ヤマレコ

HOME > 山行記録一覧 > 山行記録の表示
記録ID: 986034 全員に公開 無雪期ピークハント/縦走槍・穂高・乗鞍

【穂高縦走】なぜやまに登るのか?

日程 2016年10月16日(日) 〜 2016年10月18日(火)
メンバー keithhappy
天候1日目 快晴!
2日目 雨。。。
3日目 晴れ
アクセス
利用交通機関
電車バス
行き 名古屋から上高地まで夜行バス
帰り 上高地から松本経由で愛知県へ
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.7〜0.8(速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち91%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
9時間15分
休憩
1時間19分
合計
10時間34分
S上高地バスターミナル05:4005:50河童橋06:02岳沢湿原・岳沢登山口06:0307:45岳沢小屋09:53紀美子平10:1110:31前穂高岳10:4611:11紀美子平11:1712:50穂高岳13:0213:34穂高岳山荘13:4014:05涸沢岳14:2616:14北穂高岳(北峰)
2日目
山行
4時間39分
休憩
8分
合計
4時間47分
北穂高岳(北峰)07:3707:47北穂高岳・天場07:4808:55涸沢小屋08:5809:01涸沢09:0210:33横尾 (横尾山荘)10:3611:19徳澤園11:50徳本口(徳本峠分岐)12:24河童橋
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
やっぱり穂高岳。高度感ハンパない。
その他周辺情報上高地で唯一の温泉は上高地アルペンホテルらしいよ。
明神あたりからいきなり観光客が増えて、三日間の汗の香りが申し訳なくなっちゃう。
過去天気図(気象庁) 2016年10月の天気図 [pdf]

写真

【初日】
早朝に上高地到着!夜行バスは全然寝れなかったけど、大丈夫。こんな景色見たら目も覚める!
2016年10月16日 05:44撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【初日】
早朝に上高地到着!夜行バスは全然寝れなかったけど、大丈夫。こんな景色見たら目も覚める!
1
快晴の上高地は初めて。
焼岳もいい感じ
2016年10月16日 05:49撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
快晴の上高地は初めて。
焼岳もいい感じ
2
梓川。寒いけどキレイ。
2016年10月16日 06:00撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
梓川。寒いけどキレイ。
名物の風穴。
この季節は寒いので、冷風は感じられず。
2016年10月16日 06:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
名物の風穴。
この季節は寒いので、冷風は感じられず。
乗鞍岳
2016年10月16日 08:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
乗鞍岳
1
紀美子平
ここに荷物を放置して前穂高へ。
2016年10月16日 10:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
紀美子平
ここに荷物を放置して前穂高へ。
1
うおー、常念岳。
ピラミダルでカッコエエー
2016年10月16日 10:37撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
うおー、常念岳。
ピラミダルでカッコエエー
3
よっしゃ!
2016年10月16日 10:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
よっしゃ!
2
これから登る奥穂高。
でかすぎ。
2016年10月16日 10:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから登る奥穂高。
でかすぎ。
3
イェイ
ここで写真とったら、だれでもかっこよくなるね。
2016年10月16日 10:40撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
イェイ
ここで写真とったら、だれでもかっこよくなるね。
6
涸沢。
初めて見たよ。
2016年10月16日 11:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢。
初めて見たよ。
4
吊り尾根途中からの前穂高。
カッコエエ。
2016年10月16日 11:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
吊り尾根途中からの前穂高。
カッコエエ。
5
空まで続くガケ。
登りは怖くない。
2016年10月16日 12:27撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
空まで続くガケ。
登りは怖くない。
2
奥穂高イェイ!
2016年10月16日 12:58撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
奥穂高イェイ!
3
ジャンダルム。
ちょっとこれはムリ
2016年10月16日 13:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ジャンダルム。
ちょっとこれはムリ
4
これから歩く予定の縦走路!
2016年10月16日 13:06撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
これから歩く予定の縦走路!
2
穂高岳山荘からの登り返して涸沢岳。
こっからが恐怖の始まり。
2016年10月16日 14:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
穂高岳山荘からの登り返して涸沢岳。
こっからが恐怖の始まり。
6
ふりかえっての、前穂・奥穂。
2016年10月16日 14:04撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ふりかえっての、前穂・奥穂。
3
北穂から槍ヶ岳。
この足元からクサリ・ハシゴ・ガケの登り降り。想像以上でした!
2016年10月16日 14:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂から槍ヶ岳。
この足元からクサリ・ハシゴ・ガケの登り降り。想像以上でした!
2
歩くので必死なので写真撮れず。
なんとか無事、北穂高に到着ー
2016年10月16日 16:19撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
歩くので必死なので写真撮れず。
なんとか無事、北穂高に到着ー
5
このビールはうまかった!
明日は槍までいけるかな?
2016年10月16日 16:54撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
このビールはうまかった!
明日は槍までいけるかな?
その前にしこたま飲酒スタート。
2016年10月16日 17:05撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
その前にしこたま飲酒スタート。
1
北穂高小屋はなんと宿泊者2人。
仲良くなって、ワインと生ハム・チーズを楽しんでもうヘベレケ。
2016年10月16日 18:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
北穂高小屋はなんと宿泊者2人。
仲良くなって、ワインと生ハム・チーズを楽しんでもうヘベレケ。
3
【2日目】
雨の中のキレットはありえないので、連泊決定。本読んだり昼寝したり。ケータイの電波も届かない。こんなになーんもしない日はかつてなかったかも。
2016年10月17日 16:35撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【2日目】
雨の中のキレットはありえないので、連泊決定。本読んだり昼寝したり。ケータイの電波も届かない。こんなになーんもしない日はかつてなかったかも。
3
夜はまたまた飲酒。
逆にゼータクな一日だった。
2016年10月17日 17:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜はまたまた飲酒。
逆にゼータクな一日だった。
4
【3日目】
快晴!満月!いくぞ、キレット!!
と決心。
2016年10月18日 05:23撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
【3日目】
快晴!満月!いくぞ、キレット!!
と決心。
2
も、つかの間、足元の岩が凍ってツルツル。これは神様が行っちゃダメって言ってるのかな。
2016年10月18日 05:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
も、つかの間、足元の岩が凍ってツルツル。これは神様が行っちゃダメって言ってるのかな。
2
夜明け前の前穂・奥穂
貸切の北穂山頂でゼータクな時間。
2016年10月18日 05:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
夜明け前の前穂・奥穂
貸切の北穂山頂でゼータクな時間。
3
いよいよ日の出。
タイミング悪くガスが。。。
2016年10月18日 05:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
いよいよ日の出。
タイミング悪くガスが。。。
2
キレット越しの槍ヶ岳
また今度ね。
2016年10月18日 07:08撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
キレット越しの槍ヶ岳
また今度ね。
8
常念岳。
北穂高から見る常念岳って、めちゃかっこよくないですか??
2016年10月18日 07:12撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
常念岳。
北穂高から見る常念岳って、めちゃかっこよくないですか??
4
二日間お世話になりました。
2016年10月18日 07:34撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
二日間お世話になりました。
2
涸沢まで降りてきた。
南陵ルートもけっこうハード。
2016年10月18日 08:56撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
涸沢まで降りてきた。
南陵ルートもけっこうハード。
2
俺、あそこ歩いたのか?
2016年10月18日 08:59撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
俺、あそこ歩いたのか?
2
下山中に見えた北穂高。
2016年10月18日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
下山中に見えた北穂高。
2
ビョーブ
2016年10月18日 10:01撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
ビョーブ
2
観光客いっぱいの河童橋。
2016年10月18日 12:24撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
観光客いっぱいの河童橋。
1
新島々から。
2016年10月18日 14:39撮影 by iPhone 6s, Apple
拍手 / こっそり拍手 | 詳細ページ | 元サイズ | ▶ 類似写真を探す
新島々から。
1
撮影機材:

感想/記録

〜なぜ、山に登るのか?〜
使い古された質問で、模範解答もいっぱい。でも、今回の登山で考えさせられちゃった。

やっぱり山をやりだしたら憧れちゃう、槍穂の縦走。会社の休みを無理やりもらって二泊三日のチャレンジ登山へ。
難所もたくさんあることは聞いてた。でも、一般登山道やし大したことないやろとなめてた僕に、穂高岳はガツンとパンチをくらわせてきた。特に、涸沢岳から北穂高までの縦走路。なんちゅーところに登山道を通したんだと、驚くばかり。這いつくばって、ヨレヨレで北穂高に到着。
・なんでこんな恐怖を自ら味わってるのか?
・山は眺めるのが楽しいヨネ!
そんな自問自答を繰り返しての苦難の道のりだった。

ところがどっこい、北穂高から槍ヶ岳までのキレットも難所中の難所。どうなる、俺?

翌日は天気予報通り雨。雨を言い訳(当然!)にソッコー連泊を決定。行けないとなると恋い焦がれるキレットの道のり。翌日は絶対帰らないといけないので、槍ヶ岳は諦めるとして、キレットから天狗原経由で下山しようと決めた。

が、運命の翌朝。天気は晴れてるものの、前日の雨が凍って岩がツルツル。こりゃ無理でしょ。
神様が、
「まだお前に、キレットも槍ヶ岳も早いわ!」
と、言ってくれたのかな?



槍穂は縦走できなかったけど、穂高の縦走はできた。これはけっこう自信になってる。でも、キレット経由で槍ヶ岳まで行けるの??と、聞かれたら、答えれない。体力も経験も足りてないから。
今、ぼくに 〜なぜやまに登るのか?〜 と、聞かれたらこう答える。

「キレットを越えて、槍ヶ岳に登るためでしょ!」

訪問者数:452人
-
拍手
関連する記事 by
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

関連する山の用語

ガス キレット ジャンダルム 涸沢
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ