また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4280235 全員に公開 山滑走 槍・穂高・乗鞍

黒部周遊・高天原温泉と鷲羽岳北東ルンゼ

情報量の目安: S
-拍手
日程 2022年05月03日(火) ~ 2022年05月07日(土)
メンバー
 xx101(CL)
, その他メンバー2人
天候おおむね晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)
GPS
104:00
距離
47.6 km
登り
4,498 m
下り
4,491 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間15分
休憩
14分
合計
8時間29分
S新穂高温泉無料駐車場06:5608:10中崎橋08:36わさび平小屋08:5010:10秩父沢出合15:20双六池15:25双六小屋
2日目
山行
11時間48分
休憩
47分
合計
12時間35分
双六小屋06:0509:05丸山10:40三俣山荘10:5013:00鷲羽岳13:3015:50ワリモ北分岐15:53岩苔乗越16:0018:40高天原山荘18:40高天原温泉
3日目
山行
9時間50分
休憩
0分
合計
9時間50分
高天原温泉06:0012:10高天原山荘15:50岩苔小谷二俣
4日目
山行
5時間55分
休憩
16時間10分
合計
22時間5分
岩苔小谷二俣06:0508:20祖父岳23:0009:50黒部川水源地標11:2011:50三俣山荘13:00三俣峠14:40双六小屋15:00大ノマ乗越下
5日目
山行
4時間14分
休憩
9分
合計
4時間23分
大ノマ乗越下06:5210:01わさび平小屋10:1011:05登山口(双六岳・笠ヶ岳方面)11:05新穂高温泉無料駐車場11:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻

写真

感想/記録
by xx101

初日。

3時間ほどの車泊睡眠を経て出発。
かつてGWにゲートすぐ手前まで滑ってこれた年もあったが、今年は3月以降の貧雪と高温のため例年通りかそれ以上の貧雪。
まさかのワサビ平小屋を過ぎてもまだしばらく担ぎが続き、川沿いの道となってからようやく雪がつながるようになった。
前日に降雪があったおかげで山はそれなりに白く、美しい。
燦燦と降りそそぐ日光の下、長い長い大ノマ乗越までの道を進む。
大ノマ乗越からはシールを剥いで標高差200mほどを落とす。新雪がダマになって雪崩れる変な雪で滑りにくい。日射面だからなぁ
再びシールを履いて双六谷を詰めてゆく。歩行の支障になるほどではないがけっこう沢割れしている。前はこんなに割れてたっけなぁ…
二俣で湧水があったので汲んで双六小屋へ上がる。
この日はここから滑った樅沢で泊まるつもりだったがすでに水も汲めているし雪も微妙だしまぁいいか、となって小屋脇泊。
油断するとすぐに足がつりまくる辛い一日だった。
漢方薬とこまめな給水が欠かせないお年頃。

二日目
トラバースルートで稜線を行く。
出てすぐにクトートラブルで捜索作戦で1時間ほどロス。見つかってよかった。
トラバース後稜線に乗ったあたりで一昨日から日本オートルートに単独で挑戦中のKさんと遭遇。
三日目朝でここって…早い、早すぎだよ。
お互いの安全を祈って別れる。
三俣蓮華はトラバースで巻いて三俣山荘のコルへ滑走。なかなか快走。
這松の切れ目でシールを履いてここから鷲羽岳へ登り返し。
稜線の東側へわずかにへばりつく雪に乗ってシールで進む。
傾斜が強くなったので稜線の登山道に出てここからシートラ。
詰め上げていくと右手には山頂直下のカールが見えてきて、気持ちよさそうなシュプールが見える。
ロケーションも抜群なのでこちらを滑りたかったがそのまま登り返しになるため泣く泣く見送る。
山頂で写真を撮ってから周辺を偵察。
地形図で目をつけていた北東面のルンゼは十分滑れそうだ。
板を履いて北側の肩まで滑り、そこからルンゼを落としていく。
予想通り雪の状態もよく、なかなかいい滑りを楽しめた。
標高差250mほど落としてから隣の沢を登っていく。風がなくて猛烈に暑い。
フラフラになりながらコルまで詰め上げたらもう16時。
岩苔乗越までは雪が付いてなくて板を担いでゆき、そこから岩苔小谷を落としていく。
ここは7年前に高天原温泉へ行ったときも滑っていてあまり苦労した記憶はなかったのだが、行ってみると地形と植生(針葉樹)がめんどくさいことになっており2300mくらいで登山道に沿うのをやめて沢筋に行ってみたがここでもほどなく行き詰まり、同行者のシール不調もあり仕方なく担ぎとなって高天原の小屋まで登り返し。
薄暗がりの中温泉を探すも、この辺も先行者のトレースが入り乱れておりよくわからん。
加えてあとでわかったが温泉までは沢割れがあって渡渉が必要となっており、時間的にも厳しそうなので一本手前の小沢沿いで水が取れる場所で行動を打ち切る。久々の13時間行動。

三日目
テントを置いてまずは温泉探索へ。
近いのでスキーは置いてアイゼンで向かう。
明るくなると地形がよく見え、一か所渡渉して降りていくと温泉沢発見。
事前情報通り、お湯は入ってなかった。
上流まで調べに行ってみていちばん有望そうな源泉から残置されているホースを使い湯舟へ。
湯が溜まるまでの間にテントへ一旦戻って撤収し、装備一式を温泉沢へ移動させる。
戻るとお湯がまぁまぁたまっていたのでここで念願の入浴!
程よくぬる湯で長風呂が楽しめるがいかんせん日射しが強い。
適当なところで切り上げて出発する。
この日は赤牛に行くのは止めて岩苔小谷を登り返していく。
最後の二俣のロケーションがなかなかいい感じだったので右俣へ入ったところの高台で行動を打ち切る。
ここも沢割れがあって水が汲めた。
正面に水晶岳、後ろに爺岳、遥か向こうに薬師岳を中心とした日本オートルート北部の連なりが臨める大変素敵なテンバだった。


四日目
朝焼けの中出発。
カリカリの右俣に一本伸びる先行トレースを追う。
先行は水線から左岸台地へ上がっておりそのまま左岸の尾根に乗って稜線へ。
爺が岳から雲の平へ延びる稜線だが這松がすごくて薄いところを探して進む。
やっと途切れたところからさらに北側を巻き気味に登り、最後は担いで山頂へ。
この旅2つ目のピークだ。
今日はまだ朝で余裕があるし快適なのでのんびり写真を撮ったり周辺を観察したりする。
南面すると眼下に黒部源流。
黒部五郎カールは私の記憶と大きく異なって黒い、みんなどこ滑ったんや?
薬師、赤牛、水晶、一昨日登った鷲ヶ岳、そして槍ヶ岳とぐるっと一望、なかなかない眺めだ。
去りがたいが先に進む。
ここからシールを剥いで黒部源流へ超快適滑走。
爺の東南面をトラバース気味に滑ってあっという間に黒部源流。
ここで私は源流で釣り、同行者は空荷で滑りを満喫。(ちなみに魚影なし、釣れず)
カンカン照りの太陽の下、三俣山荘へ登り返す。
ちなみにこの日は平日のためか一昨日までそれなりにいた人影はほとんど見当たらず。
往路と同様に三俣蓮華の山頂は割愛しトラバースルート。
滑っていけるラインをチョイスしたら激!這松漕ぎに突っ込む。
スキー板を這松の茂みにぶん投げながら藪漕ぎでなんとか突破して、この先はシールを履いて双六小屋へ。
小屋周辺は初日に止まった時と比べ、テントもなく雪も減って閑散としていた。
水のあるとこまで行こうという話で双六谷を滑走するが3日前と比べて雪がかなり減っており賞味期限切れの様相。
大ノマ乗越が見渡せる場所にテントを張って終了。
酒が激余りの人が多く、飲み放題状態だった。

五日目(最終日)
もう帰るだけだということでのんびり出発、準備していたら双六小屋に泊まってた人たちに抜かれる。
ぼちぼち登っていく、朝でカチカチのため最初から担いでいく。
大ノマ乗越で先ほどのパーティに追いついて写真を撮ってもらった。

そして大滑走。
気持ちいいがちょっとまだ早くてガリゴリ気味。
そして滑りすぎて藪に突入してしまいまたも藪漕ぎしてなんとか登山道へ戻るが、往路より雪は減っていてそのまま担ぎのまま新穂高へ。

この時期5日間も好天が続くのはなかなかないので(雪の量はさておいて)山に入ってよかった。
次は7年も置かずにまた訪れたい。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:73人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ