また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

Yamareco

記録ID: 4560935 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走 白馬・鹿島槍・五竜

鹿島槍ヶ岳・五竜岳(簗場駅〜白馬五竜スキー場)

情報量の目安: A
-拍手
日程 2022年08月06日(土) ~ 2022年08月07日(日)
メンバー
アクセス
利用交通機関

経路を調べる(Google Transit)
GPS
16:30
距離
28.5 km
登り
3,233 m
下り
2,503 m

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
歩くペース 0.6~0.7(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち64%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
7時間59分
休憩
41分
合計
8時間40分
Sスタート地点06:5608:15大谷原 登山口08:1609:00西俣出合09:1210:34高千穂平11:57冷乗越12:29冷池山荘12:35冷池山荘テント場13:15布引山13:2114:03鹿島槍ヶ岳14:1615:21八峰キレット15:3015:36八峰キレット小屋
2日目
山行
7時間8分
休憩
23分
合計
7時間31分
八峰キレット小屋05:2707:03北尾根ノ頭07:0408:40五竜岳08:5009:32五竜山荘09:3809:45遠見尾根分岐10:27西遠見山11:01大遠見山11:32中遠見山11:3611:51小遠見山12:34地蔵の頭12:3512:38アルプス第1ペアリフト終点12:3912:58白馬五竜アルプス平G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2022年08月の天気図 [pdf]

写真

西又出合の堰、堰の中のトンネルを通る。多分初めての経験
2022年08月06日 09:02撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
西又出合の堰、堰の中のトンネルを通る。多分初めての経験
1
ウツボグサ。タテヤマウツボグサ・・・?
2022年08月06日 10:23撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ウツボグサ。タテヤマウツボグサ・・・?
1
旧道と間違えた道。微妙に足跡残ってるのがいやらしい
2022年08月06日 11:32撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
旧道と間違えた道。微妙に足跡残ってるのがいやらしい
1
稜線では雷鳥一家がお出迎え
2022年08月06日 13:38撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
稜線では雷鳥一家がお出迎え
1
チラ見え鹿島槍。爽快。
2022年08月06日 13:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
チラ見え鹿島槍。爽快。
1
登りました
2022年08月06日 14:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りました
1
キレット小屋までも岩場
2022年08月06日 14:31撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋までも岩場
1
トラバースするような岩場
2022年08月06日 14:35撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トラバースするような岩場
1
へばりつくような岩場
2022年08月06日 15:30撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
へばりつくような岩場
1
キレット小屋の夕飯
2022年08月06日 16:53撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
キレット小屋の夕飯
1
朝日に染まるコル
2022年08月07日 05:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
朝日に染まるコル
1
高度感のあるはしご
2022年08月07日 07:06撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高度感のあるはしご
1
振り返ると鹿島槍ヶ岳
2022年08月07日 07:34撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると鹿島槍ヶ岳
1
長い鎖。この辺鎖が続く
2022年08月07日 07:58撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
長い鎖。この辺鎖が続く
1
登りました
2022年08月07日 08:40撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
登りました
1
遠見尾根
2022年08月07日 10:21撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠見尾根
1
ロープウェイ上の植物園、カタクリがすごかった
2022年08月07日 12:43撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ロープウェイ上の植物園、カタクリがすごかった
1
降ります。お疲れさまでした
2022年08月07日 13:04撮影 by iPhone XR, Apple
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
降ります。お疲れさまでした
1

感想/記録

百名山線つなぎ中。
北アルプスの後立山連峰の縦走は、時間が許せば一息に白馬〜扇沢を歩きたいところだが、百名山的には白馬、五竜、鹿島槍の3つを登ればよく、並行する下道の千国街道を歩いているので、分割して歩くことにした。
とはいえ、五龍岳に関しては、白馬五竜スキー場のテレキャビンの下が歩けないため、下道と直登でつなぐことができず、鹿島槍側から下道をつないで縦走することにした。

・1日目
この時期にしては珍しく、明るくなった5時に家を出発。
この縦走において一番ボトルネックなのが神城〜簗場の電車のダイヤで、ちょうど下山するタイミングに電車が全然ないため、電動バイクをテレキャビン下にデポしておく作戦。

中綱湖駐車場に車を置き、まずは鹿島槍スキー場の中のオンロードを歩く。
虫が鬼のように多い。いつものブヨですら5倍くらいいるし、ハエとかアブみたいなよくいる虫以外もまとわってくる。ある意味すごい道だった。

大谷原に着いてからもしばらく林道歩き。
ここもまあまあ虫がいたのだけど(時期柄?)、初めてミツバチ的なハチに刺されてしまった。なんかザックのバックルと腹の間に入り込んだ蜂が出れなくなって刺したみたいだが、自分から入り込んでおいて出れなくなったら刺すとはあまりに自分勝手である。
痛みは針がちょっと刺さった程度の痛みだったが、少し腫れた。

赤岩尾根から登り取り付き。
アルプスの取り付きはどこも急登できついが、だいぶなれてきた気もする。
冷乗越の手前、間違って旧道に入ってしまいガレ場のトラバースが危なっかしすぎて結局引き返して新道に合流した。
樹林帯のルーファウはだいぶ癖づいてきたが、岩場はまだまだ初心者だった。急なガレ場のトラバースが一番怖い。

稜線に出ると東側はガスで、西側はちらっと景色が見える。
足元はお花畑が美しい。
アルプスの稜線のこの時期って結構花が咲いてるんですね。
冷池山荘で小休止をとって鹿島槍へ。
ちょうど鹿島槍への登りの手前でうまいこと稜線が晴れて、それは見事な山頂を拝むことができた。すごく良い山だ。

山頂を超えると結構な岩場を下っていく。
ここでポールはしまってヘルメット体制へ。ちゃんと登山道を追えば下りはそこまでキツくはない。
しばらくすると八峰キレットへ。
キレットと名のつくところは初めて行ったが、迫力がすごい。ここを通れるのかという感動すらある。
道の大体は普通の岩場やはしごだが、ほんの少しだけ、へばりつくような足場のほとんどない道を鎖を伝って歩く必要がある。
下を見ると結構恐ろしいんだが、とはいえ、やることは普通の岩場と同じで、足場を確実に確保し進むしかなかった。

八峰キレットを抜けるとキレット小屋がドカンと見える。
小屋が見えてからも結構な岩場、はしごを降りる必要があり、よくまあこんなとこに建ってるなと思った。ヘリありきの小屋ですね。

ただ、行程的にここに小屋があるのはすごくありがたく、本日はここで一泊。
お盆の始まりにもかかわらず、あまり人がいなかった。すれ違いは何組かあったが追い抜き・追い越されは一度もなかった。

ふと思い返すと北海道とか四国とかは避難小屋はあれど営業小屋は全然なくて、当然のようにテントと食料を担いでいたが、よくまあやってきたなと思った。
アルプスは都合の良いところにほぼ必ず営業小屋があるので、ほんとにありがたいなあと思った。

小屋泊、飯食って寝るだけで布団もあるので鬼のように楽である。金の力は偉大。
泊まっていたのは15人位でわりかし空いていた。

・2日目
この日は小屋で朝食をとってから出発。
他のパーティは朝食を取らず4時前くらいに出発したようだった。確かにこの道は何があるかわからないので早めに出るにこしたことはない。(五龍岳頂上手前で追いついた)
小屋からはモルゲンに染まる劔方面がよく見えた。

5:30くらいに出発。最初から岩場なので体が慣れておらずちょっとばかし緊張する。
とはいえキレット部分を超えると気持ちのいい縦走路。稜線は清々しく晴れていて、鹿島槍・五竜岳ともにバッチリ見えた。立山方面はよく晴れていて、小谷方面はとんでもない雲海になっていた。なので下界からはこの景色は見えないわけで、登ったかいがあるものだ。朝で空気も冷えていて汗もかかずすごく快適な縦走路だった。
ところどころ岩場や鎖、はしご、がれ場など難易度の高いところもありながら、登ったり降りたりを繰り返し、五竜岳へ。
頂上についた瞬間くらいからうっすらガスり始め、ちょっとたったら完全にガスの中になってしまった。ギリギリ滑り込みという感じ。
頂上手前まで誰とも会わなかったので、待ち時間が発生しなかったのは運が良かった。

そこからは概ね下り。
五竜山荘の先、大遠見山くらいまでもちょくちょく鎖場がある。
遠見尾根まで出ると消化試合感が強まるが、ここからテレキャビンまでも意外と長い長い。標高が下がる&日が高くなってきて徐々に暑くなるし、水もあまり担いでなかったので、ひいひい言いながらスキー場へ。
スキー場に入るとお花畑がすごい。こんなに高山植物が管理され生えてるの初めて見た。ここで色々勉強してから山に登ると楽しそう。特にカタクリがすごい。

テレキャビンで下山。
片道1500円でちょっと高い気がしたがお盆料金のようだ。
下りに乗るとき冷たいおしぼりくれたのがめちゃくちゃ心に刺さった。
そしてデポした電動バイクで駐車場まで戻り終了。

岩場を中心としたルートは初めてで、いずれ控える槍ヶ岳〜穂高に向けたトレーニングも兼ねて歩いたが、以前ほど岩場に対する恐怖心や抵抗はないなと思った。
まだ得意と言えるほどではないし、ペースもそこまであげられないが(今回は岩場以外でペースをあげてる)、一歩一歩確実に進むことはできそう。
来週赤石〜光のテント泊縦走と、劔岳を挟んで、槍〜穂高へ挑戦したい。

お気に入り登録-
拍手で応援
拍手した人-
訪問者数:176人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ