ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 892562 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

日帰百名山 33 今年三度目のトライ槍ヶ岳(釜トンネル〜水俣乗越〜北鎌尾根〜)前編

日程 2016年06月06日(月) [日帰り]
メンバー karasawa246
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.4〜0.5(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち55%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間57分
休憩
9分
合計
7時間6分
S中の湯バス停04:5705:20大正池05:28上高地帝国ホテル05:32上高地バスターミナル05:37河童橋05:57明神館05:59徳本口(徳本峠分岐)06:19徳澤園06:2006:25新村橋(パノラマ分岐)06:2606:48横尾 (横尾山荘)07:11槍見河原07:1307:19一ノ俣07:23二ノ俣07:39槍沢ロッヂ07:51赤沢岩小屋(ババ平)08:15槍沢大曲り08:1609:11水俣乗越10:02北鎌沢出合10:0311:30北鎌のコル11:3312:03スマホフリーズ地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

昨日、関東甲信越に、梅雨入りが発表されましたが、まだやり残したことがあります。
3月上旬、4月上旬に槍ヶ岳に挑戦しましたが、今年はまだ穂先に登頂していません。
本格的な梅雨に入る前に、再リベンジアタックです。
通常5時に開門ですが、本日は5分前にゲートオープンです。
3月の山行です。http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
4月の山行です。http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
2016年06月06日 04:56撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨日、関東甲信越に、梅雨入りが発表されましたが、まだやり残したことがあります。
3月上旬、4月上旬に槍ヶ岳に挑戦しましたが、今年はまだ穂先に登頂していません。
本格的な梅雨に入る前に、再リベンジアタックです。
通常5時に開門ですが、本日は5分前にゲートオープンです。
3月の山行です。http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
4月の山行です。http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
1
大正池はいつ来ても幻想的です。
2016年06月06日 05:19撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大正池はいつ来ても幻想的です。
1
河童橋は早朝にもかかわらず、15名ほどの宿泊者が散策されていました。
残雪も残りわずかの、穂高が輝いています。
2016年06月06日 05:37撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河童橋は早朝にもかかわらず、15名ほどの宿泊者が散策されていました。
残雪も残りわずかの、穂高が輝いています。
2
月曜日ということもあり、徳沢には6張りありましたが、こちら横尾はゼロでした。
2016年06月06日 06:48撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
月曜日ということもあり、徳沢には6張りありましたが、こちら横尾はゼロでした。
1
今回初めての雪です。ババ平手前の小雪渓を渡ります。
2016年06月06日 07:56撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今回初めての雪です。ババ平手前の小雪渓を渡ります。
1
水俣分岐です。ここからいよいよ、本格的な登りがはじまります。
2016年06月06日 08:13撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水俣分岐です。ここからいよいよ、本格的な登りがはじまります。
1
雪渓に夢中になりすぎて、夏道に戻るのを忘れてしまい、直登ルートで東鎌尾根稜線を狙います。ルートファインディングミスで北鎌の練習です。
2016年06月06日 08:52撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
雪渓に夢中になりすぎて、夏道に戻るのを忘れてしまい、直登ルートで東鎌尾根稜線を狙います。ルートファインディングミスで北鎌の練習です。
結局水俣乗越より、標高で22メートル余計に登ってしまいました。
でもこの景色が拝めて疲れも吹っ飛びました。
2016年06月06日 09:02撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
結局水俣乗越より、標高で22メートル余計に登ってしまいました。
でもこの景色が拝めて疲れも吹っ飛びました。
3
最近は貧乏沢は不人気で、みなさん水俣乗越から北鎌沢へ向かっています。
2016年06月06日 09:11撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
最近は貧乏沢は不人気で、みなさん水俣乗越から北鎌沢へ向かっています。
1
天井沢の北鎌沢出会いまで、標高で約750m下ります。
この時期は雪渓が腐っているので、つぼ足で可能ですが、今朝の冷え込みで、硬くなっているので、チェーンアイゼン装着で快適にくだります。
2016年06月06日 09:11撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天井沢の北鎌沢出会いまで、標高で約750m下ります。
この時期は雪渓が腐っているので、つぼ足で可能ですが、今朝の冷え込みで、硬くなっているので、チェーンアイゼン装着で快適にくだります。
1
ここからの北鎌尾根、槍ヶ岳もカッコいいです。
2016年06月06日 09:31撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからの北鎌尾根、槍ヶ岳もカッコいいです。
1
楽しかった雪渓下りも、標高2090mあたりで終わりです。やっぱり、今年は雪が少ないです。
2016年06月06日 09:34撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
楽しかった雪渓下りも、標高2090mあたりで終わりです。やっぱり、今年は雪が少ないです。
北鎌沢出会いの、白樺は今年もも健在です。
2016年06月06日 10:02撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌沢出会いの、白樺は今年もも健在です。
1
左股、右股分岐雪解け水美味しいです。
豊富なここで最後の給水をします。
2016年06月06日 10:15撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左股、右股分岐雪解け水美味しいです。
豊富なここで最後の給水をします。
1
右股上部の雪渓です。今回の山行で一番キツイところです。
前回は一時間でクリアしたのですが、難儀します。
2016年06月06日 11:12撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右股上部の雪渓です。今回の山行で一番キツイところです。
前回は一時間でクリアしたのですが、難儀します。
ようやく北鎌のコルに到着です。
いつ来てもレリーフが迎えてくれます。
2016年06月06日 11:30撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく北鎌のコルに到着です。
いつ来てもレリーフが迎えてくれます。
北鎌尾根の稜線はところどころ、残雪が残っており、いつも以上のルートファインディングが必要で、わくわくで結構面白いです。
2016年06月06日 11:39撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北鎌尾根の稜線はところどころ、残雪が残っており、いつも以上のルートファインディングが必要で、わくわくで結構面白いです。
1
大天井岳方面のアップです。
2016年06月06日 11:35撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳方面のアップです。
1
鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳のアップです。
2016年06月06日 11:45撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳のアップです。
2
大天井岳、燕岳方面のアップです。
ここで、スマホがフリーズしてしまい再起動したため、ここまでを前編といたします。
後編もどうぞご覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-892154.html
2016年06月06日 11:46撮影 by F-05F, FUJITSU
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
大天井岳、燕岳方面のアップです。
ここで、スマホがフリーズしてしまい再起動したため、ここまでを前編といたします。
後編もどうぞご覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-892154.html
2
撮影機材:

感想/記録

昨日、関東甲信越に、梅雨入りが発表されましたが、まだやり残したことがあります。
3月上旬、4月上旬に槍ヶ岳に挑戦しましたが、今年はまだ穂先に登頂していません。
本格的な梅雨に入る前に、再リベンジアタックです。
通常5時に開門ですが、本日は5分前にゲートオープンです。
3月の山行です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-822974.html
4月の山行です。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-840971.html
大正池はいつ来ても幻想的です。
河童橋は早朝にもかかわらず、15名ほどの宿泊者が散策されていました。
残雪も残りわずかの、穂高が輝いています。
月曜日ということもあり、徳沢には6張りありましたが、こちら横尾はゼロでした。
今回初めての雪です。ババ平手前の小雪渓を渡ります。
水俣分岐です。ここからいよいよ、本格的な登りがはじまります。
雪渓に夢中になりすぎて、夏道に戻るのを忘れてしまい、直登ルートで東鎌尾根稜線を狙います。ルートファインディングミスで北鎌の練習です。
結局水俣乗越より、標高で22メートル余計に登ってしまいました。
でもこの景色が拝めて疲れも吹っ飛びました。
最近は貧乏沢は不人気で、みなさん水俣乗越から北鎌沢へ向かっています。
天井沢の北鎌沢出会いまで、標高で約750m下ります。
この時期は雪渓が腐っているので、つぼ足で可能ですが、今朝の冷え込みで、硬くなっているので、チェーンアイゼン装着で快適にくだります。
ここからの北鎌尾根、槍ヶ岳もカッコいいです。
楽しかった雪渓下りも、標高2090mあたりで終わりです。やっぱり、今年は雪が少ないです。
北鎌沢出会いの、白樺は今年もも健在です。
左股、右股分岐雪解け水美味しいです。
豊富なここで最後の給水をします。
右股上部の雪渓です。今回の山行で一番キツイところです。
前回は一時間でクリアしたのですが、難儀します。
ようやく北鎌のコルに到着です。
いつ来てもレリーフが迎えてくれます。
北鎌尾根の稜線はところどころ、残雪が残っており、いつも以上のルートファインディングが必要で、わくわくで結構面白いです。
大天井岳方面のアップです。
鷲羽岳、水晶岳、野口五郎岳のアップです。
大天井岳、燕岳方面のアップです。
ここで、スマホがフリーズしてしまい再起動したため、ここまでを前編といたします。
後編もどうぞご覧ください。
http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-892154.html
訪問者数:766人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する登山ルート

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ