ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 975595 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

やっと北アルプス中央部を繋ぐ/蓮華岳〜烏帽子岳(扇沢→高瀬ダム)

日程 2016年10月06日(木) 〜 2016年10月07日(金)
メンバー Gonpapa
天候一日目:曇り、時折、細かい雨。午後遅くに晴れに向かう。
二日目:(山の上は)快晴に近い晴れ
アクセス
利用交通機関
タクシー、 車・バイク
扇沢市営無料駐車場
高瀬ダム→七倉山荘:タクシー賃貸しで2000円
籠川駐車場→扇沢 :タクシー賃貸しで2700円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち74%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間30分
休憩
59分
合計
10時間29分
S扇沢駅05:1406:30大沢小屋09:28針ノ木小屋09:5010:54蓮華岳11:1813:37北葛岳13:4015:21七倉岳15:3115:43船窪小屋
2日目
山行
10時間57分
休憩
39分
合計
11時間36分
船窪小屋04:4004:49七倉岳04:5004:58船窪乗越天場05:0005:43船窪乗越05:4805:52船窪岳06:0207:31船窪第2ピーク07:3210:33不動岳10:3912:09南沢岳12:1212:33烏帽子田圃13:08烏帽子岳山頂分岐13:1513:47烏帽子小屋13:4814:32三角点15:27権太落し15:49ブナ立尾根取付15:5216:05高瀬ダム 天場16:15高瀬ダム濁沢登山口16:16ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
1日目

05:19針ノ木岳登山道入口
06:30大沢小屋
09:24-51針ノ木峠/針ノ木小屋
10:54-11:18蓮華岳
12:30北葛乗越
13:37-42北葛岳
14:21七倉乗越
15:21-33七倉岳
15:43船窪小屋

2日目

04:40船窪小屋
04:58テン場
05:33-43船窪乗越
05:54-06:04船窪岳
07:31船窪第2ピーク
10:05-39不動岳
11:20南沢乗越
12:12南沢岳
13:04-15烏帽子岳山頂分岐
13:47烏帽子小屋
13:56(No1)
14:06(No2)
14:15(No3)
14:26タヌキ岩
14:32(No4)三角点
14:43(No5)
14:49(No6)中休み
15:12(No7)一休み
15:18(No8
15:25(No9)権太落し
15:33(No10)
15:44(No11)
15:54(No12)ブナ立尾根取付/北アルプス裏銀座登山口
16:00濁沢の丸太橋
16:05高瀬ダム 天場
16:16高瀬ダム
コース状況/
危険箇所等
1.扇沢〜針ノ木峠
 ・大沢小屋を少し過ぎる辺りまでは、幾度か軽くアップダウンしながら緩やかに登る。
 ・やや急登の坂を越すと、再び、沢を眼下に見ながら沢沿いの緩やかな登山道を進み沢に降りる。この途中、足場の悪い箇所が何カ所か現れるので要注意。
 ・沢に降りて渡渉し(橋あり)、谷の左側をやや急登、その後再び、右へ渡渉する(ここも橋あり)。
 ・渡渉後、岩場急登を経て、緩やかに沢の右側を進む。
 ・左側斜面に移ると、針ノ木峠まで急登する。

 (参考)http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-932967.html

2.針ノ木峠〜烏帽子小屋
 ・結構ハード(*1)で変化の多い(*2)ルートで、楽しめる反面、体力が必要です。

 (*1)蓮華岳、北葛岳、七倉岳、船窪岳、船窪第二ピーク、不動岳、南沢岳、
   烏帽子岳の各ピークの間はおおよそ、
   500↓250↑200↓150↑300↓100↑100↓200↑150↓350↑200↓200↑
   100↓100↑のダウンアップ。
 (*2)ガレ場急斜面、岩場、梯子/鎖、ザレた痩せ尾根、崩壊斜面の縁、砂地急斜面、
   (ちょこっとだが)ゴロ岩帯、池塘

 ・針ノ木峠から急登した後緩やかに登って蓮華岳に至るが、途中、2度、偽ピークが現れる。
 ・蓮華岳からはガレ場急降の後ゆるやかに下り、最後に、岩場を急降して北葛乗越へ。
 ・乗越から概ね緩やかに登って北葛岳に至る。
 ・北葛岳からは概ね緩やかに下り、最後に急降して七倉乗越へ。
 ・乗越から短い急登挟んで概ね緩やかに進んで七倉岳へ。
 ・七倉岳から不動岳の間は幾つもの小さなピークを乗り越えていく。途中、急降急登、
  ザレた痩せ尾根あり。
 ・不動岳からは、やや急降やや急登して南沢岳へ。
 ・南沢岳から急降の後は、平坦に池塘を通過、なだらかに登って烏帽子岳山頂分岐へ。
 ・分岐から緩やか→やや急登して前烏帽子岳へ。
 ・その後はなだらかに下って、烏帽子小屋に至る。

・烏帽子小屋〜高瀬ダム(ブナ立尾根)
 ・少し登り返して稜線に出た後は、下り一辺倒。
 ・上部に一部視界が開ける所がある他は、樹林帯の中を進む。
 ・ちょこちょこ短い緩やか/平坦な場所があるが、概ね、急降/やや急降。
 ・ブナ立尾根取付からは平坦に高瀬ダムまで下る。

  (参考)http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-952492.html
その他周辺情報大町温泉郷 薬師の湯 JAF割引600円 最終入館20:30
http://www2.plala.or.jp/yakushino-yu/

装備

個人装備 雨具 非常食 地図 コンパス ヘッドランプ 予備電池 GPS 携帯 ツェルト 防寒着

写真

番外編1:七倉山荘に向かう途中、このような倒木が4〜5カ所あり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
番外編1:七倉山荘に向かう途中、このような倒木が4〜5カ所あり。
1
番外編2:扇沢に向かおうとしたら、倒木処理で通行止め。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
番外編2:扇沢に向かおうとしたら、倒木処理で通行止め。
1
扇沢から何度かトロリーバス道路を横切って登ってきた。、ここからが、本格的な登山道の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
扇沢から何度かトロリーバス道路を横切って登ってきた。、ここからが、本格的な登山道の始まり。
登り始めて早々、倒木で登山道が塞がれた所が、2カ所ありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始めて早々、倒木で登山道が塞がれた所が、2カ所ありました。
3回目のゴロ岩の沢を横切ると、大沢小屋が近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
3回目のゴロ岩の沢を横切ると、大沢小屋が近い。
小さな雨で凹んでいたら、神様らのプレゼント。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小さな雨で凹んでいたら、神様らのプレゼント。
(振り返って)足場の悪い箇所が数カ所現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)足場の悪い箇所が数カ所現れる。
1
沢に降り、少し進んだ所で、左側へ渡渉する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
沢に降り、少し進んだ所で、左側へ渡渉する。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
(渡渉後、振り返って)橋は残っていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(渡渉後、振り返って)橋は残っていた。
1
昨年9月に登った時は雪渓歩きした谷だが、全く雪無し。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
昨年9月に登った時は雪渓歩きした谷だが、全く雪無し。
再び渡渉して右側に移る。渡渉後は岩場急登する。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
再び渡渉して右側に移る。渡渉後は岩場急登する。
1
橋は残っていたが、水没していた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
橋は残っていたが、水没していた。
2
(振り返って) 対岸に夏道が見える。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って) 対岸に夏道が見える。
右側を進み、左側斜面に移ると急登に変わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右側を進み、左側斜面に移ると急登に変わる。
左側斜面の急登。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左側斜面の急登。
鳴沢岳〜岩小屋沢岳の稜線はガスの中。晴れの眺望は、http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-932967.html
参照下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳴沢岳〜岩小屋沢岳の稜線はガスの中。晴れの眺望は、http://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-932967.html
参照下さい。
針ノ木峠が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木峠が現れる。
ザレた急斜面を九十九折に登り始めると、針ノ木峠は近い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ザレた急斜面を九十九折に登り始めると、針ノ木峠は近い。
09:24-51針ノ木峠/針ノ木小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
09:24-51針ノ木峠/針ノ木小屋
1
蓮華岳へ急登。見えるのは偽ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳へ急登。見えるのは偽ピーク。
1
針ノ木峠からの急登を終えて現れた、偽ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木峠からの急登を終えて現れた、偽ピーク。
この偽ピークに到達すると、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この偽ピークに到達すると、
1
更に、偽ピークが現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
更に、偽ピークが現れる。
4
ようやく、蓮華岳の頂上部が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ようやく、蓮華岳の頂上部が現れる。
2
残念ながらガスの中の赤沢岳〜爺ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
残念ながらガスの中の赤沢岳〜爺ヶ岳。
蓮華岳頂上部、まだ少しあるな〜。この辺りはコマクサが咲き誇っていたんだろうな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳頂上部、まだ少しあるな〜。この辺りはコマクサが咲き誇っていたんだろうな。
2
ガスの中に、蓮華の大下りの稜線
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ガスの中に、蓮華の大下りの稜線
1
あと少し。ピークに祠。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少し。ピークに祠。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
頂上標識はこの先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
頂上標識はこの先。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
10:54-11:18蓮華岳。三角点はこの先。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
10:54-11:18蓮華岳。三角点はこの先。
2
蓮華岳の大下りと槍ヶ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳の大下りと槍ヶ岳。
2
富士山、南アルプス
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
富士山、南アルプス
1
(拡大)富士山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)富士山
1
北葛岳、七倉岳。奥の稜線は燕岳〜槍ヶ岳。蓮華岳から北葛乗越まで約500メートル下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛岳、七倉岳。奥の稜線は燕岳〜槍ヶ岳。蓮華岳から北葛乗越まで約500メートル下る。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
北葛岳、七倉岳。ここからは分からないが、急降して急登する北葛乗越がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛岳、七倉岳。ここからは分からないが、急降して急登する北葛乗越がある。
2
(拡大)七倉岳と今夜のお宿である船窪小屋。ん?何で七倉小屋でないの?七倉山荘と混同しないためかな。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)七倉岳と今夜のお宿である船窪小屋。ん?何で七倉小屋でないの?七倉山荘と混同しないためかな。
2
北葛岳、七倉岳、船窪岳、船窪第二ピーク、不動岳。左に表銀座の稜線。裏銀座の稜線と立山連峰の稜線は残念ながらガスの中。明日に期待。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛岳、七倉岳、船窪岳、船窪第二ピーク、不動岳。左に表銀座の稜線。裏銀座の稜線と立山連峰の稜線は残念ながらガスの中。明日に期待。
いよいよ、北葛乗越へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ、北葛乗越へ。
1
北葛乗越へ急降。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛乗越へ急降。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
1
北葛乗越へ。山影は、北葛岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛乗越へ。山影は、北葛岳。
1
北葛乗越が見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛乗越が見えた。
登り始め。崩壊の縁を急登。これは序の口。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
登り始め。崩壊の縁を急登。これは序の口。
(振り返って)岩場急降してきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)岩場急降してきた。
1
北葛岳。北葛乗越から約250メートル登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛岳。北葛乗越から約250メートル登り返す。
1
(振り返って)針ノ木岳、針ノ木小屋、蓮華岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、針ノ木小屋、蓮華岳
(拡大)針ノ木小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)針ノ木小屋
(振り返って)蓮華岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)蓮華岳
1
北葛岳が近づく。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北葛岳が近づく。
3
(振り返って)北葛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)北葛岳
1
七倉岳、不動岳、船窪岳。七倉乗越へ約200メートル下り約150メートル登り返して七倉岳へ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉岳、不動岳、船窪岳。七倉乗越へ約200メートル下り約150メートル登り返して七倉岳へ。
(拡大)唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳、大天井岳、穂高岳、槍ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳、大天井岳、穂高岳、槍ヶ岳
手前の峰は七倉岳。野口五郎岳、三ッ岳、烏帽子岳、不動岳が姿を現す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
手前の峰は七倉岳。野口五郎岳、三ッ岳、烏帽子岳、不動岳が姿を現す。
(振り返って)北葛岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)北葛岳
(振り返って)(拡大)中央ピークが北葛岳。左のピークは偽ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)(拡大)中央ピークが北葛岳。左のピークは偽ピーク。
七倉乗越へ急降。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉乗越へ急降。
七倉乗越から七倉岳への登り返し(約150メートル)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉乗越から七倉岳への登り返し(約150メートル)
1
コルが七倉乗越。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルが七倉乗越。
1
(振り返って)最後の急降
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)最後の急降
取付きの梯子。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
取付きの梯子。
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳。ガスが取れてきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳。ガスが取れてきた。
小ピークを乗り越えて進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピークを乗り越えて進む。
1
七倉岳から船窪岳/船窪第二ピーク、不動岳への稜線。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉岳から船窪岳/船窪第二ピーク、不動岳への稜線。
1
(振り返って)蓮華岳、北葛岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)蓮華岳、北葛岳。
1
中央の大きな山影が不動岳。奥の稜線は左側に、野口五郎岳、三ッ岳、水晶岳、右側は薬師岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
中央の大きな山影が不動岳。奥の稜線は左側に、野口五郎岳、三ッ岳、水晶岳、右側は薬師岳か。
1
15:21-33七倉岳。背景は、蓮華岳、北葛岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:21-33七倉岳。背景は、蓮華岳、北葛岳。
3
平坦に進んでいくと、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦に進んでいくと、
1
船窪小屋が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋が現れる。
2
15:43船窪小屋。男性トイレは外。夜間はもう寒くて辛い。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:43船窪小屋。男性トイレは外。夜間はもう寒くて辛い。
1
スゴ乗越へ沈む夕日。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゴ乗越へ沈む夕日。
3
天婦羅がサクッとして美味かった。ランプの光で夕食(電気はありません)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
天婦羅がサクッとして美味かった。ランプの光で夕食(電気はありません)。
3
04:40船窪小屋出発。予定より40分遅れでスタート。星空で、今日は晴れそう。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
04:40船窪小屋出発。予定より40分遅れでスタート。星空で、今日は晴れそう。
船窪小屋・不動岳・蓮華岳の分岐点。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪小屋・不動岳・蓮華岳の分岐点。
04:58テン場。簡易トイレもありました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
04:58テン場。簡易トイレもありました。
倒木。バックパックは外して通過。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
倒木。バックパックは外して通過。
白み始まました。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
白み始まました。
1
船窪乗越へ約300メートル下る。山影は船窪岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪乗越へ約300メートル下る。山影は船窪岳か。
05:33-43船窪乗越。これから、船窪岳まで100メートル登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
05:33-43船窪乗越。これから、船窪岳まで100メートル登り返す。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳、七倉岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳、七倉岳。
七倉岳、燕岳〜槍ヶ岳、不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
七倉岳、燕岳〜槍ヶ岳、不動岳
船窪岳に到着。山影は船窪岳第二ピーク(こちらの方が高い)。約100メートルダウンした後、200メートル登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
船窪岳に到着。山影は船窪岳第二ピーク(こちらの方が高い)。約100メートルダウンした後、200メートル登り返す。
(振り返って)05:54-06:04船窪岳。山影は七倉岳。船窪岳第二ピークと勘違いしてしまった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)05:54-06:04船窪岳。山影は七倉岳。船窪岳第二ピークと勘違いしてしまった。
痩せ尾根が現れる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根が現れる。
ロープのお蔭か、戸隠の蟻の戸渡りよりはマシでした。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ロープのお蔭か、戸隠の蟻の戸渡りよりはマシでした。
1
痩せ尾根はまだ続く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
痩せ尾根はまだ続く。
1
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
間もなく、コル。その後、約200メートル登り返して船窪第二ピークへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
間もなく、コル。その後、約200メートル登り返して船窪第二ピークへ。
コルから登り返しの始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
コルから登り返しの始まり。
(振り返って)不動岳、その奥に、七倉岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)不動岳、その奥に、七倉岳。
急登の途中に立つ巨木。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
急登の途中に立つ巨木。
青空に映える、ダケカンバ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
青空に映える、ダケカンバ。
1
餓鬼岳、表銀座の稜線、槍。下界は曇り??
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳、表銀座の稜線、槍。下界は曇り??
2
(振り返って)北葛岳、七倉岳、不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)北葛岳、七倉岳、不動岳
蓮華岳、北葛岳、七倉岳。餓鬼岳、燕岳〜槍。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
蓮華岳、北葛岳、七倉岳。餓鬼岳、燕岳〜槍。
(拡大)草津白根山あたりか。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)草津白根山あたりか。
1
(拡大)浅間山?
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)浅間山?
1
(拡大)八ヶ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)八ヶ岳
1
07:31船窪第2ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
07:31船窪第2ピーク
左のピークの不動岳に向かい、コルへ約150メートル下り、アップダウンを繰り返しながら約350メートル登り返す。中央ピークは、南沢岳、右ピークは三ッ岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
左のピークの不動岳に向かい、コルへ約150メートル下り、アップダウンを繰り返しながら約350メートル登り返す。中央ピークは、南沢岳、右ピークは三ッ岳。
暫く樹林帯を進む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
暫く樹林帯を進む。
不動岳への稜線。手前のピークを越えて行く。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳への稜線。手前のピークを越えて行く。
不動岳の奥は、薬師岳〜立山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳の奥は、薬師岳〜立山
スゴノ頭、越中沢岳、鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳、黒部湖。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
スゴノ頭、越中沢岳、鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳、黒部湖。
1
(振り返って)針ノ木岳、小ピーク(2299ピークか)、船窪第二ピーク、北葛岳、七倉岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、小ピーク(2299ピークか)、船窪第二ピーク、北葛岳、七倉岳
1
針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪第二ピーク、四阿山、浅間山、餓鬼岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪第二ピーク、四阿山、浅間山、餓鬼岳。
2
(拡大)四阿山、浅間山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)四阿山、浅間山
1
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪岳、船窪第二ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪岳、船窪第二ピーク。
3
岩の右を回り込んで頂上部の平坦な稜線に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
岩の右を回り込んで頂上部の平坦な稜線に出る。
不動岳の頂上部に出たところ。。この先の岩場で、後掲の360度のパノラマ動画を撮影。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
不動岳の頂上部に出たところ。。この先の岩場で、後掲の360度のパノラマ動画を撮影。
2
三ッ岳、水晶岳/烏帽子岳、赤牛岳/南沢岳、薬師岳、スゴノ頭、越中沢岳、鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳、黒部湖、針ノ木岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳、水晶岳/烏帽子岳、赤牛岳/南沢岳、薬師岳、スゴノ頭、越中沢岳、鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳、黒部湖、針ノ木岳。
3
三ッ岳、水晶岳/烏帽子岳、赤牛岳/南沢岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳、水晶岳/烏帽子岳、赤牛岳/南沢岳。
2
(拡大)三ッ岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)三ッ岳
1
(拡大)水晶岳(別名:黒岳)、烏帽子岳。烏帽子岳の命名がうなづける。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)水晶岳(別名:黒岳)、烏帽子岳。烏帽子岳の命名がうなづける。
4
(拡大)赤牛岳。実際は、もう少し赤っぽかった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)赤牛岳。実際は、もう少し赤っぽかった。
2
(拡大)薬師岳。どっしりとしているな〜。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)薬師岳。どっしりとしているな〜。
4
鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
鳶山、鷲岳、五色ヶ原、獅子岳、鬼岳、龍王岳、立山、剱岳
2
山頂標識は、ここだった。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
山頂標識は、ここだった。
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪第二ピーク。遠くには四阿山、浅間山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳、船窪第二ピーク。遠くには四阿山、浅間山。
1
(拡大)四阿山、浅間山。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)四阿山、浅間山。
さて、南沢岳から烏帽子までは一気に行けそう(実際は糠喜びだった〜!約100メートルのダウンアップがあった)。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
さて、南沢岳から烏帽子までは一気に行けそう(実際は糠喜びだった〜!約100メートルのダウンアップがあった)。
1
唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳〜槍。遠くには、富士山、南アルプス。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳〜槍。遠くには、富士山、南アルプス。
2
(拡大)蓼科山
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)蓼科山
(拡大)富士山、甲斐駒ヶ岳、北岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)富士山、甲斐駒ヶ岳、北岳
1
ハイ松の中を約200メートル下り、約200メートル登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ハイ松の中を約200メートル下り、約200メートル登り返す。
1
振り返ると、飛行機雲。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
振り返ると、飛行機雲。
1
餓鬼岳〜槍、高瀬湖、三ッ岳、烏帽子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
餓鬼岳〜槍、高瀬湖、三ッ岳、烏帽子岳
1
道を塞ぐ倒木越えに手間取る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
道を塞ぐ倒木越えに手間取る。
もう少しで、コルに着き、登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
もう少しで、コルに着き、登り返す。
南沢乗越より振り返る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢乗越より振り返る。
1
11:20南沢乗越。南沢岳へ約200メートル登り返す。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
11:20南沢乗越。南沢岳へ約200メートル登り返す。
1
唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳〜大天井岳、高瀬湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、燕岳〜大天井岳、高瀬湖
2
砂場急斜面。滑る〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
砂場急斜面。滑る〜!
崩壊斜面の縁。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
崩壊斜面の縁。
1
(振り返って)不動岳。左奥のピークは蓮華岳。途中から崩壊斜面の縁を下ってコルへ。その後崩壊斜面の縁を登ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)不動岳。左奥のピークは蓮華岳。途中から崩壊斜面の縁を下ってコルへ。その後崩壊斜面の縁を登ってきた。
(振り返って)崩壊斜面の縁を登ってきた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)崩壊斜面の縁を登ってきた。
三ッ岳、烏帽子岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
三ッ岳、烏帽子岳
1
これも偽ピーク
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これも偽ピーク
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
今度こそ、南沢岳の頂上。左に、三ッ岳、烏帽子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
今度こそ、南沢岳の頂上。左に、三ッ岳、烏帽子岳。
偽ピークに着いた後、
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
偽ピークに着いた後、
右に回り込んで、南沢岳のピークへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
右に回り込んで、南沢岳のピークへ。
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、船窪第二ピーク、不動岳
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)針ノ木岳、蓮華岳、船窪第二ピーク、不動岳
(拡大)旭岳、白馬岳、白馬鑓ヶ岳、天狗ノ頭か
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(拡大)旭岳、白馬岳、白馬鑓ヶ岳、天狗ノ頭か
やっと、頂きに出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
やっと、頂きに出る。
1
12:12南沢岳。奥には、三ッ岳、水晶岳、赤牛岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
12:12南沢岳。奥には、三ッ岳、水晶岳、赤牛岳。
3
小ピーク(逆コースだと、南沢岳の偽ピーク)に軽く登り、返し右側に回り込む。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
小ピーク(逆コースだと、南沢岳の偽ピーク)に軽く登り、返し右側に回り込む。
1
烏帽子岳への下り口。ガスっていると、稜線をそのまま進んでしまいそう。岩に印された×印の赤ペンキを見落とさなければ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳への下り口。ガスっていると、稜線をそのまま進んでしまいそう。岩に印された×印の赤ペンキを見落とさなければ。
烏帽子田圃が現れた。烏帽子岳、三ッ岳、水晶岳。前烏帽子岳まで、約100メートルのダウン&アップ。これが、本コース最後のアップダウン。頑張ろう!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子田圃が現れた。烏帽子岳、三ッ岳、水晶岳。前烏帽子岳まで、約100メートルのダウン&アップ。これが、本コース最後のアップダウン。頑張ろう!!
2
烏帽子田圃へ約100メートル下る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子田圃へ約100メートル下る。
(振り返って)ハイ松の中を下って、ザレ場を下ってきた。このピークは偽ピーク。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)ハイ松の中を下って、ザレ場を下ってきた。このピークは偽ピーク。
烏帽子田圃の始まり。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子田圃の始まり。
烏帽子田圃と烏帽子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子田圃と烏帽子岳。
(振り返って)偽ピーク/南沢岳、針ノ木岳、不動岳、北葛岳/七倉岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)偽ピーク/南沢岳、針ノ木岳、不動岳、北葛岳/七倉岳。
1
前烏帽子岳へ約100メートルの登り返し。これがおわれば、大きなアップダウンは終わる。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前烏帽子岳へ約100メートルの登り返し。これがおわれば、大きなアップダウンは終わる。
1
この方向だと、鋭い岩峰。烏帽子には見えない。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
この方向だと、鋭い岩峰。烏帽子には見えない。
2
烏帽子岳山頂分岐。前方ピークは前烏帽子岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子岳山頂分岐。前方ピークは前烏帽子岳。
13:04-15烏帽子岳山頂分岐。約一か月前に登ったので、今回はスキップ。
m(__)m
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:04-15烏帽子岳山頂分岐。約一か月前に登ったので、今回はスキップ。
m(__)m
(振り返って)偽ピーク/南沢岳、(遠くに、白馬岳)、針ノ木岳、不動岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)偽ピーク/南沢岳、(遠くに、白馬岳)、針ノ木岳、不動岳、蓮華岳、北葛岳/七倉岳。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
4
あと少しだ〜!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
あと少しだ〜!
2
前烏帽子岳山頂。後掲のパノラマ動画参照下さい。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
前烏帽子岳山頂。後掲のパノラマ動画参照下さい。
2
一か月前は見えなかった烏帽子小屋が、落葉のお蔭で見えた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
一か月前は見えなかった烏帽子小屋が、落葉のお蔭で見えた。
1
13:47烏帽子小屋
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
13:47烏帽子小屋
烏帽子小屋から少し登れば、尾根に出る。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
烏帽子小屋から少し登れば、尾根に出る。
ここからは下りのみ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ここからは下りのみ。
1
下り始め。No1〜12までの標識がある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下り始め。No1〜12までの標識がある。
(振り返って)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)
南沢岳、不動岳、針ノ木岳、蓮華岳、七倉岳。烏帽子岳の頭がちょこっと覗いている。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
南沢岳、不動岳、針ノ木岳、蓮華岳、七倉岳。烏帽子岳の頭がちょこっと覗いている。
平坦の所もある。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
平坦の所もある。
(振り返って)14:32三角点(No4)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)14:32三角点(No4)
14:49(No6)中休み
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
14:49(No6)中休み
15:25権太落し(No9)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:25権太落し(No9)
(振り返って)15:33(No10)
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)15:33(No10)
15:54(No12)ブナ立尾根取付/北アルプス裏銀座登山口
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
15:54(No12)ブナ立尾根取付/北アルプス裏銀座登山口
河原に出る。峰は、唐沢岳か。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
河原に出る。峰は、唐沢岳か。
16:00濁沢の丸太橋。約一か月前は流されていた。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:00濁沢の丸太橋。約一か月前は流されていた。
1
ヘリポート&テン場
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ヘリポート&テン場
吊橋より、高瀬湖
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋より、高瀬湖
吊橋を渡り終えると。不動沢トンネルへ。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊橋を渡り終えると。不動沢トンネルへ。
トンネル内部は舗道を進む。結構長いです。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
トンネル内部は舗道を進む。結構長いです。
高瀬湖ダム堤
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
高瀬湖ダム堤
(振り返って)不動沢トンネル
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
(振り返って)不動沢トンネル
タクシーが待ってました!!ありがたい!お疲れさま!!
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
タクシーが待ってました!!ありがたい!お疲れさま!!
16:31七倉山荘まで約10分強で到着。
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
16:31七倉山荘まで約10分強で到着。
1

感想/記録

・台風直後の快晴を狙って駆け付けたが、甘くなかった。

 _嫉蓋の七倉山荘に自転車デポしに向かう途中、4〜5カ所ほど倒木で行く手を遮られる。降りて、その都度どうにか通行できるように処置して進んだ。

 2時半頃、登山口の扇沢に向かったら倒木処理中で、通行止め。少し下った所で待機、仮眠して4時頃に再び扇沢に向かったら、倒木処理は終わっていて扇沢に辿り着くことができた。が、予定より約一時間遅れでスタート。

 E仍各擦任2カ所、倒木で道が塞がれており、何とか凌いで乗り越えた。翌日も2カ所ほど倒木で道が塞がれていた。

・初日は誰とも会わず。しかし、船窪小屋は満員ではないものの、それなりに盛況でした。2日目は、烏帽子岳まで2パーティとすれ違い、ブナ立尾根でも3パーティとすれ違っただけ。出発が遅れて、予定より1時間遅れで高瀬ダムに到着したが、運よく、タクシーが待っており、待ち時間なしで七倉山荘に到着でき、ラッキーでした。


不動岳より





薬師岳、五色ヶ原、龍王岳、立山、剱岳、針ノ木岳、蓮華岳、船窪岳、七倉岳、北葛岳、浅間山、蓼科山、唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、富士山、北岳?、三ッ岳、水晶岳、烏帽子岳、赤牛岳、南沢岳

前烏帽子岳より





唐沢岳、餓鬼岳、東沢岳、三ッ岳、水晶岳、赤牛岳、薬師岳、五色ヶ原、烏帽子岳、立山、南沢岳、白馬岳、針ノ木岳、不動岳、蓮華岳、七倉岳、北葛岳、四阿山
訪問者数:334人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。

この記録で登った山/行った場所

この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ