また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 511241 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走剱・立山

北方稜線タイムオーバー敗退 長次郎沢へエスケープ

日程 2014年09月13日(土) 〜 2014年09月15日(月)
メンバー , その他メンバー4人
天候13日晴れ後雨 14日晴れ 15日曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
アルペンルート 扇沢8:00発
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち41%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
5時間55分
休憩
5分
合計
6時間0分
S扇沢駅07:4009:33黒部ダム駅09:44黒部ダム09:51黒部湖駅10:07黒部平駅10:0810:44大館峰10:4512:11みくりが池12:18みくりが池温泉12:1912:34雷鳥荘12:39雷鳥沢ヒュッテ12:48浄土橋12:5013:17剱御前小舎13:40剱沢キャンプ場
2日目
山行
9時間34分
休憩
1時間2分
合計
10時間36分
剱沢キャンプ場06:2206:51剣山荘06:5207:21一服剱07:2608:10前剱08:1110:40平蔵の頭10:5112:05カニの縦バイ12:1112:20カニのハサミ12:2312:34剱岳12:3813:06長次郎のコル13:3716:58真砂沢ロッジ
3日目
山行
6時間27分
休憩
3分
合計
6時間30分
真砂沢ロッジ06:5107:00三ノ沢08:37ハシゴ谷乗越08:4009:37内蔵助平11:18内蔵助谷出合13:21ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
下の廊下近辺のログはメチャメチャなので、無視されたし。
その他周辺情報室堂〜剣沢 問題なし。
劔岳山頂まで 最大のネックは渋滞。鎖は新品で道はしっかりと整備されてます。
劔岳〜真砂沢 雪渓は繋がっています。
過去天気図(気象庁) 2014年09月の天気図 [pdf]

写真

感想/記録
by umasou

悪天候が続いた今年の夏。
やっと訪れた好天に、念願の北方稜線を目指しました。

初日
剣沢迄なのでゆっくり目のスタート。ちょうど始発を狙う組と、観光客が増える時間を谷間だったらしく大した混雑も無く室堂へ到着。初めのこのゆとりがそもそも今回の勘違いを起こしたのかもしれないと今にして思う。
室堂はさすがに凄い人混みで雷鳥沢まではまるで都会の中を歩くような感覚で、それは別山乗越まで続いた。流石に剣沢迄は少なくなる物の人の列は続いており剣沢のテン場はまるで涸沢のような賑わいで14時前に着いたと言うのにテントを張る場所探しに苦労した。

二日目
昨夜の宴会の疲れかちょっと寝坊の4時半起床。既に縦バイ辺りにヘッ電の灯りが数珠繋ぎになっている(あぜん・・)。朝のピークを外して6時過ぎにスタートするも人が多い。既に下ってくる人も居る(またしても唖然・・・)。縦バイ手前から全く動かなくなり大渋滞にはまる。縦バイ取り付きまで約3時間弱を費やす。僕らが甘かった、恐るべし劔岳。最大の核心部は渋滞でした。
結局、タイムオーバーの為に北方稜線は断念し、長次郎沢を下り真砂沢へエスケープする事にした。真砂沢のテン場は剣沢のテン場とは打って変わっての静けさ。やっぱり山に入ったら人の喧騒とはおさらばしたい。

三日目
今日も朝寝坊の4時半起床。昨晩は差し入れの焼き肉に舌鼓を打ちすぎ、盛り上がりすぎて隣の方から怒られてしまった(ゴメンナサイ)。ハシゴ段乗越、内蔵助平、黒部川出合までは、たった二人しか出会わなかった。最後の黒部ダムの脇を登り返して本日終了となった。


人の雑踏から離脱し、自然に救いを求めて山に行くのだが、メジャーな山に行くと駐車場から始まり、テン場の争奪戦に翻弄される。山ブームのお陰で山の番組が増え、お茶の間に居ても、山の景色を拝める機会が増えたのは嬉しいが、実際にココまで混んでくると滅入ってくる。

まぁ〜、かく言う自分もその内の一人。。
譲り合う広い心が欲しい、と思うのでした。
訪問者数:576人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

登録日: 2011/10/2
投稿数: 1983
2014/9/16 22:07
 足で立ちこめない:cry:
umasouさん こんばんは
あこがれの山頂へは、自身の未熟さのため遠い山頂にしてしまっているんでしょうね。
そんな山行をしていると、登山熱も一気に冷めてしまうと思います。
今しばらくは、ブームなのかもしれませんが、ツアーも客足が遠のいていくのではないでしょうか?

>足で立ちこめない方が肩手を離して操作できるわけも無い。
私もその一人で目下練習中ですが、いきなり、大混雑のタテバイ、ヨコバイでしようとは思いません。

 また、ツアーの関係者の方も、お客様は神様かもしれませんが、
僕なら足まえや技量を正確に評価してくださり、それに応じた山をすすめてくださるガイドさんがいいです。
登録日: 2011/6/13
投稿数: 240
2014/9/17 10:14
 Re: 足で立ちこめない:cry:
churabanaさん

コメントをありがとうございます。
何だか後から見返すと、ずいぶん偉そうなことを書いてしまって恐縮です。でも、私なんかでもある程度は岩場で練習してから足を踏み入れているのにな〜、なんて思ってしまったのでついつい
長野に住んでいるので毎週末のように山岳事故のニュースが流れてるんですよ。以前は冬山のニュースが多かったのに最近は夏山の方が多いのでは?と思ってしまいます。

ツアーに参加する前に何らかの措置が取られるようになるといいな〜と、思います。

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

テント 乗越 テン 出合 涸沢 縦走
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ