また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4282530 全員に公開 雪山ハイキング 槍・穂高・乗鞍

4年越しのリベンジ蝶ヶ岳。またしても蝶ヶ岳にフラれるのか?

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年05月08日(日) ~ 2022年05月10日(火)
メンバー
天候曇り⇒風雪⇒快晴
アクセス
利用交通機関
電車バス
今回はソロなので、JR利用で上高地入りしてみることにした。
高尾駅を6時過ぎ始発の普通松本行きに乗ると、特急の通過待ちなどもなくスムーズに松本駅到着(青春18きっぷみたい<使ったことないけど)。しかも松本バスターミナルから1日2本のみの上高地ライナーという直行バスにもちょうど接続でき、一気に上高地バスタ11:55着。徳澤や横尾で前泊する計画なら、この移動手段アリ。
都心まで逆行して前夜からの夜行バスよりも身体が楽。二人以上なら自家用車で行くけど、下山後にビールを飲めないのが難点w。そしてあずさを使わないので交通費が安い! 高尾在住のメリットを発見した気分!w
経路を調べる(Google Transit)
GPS
15:45
距離
26.5 km
登り
1,338 m
下り
1,346 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 1.0~1.1(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち88%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
1時間36分
休憩
31分
合計
2時間7分
S上高地バスターミナル12:0612:11無料トイレ12:1212:20小梨平12:58明神館12:5913:03徳本口13:43徳沢公衆トイレ14:1214:13徳澤園
2日目
山行
6時間34分
休憩
12分
合計
6時間46分
徳沢公衆トイレ06:5908:46チューダイ広場11:44長塀山11:5011:53カモシカの池11:5412:27妖精の池12:2912:55蝶ヶ岳12:5613:39蝶ヶ池13:4113:45蝶ヶ岳ヒュッテ
3日目
山行
5時間15分
休憩
1時間30分
合計
6時間45分
蝶ヶ岳ヒュッテ07:4307:44蝶ヶ池07:4707:52蝶ヶ岳ヒュッテ07:5307:56瞑想の丘07:5708:34蝶ヶ岳・蝶槍間分岐08:5410:25槍見台10:3210:51横尾11:1512:10徳澤園12:3912:41徳沢公衆トイレ12:4213:21徳本口13:28明神館13:3114:08小梨平14:15河童橋14:1614:26上高地バスターミナル14:28ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年05月の天気図 [pdf]

写真

またしても蝶ヶ岳にフラれるのか?
2022年05月11日 16:49撮影
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
またしても蝶ヶ岳にフラれるのか?
明神では子ザルを抱いた猿が多数。この写真が子ザルを一番よく撮れた。
2022年05月08日 12:44撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明神では子ザルを抱いた猿が多数。この写真が子ザルを一番よく撮れた。
昨日じゃん。このあたりはクマさんのテリトリーだからねぇ。
2022年05月08日 12:58撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
昨日じゃん。このあたりはクマさんのテリトリーだからねぇ。
大好きなテン場! LOVE徳澤! ガラガラでした。
2022年05月08日 15:16撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
大好きなテン場! LOVE徳澤! ガラガラでした。
日没前に陽が差してきて、明神岳がカッコイイ。
この頃スマホで天気予報を見てみたら、明日は<曇りのち雪>
「えっ?雪? まあ小雪程度でしょう」と高をくくって早寝。
2022年05月08日 16:10撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
日没前に陽が差してきて、明神岳がカッコイイ。
この頃スマホで天気予報を見てみたら、明日は<曇りのち雪>
「えっ?雪? まあ小雪程度でしょう」と高をくくって早寝。
翌朝、きついと評判の長塀尾根に覚悟を決めて入山!
いきなり、きつかったw
2022年05月09日 07:03撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌朝、きついと評判の長塀尾根に覚悟を決めて入山!
いきなり、きつかったw
どこを踏んでも踏み抜きそう・・・。このトラップをどう渡ればよいのだろう?w
テン泊ザックで雪のない急斜面をヒイヒイ言いながら、10歩進んで15秒休んでカタツムリ歩行で登っていくと徐々に残雪が現れる。斜面は緩やかになる気配なしw
2022年05月09日 09:44撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
どこを踏んでも踏み抜きそう・・・。このトラップをどう渡ればよいのだろう?w
テン泊ザックで雪のない急斜面をヒイヒイ言いながら、10歩進んで15秒休んでカタツムリ歩行で登っていくと徐々に残雪が現れる。斜面は緩やかになる気配なしw
長塀尾根の中間地点まで3時間20分ほどかかってしまった。マジできついルート。さらにこのあたりから雪が舞い始め、「林間部分だからまだ良いけど稜線でたらどうなってるんだろ?」と、気持ちは半分撤退を検討し始める(笑)
2022年05月09日 10:18撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長塀尾根の中間地点まで3時間20分ほどかかってしまった。マジできついルート。さらにこのあたりから雪が舞い始め、「林間部分だからまだ良いけど稜線でたらどうなってるんだろ?」と、気持ちは半分撤退を検討し始める(笑)
自分をだましだまし長塀山山頂到着。なんと4時間40分! 中間地点からの1.4kmがとてつもなく長く感じた。登山計画ではザック重量や体力も考え余裕をみてコースタイムの1.2倍で計算したけど、余裕などなく予想通りのペースだったw
2022年05月09日 11:42撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
自分をだましだまし長塀山山頂到着。なんと4時間40分! 中間地点からの1.4kmがとてつもなく長く感じた。登山計画ではザック重量や体力も考え余裕をみてコースタイムの1.2倍で計算したけど、余裕などなく予想通りのペースだったw
そして、やっと、6時間弱かけて、ついに、雪の降りしきる蝶ヶ岳山頂到着!
ガスって、雪降って、穂高なんて見えなかった・・・。
またも蝶ヶ岳にフラれてしまった!?
2022年05月09日 12:54撮影 by OPPO Reno A,
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、やっと、6時間弱かけて、ついに、雪の降りしきる蝶ヶ岳山頂到着!
ガスって、雪降って、穂高なんて見えなかった・・・。
またも蝶ヶ岳にフラれてしまった!?
小屋でランチ休憩を終えてテン場に向かう頃から暴風雪が始まった。17時過ぎに雪はおさまり(風は続いてたが)、一度外に出てみたら、4時間ほどで雪山になってたw 吹き溜まりでひざ下くらいまで積もってる。
19時過ぎに風もおさまり星空も見えてきたけど、今度は放射冷却。夜は寒くて熟睡できなかった。重くても冬用シュラフにしておけばよかったと一晩中悔やんだ(笑)。
2022年05月09日 17:26撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
小屋でランチ休憩を終えてテン場に向かう頃から暴風雪が始まった。17時過ぎに雪はおさまり(風は続いてたが)、一度外に出てみたら、4時間ほどで雪山になってたw 吹き溜まりでひざ下くらいまで積もってる。
19時過ぎに風もおさまり星空も見えてきたけど、今度は放射冷却。夜は寒くて熟睡できなかった。重くても冬用シュラフにしておけばよかったと一晩中悔やんだ(笑)。
寒くて熟睡できなかったので、日の出前の4時過ぎに外へ出てみると、雲海と朝焼けが始まっていた。
2022年05月10日 04:23撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
寒くて熟睡できなかったので、日の出前の4時過ぎに外へ出てみると、雲海と朝焼けが始まっていた。
振り返ると新雪をまとった槍穂がドーンと広がっていた。
2022年05月10日 04:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると新雪をまとった槍穂がドーンと広がっていた。
見たかった穂高の大パノラマ(新雪つきw)
2022年05月10日 04:22撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
見たかった穂高の大パノラマ(新雪つきw)
2度もフラれたけど、やっと蝶ヶ岳が歓迎してくれた朝だった。
なんとツンデレなお蝶さまだろうか?(笑)
2022年05月10日 04:34撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
2度もフラれたけど、やっと蝶ヶ岳が歓迎してくれた朝だった。
なんとツンデレなお蝶さまだろうか?(笑)
そして、日の出。
2022年05月10日 04:46撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして、日の出。
穂高のモルゲンロートが始まる。
2022年05月10日 04:50撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
穂高のモルゲンロートが始まる。
槍、南岳も朝日を浴びて。
2022年05月10日 04:50撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
槍、南岳も朝日を浴びて。
凍り付いたテントも朝日を浴びて溶け始める
2022年05月10日 04:55撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
凍り付いたテントも朝日を浴びて溶け始める
すぐに帰りたくないのでゆっくり撤収を始めて、この稜線を歩いて横尾へ下山。
2022年05月10日 07:56撮影 by OPPO Reno A, OPPO
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
すぐに帰りたくないのでゆっくり撤収を始めて、この稜線を歩いて横尾へ下山。
モフモフの新雪歩きをこの時期に楽しめるとは・・・
2022年05月10日 07:59撮影 by TG-5 , OLYMPUS CORPORATION
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
モフモフの新雪歩きをこの時期に楽しめるとは・・・

感想/記録

4年前の夏、初めての北アルプステン泊縦走に選んだルートは、槍穂オールスターズの大パノラマを堪能しながら稜線歩きができるという燕−蝶の常念山脈3泊4日。しかしその年の夏は天候不順。結局上に登ってから山の景色を見れたのは初日夕方、燕岳から槍と裏銀座の稜線だけ。残り3日間は、ガスと降雨の中を重いザックを背負ってひたすら歩き続けるという修行ハイクとなった。
天候の善し悪しはしょうがない。しかし心残りは、常念側からの大パノラマ「槍穂オールスターズ」を眺めてみたい。改めて常念側に登る理由ができたとリベンジを楽しみにしていたのだが、コロナの影響もあり4年越しのプランになってしまった。

そしてついにリベンジは、「残雪期の景色を見に行く! 連休後半〜連休明けの天気が良さげな数日を狙うべ」。
4月初旬から中期天気予報を連日確認し、当初5/3〜5頃は微妙な予報だったので3日に出張予定を入れたのだが、この3日間が絶好の行楽日和「The Days!」となる。出張先の宿でSNSに流れてくる北アの絶景画像を恨めしく眺める。
その後は晴天が続く予報はなく、どこかワンチャンを狙って計画するしかなくなってしまった。曇天が続くけど、9日夜から10日日中に晴れマークが出てきたので、その予報に合わせて計画することにした。
春山のつもりで冬用シュラフは持参せず、長塀尾根には少しでも軽い荷物でと。しかしこの時期の高山はまだ冬支度が大切と痛感させられることになるとは・・・。
お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:290人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この記録で登った山/行った場所

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ