また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3081407 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 八ヶ岳・蓼科

本沢温泉野天風呂・テント泊(硫黄岳断念〜海尻駅)

情報量の目安: S
-拍手
日程 2021年04月16日(金) ~ 2021年04月17日(土)
メンバー
天候曇り〜雨
アクセス
利用交通機関
電車タクシー
川崎〜小淵沢普通3080円×2

小淵沢前泊〜小海駅990円〜本沢温泉入口までタクシー6240円

復路は海尻駅まで徒歩。小海駅戻り210円〜小淵沢990円

已む無く、あずさ利用、チケットレス1480円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.1~1.2(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち79%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
2時間50分
休憩
2分
合計
2時間52分
S本沢入口09:3710:40ゲート前登山口10:4111:06富士見平11:0712:12本沢温泉方面分岐12:29本沢温泉
2日目
山行
3時間31分
休憩
20分
合計
3時間51分
宿泊地06:5807:07本沢温泉方面分岐07:54富士見平07:5508:09ゲート前登山口08:1108:42本沢入口08:5609:22稲子小屋(廃屋)10:02稲子登山口10:0510:49JR海尻駅G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
ゲート以降は残雪あり。小屋近辺にかなりの残雪。軽アイゼン、チェーンスパイク必須。ツボ足注意。

復路は本沢温泉入口以降は雨も相まって粘土質ありの道で滑る。転倒注意。
その他周辺情報小海駅前食堂、徒歩5分位に山崎ストア(AM7:00開店)ありだが、弁当等の品数は少なく現地調達のあてはしないほうがいい。タクシー1台程度しかないようで先を越されたら戻りを待つしかない。小海線、バスの本数少なし時刻表に注意。小海沿線駅ほぼ無人駅。駅前にはなにもない。

装備

個人装備 ヘッドランプ ファーストエイドキット ツェルト ストック 携帯トイレ

写真

小淵沢駅近くでみたこれなんだけ1
今回はすべてiPhoneSE2で撮影。容量重いなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小淵沢駅近くでみたこれなんだけ1
今回はすべてiPhoneSE2で撮影。容量重いなー
1
前泊の晩飯に小淵沢駅売店で買った天むす。ぷりぷりのエビが入ってて美味しい。750円。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
前泊の晩飯に小淵沢駅売店で買った天むす。ぷりぷりのエビが入ってて美味しい。750円。
1
小海駅到着。タクシー乗り場あるが、いなかったので小海タクシーに電話。今どっかいってるから待ってれば来るとか。1台しかねえのか。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小海駅到着。タクシー乗り場あるが、いなかったので小海タクシーに電話。今どっかいってるから待ってれば来るとか。1台しかねえのか。
本沢温泉入口。6240円。バスでは来れない。4WDなら更に先に入れるようだが。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本沢温泉入口。6240円。バスでは来れない。4WDなら更に先に入れるようだが。
1
後ろは稲子登山口バス停まで歩ける道。帰りはここからひたすら歩くつもり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろは稲子登山口バス停まで歩ける道。帰りはここからひたすら歩くつもり。
コンパスに届け済み。さあいきますよー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
コンパスに届け済み。さあいきますよー
なぜか登るのきつく感じる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なぜか登るのきつく感じる
最初のゲート。一台いるなー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のゲート。一台いるなー
ここらかは車無理みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここらかは車無理みたい
残雪が、登りもさっきよりきつくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪が、登りもさっきよりきつくなる
足とられるんだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足とられるんだな
ゲートですな。除雪車とかはいったりきたりしてるらしいが。きキャタピラの跡が、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゲートですな。除雪車とかはいったりきたりしてるらしいが。きキャタピラの跡が、
登っていくと原生林ぽく
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登っていくと原生林ぽく
足とられる。端を通ったり。下手なとこ通るとツボ足に
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
足とられる。端を通ったり。下手なとこ通るとツボ足に
日陰だから残ってるんだ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日陰だから残ってるんだ
端歩くのは注意しないと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
端歩くのは注意しないと
滑落したらやばいよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
滑落したらやばいよ
残雪なくなったりするんだけど
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
残雪なくなったりするんだけど
ちょっとひらけてくる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっとひらけてくる
ハゲヤマって。なんかこんなのがあっちこちに
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ハゲヤマって。なんかこんなのがあっちこちに
こういうとこ危ない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうとこ危ない
なんだかさっきと時間違うような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだかさっきと時間違うような
こういうとこは足早にすすむ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こういうとこは足早にすすむ
崩壊してるので迂回路
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
崩壊してるので迂回路
けっこう斜度あるから
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
けっこう斜度あるから
登り切れば楽だが狭い
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登り切れば楽だが狭い
すぐ降りる。注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐ降りる。注意
降りて崩壊した手間だろうか土嚢みたいなんみえる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降りて崩壊した手間だろうか土嚢みたいなんみえる
すすむ。キャタピラの跡が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すすむ。キャタピラの跡が
なんか動物みたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんか動物みたい
みどり池、しらびそ小屋への分岐
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
みどり池、しらびそ小屋への分岐
幕営地。1張もなかったが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
幕営地。1張もなかったが
道沿いにある水場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道沿いにある水場
これは煮沸したほうがいいみたい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは煮沸したほうがいいみたい
ここから温泉小屋までけっこうな残雪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここから温泉小屋までけっこうな残雪
橋わたって。ってか橋の下渡渉したほうが早いが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋わたって。ってか橋の下渡渉したほうが早いが
表の鐘ならしても出ないから入って鐘鳴らした。テントと野天風呂2000円払う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
表の鐘ならしても出ないから入って鐘鳴らした。テントと野天風呂2000円払う
こっちが外トイレへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちが外トイレへ
積雪期は閉鎖されてます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
積雪期は閉鎖されてます
よし、幕営地の上のここにしよう
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よし、幕営地の上のここにしよう
よし。硫黄岳いくか、野天風呂いくか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
よし。硫黄岳いくか、野天風呂いくか
さて硫黄岳は本沢温泉小屋過ぎてこっち。いけたらいくんだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて硫黄岳は本沢温泉小屋過ぎてこっち。いけたらいくんだが
チェーンつけ。油断するとツボ足になっちゃう。どこまでかわからないがまだまだ残雪ありで体力消耗するので近々行く人はご注意を
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンつけ。油断するとツボ足になっちゃう。どこまでかわからないがまだまだ残雪ありで体力消耗するので近々行く人はご注意を
これは硫黄岳へは無理か
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これは硫黄岳へは無理か
野天風呂へむかってるんだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
野天風呂へむかってるんだが
こっちだなんだって
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こっちだなんだって
いつまでもつかんような
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いつまでもつかんような
硫黄岳爆裂火口はみえん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳爆裂火口はみえん
硫黄くさくなってきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄くさくなってきた
あけてー。手を突っ込むと十分入れる温度。普通に42度くらいあるだろうか。閉めてるから保温されてるな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あけてー。手を突っ込むと十分入れる温度。普通に42度くらいあるだろうか。閉めてるから保温されてるな
常にかけ流し自然の菅から供給されてるのだろうか
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常にかけ流し自然の菅から供給されてるのだろうか
1
この色がいい。誰もおらずゆっくりできました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
この色がいい。誰もおらずゆっくりできました。
ふ〜。自撮り棒で撮りまくってたけどろくなアングルはなかったははは。カラダ見たくない人スルーして。登山道から見られたら手を振ろう思ったが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ふ〜。自撮り棒で撮りまくってたけどろくなアングルはなかったははは。カラダ見たくない人スルーして。登山道から見られたら手を振ろう思ったが
1
底は砂利なんだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
底は砂利なんだな
雲上の〜、日本最高点の、らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
雲上の〜、日本最高点の、らしい
1
ポツポツ降ってんだけど。着替えなど入れたアタックザックを雨具でかぶせている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポツポツ降ってんだけど。着替えなど入れたアタックザックを雨具でかぶせている
成分というか効能
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
成分というか効能
硫黄岳は諦めてメシ炊く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳は諦めてメシ炊く。
目離したらふきこぼれて一度火が消えてまた付けてなんとか普通に炊けた。が底一部固かった
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
目離したらふきこぼれて一度火が消えてまた付けてなんとか普通に炊けた。が底一部固かった
1
カルビ焼き肉を焼く。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カルビ焼き肉を焼く。
2
余ったのを夜半にウインナーと。てんきとくらすなどで明日あさての天気と登山指数をチェック。残念だがやはり明日撤収することに。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
余ったのを夜半にウインナーと。てんきとくらすなどで明日あさての天気と登山指数をチェック。残念だがやはり明日撤収することに。
1
朝はウインナと塩ラーメン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝はウインナと塩ラーメン
1
結局誰もこず、雨の中上手に撤収。降ってるんだこれが。さて出発。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結局誰もこず、雨の中上手に撤収。降ってるんだこれが。さて出発。
いけたもんじゃないよな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
いけたもんじゃないよな
思ってたよりすぐ到着。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
思ってたよりすぐ到着。
ここまで下りはやっぱ楽だね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまで下りはやっぱ楽だね。
1
さてこっちへ突っ切る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さてこっちへ突っ切る
1
ぬかるみじゃないんだけど、
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ぬかるみじゃないんだけど、
こやって伐採の道とか分かれるんだけど本道はわかる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
こやって伐採の道とか分かれるんだけど本道はわかる
なんだか時々粘土質な地面で滑りそうになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか時々粘土質な地面で滑りそうになる
廃屋になってると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
廃屋になってると
チェーンとらなきゃよかったかもな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チェーンとらなきゃよかったかもな
急ではないが下ってる。逆に登りだとめんどいかも
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急ではないが下ってる。逆に登りだとめんどいかも
分かれても後で合流すると
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分かれても後で合流すると
多分ここで合流したんだと思う
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
多分ここで合流したんだと思う
だいたい集落がみえるあたりで
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
だいたい集落がみえるあたりで
登山道っぽくなる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登山道っぽくなる
出口はすぐ。だがここ落ちたら怖いとこ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
出口はすぐ。だがここ落ちたら怖いとこ
1
なんだか人の家の前お入口になってるんだな
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
なんだか人の家の前お入口になってるんだな
さて海尻駅までいきます
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さて海尻駅までいきます
橋わたらずこっちへ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
橋わたらずこっちへ
渡ってなんか寺が
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
渡ってなんか寺が
1
天然記念物らしい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
天然記念物らしい
海尻のヒメコマツ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海尻のヒメコマツ
1
千曲川じゃんかー。
小諸なる古城のほとり、雲しろく〜
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
千曲川じゃんかー。
小諸なる古城のほとり、雲しろく〜
1
海尻駅。1時間かからなかった。下りだし。次の小淵沢行きは2時間半待つから拓けてる小海駅へ一度戻ります。腹減った。ここまでテント場から約4時間かな。ここから逆コースだと登りだからもっと時間かかるしめんどいだろうね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
海尻駅。1時間かからなかった。下りだし。次の小淵沢行きは2時間半待つから拓けてる小海駅へ一度戻ります。腹減った。ここまでテント場から約4時間かな。ここから逆コースだと登りだからもっと時間かかるしめんどいだろうね。
2

感想/記録

いよいよ八ヶ岳。キレット挑戦の赤岳以北の偵察も兼ねた山行。といっても今回の最大の目的は野天風呂なんだけど。あわよくば初日に硫黄岳か天狗岳に行き、翌日に天気がよければと、予備日も想定しました。甘かったけどね。

初日に温泉と登山を行うので早めに行こうと小淵沢駅で前泊。旅籠屋じゃらん割引5750円。広い部屋でのんびりできる。タブレットでネットしようとしたが充電用のUSB-Cケーブルを忘れてしまい、このままでは山では充電が切れて困ると、調べたら900m先にローソンが。税抜き980円と高くついたけどモノはイイ感じだった。でも結局ほぼ使わなかった。なんだよそれって。

iPhoneのライトニング、バッテリとデジカメ用のmicroUSB、そして今回bluetoothモバイルキーボードを購入し、持って行ったがまさかのminiUSB端子。いつの時代だよって言いたかった。充電のみで使用するので山行ではほぼ充電持つと思うのだが一応持って行った。これでUSB-C入れると4つ持っていかないといけない。端子統一して欲しいよな〜。変換プラグはあまり使い勝手がよくないので非常時以外は使いたくないんだけど。ちなみに予備バッテリは薄いの3つあります。これで2泊3日程度であれば十分持ちます。

さて前泊で始発610の小海線に乗ることが可能であったが、朝軽食が出るというので750のに変える。これでも早く行けるので平気だろうと。しかし軽食といっても5個100円のロールパンみたいなんしかなく、こんなもの食べるより早く出発すればよかったと後悔。

そして小海駅900到着。登山道入口ではなく少しでも早く行きたかったので本沢温泉入口までタクシーでいくこととした。駅前に居なかったので迎車をお願いしたら今出てるということ。待ってれば来ますよとのことですぐに来た。1台しか動いてないのかよって。6240円。想定より若干高くついた。

しかしこの前泊とタクシーのダブルは今回ほぼ役にたたないこととなった。なんでだよって。

本沢温泉入口からゲートまで、急坂ではないが、単調なせいか疲れた。ゲート以降も残雪があり、チェーンは到着まで使用せず足を取られて難儀した。つけりゃよかったじゃんって後の祭りである。登りにはつけるほどでないと思ったが登るほどにツボ足に注意な残雪になった。

さて本沢温泉到着。手前の幕営地は1張もなかった。本沢でも客がいないような雰囲気。入口に入って鐘を鳴らします。はーいって出てテントと野天風呂の料金を払う。それぞれ1000円。連絡先だけ記入してはいどうもって。領収書も出さんのかよって思った。外トイレはもろに便器穴がみえて気持ち悪かった。なんとかしろよって。まあ自分はいつも携帯トイレ等を使用するのでそれほど頻繁にはいきませんが。

そして幕営。この頃雨がちょっと強くなる。だがまだやんだり降ったり。さーて温泉みてくるかー。誰もいないうちにと。

温泉までツボ足残雪に苦労した。まあチェーンつけましたが。温度が低く、入れないのではないかと思いつつ。タオルと着替えも持っていく。カメラは自撮り棒を持っていく。おお井戸みたいだなとおもいつつ、木のフタを開けて手を入れる。おおおお42度位はあるんじゃねと。これは入れると思い。半分くらいフタを開け、裸になる。一応不測の事態に備え、水着可なのでアディダス履いた。

野天風呂は気持ちいいことこの上ない。ただ、硫黄くさいw。誰も来ず、独占状態だった。上を見上げると登山道あるので誰か通るとみられるんだけど。まあ全裸に近いが全裸じゃねえしと。そして着替えは雪山用の中厚手のタイツとシャツを着る。冷えるといけないので。着替え終わったら気付いたら人が来たのでどうぞと言ってテントへ帰る。

というか本当は硫黄岳か天狗岳へ行った後に入るつもりだったが、本沢温泉までですら想定より時間がかかり、のんびり幕営。雨も強くなったりやんだりと、野天風呂付近では見上げると霧、ガスってるので諦めてとうとう先に入ってしまった。入浴後は14時過ぎていたのでもういけません。何のために前泊、タクシーで早く来たのか自問自答、反省しつつ。あすあさってにすることに。

だが天気の予報は悪くなるようで、あさってにしても同じ。荒天時に無理にいっても危ないし景色も望めません。熟考の末、予備日もあきらめ、明日撤収することに。おそらく山行せずは初めての経験です。まあ第一の目的の野天風呂のんびり入れたからよかったけど。ここまででも登山の一部ではあるけど。

帰りは温泉入口を超え、登山道入口バス停まで直進して歩き、近いほうの海尻駅まで歩くことにした。まあ時間あるからだけど。

翌朝は5時前に起き、札幌一番とソーセージの朝食後に撤収作業に入る。この頃は雨が土砂降りではないが普通に降っており。外に出てのんびり撤収作業することは難しく。テント内でテント以外をパッキング、ザックカバーをかぶせ、雨具をきて準備万全にして外に出る。おそらく雨の中のテント撤収は初めてじゃなかろうか。

テントをパッキングするが、水をすってるのか重たい感じになった。そしてパッキング後に周囲をみたがやはり他のテントはなかった。さていくか、この時700数分前。

帰りはほぼ下り一辺倒。一部迂回路の登りあり。雨具着込んで雨の中歩く。本沢入口までほぼ問題なく進む。そこから直進する林道に入る。ここがぬかるんではなかったが粘土質な部分があり、何度となく滑りそうになった。その度に踏ん張ったり、一度は膝をついた。広い道なので尻もちついたところでそれほど危険はない。両側は伐採しており、伐採する道など枝道が多かったがリボンどおりいけば問題なかった。

そして登山道っぽくなって急な下りとなって下に集落がみえてきたら出口です。登山道バス停に出ます。ここまでテン場から約3時間だった。

当初はここから徒歩で往復するつもりだった、下りはいけるがやはり登りは難儀すると思う。最初は急登で登り切ったらそれほどな急坂ではないが、単調な道なのでつまらないかとも思う。

バス停に出たらあとは舗装された一般道。松原湖駅と海尻駅どちらにしようかと思ったが、若干近い海尻駅にいくことに。淡々と歩きこれも下りが多く、1時間もせずに駅に到着した。この頃、雨がポツポツとほぼ止んだ。

海尻駅は無人駅。1100前に到着。次の小淵沢行きは1324だったか。恐ろしい。小諸行きは10数分後に来るので雨具を脱いで靴をホームの手洗い場で洗って、小諸行きに乗った。小海までいけば駅前に食堂等あるので食事したりして待とうと考えた。210円が余計な交通費なんだけど。鍋焼きうどんを食べる。

さて食事してもまだ1時間あり、ぶらぶら近くの店にまわった。山崎ストアがあるなー7時開店か。まあなにかの店と兼用なのか弁当なども品数なく、生鮮食料の確保なら当てにしないほうがいいでしょう。駅前のスーパーみたいなんもあったが朝何時開店かはわからない。

さてさてやっときた小淵沢行きに乗って帰ります。待機中に寒さを感じたが知らず知らずにズボンの尻の上部あたりが濡れていることに気付く、おそらく雨具のズボンがザックなどでずれて下がって浸水したものと思われる。ここまできたらそれほど気にすることないのだが、湿度が高いのか雨具を脱いでもよくかわらず、大事をとって小淵沢からはあずさに乗ることにした。1480円位ケチっても今更しょうがねえって思ったんだけど。というかあずさでも結構時間かかるんだよね。

まあ精神的にのんびりと構えてなんとか南武線もなんとなくすぐで最寄り駅に到着した。雨はこっちでも降っているようでしたが。今回は残念なことになったが何も事故もありませんでしたしお金は普通以上にかかって野天風呂入っただけという結果になりましたがやはりこれもいい経験になりました。うーんこれからはもっといろいろ考えないとね。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:487人

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ