきました。

山歩きは(トレラン大会とかは別として)、他人との競争ではないところが、他のスポーツとは一線を画していますよね。

どれだけ長距離を歩いたか? いくつの山頂に登ったか? ではなく、どれだけ楽しかったか? 、どれだけ山を味わえたか? が重要だなぁと思う今日この頃です。
登録日: 2007/5/15
投稿数: 6021
2020/11/29 21:20
 ベルクさんRe: Re:「ガツガツ行ってもダルい!」
山がスポーツでない部分は、他者との競争では無いところで、そこが私にはいちばん重要です。誰かと競争だと思うと、イッキにやる気が無くなるのです。人生全般に。
ゆっくり行けば行くほど見えるものが多いと、最近特に思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ