また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4269860 全員に公開 積雪期ピークハント/縦走 槍・穂高・乗鞍

新穂高-鷲羽岳往復山行

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月06日(金) ~ 2022年05月08日(日)
メンバー
天候1日目2日目は晴天
3日目はガス
アクセス
利用交通機関
車・バイク
GWだが早朝出のため混雑なし
経路を調べる(Google Transit)
GPS
22:50
距離
35.6 km
登り
3,003 m
下り
2,987 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.3~1.4(ゆっくり)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち67%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間34分
休憩
13分
合計
8時間47分
S新穂高温泉バス停06:4707:00登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)07:0507:32お助け風穴07:3307:54中崎橋07:5408:09笠新道登山口08:0908:33わさび平小屋08:3809:04小池新道入口09:0510:22秩父沢出合10:2310:39チボ岩10:4011:05イタドリが原11:0613:57弓折岳13:5714:05弓折乗越14:0614:35花見平14:3514:57くろゆりベンチ14:5915:33双六池15:3415:38双六小屋
2日目
山行
10時間12分
休憩
38分
合計
10時間50分
双六小屋04:2805:30中道分岐05:3105:54丸山05:5506:30三俣蓮華岳06:3106:52三俣山荘06:5208:22鷲羽岳08:4409:34三俣山荘09:3510:31三俣峠10:3211:05丸山11:0511:41中道分岐11:4112:14双六岳12:1512:59双六小屋13:1013:12双六池13:1314:03くろゆりベンチ14:0414:26花見平14:2614:43弓折乗越14:4414:53弓折岳14:5715:25宿泊地
3日目
山行
2時間46分
休憩
12分
合計
2時間58分
宿泊地04:2705:09イタドリが原05:0905:57小池新道入口06:0606:23わさび平小屋06:2406:36笠新道登山口06:3606:46中崎橋06:4607:00お助け風穴07:0007:15登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)07:1807:23新穂高温泉駅07:2307:27ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
秩父沢 山に向かって左を巻く。
鏡平から弓折岳 急な雪稜の登りで少し緊張した。今回以降の時期だと厳しそう。
弓折岳〜双六小屋までの稜線 雪庇や踏み抜き注意
その他周辺情報早朝下山したのでどこも立ち寄らず

写真

ワサビ平小屋
2022年05月06日 08:28撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ワサビ平小屋
小屋とコーラ。このコーラが今日の登りの燃料です!
2022年05月06日 08:28撮影 by iPhone 12, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋とコーラ。このコーラが今日の登りの燃料です!
1

感想/記録
by moco


かねてから、自分にとって未開の地であった裏銀座にチャレンジしてきました。
本当はブナ立尾根→新穂高の縦走希望だったが、交通の便、2泊3日という制約、何よりテン泊なんて2年ぶり以上?!という ブランクから考えて新穂高からの往復にしました。

5月6日午前1時半、茨城の自宅を出て、急いで新穂高に向かいます。登山を開始したのは午前6時半。秩父沢の出会いまで約2時間ほどひたすら林道歩きます。秩父沢からは雪があったので1700メートル位の標高でアイゼンを装着。
やはり久しぶりのテン泊、軽量化に気を使ったつもりだったがペースが上がらない…
2000メートルくらいの標高から鏡平へ行くトレース有り。鏡平を目指しつつ、途中から弓折岳の稜線に乗る。
弓折岳についた時点で予定を大幅にオーバー。そして自分のスタミナも尽きていたので、とても三俣蓮華までは無理と判断し双六小屋で幕営することに。小屋までの稜線歩きはときたま雪庇に穴が空いているので慎重に進みました。
15時過ぎに双六小屋着。
他には避難小屋に1グループと、離れたところでテン泊のおじさんだけなので、ほぼ貸切です。
快晴無風でただただ静かな時間が流れる。双六小屋はケータイも使えないので、景色を見ながらビールを飲むことしかやることがない。
この時間のために登っていると言っても過言でではないなーと思う。7時には就寝。

翌日5月7日、3:00起床。明日はGW最終日。遅くまでかければ水晶までは行けるだろうけど、明日は家でゆっくりしたい気持ちが勝り、鷲羽岳ピストンを目指すことに。4:30出発。
双六岳〜三俣蓮華岳付近はこの時期踏み抜きが酷いらしいが朝は雪がしまっていて快調。6時過ぎに三俣蓮華岳、8時半に鷲羽岳に登頂する。三俣蓮華山荘付近は、もうハイマツがかなり出てきており、時折かき分けながら進みました。帰りに双六岳もちゃんと山頂踏んだけど、この時点でかなりバテバテ…
久しく登っていなかったが辛い…
明日早く降りるために鏡平まで降りることに。
弓折岳まではバテバテand踏み抜きで時間を大幅ロス。下降点からは稜線に沿って降りるが、かなり急なのと雪が緩んでいることもあり緊張しました。
3時半に鏡平着。残念ながら槍の穂先は雲の中。
8日未明、何度か小雨が降り、時折強めの風もあったため、あまり眠れず。8日も3時起床、4時半発。
8日は終始ガスの中を進む。秩父沢はホワイトアウトしており、適当に進んでいたら沢の降りるべき岸側と逆に行きそうだったので、途中で位置を見ながら軌道修正する羽目になりました。木々の間を縫うのは今回何度目だろう…
大体3時間を見込んでいた下山ですが、おおよそ予定通り7時半頃下山。

連休最後ということもあり、すれ違ったのは通算でも10人もおらず、どのピークも独り占めでした。ゆるやかに登れてお腹いっぱいの山行でした。
あと、近づくと水晶岳はカッコよかったので、次の機会には今度こそ目指そうと思います。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:508人

コメント

青空が気持ちよく静かな山行でしたね。スキーの滑降跡もちらほら見え、楽しそうな場所。行ってみたい。
2022/5/8 15:20
山スキーの方は何人かいましたね!シュプールも沢山あり、素晴らしい斜面も沢山ありました!
2022/5/8 20:46
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ