また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 3295428 全員に公開 トレイルラン 奥武蔵

奥武蔵ロングトレイル105k〜俺たちの彩の国2021〜

情報量の目安: A
-拍手
日程 2021年06月19日(土) ~ 2021年06月20日(日)
メンバー
天候初日→雨 2日目→明け方から晴れ
アクセス
利用交通機関
電車
行きも帰りも飯能駅。飯能駅は俺たちのChamonix。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.4~0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
奥武蔵ロングトレイル105kに再び挑んできた。
その振り返り。

写真

朝食は富士そばのうどん。この味ならコンビニでいいかなって思った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝食は富士そばのうどん。この味ならコンビニでいいかなって思った。
2
駅で準備。結果遅刻。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
駅で準備。結果遅刻。
2
最初のカレーは愛甲山への登りで。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最初のカレーは愛甲山への登りで。
2
ここで整いたいなぁ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここで整いたいなぁ。
2
ウノタワ手前の稜線。幻想的。景色を味わう余裕あり。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウノタワ手前の稜線。幻想的。景色を味わう余裕あり。
2
グリーンラインへ登り返し。刈場坂からぶな峠まで2キロなのに、10キロの道のり。なぜ・・・・。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
グリーンラインへ登り返し。刈場坂からぶな峠まで2キロなのに、10キロの道のり。なぜ・・・・。
2
ゴール。疲れ切った。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴール。疲れ切った。
2
ひろさん作成の地図。これを見ながら飲めるね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひろさん作成の地図。これを見ながら飲めるね。
3
写真集-1
photo by ネイチャー中西さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真集-1
photo by ネイチャー中西さん
2
写真集-2
photo by ネイチャー中西さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真集-2
photo by ネイチャー中西さん
2
写真集-3
photo by ネイチャー中西さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真集-3
photo by ネイチャー中西さん
2
写真集-4
photo by ネイチャー中西さん
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
写真集-4
photo by ネイチャー中西さん
2
取り忘れ
提供者 オビオジ戦隊 へなちょこレンジャー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
取り忘れ
提供者 オビオジ戦隊 へなちょこレンジャー
2
ゴールしたみなさま。お疲れさまでした。ありがとうございました。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ゴールしたみなさま。お疲れさまでした。ありがとうございました。
3

感想/記録

【コースの計画や振り返り等】
・走れることが決まったのが前日のお昼過ぎ。そこから慌てて準備。

・準備はできたけど、それほど気合は入らず、キツイの分かりつつも、サウナ入りまくって、ビール飲んで当日を迎える。

・朝ごはんは富士そばのうどん大盛り、さほどおいしくなく、富士見台まで歩いていく意味なかったなぁと。

・飯能駅で準備、久々の方、初めましての方、いつもの顔、いろいろな人に会えて、少しやる気が出てくる、でも集合場所へは遅刻。ごめんなさい。

・8時20分くらいにスタート。走り始めての体調にもよるが、だいたい24時間くらいで行こうと思ったのでコース計画はこんな感じ。

・名栗通過10時間、山伏峠通貨14時間、ゴール24時間。

・子の権現まではいつもの道を淡々と。ひろさんと話しながら。ひろさんの話を聞いて今以上に体に負荷をかけてスピードを磨くより、長く競技が続けられる体に作り替えようか真剣に考える。あとベースの筋力、筋持久力をあげたいな。

・子の権現から原市場までは走りやすい道、だけど、蜘蛛の巣多くて気持ちよくは走り切れず育った蜘蛛の巣が少なかったのがせめてもの救い。

・原市場のハッピードリンクで初めての大休憩。レッドブル購入。買っといてよかった。

・愛甲山への登りでカレーを食べて元気元気。本仁田山〜小沢峠区間はやはりいやらしい。棒ノ折から名栗への下りもいやらしい。名栗着が8時間35分くらい。予定より1時間弱速い。飛ばしすぎたかな。

・名栗で30分くらい休憩。夜に備えたり、補給食を計算して買い足したり。ここでジュースやフラスクに入らなかった麦茶等をがぶ飲み。これで胃が弱ってしまった。ここに来るまでに少し冷えてたんだろうな。腹巻も上手く巻けてなかったし。

・名栗から有馬山への登りはやっぱり長く2時間くらいかかった。でも竹内さんのおかげでそこまで長く感じなかったな。蕨山が終わりでなく、通過っていう気持ちで挑んだのがで気持ちを切らさなかったのも大きかったかも。

・有馬山からは稜線区間。途中いい景色が見れて、無理ないペースで淡々と進む。鳥首峠から大持の肩区間はさすがに疲れた。ちなみにこの区間の補給は主に粉飴。初めて粉末の粉飴を投入したけど、これがいい感じだった。次も採用だね。

・肩で後続の竜さん、中西さんと合流。妻坂峠まで一気に下り、そのまま武川→山伏へ。この区間でキーさんと合流。雨降る中駆けつけてくれて感謝。一気に場が和んだ。

・テーピングがゆるゆるだったため、下りは気持ちよく走れず。雨の日のテーピング対策ないがしろにしてきたけど、ちゃんとやろうと思った。

・山伏峠で大休憩。RDが設置してくれたエンジェルボックスに助けられた。

・伊豆ヶ岳への登りはあっという間。そこから正丸峠→虚空蔵峠→刈場坂峠へ。虚空蔵峠手前の下りがめちゃくちゃ嫌な感じだったな。

・この区間であるメンバーがはぐれていることが発覚。雨も強くなってきてたし、とにかく心配で走りに集中できない。そのうえ、不明瞭な道に迷うことなく、集中して下らなくてはいけないことから、一気に疲労が押し寄せる。西吾野に下ったところでRDと連絡。状況が分かるまで一旦中断。少し下山した自動販売機で休憩。

・無事が確認できたので再開。ここで疲労が一気に来た。ごまかしごまかし進んできた胃の調子も悪く、寒気もして、ダメな感じ。胃薬、ミルクティー、先にホッカイロ腹張りで対処。いいペースで進めないから行ってもらおうと思ったけど、一緒に付き合ってくれた、ほんと感謝。

・グリーンラインに復帰してからもペースが上がらない。でも、ちょっとづつお腹がすいてきたので、胃は元気になってきた感じがした。腹ペコペコ状態で関八州到着。ここでカレー食べて、復活。よかった!

・ただ、これは一時的なもので、すぐにお腹すくだろうなってのが分かってたので心配しつつも足に力が入って走れる喜びで途中飛ばしてみたりした。

・八徳におりて顔振峠に登り返したところでやっぱりお腹がすく。これはまずいなぁと思いつつ、ジェルなどを入れてみるがやはり力が入らない。ということで竜さんにいつものパンを分けてもらう。これがなかったら危なかったかもなー。

・なんやかんやでユガテについたあたりでボロボロ。日が照って暑くあってきたのも追い打ちをかける。2年前の彩の国よりつらかったな(笑)

・富士見茶屋で諸々対応を終えて、逆走してきたRDと合流。走る以上に気づかいでいろいろと大変なことがあっただろうに、そんな愚痴をこぼすことなく笑顔で話すRDにはほんと感謝しかない。

・高麗のセブンで大休憩。お腹がすいてすいてしかたなかったので、ここで食べれてよかった。お腹も膨れて寝たかったけど、残り4キロくらいかな、皆で歩いてゴール。最後に達矢さんと久々に話せてよかった。

・打上げに参加したかったけど、家族のこともあるのでまっすぐ帰宅。少し寝て子供と遊んだり、父の日ということで嫁の実家でご飯食べたり、うつらうつらしながら平和な午後を過ごした。

【反省点など】
・名栗で冷たい梅ジュースを一気飲みしたのが失敗。胃がやられた。
・要股ずれ対策。足裏対策。
・食べれない→寒い→復活→一気にお腹がすく→食料が足りないっていう流れ、補給食が足りなかった。
・胃薬とホッカイロで胃が元気になった気がする。
・食べれなくなったときでも食べれる補給食を持たなかったのもよくなかったな←準備不足だけど、まぁ今回は仕方ないね。
・靴を脱いで足裏ケアをしてもテーピングが緩まないようにする対策←永遠の課題。
・前半飛ばしすぎだったのかな。

次回やるならRDのサポート。
もし、タイム狙うなら飯能前泊で4時スタート。
日のあるうちに伊豆ヶ岳まで抜ける計画にしたい。

雑文で一気に書いた。
後日修正すると思う。
お気に入り登録-
拍手した人-
訪問者数:296人

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

関連する山の用語

タワ ロング 前泊 テーピング
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ