また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 510568 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

新穂高発 双六岳、三俣蓮華岳、鷲羽岳+ちょっぴり伊藤新道 テント泊

日程 2014年09月14日(日) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー
天候14晴れ、15日くもり
アクセス
利用交通機関
車・バイク
 駐車場が超絶満杯でした。私は連休途中からですが初日はもっとすごかったみたいです。路上駐車がすんごいので、入れちゃおうかなと魔がさしたものの、どう考えても昼の混雑時に離合できないよなと思い、有料(6時間500円)のとこが少し空いていたのでそこに駐車。1泊2日だとそれなりにかかっちゃうけど都会へ行けば1時間5〜600円はとるのだからそれよりは安い?駐禁の取締りがありますので、やはり路駐はまずいようです。

駐車場マップ
http://www.hida.jp/kita_alp/sinhotaka_p_map.pdf
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
8時間50分
休憩
50分
合計
9時間40分
Sスタート地点03:5007:50鏡平山荘09:40双六小屋10:3011:20双六岳12:30三俣蓮華岳13:30三俣山荘13:30三俣峠
2日目
山行
7時間15分
休憩
4時間0分
合計
11時間15分
三俣峠03:2003:20鷲羽岳06:2006:20三俣山荘07:2009:14双六小屋14:35ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
 山は完全なる冬の寒さでした。登山口の夜で10℃前後、山頂付近は朝、夜は0℃にせまる気温でした。凍ってなかったので氷点下まではいってないみたいです。平地で20℃後半なのでギャップがすごいです。万全の防寒対策を。
 
 よく整備されていますので特別な危険はないと思いますが、通常山に存在する危険は沢山あります。ガレ場、浮石あり、細い道ありですので油断は禁物です。槍の絶景に見とれたり疲れたりすると危ないです。先輩に景色はちゃんと止まって見ようねと言われました。

 登山道は総じてよく整備されている&明瞭ですが、双六-三俣蓮華間はガスってると若干方向感覚をつかみにくくなるかもしれません。

携帯の電波(ドコモ): 鷲羽岳の山頂はなんとかつながりました。それ以外は鏡平のあたりまでいかないと電波が入らなかったと思います。

 ドコモの山岳通話エリアのマップ 
でも、地図で繋がれるとされてるエリアでも圏外なことがよくあります。
http://nagano.docomo-de.net/area/sp/m0/ma/a0305.html

 シーズン基地局なるものがあるとのことで、オフシーズンは基地局をヘリで降ろすので圏外となるようです。

過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 長袖シャツ ズボン 靴下 フリース ダウンベスト 雨具 日よけ帽子 予備靴ひも ザック45l ザックカバー 行動食 非常食 飲料(2.5l) ガスカートリッジ コンロ コッヘル 食器 ライター 地図(地形図) コンパス 計画書 ヘッドランプx2 予備電池 GPS 筆記用具 ファーストエイドキット 針金 携帯 サングラス タオル ツェルト ストック ナイフ カメラ ポール テント テントマット シェラフ(適温4℃)

写真

 真っ暗な中スタートです。それにしても車が多いです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 真っ暗な中スタートです。それにしても車が多いです。
 鮮やかな朝焼け
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 鮮やかな朝焼け
 鏡池 

 ここに写る槍を見て鏡平山荘を建てたいと思ったらしいですね。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 鏡池 

 ここに写る槍を見て鏡平山荘を建てたいと思ったらしいですね。
5
 ひょうたん池1

素敵です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 ひょうたん池1

素敵です。
1
 西鎌尾根&北鎌尾根 カッコイイです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 西鎌尾根&北鎌尾根 カッコイイです。
 槍に夢中になると危ないところ。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 槍に夢中になると危ないところ。
1
 双六小屋 

ロケーション最高ですね〜。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 双六小屋 

ロケーション最高ですね〜。
4
 いろとりどりのテント 午前の段階でこれだから、午後は?小屋は布団2枚に3人だったみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 いろとりどりのテント 午前の段階でこれだから、午後は?小屋は布団2枚に3人だったみたいです。
1
 雲がかかって一層カッコいい槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 雲がかかって一層カッコいい槍ヶ岳
 双六岳 ガスってきたよ
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 双六岳 ガスってきたよ
1
 憧れだった三俣蓮華にて ちょっとガスって残念
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 憧れだった三俣蓮華にて ちょっとガスって残念
3
 三俣山荘のおしゃれな表札
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 三俣山荘のおしゃれな表札
2
水平に伸びる伊藤新道に惹かれる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
水平に伸びる伊藤新道に惹かれる
2
 伊藤新道をちょっとだけ行く1
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 伊藤新道をちょっとだけ行く1
1
 伊藤新道をちょっとだけ行く2
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 伊藤新道をちょっとだけ行く2
1
 テント場が絶景なのであります。鷲羽岳が赤く染まる。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 テント場が絶景なのであります。鷲羽岳が赤く染まる。
4
 テント場は満員御礼でございます。今日のお宿はフルメッシュの激安&激寒ツーリング用テント。めっぽう風に弱いテントですので木陰の良い場所をゲット。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 テント場は満員御礼でございます。今日のお宿はフルメッシュの激安&激寒ツーリング用テント。めっぽう風に弱いテントですので木陰の良い場所をゲット。
 上にある広いテント場
 私のテントであの吹きっさらしのとこに立てたら飛んじゃいます。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 上にある広いテント場
 私のテントであの吹きっさらしのとこに立てたら飛んじゃいます。
 AM4:00 どうも三俣蓮華はガスの中みたいです。テント場のヘッドライトが見えますね。どんどんスタートしてるみたいです。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 AM4:00 どうも三俣蓮華はガスの中みたいです。テント場のヘッドライトが見えますね。どんどんスタートしてるみたいです。
 スローシンクロでぱちり
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 スローシンクロでぱちり
 真っ暗な中登頂。この標柱、簡単に倒れてしまうので寄りかかるとキケン。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 真っ暗な中登頂。この標柱、簡単に倒れてしまうので寄りかかるとキケン。
2
映画アルマゲドンのジャケット的な
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
映画アルマゲドンのジャケット的な
 地球が生まれる、若しくは消えるときはこんな光景?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 地球が生まれる、若しくは消えるときはこんな光景?
 笠ヶ岳から見たときの、槍の背後から日が昇るのとは違う景色です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 笠ヶ岳から見たときの、槍の背後から日が昇るのとは違う景色です。
1
 震える寒さなのに、日が昇ると暖かさを感じる。偉大です。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 震える寒さなのに、日が昇ると暖かさを感じる。偉大です。
3
豪華な 富士山&槍ヶ岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
豪華な 富士山&槍ヶ岳
1
三俣山荘 
2階の喫茶でコーヒーを飲むのを忘れてました。悔しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
三俣山荘 
2階の喫茶でコーヒーを飲むのを忘れてました。悔しい。
 こんなに近くに見える槍はこれで見納め。さよーならー。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 こんなに近くに見える槍はこれで見納め。さよーならー。
1
 これまでのも含めると道標にあるとこに、全部行ったことあるのが嬉しい。
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
 これまでのも含めると道標にあるとこに、全部行ったことあるのが嬉しい。

感想/記録

 はじめに

 でっかい槍ヶ岳を見てみたい。ということで三俣蓮華へ行ってきました。いつも日帰りなのですが、私の体力でそれは無理なのでテント泊に。テント泊は残雪期の笠ヶ岳に続いて二回目です。テントがショボイのに、どういうわけか二度とも寒いときに行ってしまいました。

 全体の感想

 このルート最高です。本などを見て、いいんだろうな〜と想像はしていたのですが、それをはるかに超える絶景のオンパレードでシャッター切りまくりでした。いろんな確度からの槍まつりです。おまけに憧れの伊藤新道の一部も見れて大満足です。

 出合い
 
 新穂高から真っ暗ななかヘッドライトを点けて1人で歩いていると、もう1つ灯りが。なぜだか会話がはずみ鏡山荘付近までご一緒しました。70になるという御方は毎日10km歩くそうで、ものっすごい健脚、ずーーっとリードしてもらって、かなり楽をさせていただきました。やっぱ話をする人がいて引っ張ってもらうと全然違いますね。暗闇の中を1人でもくもくだと結構しんどいですからね。剣岳の早月尾根もでしたが、なぜだかダブルスコア(歳が)のスーパーな先輩とご一緒させてもらうことが多いような気がします。経験豊富だからお話も楽しいです。
 
 話は飛びますが、伊藤新道をお散歩です。
 
 伊藤新道は誰も行く人がいないのかなと思っていましたが、いました。それもおっさんじゃなくてお姉さんが。へ〜、興味持ってる人っているんだな〜。この方にお話を聞いてみると熊がよく出てくるよとのこと。たしかにレアなフンがころがってますし、おいしそうな木の実もなってます。びびってちょっとしか行けませんでした。しかしここだけじゃなくて双六あたりでも出るみたいですね。実際、フンもありましたのでつい最近登山道に出てきたんですね。

 今回の山行は寒かったです。
 
 朝晩めちゃ冷え込みます。昼でも太陽が隠れるととても寒いですし、稜線上で風に吹かれると、まー寒いです。風を防げるウェアが欲しいです。動いていればまだ体温を保てますが、テント場でじっとしてるとか、朝日待ちでじーっとしてると、とにかく寒いです。ウィンドシェル+ダウンジャケットくらいあるといいです。

 ダウン量400gのシュラフで快適に眠ることができました。0℃前後になる北アルプスの春、秋に活躍します。

 鷲羽岳の山頂に朝日を見るために1時間くらいいましたが、寒かったです。初の鷲羽岳を暗闇の中進んで行くのは若干不安でしたが、なんとかなるものですね。

 捻挫をしてしまう。

 これは厳しかったです。帰り道、コースタイム4時間分くらい残ってるとこで、足首を捻挫。うげっ、足を地面に着けただけで痛い。歩けない。やべー、こんなんで助けを呼ぶわけにもいかないし、まいった!ちょっと焦るも痛み止めと病院で処方してもらった湿布を貼ると、なんと痛みがやわらぐ。おおっ、助かった。ちょくちょくぶり返しながらも、なんとか帰ることができました。用意しといてよかったー。

 おわりに
 
 道中、そして目的地の三俣で、さらに、色々なアングルから、とにもかくにも槍を見放題です。どこから見てもカッコイイし、朝、昼、晩、快晴、くもがかかってる、どんな姿も素晴らしいです。あと、三俣山荘の水がかなり美味しかったです。






 
訪問者数:920人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2013/11/2
投稿数: 723
2014/9/16 0:52
 伊藤新道
お姉さんが!(゚Д゚)かっこいー!ソロだったら尊敬しちゃう(≧∇≦)

双六-三俣間に木の実いっぱいの大きな熊の熊のウンチありましたねー。
あまりに大きいので写真を撮っちゃいました。笑
登録日: 2014/2/14
投稿数: 72
2014/9/16 2:02
 Re: 伊藤新道
 説明不足ですんません。お姉さんも偵察(お散歩)だったと思います。直近でもまだ湯俣川の水量が多いとのことです。ある日、森の中で熊さんにーは勘弁してもらいたいですね。笑 伊藤新道は割りとそんな感じでした。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ