また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 2796522 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

常念岳〜大天井岳〜燕岳 周回

情報量の目安: S
-拍手
日程 2020年12月11日(金) ~ 2020年12月12日(土)
メンバー
天候12/11 晴れ→曇り
12/12 曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
宮城ゲートに自転車デポ後
登山口である一ノ沢林道ゲート前へ移動

車はゲート前にある鳥川渓谷緑地の駐車場を利用させて頂きました。
https://goo.gl/maps/LGEtygVp5DprN79F8
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.7~0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち31%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
10時間33分
休憩
2時間41分
合計
13時間14分
Sスタート地点03:4404:45常念岳登山者用駐車場05:04一ノ沢登山口05:0605:17山ノ神06:10王滝ベンチ06:1506:38烏帽子沢06:3907:10笠原沢07:1308:16最終水場08:4409:40常念小屋09:5610:42三股への分岐点10:48常念岳11:0711:12三股への分岐点11:46常念小屋12:0213:08横通岳13:1914:52東天井岳15:0615:56大天荘16:3316:41大天井岳16:5016:58大天荘
2日目
山行
8時間39分
休憩
1時間29分
合計
10時間8分
大天荘06:0406:15大天井岳06:2006:36槍ヶ岳・大天井岳、常念岳分岐06:4106:42小林喜作レリーフ06:4808:02大下りの頭08:0908:26蛙岩08:3309:07燕山荘09:1509:21いるか岩09:42めがね岩09:44燕岳09:5509:59めがね岩10:09いるか岩10:15燕山荘10:2610:34ベンチ10:3510:57合戦山10:5911:05合戦小屋11:22富士見ベンチ11:2311:35第3ベンチ11:4011:54第2ベンチ12:06第1ベンチ12:24中房温泉登山口12:2912:41有明荘12:4213:26中房第五発電所13:2713:57観音峠13:5814:42有明山表参道登山口入口15:02宮城ゲート15:1415:16宮城ゲ-ト駐車場16:12ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
■一ノ沢林道ゲート〜一ノ沢登山口
約5.3kの林道歩き  標高差約350m

■一ノ沢登山口〜常念小屋
1600mくらいから徐々に雪、1800mくらいから完全に雪面歩き、深い所で50センチくらい
小屋までツボ足歩行で夏道通り

■常念小屋〜常念岳
吹き溜まりに少し雪が残っている程度、チェーンアイゼン使用

■常念小屋〜大天井岳
基本夏道通り、登山道に雪が溜まっている部分は極力避けながらツボ足で歩行

■大天井岳〜燕岳
大天荘からのトラバース道は使用禁止となっていたので大天井岳山頂からの尾根ルート利用、まだ暗かったので何度か迷った。
岩稜地帯の急な下りなのでそれなりに危険。
縦走コース合流までチェーンアイゼン使用。
合流後は吹き溜まり避けながらツボ足で夏道歩行

■燕岳〜中房温泉登山口(合戦尾根)
合戦小屋までは雪面歩きだがまだ登山道以外歩けない。
合戦小屋までチェーンアイゼン使用。

■中房温泉登山口〜宮城ゲート
約12kの林道歩き、路面に雪は全く無い

■宮城ゲート〜一ノ沢林道ゲート
自転車移動 
距離約12k 標高差 下り 約170m 登り 約350m

水場 → 一ノ沢ルートの最終水場利用
トイレ → 一ノ沢登山口も中房温泉登山口も閉鎖されていました。

★大天井荘冬季避難小屋
利用料金1人 1000円 トイレなし
ギロチン式の扉が地面から50センチくらいの所にあり跨いで入る感じ、中は2段になっており結構広い
10人くらいなら普通に利用できそう、小さい窓もあり光も入る
※利用料金は室内にある料金箱?に入れるのが正解だったよう
その他周辺情報◆しゃくなげの湯
安曇野市内の方 500円  市外の方 700円
https://goo.gl/maps/F7Kxsz4eiDmE3kih7
広々として綺麗で設備も充実、ほぼスーパー銭湯

◆たぬき食堂
https://goo.gl/maps/YUxJDBWKqPdyeJXH6
田んぼの真ん中にポツンとある食堂
ボリューム満点&安い!謎メニュー多数だが初めてで手を出せず

過去天気図(気象庁) 2020年12月の天気図 [pdf]

写真

一ノ沢林道ゲートからスタート!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢林道ゲートからスタート!
5
一ノ沢登山口
標高1300mくらいだが全く雪無し!
2020年12月11日 05:05撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一ノ沢登山口
標高1300mくらいだが全く雪無し!
1
ブルーアワーの森

拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ブルーアワーの森

8
烏帽子沢を登る
早い段階で左手に常念岳が見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
烏帽子沢を登る
早い段階で左手に常念岳が見える
何度か渡渉を繰り返すが
氷結してなかったので助かった
(n)後ろからドボンを狙っていたのに・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
何度か渡渉を繰り返すが
氷結してなかったので助かった
(n)後ろからドボンを狙っていたのに・・・
4
トラップにハマるnakkiさん
気分イイ♪
(n)序盤〜中盤はヘロヘロでした
2020年12月11日 07:41撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラップにハマるnakkiさん
気分イイ♪
(n)序盤〜中盤はヘロヘロでした
8
(n)氷のアート
(k)一生懸命撮ってただけのことはあるね!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(n)氷のアート
(k)一生懸命撮ってただけのことはあるね!
12
胸突八丁からの登り部分
ここら辺が一番雪深かった
(n)ワカンは二日間使用せずお重り状態
2020年12月11日 07:58撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
胸突八丁からの登り部分
ここら辺が一番雪深かった
(n)ワカンは二日間使用せずお重り状態
5
嫌らしいトラーバース道も雪フカフカで楽勝
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
嫌らしいトラーバース道も雪フカフカで楽勝
4
稜線に出た瞬間にこの展望
でも欲を言えばもう少し雪が欲しい!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線に出た瞬間にこの展望
でも欲を言えばもう少し雪が欲しい!
11
ザックデポして常念岳へ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ザックデポして常念岳へ
10
常念岳頂上
昨年9月以来3回目♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳頂上
昨年9月以来3回目♪
18
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前穂〜奥穂〜涸沢岳〜北穂
12
山頂から大天井岳方面
北アの大展望、鷲羽岳〜鹿島槍ヶ岳まで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂から大天井岳方面
北アの大展望、鷲羽岳〜鹿島槍ヶ岳まで
7
龍王岳〜立山〜剱岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
龍王岳〜立山〜剱岳
11
針ノ木岳〜燕岳〜蓮華岳〜鹿島槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
針ノ木岳〜燕岳〜蓮華岳〜鹿島槍ヶ岳
8
富士山と南アルプス
雪なさそうですね
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山と南アルプス
雪なさそうですね
9
八ヶ岳も雪がない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳も雪がない
8
槍〜穂高を横目に下山
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍〜穂高を横目に下山
4
横通岳と常念小屋
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳と常念小屋
5
横通岳頂上
常念岳をバックに記念撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
横通岳頂上
常念岳をバックに記念撮影
10
槍ヶ岳と三流モデル
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳と三流モデル
11
夏道は吹きだまりでズボズボ、疲れます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夏道は吹きだまりでズボズボ、疲れます
7
適当に尾根歩いてハイマツ漕ぎ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
適当に尾根歩いてハイマツ漕ぎ
1
東天井岳頂上
背後は大天井岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
東天井岳頂上
背後は大天井岳
11
常念岳と横通岳
東天井岳より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳と横通岳
東天井岳より
8
槍ヶ岳
東天井岳より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳
東天井岳より
7
燕岳
背後は針ノ木岳と蓮華岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳
背後は針ノ木岳と蓮華岳
5
大天井岳
東天井岳より
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳
東天井岳より
9
槍〜穂高
二人とも初めて歩く区間なので新鮮な感動が続く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍〜穂高
二人とも初めて歩く区間なので新鮮な感動が続く
3
常念岳から大天井岳まではアップダウンが多く距離も長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常念岳から大天井岳まではアップダウンが多く距離も長い
富士山
手前に鳳凰三山〜甲斐駒ヶ岳〜北岳〜仙丈ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
富士山
手前に鳳凰三山〜甲斐駒ヶ岳〜北岳〜仙丈ヶ岳
11
大天荘に到着
疲れたのでテント泊は諦める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天荘に到着
疲れたのでテント泊は諦める
3
冬季避難小屋
ギロチン式の扉
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季避難小屋
ギロチン式の扉
8
冬季避難小屋内にある案内
しかし帰宅後連絡するも「電話番号利用されておりません」
でした。
結局燕山荘事務所に掛けて利用を伝えました。
2020年12月11日 17:02撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
冬季避難小屋内にある案内
しかし帰宅後連絡するも「電話番号利用されておりません」
でした。
結局燕山荘事務所に掛けて利用を伝えました。
10
大天井岳頂上
夕焼けタイム後半だったが何とか間に合った
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳頂上
夕焼けタイム後半だったが何とか間に合った
27
槍ヶ岳夕焼けショー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍ヶ岳夕焼けショー
31
夕焼空にそびえたつ槍ヶ岳
カッコいい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
夕焼空にそびえたつ槍ヶ岳
カッコいい
45
日が暮れる
記念ショット♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日が暮れる
記念ショット♪
20
(k)小屋に戻って夕食
私は妻が仕込んでくれた定番のキムチ鍋
2020年12月11日 17:37撮影 by DSC-RX100M3, SONY
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(k)小屋に戻って夕食
私は妻が仕込んでくれた定番のキムチ鍋
21
(n)いつもの手抜き晩飯
セブンの冷凍チャーハンとインスタント焼きそば
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(n)いつもの手抜き晩飯
セブンの冷凍チャーハンとインスタント焼きそば
18
オタ棒in光るビール
ムーディーな演出に後輩Kにっこり
(k)このネタいつまで続ける気?
(n)まだ12本残っています
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
オタ棒in光るビール
ムーディーな演出に後輩Kにっこり
(k)このネタいつまで続ける気?
(n)まだ12本残っています
23
二日目の朝
ゴルフの練習する後輩K
(k)掃除じゃい!
完全人任せの挙句このイジリ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
二日目の朝
ゴルフの練習する後輩K
(k)掃除じゃい!
完全人任せの挙句このイジリ
10
大天井岳頂上
ガスガスです
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大天井岳頂上
ガスガスです
7
どんより空模様でご来光は不発
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どんより空模様でご来光は不発
3
真っ白な景色見ながら黙々と歩く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
真っ白な景色見ながら黙々と歩く
2
大岩の間を通る
蛙岩の近く?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大岩の間を通る
蛙岩の近く?
5
燕山荘到着
営業していない時期に来たのは初めて
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕山荘到着
営業していない時期に来たのは初めて
8
(k)仕方なく燕岳へ向かう
(n)北燕岳までは断固拒否された・・・冷たいヤツだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(k)仕方なく燕岳へ向かう
(n)北燕岳までは断固拒否された・・・冷たいヤツだ
6
(k)コイツのせいで!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(k)コイツのせいで!
9
(k)と思ったていたら今回初の雷鳥に遭遇
(n)白い雷鳥久々で嬉しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(k)と思ったていたら今回初の雷鳥に遭遇
(n)白い雷鳥久々で嬉しい
38
(k)いやー、山頂行って良かった(笑
(n)現金なやつ・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
(k)いやー、山頂行って良かった(笑
(n)現金なやつ・・・
26
燕岳頂上で記念撮影♪
偉そうバージョン
(n)なんかムカつくんですが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳頂上で記念撮影♪
偉そうバージョン
(n)なんかムカつくんですが
17
合戦尾根を下る
歩いてきた稜線を眺める
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
合戦尾根を下る
歩いてきた稜線を眺める
7
燕岳登山口
まだ先は長い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
燕岳登山口
まだ先は長い
9
12Kの林道歩き
う〜ん長い・・・
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
12Kの林道歩き
う〜ん長い・・・
7
チャリで一ノ沢林道ゲートへ
約12キロ、最後の登りがキツいです、ザックデポして正解
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チャリで一ノ沢林道ゲートへ
約12キロ、最後の登りがキツいです、ザックデポして正解
5
最後まで漕ぎ続けてゴール!
少し待って後輩K押し歩きでゴール(笑
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最後まで漕ぎ続けてゴール!
少し待って後輩K押し歩きでゴール(笑
9
しゃくなげの湯
山行後のお風呂は最高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しゃくなげの湯
山行後のお風呂は最高
11
たぬき食堂で晩飯
味もボリュームも大満足、ごちそう様でした♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
たぬき食堂で晩飯
味もボリュームも大満足、ごちそう様でした♪
10

感想/記録
by nakki

後輩Kと常念岳〜大天井岳〜燕岳へ
12/11
初めて歩いた常念岳〜大天井岳の縦走路は展望良くて大満足♪
大天井岳から見た夕焼けが綺麗で感動。
小屋泊は快適でしたがテント泊断念した事は後悔。
12/12
燕岳で遭遇した白い雷鳥は可愛らしかった♪
表銀座コースは終始ガスで残念、また来年機会があれば同じ時期に歩いてみたい。
最後の自転車移動12キロが今回一番辛かったかも(笑

約一ヶ月振りの山行はキツかった・・・先頭ラッセルで歩く後輩Kについていくだけで精一杯、これから冬本番、徐々に調子を上げていこう。

感想/記録
by kiya99

nakkiさんと今年最後の北アルプスへ行ってきました。

12月に入り北アルプスへのアクセス道は多くが閉鎖。しかし雪の状況はと言うと今のところ11月と変わりなさそう。と言うか最近は晴天続きでむしろ減ってるのでは?
そういう考えから今回の行先を常念小屋から燕山荘までの縦走に決定。丁度休みも2日あり初日の天気は良さそうだ。

当初はソロ予定だったが一応nakkiさんにお伺い。また白山日帰りを計画していたようだがあっさり乗ってきた。しかも今回はいつもの優柔不断作戦も無かった。何が決定打だったのかな?

前日お互い仕事終了後チャリ2台載せて福井出発、宮城ゲートにチャリデポし一ノ沢林道ゲートへ移動、3時頃には駐車場に着いた。
スタート予定は4時だったしお互い一睡もしていない。30分だけでも仮眠しようかと話していたが、星空も見へ気分も乗ってきたのでそのまま出発。
実は今回移動中の車内でお互いマイナス発言連発(気乗りして無いとか行先変更しようとか)。でも準備し始めると二人ともワクワクしてきてヤル気満々になるから不思議だ。

一ノ沢登山口までの林道歩きは5kほどで宮城ゲート〜中房温泉間(12k)の半分以下。今回のコースはどちらから入るか多少迷ったがこの部分で決まったと言って良い。宮城ゲートからだと燕までは行けるが大天井までとなると自信が無かった。
5kなら二人で喋りながら歩けばあっという間に一ノ沢登山口到着。
登山道に入ってもしばらくは雪すら無し、悲しくはあるが想定通り。王滝ベンチ辺りからやっと雪見え出し、やがて雪面歩行。予想通りトレースは無く脛くらいまで埋まる部分も出てきて少しヤバいかな?と思っていたが、胸突八丁からの急登で再び雪少なくなり一安心。結局常念小屋までツボ足で行けた。と言うか私の足回り装備はチェーンアイゼンのみ(nakkiさんはワカン携帯)。
少し舐めすぎだったかな?

天気も良く常念小屋に出ると穂高〜槍の稜線がドカーンと見えた♪。確か合戦尾根は燕山荘手前から槍がチラ見えしてしまうがこちらはそれが一切無い。シュチュエーション的には100点満点で大好きなコース。妻と初めて来た時の感動は今でも良く覚えている。

ソロでの計画は常念岳寄らず大天井向かう予定だったが、生粋のピークハンターが一緒なので常念岳へ向かう。私は正直付き合いで行ったがピークに立てば来て良かったと感謝。少しだけ大展望を満喫して小屋へ戻る。

再び重いザックを担いで今度こそ大天井岳へGO!二人とも北アルプスはそこそこ歩いている方だと思うが、なんと二人とも常念小屋〜大天荘区間は初めて。
行先決める時もこのポイントは大きかった。と言うのも私は100高山は達成しようと思っているので途中にある横通岳と東天井岳は絶対登りたかった。
天気は下り坂だったと思うがなんとか両座とも展望良い状態で登頂。横通岳は登山道からさほど外れておらず難なく登れたが東天井岳は正面から登ってしまい苦労した。回り込んだ側に道があったようだがそこまで調べてこなかった。

予定の1時間遅れくらいで大天荘に到着。nakkiさんは到着前まで出来ればテン泊とうるさかったが睡眠無し&半日行動で二人ともクタクタ。最後の長い稜線歩きは風もあり体も冷えた、さすがに諦めてくれたようだ。
予想通り貸切の冬季避難小屋に転がり込む、直ぐにお湯を沸かしてコーヒーを飲んだ、旨いに決まってる。
しかしモタモタしたせいで、大天井岳山頂アーベンタイムに見事遅刻。荷物だけ置いて直ぐ出ようと言っていたnakkiさんには申し訳無い事をした。
戻ってビールで乾杯して夕食を満喫、テントだったらこうはなら無いので壁と屋根は偉大、冬季小屋は天国だ。
しかし宴会もそこそこで終了し19時過ぎには就寝したと思う。

翌日は6時頃出発、天気予報も悪くガッスガスなら明るくなるまで待つしか無いと思ったが視界はそれなりにあった。
トラバース路は通行止めだったので山頂からの尾根ルートで慎重に下りる。まだ暗かったのもありこの区間が今回一番の危険箇所であった。
なんとか表銀座ルートに合流し一安心。ココからは基本なだらかな稜線歩きとなり天気良ければ最高だが、この日は展望ゼロで偶に小雪も舞っていた(笑。

吹き溜り箇所には苦労したが、昨日のものと思われるトレースあり助かった。黙々と歩きCTくらいで燕山荘到着。ガッスガスの真っ白であったがまたもや生粋のピークハンターがうるさいので仕方なく燕岳へ向かう。
しかし向かってみると真っ白な雷鳥の番いに遭遇、直前まで「今回雷鳥見れなかったね」と話していたのでnakkiさんは持っていた。

真っ白な山頂で記念撮影後小屋へ戻って下山開始。合戦小屋くらいまで雪多かったがこちらもトレースバッチリでサクサク下れた。
その後もスリップに気を付けながら高速道路な合戦尾根下って中房温泉へ下山したら、今回初めて人と遭遇。
ソロの男性で外国人、今から登られるつもりなのか片言の日本語で「ウエニヒトハイマシタカ?」と聞かれ居ないと答えた。時刻は既に12時を回っていたが無事避難小屋辿り着けただろうか?。

夏時期ならここで「お疲れさん」だが、ココから12kの林道歩き、しかも私達はそのあとにチャリ漕ぎもある。
2人とも年末年始の小屋営業中に燕岳来た事あるので歩くのは2度目だがやっぱりココは長かった。と言うか2度目の方が長く感じる。
なんとか2時間半ほどで歩き終へいよいよ最後の自転車漕ぎ。もちろん重ザックは宮城ゲートにデポして向かったが、最後の鳥川渓谷までの登りキツかった。nakkiさんは最後までチャリ漕いでいたが、私はいつも通り手押しでゴール‼(笑)

私は身体が芯まで冷えたしnakkiさんは腹ペコだったよう。お互いの要望纏まり温泉寄って夕食、nakkiさん行きつけ?の食堂ご飯も美味かったが、私は温泉の湯船に浸かった瞬間が最高なご褒美であった♪

今回も雪の少なさに助けられただけではあったが、12月にこのコースを周回出来たので達成感は大きい。寒さに対する免疫もだいぶ戻ってきた。が、今年の登山はもしかしたら今回が最後となったかも?

そして来年からは毎年恒例?の厳冬期白山へチャレンジだ。3度目の正直となるだろうか?
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:3074人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2015/1/22
投稿数: 2151
2020/12/16 2:35
 素晴らしい!
こんばんは(^^♪
この時期、中房線も一ノ沢線も閉鎖の中、チャリを駆使して周回(縦走)とは流石ですね〜
特に中房から宮城ゲートまでの12km徒歩が辛そう。。冬靴でしたか?
大天荘も冬期避難小屋あるんですね!
最近は避難小屋泊の便利さにはまりつつあるので、私も大天荘か常念小屋の避難小屋泊で登りたい〜
一の沢からの常念岳は以前に林道閉鎖後に徒歩で登りましたが、5km程度なので何とかなりそう。私も常念小屋〜大天井岳の間は歩いたことないので。
ただ、前回は12月上旬でまだ雪が多くなかったので行けましたが、もうそろそろ厳しいかもしれませんね^^;
ロングコースお疲れ様でした
登録日: 2013/11/14
投稿数: 1153
2020/12/17 6:42
 Re: 素晴らしい!
茶太郎さんおはようございます。

12月に一ノ沢登山口から登られたレコ検索したら一発で茶太郎さんレコヒットし、かなり参考にさせて頂きました。
そのレコに書かれておりましたが、ここら辺の林道歩きで5kは確かに短い方なのでアクセスしやすかったです。

私はミドルカットの夏靴です(汗)、今回はかなり重い装備削りました。初冬の北アルプスもある程度分かってきたので稜線出れば大丈夫かなと。まあホントはダメなのですが(汗

茶太郎さんも常念小屋〜天天井間まだなのですね、展望良いし多くの山見えるのでオススメですよ。
大天井の冬季小屋も良かったです!ご存知の通り山頂近いですし、小屋の周りでも十分展望良いですしね。でも漫画はありませんよ
(笑)。

今回の寒波で大天井はかなり厳しい場所となったでしょうね。年末年始の燕岳側からなら小屋営業期間中にいかれる方居るみたいですが。
でも宮城ゲートからの林道12kは何度歩いても長いです(>_<)
登録日: 2013/9/7
投稿数: 1053
2020/12/21 23:12
 Re: 素晴らしい!
返信遅れて申し訳ありません!
しばらくチャリばかり乗っていたので今回結構キツかった・・・山の筋肉と違うのかな?
私の靴はモンベルの2500でライトな冬靴って感じです。
後輩Kの手抜き装備に惑わされ12本アイゼン&ピッケルは直前に省きました^^;
大天井岳二回目ですがここ良いですね、小屋から山頂まで10分だし各縦走路の中間地点なので360度の展望がナイスです。
厳冬期か残雪期ここでテント泊したい・・・今度は燕岳側からトライしてみようかな。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ