ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 855742 全員に公開 ハイキング霊仙・伊吹・藤原

横山岳〜美しい森と滝と花を巡る。

日程 2016年04月30日(土) [日帰り]
メンバー
天候晴れ時々、うす雲。
山頂気温 12度。
アクセス
利用交通機関
車・バイク
名神〜北陸道、木之本IC〜国道303号
JA北びわこ、杉野支店前の分岐案内に従い
進路変更。写真一覧に、道路分岐箇所の
標識掲示してあります。
カーナビは、JA杉野支店
TEL0749-84-0005
にセット。
木之本ICから、40分くらい。
駐車場は無料。2箇所。
この日の下山時は、フル満車。
登山口のトイレは、女性専用。

木之本IC周辺に、コンビニ2軒。
GSあり。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
4時間50分
休憩
1時間19分
合計
6時間9分
S白谷登山口06:1506:50太鼓橋(横山岳 白谷本流コース)07:0307:43五銚子の滝07:5409:04横山岳09:1109:39東峰10:0910:42金居原コース/東尾根コース出合10:5111:37東尾根コース登山口11:4511:49夜這いの水12:22白谷登山口12:2312:24ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
ヤマシャクヤクの、撮影情報は
絶滅危惧種のため、念のため
削除してありますが
登山道沿いに、普通に見れます。
コース状況/
危険箇所等
登山口に、ポストあり。
登山届用紙あり。
名簿に、記入する方も
みえるようです。
白谷小屋に、配布用マップあり。
詳しくて便利。

上り〜白谷本流コース)

[美しい渓流、豊かな花々」

序盤は、林道を歩きます。
その後は、沢沿いに上り詰めて
いきます。渡渉箇所もありますが
直近の登山先、
鈴鹿の山よりは、はるかに
渡りやすいです。
湿った土は、靴に付着しやすく
滑りやすいです。

太鼓橋で、一旦、林道を
横切ったあとは、経の滝、五銚子の滝などを
高巻く、ルート取りになっています。

滝を過ぎると、沢から離れ
頂上の稜線が
ぐっと、近づいて見えますが
まだまだ、樹林帯の急坂が
続きます。
山頂一帯まで、平坦地は、ありません。

このルートは、下りでは、
難易度が、ぐっと上がることでしょう。
上り利用が、オススメかと。

沢沿いは、湿地系の花が、大変豊富です。
標高の高い箇所では、憧れの
「ヤマシャクヤク」に、ご対面できました。

西峰〜東峰)

「白い展望の尾根」

石灰岩の、露頭があり、この一帯も
霊仙山、伊吹山と、同じ地質だなと
感じた箇所です。
日当たり良好。
稜線の脇を彩るのは、タムシバ。
足元は、イワナシ。
ここも、花が多いです。
シャクナゲの木も、たくさんあります。
見ごろは、これからかと。
西峰は、展望が利きませんが
東峰は、展望が開けています。
遠く白山、近くに伊吹山、琵琶湖など。

下山〜東尾根コース)

[美しいブナ、ナナカマドの美林」

イワウチワの群落地を抜けますと
とても美しい、広葉樹林の森の
中の歩きとなります。
新緑のこの時期、とてもきれいです。
花は、本流ルートとは、全く入れ替わり
ヒトリシズカ、ミツバツツジなど多いです。
案内マップでは、「急坂」とされていますが
ロープなど、とても整備されていて、
歩きやすいです。
終盤の、下りは、本当に急坂なので
慎重に。
その後、林道を、2km歩いて
登山口に戻ります。

全般に、とても整備された
いい登山道です。
この山には、他に、「三高尾根」という
面白そうなルートもあるようです。
その他周辺情報木之本の、 己高庵
http://www.kokouan.net/htm01/shisetsu.html
500円だそうですが
下山後、ヤマレコで知りました。
入浴していません。
長浜市内にも、温泉多数。
過去天気図(気象庁) 2016年04月の天気図 [pdf]

写真

「ヤマシャクヤク」

森の貴婦人との
初のご対面!!
なんと、第一号が
開花したばかりだそうで
とてもラッキー。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「ヤマシャクヤク」

森の貴婦人との
初のご対面!!
なんと、第一号が
開花したばかりだそうで
とてもラッキー。
76
滝巡り)

今回の周回コースは
滝を3つ巡ります。
まずは「経の滝」
落差15m。
真上から、たっぷり注ぐ
水の音と冷気のシャワー。
2016年04月30日 07:22撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝巡り)

今回の周回コースは
滝を3つ巡ります。
まずは「経の滝」
落差15m。
真上から、たっぷり注ぐ
水の音と冷気のシャワー。
23
滝巡り)

その後登場するのは
「五銚子の滝」

落差40m、4段の段滝と
最下段の、斜め滝の
5段構成。
すぐ近くを通れます。

標高1100mの山なのに
水の豊かさが、素晴らしいです。
2016年04月30日 07:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
滝巡り)

その後登場するのは
「五銚子の滝」

落差40m、4段の段滝と
最下段の、斜め滝の
5段構成。
すぐ近くを通れます。

標高1100mの山なのに
水の豊かさが、素晴らしいです。
18
「山頂山バナナ」

今回も、青空で
バッチリ決まりました。
2016年04月30日 09:49撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「山頂山バナナ」

今回も、青空で
バッチリ決まりました。
23
以下の写真は
撮影順であります。

登山口まで)

横山岳は、
山と高原地図に
記載がなく、
登山口までが
わかり辛いので
ご参考まで。

JAの前に、最初の
案内看板があります。
ここは、左へ。
バスも、通っています。
2016年04月30日 05:50撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
以下の写真は
撮影順であります。

登山口まで)

横山岳は、
山と高原地図に
記載がなく、
登山口までが
わかり辛いので
ご参考まで。

JAの前に、最初の
案内看板があります。
ここは、左へ。
バスも、通っています。
4
登山口まで)

近辺の案内。

動物の欄に
「ツキノワグマ」と
あります。
熊鈴必須ですね。
登山ルートも、かなり色々
組み合わせられるようです。
2016年04月30日 05:50撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで)

近辺の案内。

動物の欄に
「ツキノワグマ」と
あります。
熊鈴必須ですね。
登山ルートも、かなり色々
組み合わせられるようです。
6
登山口まで)

ここも、左側へ。
以降は、一本道です。
登山口周辺は
道幅が狭いですが
すれ違いに困るような
ことは、ありません。
2016年04月30日 05:54撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで)

ここも、左側へ。
以降は、一本道です。
登山口周辺は
道幅が狭いですが
すれ違いに困るような
ことは、ありません。
6
登山口まで)

登山ポスト。
用紙あり。筆記具あり。
2016年04月30日 06:20撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登山口まで)

登山ポスト。
用紙あり。筆記具あり。
7
上り〜白谷本流ルート)

登山口周辺の
風景。
網谷川の、静穏な
せせらぎが
心地よい眺めです。
2016年04月30日 06:05撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

登山口周辺の
風景。
網谷川の、静穏な
せせらぎが
心地よい眺めです。
20
上り〜白谷本流ルート)

短い区間ですが
林道を歩きます。
この林道の脇にも
ヤマブキ、シャク等の花が、
たくさん咲いています。
2016年04月30日 06:22撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

短い区間ですが
林道を歩きます。
この林道の脇にも
ヤマブキ、シャク等の花が、
たくさん咲いています。
4
上り〜白谷本流ルート)

名も無き、無名のナメ滝。
いい眺めであります。
渓流沿いの道は
気持が、清められる思いで
あります。
2016年04月30日 06:43撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

名も無き、無名のナメ滝。
いい眺めであります。
渓流沿いの道は
気持が、清められる思いで
あります。
26
上り〜白谷本流ルート)

「太鼓橋」

ここまで、林道で
上がれるようです。
西で進むと、
「三高尾根コース」に
東に進むと
「東尾根コース」に
それぞれ、繋がります。
2016年04月30日 07:09撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

「太鼓橋」

ここまで、林道で
上がれるようです。
西で進むと、
「三高尾根コース」に
東に進むと
「東尾根コース」に
それぞれ、繋がります。
5
上り〜白谷本流ルート)

標高を上げると
光が差し込み
新緑がとても
キラキラしてきます。
緑に包まれて歩く時間は
気持が穏やかになります。
2016年04月30日 07:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

標高を上げると
光が差し込み
新緑がとても
キラキラしてきます。
緑に包まれて歩く時間は
気持が穏やかになります。
7
上り〜白谷本流ルート)

ブナ、ナナカマド、ミズナラなど
多いです。
根曲がりの木が
多いことも特徴かと。
冬の風雪の強さに
思い及びます。
2016年04月30日 07:57撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

ブナ、ナナカマド、ミズナラなど
多いです。
根曲がりの木が
多いことも特徴かと。
冬の風雪の強さに
思い及びます。
11
上り〜白谷本流ルート)

徐々に展望が開けて
上っている実感を
感じます。
琵琶湖、伊吹山地など
展望が開けてきます。
2016年04月30日 07:58撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

徐々に展望が開けて
上っている実感を
感じます。
琵琶湖、伊吹山地など
展望が開けてきます。
7
上り〜白谷本流ルート)

足元、ホールドの岩など
しっかり整備されています。
補助ロープも多数です。
ありがたいことです。
2016年04月30日 08:03撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

足元、ホールドの岩など
しっかり整備されています。
補助ロープも多数です。
ありがたいことです。
6
上り〜白谷本流ルート)

「距離看板」

文面に励まされました。
結構、侮っていましたが
歩き甲斐のある道です。
2016年04月30日 08:43撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

「距離看板」

文面に励まされました。
結構、侮っていましたが
歩き甲斐のある道です。
11
上り〜白谷本流ルート)

さらに傾斜が急坂になり
疲れを感じ出した
タイミングで
再びの「ガンバレ看板」の
登場です。
しかも、二枚で。
残り100m地点では
数が、三枚に
なるのかな?と期待。

期待しましたが
100m地点で
数が3つになることは
ありませんでした〜
2016年04月30日 08:55撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
上り〜白谷本流ルート)

さらに傾斜が急坂になり
疲れを感じ出した
タイミングで
再びの「ガンバレ看板」の
登場です。
しかも、二枚で。
残り100m地点では
数が、三枚に
なるのかな?と期待。

期待しましたが
100m地点で
数が3つになることは
ありませんでした〜
6
白谷本流ルートの花)

「羅生門カズラ」

いかめしい名前とは
うらはらな
森の中で、清楚に咲く
薄紫。
2016年04月30日 07:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「羅生門カズラ」

いかめしい名前とは
うらはらな
森の中で、清楚に咲く
薄紫。
41
白谷本流ルートの花)

「ヒメレンゲ」

黄色い、星のような
小さな花が集まって
岩を包むように
元気いっぱいで。
2016年04月30日 07:04撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「ヒメレンゲ」

黄色い、星のような
小さな花が集まって
岩を包むように
元気いっぱいで。
24
白谷本流ルートの花)

「ニリンソウ」

大きな群落が
そこかしこに。
これから、どんどん
増えることでしょう。
早春の花の
代表格の一つですね。
2016年04月30日 07:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「ニリンソウ」

大きな群落が
そこかしこに。
これから、どんどん
増えることでしょう。
早春の花の
代表格の一つですね。
25
白谷本流ルートの花)

「チゴユリ」

うつむいて咲く。
目立たずに。
とっても小さく。
でも、しっかり
見つけちゃいました。
2016年04月30日 08:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「チゴユリ」

うつむいて咲く。
目立たずに。
とっても小さく。
でも、しっかり
見つけちゃいました。
25
白谷本流ルートの花)

「トキワイカリソウ」

この花は、おそらく
トキワイカリソウかと。
ツヤツヤの葉っぱが
目印。
カタチがユニークです。
2016年04月30日 08:28撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「トキワイカリソウ」

この花は、おそらく
トキワイカリソウかと。
ツヤツヤの葉っぱが
目印。
カタチがユニークです。
40
白谷本流ルートの花)

花びら5枚なので
「タチツボスミレ」と
いうことで。
スミレも、いろんな種類が
たくさんありました。
2016年04月30日 08:51撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

花びら5枚なので
「タチツボスミレ」と
いうことで。
スミレも、いろんな種類が
たくさんありました。
15
白谷本流ルートの花)

「ヒトリシズカ」

4枚の、薄い葉に
包まれながら咲く。
「一人静」
たくさん咲いてるので
「一人」じゃないじゃん〜
とは、考えないことに。
2016年04月30日 09:03撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白谷本流ルートの花)

「ヒトリシズカ」

4枚の、薄い葉に
包まれながら咲く。
「一人静」
たくさん咲いてるので
「一人」じゃないじゃん〜
とは、考えないことに。
31
山頂部)

「横山岳、山頂」

最高地点、三角点は
西峰ですが
樹林に囲まれ、展望が
利かないので、東峰に
移動します。
西峰には、小屋があります。
小屋の上からは
展望が開けたかも
しれません。
2016年04月30日 09:36撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

「横山岳、山頂」

最高地点、三角点は
西峰ですが
樹林に囲まれ、展望が
利かないので、東峰に
移動します。
西峰には、小屋があります。
小屋の上からは
展望が開けたかも
しれません。
10
山頂部)

石灰岩の、露頭があります。
伊吹北尾根に雰囲気が
似ています。
展望がいい、稜線歩きです。
2016年04月30日 09:35撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

石灰岩の、露頭があります。
伊吹北尾根に雰囲気が
似ています。
展望がいい、稜線歩きです。
4
山頂部)

「イワナシ」

山頂部の登山道の
足元は、イワナシの
大群落です。
地面を這うように咲く
小さなツツジです。
2016年04月30日 09:34撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

「イワナシ」

山頂部の登山道の
足元は、イワナシの
大群落です。
地面を這うように咲く
小さなツツジです。
30
山頂部)

稜線脇は
タムシバの群落です。
白い花が
風でフワフワ揺れる様子は
春らしい眺め。
2016年04月30日 10:22撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

稜線脇は
タムシバの群落です。
白い花が
風でフワフワ揺れる様子は
春らしい眺め。
31
山頂部)

「タムシバ」

純白の清楚な花は
芳香を振りまいて。
艶やかです。
2016年04月30日 09:41撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

「タムシバ」

純白の清楚な花は
芳香を振りまいて。
艶やかです。
17
山頂部)

展望、「伊吹山」
周辺の山より
一際高くそびえる
重厚な存在感。
2016年04月30日 09:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

展望、「伊吹山」
周辺の山より
一際高くそびえる
重厚な存在感。
13
山頂部)

「金糞岳」

滋賀県NO△良弦
1317m。
かって、鉱山が栄えた山。
長く張り出した尾根が
存在感あります。
2016年04月30日 10:00撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

「金糞岳」

滋賀県NO△良弦
1317m。
かって、鉱山が栄えた山。
長く張り出した尾根が
存在感あります。
14
山頂部)

奥美濃の山々。
三角なのが
蕎麦粒山でしょうか。
奥に見えるのが
能郷白山かと。
すっきりした
好展望です。
2016年04月30日 09:59撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂部)

奥美濃の山々。
三角なのが
蕎麦粒山でしょうか。
奥に見えるのが
能郷白山かと。
すっきりした
好展望です。
10
下り〜東尾根ルート)

東尾根で、下山です。
このルートの別名は
「ブナ尾根」
美林への期待に
ワクワクします。
2016年04月30日 10:42撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

東尾根で、下山です。
このルートの別名は
「ブナ尾根」
美林への期待に
ワクワクします。
41
下り〜東尾根ルート)

ふみ跡明瞭。
看板類豊富です。

夜叉ヶ池まで
道が繋がってる
ようですが
めちゃくちゃ遠いと
思うのですが。
2016年04月30日 10:56撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

ふみ跡明瞭。
看板類豊富です。

夜叉ヶ池まで
道が繋がってる
ようですが
めちゃくちゃ遠いと
思うのですが。
6
下り〜東尾根ルート)

「明るい美林」

日差したっぷりな
とても明るい
ブナの森。
この日、この道を
歩けてよかったです。
2016年04月30日 10:58撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

「明るい美林」

日差したっぷりな
とても明るい
ブナの森。
この日、この道を
歩けてよかったです。
8
下り〜東尾根ルート)

「山の中の草原」

ブナの美林を過ぎますと
一旦、草原のような
風景が現れます。
いい雰囲気です。
2016年04月30日 11:36撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

「山の中の草原」

ブナの美林を過ぎますと
一旦、草原のような
風景が現れます。
いい雰囲気です。
6
下り〜東尾根ルート)

「植林帯の急坂」

森の雰囲気が一変して
杉の植林に変わります。
花粉症の方には
辛い箇所でしょう。
単調な道な上に
かなりの急坂です。
自然の森が、
恋しくなります。
2016年04月30日 11:38撮影 by COOLPIX L32, NIKON
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

「植林帯の急坂」

森の雰囲気が一変して
杉の植林に変わります。
花粉症の方には
辛い箇所でしょう。
単調な道な上に
かなりの急坂です。
自然の森が、
恋しくなります。
6
下り〜東尾根ルート)

「滝の谷の滝」

再び、自然豊かな
森に入ります。
自然林の美しさと
楽しさを、改めて
感じます。
2016年04月30日 11:57撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

「滝の谷の滝」

再び、自然豊かな
森に入ります。
自然林の美しさと
楽しさを、改めて
感じます。
9
下り〜東尾根ルート)

シダ類が茂り
植生の豊かさを
感じます。
2016年04月30日 12:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り〜東尾根ルート)

シダ類が茂り
植生の豊かさを
感じます。
5
東尾根ルートの花)

「トクワカソウ」

このエリアのは
大半が、トクワカソウの
ようでした。
北陸に近いエリア
ならでは。
ピンクの花は
気持が明るくなります。
2016年04月30日 10:14撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

「トクワカソウ」

このエリアのは
大半が、トクワカソウの
ようでした。
北陸に近いエリア
ならでは。
ピンクの花は
気持が明るくなります。
38
東尾根ルートの花)

「ユキグニミツバツツジ」

咲き始めの、この濃く
鮮やかな色は
ユキグニミツバツツジですね。
中腹で見ごろです。
まもなく、山頂でも
咲き出しそうでした。
2016年04月30日 11:09撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

「ユキグニミツバツツジ」

咲き始めの、この濃く
鮮やかな色は
ユキグニミツバツツジですね。
中腹で見ごろです。
まもなく、山頂でも
咲き出しそうでした。
18
東尾根ルートの花)

「イチリンソウ」

横山岳の、イチリンソウは
とても、BIGサイズです。
ニリンソウと、見間違える
ことは、ありえないほど
大きさが違います。
けっこう、ゴージャス。
2016年04月30日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

「イチリンソウ」

横山岳の、イチリンソウは
とても、BIGサイズです。
ニリンソウと、見間違える
ことは、ありえないほど
大きさが違います。
けっこう、ゴージャス。
30
東尾根ルートの花)

「ミヤマキケマン」

白谷本流コース序盤にも
多数。
キャンドルのような
ツヤツヤ感が
独特です。
片側にしか、花が並んで
いないので、
ミヤマキケマンと
同定。
2016年04月30日 11:49撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

「ミヤマキケマン」

白谷本流コース序盤にも
多数。
キャンドルのような
ツヤツヤ感が
独特です。
片側にしか、花が並んで
いないので、
ミヤマキケマンと
同定。
7
東尾根ルートの花)

「ウマノアシガタ」

金鳳花です。
黄色の花は、気持が
明るくなります。
2016年04月30日 12:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

「ウマノアシガタ」

金鳳花です。
黄色の花は、気持が
明るくなります。
21
東尾根ルートの花)

斜面一帯に咲くのは
「シャク」
別名、人参葉。
山肌を白く
覆っています。
2016年04月30日 11:53撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

斜面一帯に咲くのは
「シャク」
別名、人参葉。
山肌を白く
覆っています。
4
東尾根ルートの花)

こちらは「シャガ」
胡蝶花です。
アヤメの仲間。
この花が見え出すと
里が近いです。
2016年04月30日 12:12撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
東尾根ルートの花)

こちらは「シャガ」
胡蝶花です。
アヤメの仲間。
この花が見え出すと
里が近いです。
17
「琵琶湖」

久しぶりに、湖畔に
降り立ちました。
湖上に浮かぶ船、
対岸の、比良の
山並みなど
いい眺めでした。
「淡海」です。
2016年04月30日 14:15撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
「琵琶湖」

久しぶりに、湖畔に
降り立ちました。
湖上に浮かぶ船、
対岸の、比良の
山並みなど
いい眺めでした。
「淡海」です。
18
三島池)

入浴と、ネコに会うために
立ち寄りました。
「伊吹山」
この角度からの眺めは
大好きな眺め。
2016年04月30日 14:58撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三島池)

入浴と、ネコに会うために
立ち寄りました。
「伊吹山」
この角度からの眺めは
大好きな眺め。
18
三島池)

「八重桜」
この時期に、まだ桜が
見れるとは、ラッキーです。
ピンクの花びらには
青空が似合います。
2016年04月30日 14:18撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三島池)

「八重桜」
この時期に、まだ桜が
見れるとは、ラッキーです。
ピンクの花びらには
青空が似合います。
14
三島池)

「藤の花」

たわわに伸びる
花の房。
2016年04月30日 15:05撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三島池)

「藤の花」

たわわに伸びる
花の房。
27
三島池)

春モミジ。
新緑になり切る
直前の、一瞬の
きらめき。
2016年04月30日 15:06撮影 by Canon EOS Kiss X5, Canon
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三島池)

春モミジ。
新緑になり切る
直前の、一瞬の
きらめき。
21

感想/記録
by komaki

4月30日(土)、伊吹山地の、最北端の山、
「横山岳(よこやまだけ)」に
登ってまいりました。

世間はGW。
しかし僕には、無縁でして
連休は、29日〜1日までの、
三日間だけであります。

そのうち、家の用事などで、
登山に行けるのは、この日のみ。
翌日早朝から、用事があるため
自宅に、17時までには、戻らないと
いけない制約があるので
近場しか、行けません。
さて、どこに行こうか。

鈴鹿の、アカヤシオも
良さそうですが
シーズン中、一度見れば
満腹気分。
伊吹山も良さそうですが
ものすごく、混雑してそう。

ということで、久しぶりに
新しい山に、挑戦してみることに。

こちら、横山岳は、花が豊富で
森と滝が美しそうで、かねてから
登ってみたい山で、ありました。

平日ソロ登山が多い
僕にとりまして
入山者が少なそうな山は、
二の足を踏んでしまうところで
ありますが、この日はGW期間。
そこそこ、登る人が多いだろうと
思われたこと
併せて、直近の、metsさん、popoi11さんの
レコを拝見して、感銘を受けたことなど
ありまして、今回、登ることとしました。

上り〜白谷本流コース)

「森と沢と花の、名ルート」

例年は、残雪が多いと、通行止めに
なってる期間のようですが
今年は、解除になっていました。
豊かな、木々と草の
緑、そして、沢の流れに包まれた、
感激の、良ルートだと
思いました。

歩くごとに、風景が、森が、
咲いてる花が変化し
とても、標高1100mの山とは
思えない、豊かで、潤いある
大自然の中を、歩く道でした。
滝めぐりも、この山の、どこに
こんなに、たくさんの
水が蓄えられてるのかしらんと
思う、豪快な滝で、驚きました。

山頂部)

快晴なのですが、遠望は、あいにくで
白山、比良の山並みなど
霞んでたのは、残念でしたが
色んなカタチが連なる
奥美濃の山並みの展望、
伊吹山地の山々が
東西に大きく尾根を
大きく張り出した展望、、
琵琶湖を見下ろす、展望など
満足のゆくものでした。

下り〜東尾根ルート)

「広葉樹の森の美しさ」

中腹までの、ブナがメインの
森は、新緑時期、好天と相まって
瑞々しさ満点でした。
白谷本流ルートも、水と森の
組み合わせが、美しいのですが、
こちら、東尾根は、尾根歩きの中で
森の美しさを、感じ取れます。

花も、谷ルートとは、全く違う
ツツジ系、シャクナゲなど多く
楽しめました。
まもなく、一斉に、開花することで
しょう。

今回の、横山岳登山、
変化に富んだ、ルート構成、
豊かな緑と花々、
滝めぐりなど楽しめる、
美しい、渓流歩きなど
大変、満足度の高い
登山を楽しめました。

最近、登ったことのある山の
繰り返しパターンが多かったの
ですが、新しい山を体験するのも
発見が、多々あって、
楽しいなと、思いました。

なお、「入山者が少ない山」は
完全に、思い違いでした。
駐車場は、満車で、大賑わいでした。

横山岳、秋に、今回見た
美しい森が、どう色づくのか
とても、興味深深であります。
紅葉時期に、ぜひ、再訪しようと
思っています。

いい山と、巡り合えた思いで
あります。
訪問者数:873人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

登録日: 2013/5/27
投稿数: 3496
2016/5/2 14:43
 行きたい山です
komakiさん、こんにちは。
良い季節に良い山へお出かけになりましたね
横山岳、私もずっと気になっている山です。
花の時期に是非登ってみたいと思っていますが、komakiさんの感想を拝見して、秋も良さそうですね。
一度は行きたい山です

ヒトリシズカ、舟伏山へ登ったときもたくさん咲いていて、女の子が「タクサンシズカ」と喜んでいたのが、印象に残っています

それにしても、相変わらず見事な写真の数々、勉強になります
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 15:39
 totokさん、コメントありがとうございます。
横山岳、初体験致しましたが
登山面、花の種類など
どれも、素晴らしい山でした。
鈴鹿北部と、比良北部と、奥美濃の
山々の、イイトコ取りみたいな
山でした。
新緑と、花の時期でしたが
紅葉時期も、きっと、素晴らしいと
思います。短時間で登れますので
日が短い時期でも、大丈夫かと
思います。

ヒトリシズカは、たくさん咲いてて
開花したばかりのようで
背丈も低く、いいタイミングでした。
登録日: 2012/6/23
投稿数: 2151
2016/5/2 16:05
 ノーマーク
komakiさん
こんにちは
滋賀県のこの辺りの山は全くノーマークでして勉強させていただきました。
色々なお花が咲き乱れていて、またブナの新緑に心癒され満足された様子でなによりです。
私も赤坂山初体験してきましたが、あまりにもイワカガミの絨毯に目がいってしまいトクワカソウ見つけることが出来ずに来年に持ち越しになりました(泣)
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 16:31
 kazuさん、コメントありがとうございます。
僕も、湖北の山は、伊吹山と、北尾根しか
歩いたことがなくて、ほとんど
ノーマークでしたが、直近のレコに
触発されました。案外、アクセス良くて
びっくりでした。

イワウチワより、トクワカソウが
多いのは、赤坂山と同じだなと
思いつつ歩いてました。

赤坂山、オオイワカガミの絨毯とは
いいですね〜名前のとおり、大きくて
色が濃いですよね。
レコのUPを、お待ちしております。
登録日: 2011/1/23
投稿数: 1975
2016/5/2 17:42
 横山岳・・・いい山ですね
komakiさん こんにちは
横山岳のレコ、面白かったです。
最近僕も単独行の時は新しい山や未踏のコースへの挑戦欲が薄れがちでして、
これではいけないと思い今年はなるべく新規開拓しようかと思っております。
こんな時に役に立つのが信頼おける人のレコでして、非常に参考になりました。
先日僕が行った御池のコグルミ谷もそうですがこのシーズンは沢沿いの樹林帯登山道は清々しくていいですよね。
横山岳は秋もよさそうなので今秋は時間を見つけて登ろうかな。
登録日: 2015/12/14
投稿数: 155
2016/5/2 18:01
 こんにちは
素敵なレコですね〜
同じ日に登っていただけあって、レポートからも写真からも横山岳の魅力がしっかり伝わってきます。
写真もコンデジで記録として写している私とは出来栄えが全く別モノですね

時間から推測すると、お会い出来ていない感じです。
私達が駐車場に到着したのが7時過ぎでした。

カタクリが終わっていたのだけが残念でした。
登録日: 2010/12/28
投稿数: 1959
2016/5/2 18:48
 清々しい季節になりました。
komakiさん 今晩は。

「緑滴る」「風薫る」季節。
目に沁みるような新緑に囲まれ、山歩きには一番いい季節ですね。
新緑、滝、豊富な花と豊かな自然に恵まれた山なんですね。

私もなかなか足が向かないエリアですが、良い山に巡り合えましたね。
お気に入りの山になりそうですか?
登録日: 2012/12/29
投稿数: 1871
2016/5/2 19:34
 新規開拓 大成功!
komakiさん、こんばんは。

初めて登る山は、見るもの全てが新鮮で
楽しいですね♪
渓谷の様子や、途中の風景、綺麗なブナ林、シダの茂みなど
臨場感たっぷりの実況中継を見ているかのようでした。

しかも、ヤマシャクヤク、トクワカソウ、イワナシなど
私が見たことのない花のオンパレード!
楽しく拝見させてもらいました。

新規開拓、大成功ですね。
良い山と出会えた日は、レコ書きも楽しいですね。
登録日: 2012/5/28
投稿数: 298
2016/5/2 19:45
 美しいレコ、有難うございました!
komakiさん、今晩は
昨日、コメント頂いてからkomakiさんのレコがアップされるのを楽しみにしておりました
同じ日に同じ行程で、ほぼ同じような所を写真に撮って感想を載せているんですが、まぁ、なんと文章も写真も詩的で美しいことか...ため息が出ますネ
本当にいい山でした 確かに秋の紅葉もねらい目ですねぇ
登録日: 2012/2/6
投稿数: 2205
2016/5/2 20:35
 komakiさん こんばんは!
横谷岳はお花の宝庫ですね。
もっとも、名の知っているお花はわずかで、komaki さんの豊富な知識には圧倒されます。
いい時期のいい山行、おつかれさまでした
登録日: 2011/10/9
投稿数: 1311
2016/5/2 21:13
 花の山ですね♪
komakiさん、こんばんは!

関東に住む私には馴染みのない山域ですが、静かな花の山
トキワイカリソウ、トクワカソウ、などなど御目にかかれない花々に興味深々

イワウチワとトクワカソウの区別も解らない私ですが、綺麗な花ですね

2年ほど前の夏、山ではなく琵琶湖周辺をのんびり旅をしましたが、長浜から近江塩津あたりから見える山なのでしょうか?
近江塩津のホームで1時間程電車待ちをしたことが思い出されます。

新規開拓の山、季節ごとのレコが楽しみになってきました

お疲れ様でした
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 21:54
 sugi-chanさん、コメントありがとうございます。
趣味の世界である登山も、お互い
守りに入ってしまって、あまり
挑戦欲が、なくなって
しまいますよね。
下調べは大事ですし、行き慣れた山の
季節ごとの変化を楽しむのも
大いに、よいことだと思うのですが
あまり、手堅くなりすぎても
つまらないので、僕も、新規開拓を
していこうかなと思ってる次第です。

こちら横山岳は、夏も、水温が
低いようで、涼しく歩けると
思います。木が多くて
木陰も、たっぷりでしたし。

秋は、間違いなく、紅葉が
美しいと思います。
ブナと、ナナカマドの、本数の
多さを、目で確認しました。
焼岳っぽい紅葉ではないかと。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 22:03
 yas43さん、コメントありがとうございます。
横山岳、初体験でありましたが
一発で、お気に入りとなりました。
「滋賀県の山」という本で、
存在は知ってたのですが
なかなか、機会に恵まれず
ようやく登ることが、出来ました。

この日は、いい天気に恵まれ
カメラを、いろいろいじって
撮影するのも、楽しかったです。
お会い出来てればと思いますと
ニアミスが、とても残念です。

カタクリは、葉っぱと
茎が、残ってただけでしたね。
2週間くらい前が、ピークだった
印象ですよね。
代わりに、ヤマシャクタクの
開花日に登れて、よかったです。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 22:13
 onetotaniさん、コメントありがとうございます。
新緑が、とても美しい山でした。
水の流れも、とても素敵で
気持ちいい、歩きが楽しめました。

鈴鹿山脈の山とも、伊吹山とも
雰囲気の違う山でした。
伊吹北尾根を、より自然豊かに
した印象でした。
鈴鹿北部の山と、大きく違うのは
鹿よけネットが、全くないことでして
上手く調和してるんだなと
感じました。

この山は、お気に入りに
なりました。秋の紅葉時期の
再訪をしたく思っております。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 22:23
 エルクさん、コメントありがとうございます。
初めて登る山は、仰るように
目に入るもの全てが新鮮で
ワクワクしますね。
こちら、横山岳は、標高1100mの
低山だということを、全く感じない
豊かで美しい自然が、満載でした
900mの、標高差の中に
シダの茂る原生林から
滝、風雪強そうな、潅木帯、
草木が全くない、森林限界を
超えたような眺めまで、
凝縮されていました。

ヤマシャクヤクは、開花日に
登れて、とてもラッキーでした。
トクワカソウは、イワウチワの
変種でして、イワナシ共々
日本海沿いの、植生の山に
多いようです。

新規の山は、久しぶりでして
何度もレコを、UPしてる山の、
レコを作成するよりも、
手間が掛かりますが
楽しいですね。
登録日: 2011/1/18
投稿数: 858
2016/5/2 22:27
 横山岳 いいですね
komakiさん こんばんは
今回の新規開拓に私のレコも少しは役に立ったかと思うと、うれしいですね

ヤマシャクヤクは、4日前は蕾だったんですけど、見事に開花しましたね
逆にカタクリの花が落ちてしまうとか、ほんと自然の移り変わりは早いから、
komakiさんみたいに、何度も同じところに通う気持ちも窺えますね

横山岳は、夏の花、秋の紅葉にも私も注目していこうと思います。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 22:30
 inbsjさん、コメントありがとうございます。
時間差でお会いできず、とても残念で
あります。500円の、入浴先が
あったことも。知らずに、最初、1200円の
お風呂に、入るトコでした。

こちらこそ、レコ作成前に、 inbsjさんの
レコで、花の名前等、カンニングさせて
いただいております。ありがとうございます。

派手さは、ないものの、
滝に森に花にと、登山の楽しみが
濃縮して楽しめる、いい山ですよね。
紅葉時期、狙ってみます。
登録日: 2013/11/24
投稿数: 575
2016/5/2 22:42
 初めてお目にかかるお花が、
komakiさん、こんばんわ!

湖北の辺り。
賎ヶ岳とか、余呉という地名しか知りませんでしたが、
こんなにもすてきな、花の山があるんですね

山野草は、この辺り特有のものなんでしょうか。
なかなか、足が向かない地域ですが、
機会を作って訪れたいですね
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/2 22:43
 s_fujiwaraさん、コメントありがとうございます。
湖北の山は、いい山が多いですね。
意外と、愛知県からも、アクセスが
良かったですし、通う機会が
増えそうです。

花の名前は、登山口にある小屋に
「横山岳に咲く花」ということで
写真つきで、紹介されていまして
トクワカソウ、イカリソウなど
イマイチ同定できなかった花も
現地で、確認できました。
登録日: 2011/6/12
投稿数: 3305
2016/5/2 22:56
 ヤマシャクヤク
komakiさん、こんばんは!

初めてのお山ですか。
お初だと、どんな景色が待っているのかと、期待に胸が膨らみますよね。
どうやら満足されたご様子!何よりでした。
花の種類も豊富で、見応えのあるお山ですね。
秋に訪れて見たいとのご感想、ごもっともだと思います。

それにしても、冒頭のヤマシャクヤクは絶品ですね。
まだカメラに収めていないお花!フレッシュな個体ゲットは羨ましい限り。
これだけ目当てでも、十分行く価値がありますね。

山のコレクションも確実に増え、引き出しが益々多くなりましたね。
次回は何処に出掛けようかと、迷ってしまいますよ(笑)
登録日: 2012/2/19
投稿数: 393
2016/5/3 9:31
 新緑とお花キレイですね。
komakiさん、こんにちは。
1番のヤマシャクヤク、とても柔らかい素晴らしく良い色ですね。
また、この季節ならではの美しい新緑のブナ林とても気持ちが良さそうです。
私もGW後半に一度くらいは近くの里山を歩きたくなりました。

それでは。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 12:20
 teru-3さん、コメントありがとうございます。
100名山、200名山でもなく、
花が多いのですが、
花の百名山にも
なっていなくて、
また近くに
伊吹山という、
花の山としては
エリア最高レベルの山が、
ありますので。僕も、なかなか、
足が向きません
でした。
今回、登ってみて、いい山だなと
思いました。

イワウチワ、イカリソウともに
変種のほうが、メインになってる
独特な、気象と植生エリアの
ようでした。

近江塩津からですと、琵琶湖を
挟みまして、左手に、伊吹山
そのさらに、東側に、双耳峰として
見えてる位置だと思います。

新規開拓は、昨年のような
ペースは難しいですが
夏山に向けて、いろいろ
行きたい山が、たくさんあります。
あれこれ妄想するのも、楽しいです。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 12:41
 metsさん、コメントありがとうございます。
metsさんにレコが、「少しは」どころか
大変助かりました。とくに、撮影されてた
ユウシュンランを見つけたいと思ったのが
第一目的でした。同じルートを、トレース
させていただきましたが、見つかりません
でした。
4日ちがいで、花がどんどん、入れ替わる
時期なんですね。カタクリは、まったく
咲いてなくて。でも、ヤマシャクヤクの
開花が見られて、よかったです。

こちらこそ、同じ山の繰り返しばかりで
新規開拓をしたく思っていた所
大変助かりました。

横山岳は、夏も、滝ルート、森ルート
ともに、涼しそうですね。
紅葉の時期は、ぜひ、最訪問したく
思っています。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 12:52
 fujimonさん、コメントありがとうございます。
湖北の山は、伊吹山以外にも、いい山が
たくさんありますね。
どこも、琵琶湖と日本海が見れて
眺めもよろしいです。
こちら、横山岳は、僕も初体験
でしたが、鈴鹿の山、伊吹山とは
違うタイプの、緑と沢が、美しい
山でした。

花は、日本海側の花に加えて
このあたりに多い、石灰地質の
花も混ざって、種類豊富でした。

なかなか、東方面からですと
伊吹山とか、霊仙山をスルーして
湖北の山という選択は
難しいですが、出向かれるだけの
魅力は、大いにある山だと
思いました。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 13:07
 tailさん、コメントありがとうございます。
久しぶりの、初めての山です。
ここのところずっと、天気に
恵まれず、トレーニングと割り切った
山選びばかりでしたので。
快晴が期待された、この日、
帰宅時間に制限がなければ
tailさん地元の、ちょっとマイナーな
山も、GWなら、そこそこ入山者が
いるだろう的基準で、候補でした。

花の多い山は、歩いてて楽しいですね。
10km未満の登山道ですが、花が
びっしりで。それも、次々入れ替わって
登場してくれて、飽きませんでした。

ヤマシャクヤクは、意外に大きい
花でした。園芸種の、椿みたいな
大きさでした。
白い花弁と、紫の花芯の色合いが
気品ある花でした。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 13:12
 swynさん、コメントありがとうございます。
ひざの具合は、いかがでしょうか。
能登半島ツーリング、お疲れ様でした。

ヤマシャクヤクは、ちょうど、谷に
日差しが差し込みかけた時間に
登場してくれて、この花の
美しさが、際立っていました。

森が美しい山は、歩いてて
気分がいいですね。
地形の美しさ、展望なども
山の魅力だと思いますが
森の美しさも、欠かせない
要素だと、今回感じました。

新緑のこの季節、ぜひ、お出かけの
機会が、ありますように!!
登録日: 2013/8/18
投稿数: 1949
2016/5/3 15:56
 まさに秘境ですね
コマキさん こんにちはビタロです

以前に同じルートで
横山岳にお邪魔したことがありますが
とくに白谷本流ルートは自然がいっぱいの
まさに秘境ツアーみたいな所ですよね

猿軍団と近くで動物が威嚇する声聞いたんで
ちょっとビビったな〜〜 (´▽`*)アハハ

そして
東尾根ルートのブナ林も大好きなルートです

この時期の横山岳は
登山口からいきなり色々な花に出会えて
写真を撮るのも大変だったのでは? (^^♪
このレコを拝見してまた行きたくなりました
登録日: 2011/10/24
投稿数: 1683
2016/5/3 19:24
 こんばんは komakiさん
 私はインビジブルかのように、貴方を追い越して行ってしまい、ヤマシャクヤクの咲いている場所をストールしてしまいました。恥ずかしい。しっかり花を見て歩こうと思ったのですが。またの出会いを楽しみにしてます。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 20:36
 ビタロさん、コメントありがとうございます。
おおっ!!やはりここは既に、歩かれてたんですね。
さすが、ジモティーです。

まだ、2コースしか、歩いてない身分で
なんですが、白谷本流コースが
自然の色が濃くて、楽しいですよね。
ここが、メインルートでしょうか。
自分で歩くまでは、入山者も少なく、
ジャングルみたいな
密林の山かしらんと
思ってましたが
道は、すっきり整備されてて
感謝ですね。猿との遭遇ですか。
餌がたくさんありますから
いい生息地なのかもしれませんね。

同じ山の歩きで、東尾根のコースは
ぜんぜん、雰囲気も、咲いてる花も
違ってて、とても楽しい歩きでした。

花は、カタクリは終わってまして
トクワカソウ、イワナシは
終盤な印象でしたが、
ツツジとシャクナゲ、
そして、ヤマシャクヤクは
まさにこれからですよ〜
ぜひ、行かれる機会が、ありますように!!
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/3 21:01
 sireotokoさん、コメントありがとうございます。
ログ拝見しますと、五銚子の滝の辺りで
追いつかれてますよね。
こちらこそ、藤原岳で、お会いしてるにも
関らず、失礼致しました。
ヤマシャクヤクばかり探して
森の中ばかり見てた気が
します。
一つ見つかると、次々と見つかって。
花探しも楽しいですね。
こちらこそ、どこかでまた
お会いできることを、楽しみに
しております。
登録日: 2012/3/25
投稿数: 1347
2016/5/4 12:34
 Komakiさん、遅コメです
 GW後半はお仕事とのこと。お疲れさまです。
 横山岳、関東在住ですと、ぴんときませんが、東尾根のブナ林東北のブナ林に負けない美林ですね〜 。写真 34、美しいです
 自生のヤマシャクヤク も、見れて羨ましいです。小生、一昨年愛鷹で見逃しましたので、見たいところです。
 トクカワソウも未見です。イワウチワの近縁種のようですが、関東近郊では聞きませんが、北陸の特産ですか(逆に、イワウチワはないのでしょうか)。
登録日: 2011/6/29
投稿数: 5239
2016/5/4 21:08
 odaxさん、コメントありがとうございます。
湖北の山は、伊吹山以外は、全国的な
知名度がありませんし、愛知県在住の
方も、なかなか、出向かないエリアです。
でも、関西百名山の選ばれてまして
人気の山のようです。
僕自身、知りませんでしたが
花の名峰として、花好きの方が
この時期、ヤマシャクヤクを
楽しまれる山のようです。

森が美しい山は、歩いてて
楽しいですよね。地形、展望など
山の魅力は、たくさんありますが
森の美しさも、大事な引き立て役だと
思いました。

イワウチワは、もちろんありますよ〜
伊吹山あたりでは、イワウチワが
メインです。ここは、さらに北国よりの
変種、トクワカソウがメインです。
イワウチワは、落葉しますが
トクワカソウは、常緑で、冬でも
太陽パワー集めて、光合成する
ようです。

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら


ページの先頭へ