ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 913192 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走日光・那須・筑波

湯元から錫ヶ岳ピストンは日帰りの限界、さすがに疲れた。

日程 2016年06月27日(月) [日帰り]
メンバー minomushikun
天候晴れのち曇り
アクセス
利用交通機関
車・バイク
湯元国民休暇村脇の無料駐車場を利用。
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
12時間3分
休憩
1時間15分
合計
13時間18分
S湯元温泉登山口05:2405:49堰堤・分岐05:5007:14外山鞍部07:1607:38天狗平08:04前白根山08:0508:24避難小屋分岐08:3408:38地震観測小屋08:3908:492385mP09:11白根隠山09:1309:43白檜岳10:0510:502296mピーク11:18錫ノ水場(標高点2171m) 水場入口12:31錫ヶ岳12:4313:23錫ノ水場(標高点2171m) 水場入口13:3514:072296mピーク14:0814:56白檜岳14:5715:23白根隠山15:2615:442385mP15:55地震観測小屋15:59避難小屋分岐16:17前白根山16:1816:43天狗平16:4417:02外山鞍部17:0518:09堰堤・分岐18:1118:42ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
湯元スキー場〜外山鞍部
スキー場から前白根山の取り付きまではスキー場の管理道路を歩きますが砂利道なのでけっこう疲れます。取り付きから外山鞍部までは悪路。急傾斜の上に大きな段差もあるので注意してゆっくり歩きます。
道ははっきりしているので道間違いの心配はありません。

外山鞍部〜前白根山
しばらくは樹林帯の中を歩きますがやがて視界が開け、天狗平から先は気持ちのいい稜線歩きが楽しめます。前白根山に近づくと稜線上に前白根山、その先左手に大きな白根山が見えてきます。これから向かう錫ヶ岳への稜線が視界に入るのもこの辺りから。
ここも道がはっきりしているで間違えようがありません。

前白根山〜白桧岳
前白根山の山名板の少し先に五色沼と白根山を一望できる場所があります。当山行記録のトップ画像はそこから撮ったものです。
白桧岳へは山名板まで戻り白根山、避難小屋への道標に従ってザレ場を下ります。
ザレ場を下りきると平坦な道になるので五色沼への道標を右に見ながら直進、稜線を上りきったところに避難小屋に導く道標がある。地図に描かれた道はここで終わって白桧岳は道標を直進します。
ハクサンシャクナゲの群落の間をぬうようにして進んでいくと広い丘のようなピークに達し、ここが地理院地図の2385でケルンがあります。
ゆるやかに下って登り返したところがピーク2410の白根隠山。ここも広い丘状のピークで山名板があります。地理院地図には山名も標高も記載されていないが日光で5番に高い山です。
白根隠山のザレ場を下って岩場の横を通過すると間もなく笹原となり、稜線を右上に見ながら進むと丘状のピーク、白桧岳に着きます。
周りを立ち枯れした木とシャクナゲに囲まていますが、南東の方角に男体山と中禅寺湖が望めます。
ここまで道ははっきりしているので問題なく歩けるでしょう。

白桧岳〜錫ヶ岳
白桧岳から進路は南南西に変わりますが次第に笹がかぶってきて踏跡が怪しくなるので、前方に見える目印を追って忠実に歩くのがいいでしょう。
笹は場所によって腰高となり踏跡がまったく見えなくなります。踏跡には倒木や笹の茎が隠れているので足を引っかけないように注意が必要です。コメツガの枝が目の前にあるのもじゃまになります。
鞍部となっている水場の標識をすぎ、笹藪を急登するとコメツガの樹林帯に入り、そこが錫ヶ岳山頂です。
ガイドブックによると展望が悪いと書かれていますが東面のみ視界があり、男体山と中禅寺湖を眺めることができます。

以下により詳しいリポートを載せてありますので参考にどうぞ。
http://ippo.jp/blog/?p=10658
※当方、足が遅いので所要時間は最大かかってもこれくらい、とお考えください。健脚の方なら2〜3時間は短縮できると思います。
その他周辺情報ピーク2296と山頂との鞍部に水場(写真)があります。水量は少ないですがボトルに補充するには十分です。
なお、湯元からの距離が長いので、念のため水道水も持参された方がいいかと思います。
過去天気図(気象庁) 2016年06月の天気図 [pdf]

写真

湯元スキー場内の管理道路が登山道を兼ねているのでこの道が尽きるところまで行く。
砂利道なので足がとられて歩きづらい。
2016年06月27日 05:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
湯元スキー場内の管理道路が登山道を兼ねているのでこの道が尽きるところまで行く。
砂利道なので足がとられて歩きづらい。
道が尽きたところが五色沢と白根沢の分岐。道標にしたがって前白根山方面に進んでいく。
ちなみにこのルートだと白根山へは前白根山を経由する。
2016年06月27日 05:49撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道が尽きたところが五色沢と白根沢の分岐。道標にしたがって前白根山方面に進んでいく。
ちなみにこのルートだと白根山へは前白根山を経由する。
道標にしたがって白根沢と並行する登山道を登っていく。悪路で急傾斜。
2016年06月27日 06:33撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道標にしたがって白根沢と並行する登山道を登っていく。悪路で急傾斜。
イワカガミ
2016年06月27日 07:05撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イワカガミ
ゴゼンタチバナ
2016年06月27日 07:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ゴゼンタチバナ
1
急登は外山鞍部でいったん終わり、ここから快適な稜線歩きとなる。
2016年06月27日 07:12撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登は外山鞍部でいったん終わり、ここから快適な稜線歩きとなる。
外山鞍部から前白根山への道は平坦で気持ちよく歩ける。
新緑のダケカンバがとても美しい。
2016年06月27日 07:28撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外山鞍部から前白根山への道は平坦で気持ちよく歩ける。
新緑のダケカンバがとても美しい。
1
天狗平に到着。
展望がいいとは言えないが広々していてまるで山頂のようだ。標高は2260メートル。地理院地図に天狗平の記載はない。
2016年06月27日 07:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平に到着。
展望がいいとは言えないが広々していてまるで山頂のようだ。標高は2260メートル。地理院地図に天狗平の記載はない。
天狗平からややトラバース気味に登っていくと再び稜線に乗り、正面に前白根山と白根山をとらえる。
中央右が前白根山、左が白根山。白根山の方が奥に位置しているからその大きさがわかる。
2016年06月27日 07:52撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平からややトラバース気味に登っていくと再び稜線に乗り、正面に前白根山と白根山をとらえる。
中央右が前白根山、左が白根山。白根山の方が奥に位置しているからその大きさがわかる。
1
同じ位置から白根山の左の斜面を追っていくと実になだらかで魅力的な稜線が見える。
これが錫ヶ岳へと続く白錫尾根。
錫ヶ岳は白桧岳のずっと奥にあってここからは見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じ位置から白根山の左の斜面を追っていくと実になだらかで魅力的な稜線が見える。
これが錫ヶ岳へと続く白錫尾根。
錫ヶ岳は白桧岳のずっと奥にあってここからは見えない。
2
今年、三度目の前白根山。
2016年06月27日 08:01撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今年、三度目の前白根山。
前白根山の山名板の少し先に行くとこのような展望が待っている。大きな白根山と真っ青の五色沼。
2016年06月27日 08:09撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山の山名板の少し先に行くとこのような展望が待っている。大きな白根山と真っ青の五色沼。
1
前白根山のザレ場を滑るように下りて錫ヶ岳へと向かう。
2016年06月27日 08:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山のザレ場を滑るように下りて錫ヶ岳へと向かう。
五色沼避難小屋への分岐。道標にしたがって急傾斜を10分ほど下りると避難小屋。
錫ヶ岳へ行くにはこのまま直進する。
ちなみに地理院地図にも「山と高原地図」にも道はここまでしか描かれていない。
2016年06月27日 08:21撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
五色沼避難小屋への分岐。道標にしたがって急傾斜を10分ほど下りると避難小屋。
錫ヶ岳へ行くにはこのまま直進する。
ちなみに地理院地図にも「山と高原地図」にも道はここまでしか描かれていない。
1
ハクサンシャクナゲ
2016年06月27日 08:34撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハクサンシャクナゲ
白錫尾根を歩く際の目印になっている掘っ立て小屋。
昔はなにかの観測所として使われていたらしい。
2016年06月27日 08:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白錫尾根を歩く際の目印になっている掘っ立て小屋。
昔はなにかの観測所として使われていたらしい。
2
シャクナゲの群落をぬって歩く。
今年はシャクナゲの当たり年らしく、どの株にもたくさんの蕾がついている。
2016年06月27日 08:40撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
シャクナゲの群落をぬって歩く。
今年はシャクナゲの当たり年らしく、どの株にもたくさんの蕾がついている。
男体山と中禅寺湖の眺めが良くなるのもこの辺りから。
2016年06月27日 08:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
男体山と中禅寺湖の眺めが良くなるのもこの辺りから。
1
白根隠北峰から約50メートル下って次の白根隠本峰(白根隠山)を見上げる。
2016年06月27日 08:57撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根隠北峰から約50メートル下って次の白根隠本峰(白根隠山)を見上げる。
白根隠山と白根山(ケルンの奥)。
白根山は日光でもっとも高い山として知られているが、白根隠山は5番目に高く、標高2410メートルの堂々たるピーク。展望も素晴らしい。
2016年06月27日 09:11撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根隠山と白根山(ケルンの奥)。
白根山は日光でもっとも高い山として知られているが、白根隠山は5番目に高く、標高2410メートルの堂々たるピーク。展望も素晴らしい。
1
白根隠山と白桧岳のちょうど中間に位置する、地図の岩記号がある場所。
道はこの岩を巻いてついている。
2016年06月27日 09:26撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根隠山と白桧岳のちょうど中間に位置する、地図の岩記号がある場所。
道はこの岩を巻いてついている。
1
岩場をクリアしてシャクナゲの群落の間を進んでいく。
歩き易いのはこの辺りまで。
2016年06月27日 09:28撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩場をクリアしてシャクナゲの群落の間を進んでいく。
歩き易いのはこの辺りまで。
白桧岳にさしかかる頃から笹藪となる。
笹はくるぶし程度、踏跡もハッキリ見えるので道を間違う心配はないでしょう。
2016年06月27日 09:34撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白桧岳にさしかかる頃から笹藪となる。
笹はくるぶし程度、踏跡もハッキリ見えるので道を間違う心配はないでしょう。
1
白桧岳山頂。
4年前に来て以来、これで二度目。
コメツガやダケカンバ、立ち枯れした木が多い山頂だが眺めが悪いというほどではない。ここでもシャクナゲの群落が見られる。
2016年06月27日 09:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白桧岳山頂。
4年前に来て以来、これで二度目。
コメツガやダケカンバ、立ち枯れした木が多い山頂だが眺めが悪いというほどではない。ここでもシャクナゲの群落が見られる。
1
白桧岳から先で笹が深くなるが、まだ藪というほどでもない。
2016年06月27日 10:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白桧岳から先で笹が深くなるが、まだ藪というほどでもない。
山容から察してあれが錫ヶ岳らしい。
地図でその姿を想像していたがようやく全貌をとらえることができた。
2016年06月27日 10:42撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山容から察してあれが錫ヶ岳らしい。
地図でその姿を想像していたがようやく全貌をとらえることができた。
2
コメツガの枝が顔の前に迫るので両手でかき分けながら前進また前進。
2016年06月27日 10:59撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コメツガの枝が顔の前に迫るので両手でかき分けながら前進また前進。
腰高の笹に手こずる。両脚でかき分けながら進んでいく。
踏跡があっても見えないのでそこが尾根筋であることを確かめながら歩く。目印が多いので迷うことはないと思う。
2016年06月27日 11:04撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
腰高の笹に手こずる。両脚でかき分けながら進んでいく。
踏跡があっても見えないのでそこが尾根筋であることを確かめながら歩く。目印が多いので迷うことはないと思う。
1
錫の水場への入口。
白錫尾根で標高がもっとも低く水場まで1分とある。
時間が気にかかるのでここは帰りに立ち寄ることにして写真を撮って通過。
2016年06月27日 11:17撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錫の水場への入口。
白錫尾根で標高がもっとも低く水場まで1分とある。
時間が気にかかるのでここは帰りに立ち寄ることにして写真を撮って通過。
錫ヶ岳の山頂がすぐ目の前に迫ってきた。
ここから200メートル登ると山頂なのだが、、、
2016年06月27日 11:20撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
錫ヶ岳の山頂がすぐ目の前に迫ってきた。
ここから200メートル登ると山頂なのだが、、、
またしても腰高の藪。
白錫尾根は手を変え品を変え、山頂まで飽きさせることなく登らせてくれる。
2016年06月27日 11:38撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
またしても腰高の藪。
白錫尾根は手を変え品を変え、山頂まで飽きさせることなく登らせてくれる。
1
笹藪はしつこいほど続く
2016年06月27日 11:47撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
笹藪はしつこいほど続く
深い笹藪を抜けホッとしたと思ったら、そこが山頂だった。
スキー場を出発してなんと、7時間もかかったが長年の悲願達成、錫ヶ岳に登れた。
2016年06月27日 12:17撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
深い笹藪を抜けホッとしたと思ったら、そこが山頂だった。
スキー場を出発してなんと、7時間もかかったが長年の悲願達成、錫ヶ岳に登れた。
2
水場への目印まで戻ったので下りてみた。
水量は少ないながらも短時間で給水できるほどの流れだ。
空になったボトルにスポーツドリンクの粉末を入れ水を満たした。
2016年06月27日 13:26撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場への目印まで戻ったので下りてみた。
水量は少ないながらも短時間で給水できるほどの流れだ。
空になったボトルにスポーツドリンクの粉末を入れ水を満たした。
2
同じルートを戻るので藪は避けられないが、下りの藪と登りの藪では使う力が違ってくる。
2016年06月27日 13:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
同じルートを戻るので藪は避けられないが、下りの藪と登りの藪では使う力が違ってくる。
白桧岳山頂にさしかかる頃になると辺り一面、霧が立ちこめてきた。雨に変わらなければいいのだが。
山頂にはこの20分後に到着。
2016年06月27日 14:37撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白桧岳山頂にさしかかる頃になると辺り一面、霧が立ちこめてきた。雨に変わらなければいいのだが。
山頂にはこの20分後に到着。
1
白桧岳から先、これまでと違って笹は薄くなり踏跡が見えるようになる。
2016年06月27日 14:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白桧岳から先、これまでと違って笹は薄くなり踏跡が見えるようになる。
白根隠山。
朝はクッキリ見えていた白根山が上昇気流にすっぽり覆い隠されてしまった。
2016年06月27日 15:26撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白根隠山。
朝はクッキリ見えていた白根山が上昇気流にすっぽり覆い隠されてしまった。
水場分岐手前にさしかかると霧が立ちこめてとても良い雰囲気。
2016年06月27日 15:56撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
水場分岐手前にさしかかると霧が立ちこめてとても良い雰囲気。
1
避難小屋への分岐に戻ってきた。
あとは前白根山に登り返せば日没前に帰ることができる。
2016年06月27日 15:58撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
避難小屋への分岐に戻ってきた。
あとは前白根山に登り返せば日没前に帰ることができる。
砂礫帯を好んで生育するコマクサ。
高山植物として人気があるが、環境省の調べによると前白根山のコマクサは本来、ここにある種のものではなく、別の場所から運んできて移植した可能性が高いらしい。
2016年06月27日 16:13撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂礫帯を好んで生育するコマクサ。
高山植物として人気があるが、環境省の調べによると前白根山のコマクサは本来、ここにある種のものではなく、別の場所から運んできて移植した可能性が高いらしい。
2
前白根山頂に戻れた。
ここまで来ればひとまず安心できる。
2016年06月27日 16:19撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前白根山頂に戻れた。
ここまで来ればひとまず安心できる。
天狗平を通過。
2016年06月27日 16:43撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天狗平を通過。
外山鞍部から急傾斜をスキー場めがけて下っていく。
2016年06月27日 18:01撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
外山鞍部から急傾斜をスキー場めがけて下っていく。
スキー場を抜けて出発点となった駐車場に戻ることができた。
疲労困憊、精根尽き果てながらもなんとか無事に生還した。
2016年06月27日 18:39撮影 by FinePix XP80 XP81 XP85, FUJIFILM
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スキー場を抜けて出発点となった駐車場に戻ることができた。
疲労困憊、精根尽き果てながらもなんとか無事に生還した。
1

感想/記録

錫ヶ岳は長い間、夢に見た憧れの山でした。
中禅寺湖畔を湯元へ向かって走っていると白根山の左に正三角形の整った山が見えます。いつかはあそこへ行ってみたい、それがようやく実現しました。
距離が長いので日帰りでは無理かなと思いながらも、下見を繰り返した結果、なんとか行けると考えました。
腰高の笹とコメツガの枝がじゃまになって捗りませんでしたが、山頂に達したときはさすがに嬉しく思いました。
訪問者数:308人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ