ヤマレコなら、もっと自由に冒険できる

Yamareco

HOME > kennyさんのHP > 日記
2021年05月16日 20:10デスティネーション全体に公開

日本の山、ヤブ(藪)リンピック - No.1はどこだ?

梅雨入り前の好天を狙って奥美濃の若丸山へ登ってきた。

(https://www.yamareco.com/modules/yamareco/detail-3180008.html)

奥美濃の中心にある藪山で、道なき尾根や沢でたどりつく1,000mクラスの低山ですが、山頂の展望は折り紙付き(写真:能郷白山)。また素晴らしいシャクナゲの花(写真)にも出会え、春秋はブナの新緑・紅葉も美しく素晴らしい。
 そのシャクナゲは実は猛烈なブッシュ帯をつくり行く手をはばみ、大変な苦労だった。詳しくはレコを読んでいただければ写真などで分かりますが、アルペンムード満点の北アルプス縦走などとは真逆の世界。
「なんでわざわざそんなヤブへ突入するの?」「モノ好きだね〜」
はい、その通り、もの好きなのもありますが、それはそれで理由がある。けっして藪こぎが楽しいわけではないのだが、藪をこがないとたどりつけない絶景がある、藪の中に咲く美しい花がある。このために苦労をいとわず藪を漕ぐ、ただそれだけ。
 
久々の藪こぎをして思ったのは、この奥美濃の藪がいかほど大変なのかを経験的に他のエリアと比べてみよう、という事だった。そこでいくつかここぞ、という山域を想いあたる中でリストしてみた… オリンピックは今年出来ないかもしれないが、「ヤブリンピック」は自分で行って出来る。以下がヤブリンピックの猛者たちである。

●知床半島のハイマツ
  背丈を超すハイマツの海。知床のハイマツの大きさは日本アルプスあたりのそれとはまったく別モノ。テルペン臭に悩まされながら一日歩けば全身マツのヤニだらけでべたべた。アスレチックのように枝の上を渡り歩く事もしばしば。
  憧れをいだいたのは、学生時代に読んだ、新聞記者・本田勝一の「北海道探検記」というルポ。この本にある北大探検部に同行しての羅臼岳から知床沼へのハイマツブッシュ縦走の体験記を読み、冒険心を大いにくすぐられた。
  「地の涯(はて)」を意味するシリ・エトク(知床)の稜線上からはハイマツ超しに海原が広がり、世界の果てに来たような独特の雰囲気。羅臼岳・硫黄岳からルサ乗越を経てポロモイ台地から半島先端のウィーヌプリ、そして最後に灯台の建つ知床岬へは4-5泊のハイマツブッシュ縦走。
  ずいぶん前に知床岬まで海岸を歩き往復、その後ポロモイ台地へ藪を漕いで上がり知床沼にテントを張って知床岳に登頂(写真)した事がある。その時に見たハイマツの海越しの海原の素晴らしさが忘れられない(写真)。

●上越国境のネマガリタケ
  特に野反湖・白砂山から佐武流山を経て苗場山への稜線は倒木とネマガリタケの猛烈なブッシュが行く手を阻み迷路のようだ(旧エアリアマップ「志賀高原・草津」1991年度版より)。ところが近年は秘境といわれた秋山郷が開けてきてドロノキ平をベースに稜線は定期的に藪を刈り払いメンテされ、そんな苦労なく縦走出来るようで多くのレコも上がっています。ネマガリタケのブッシュの大変さは太平洋側、たとえば南アルプス深南部のスズタケなどに比べて格段に厳しいイメージがあるのだが、さて、今はどこか他にここぞ、というネマガリタケの難路は上信越エリアに残っているのでしょうか? 残念ながら知らない…

●西表島のアダンのジャングル
  「熱汗山脈」(高橋敬一著:随想社)や「西表島探検 亜熱帯の森をゆく」(安間茂樹著:あっぷる出版)を読めば西表島に冒険の夢を見てしまうこと間違いなし。アダンの猛烈なヤブ、灼熱の熱帯気候の島をいまも春になると大学探検部が縦走や海岸歩きに訪れる。アダンの木はトゲがありこれを突破して歩くのはほぼ不可能。今もってこの日本で「探検」や「秘境」を感じる事の出来るのは知床半島と西表島だけ、とよく言われる。
  何度も訪れて、ちょっとだけその片鱗に触れる事はあってもなかなか足を踏み入れるには勇気が要るエリア。
  山からは若干外れるけれど、島の西海岸半周は知床岬を目指す以上に日数がかかりいつかは歩き通してみたいルート。

そして最後に;

●奥美濃のシャクナゲ
  豪華な花を咲かせるシャクナゲも大きなものでは4-5メートルにもなり、しかも根の中心から放射円状にまわりにのびて地を這うのでやっかいさは知床のハイマツ以上だと思う。
  今回久しぶりに奥美濃の山に登り、無雪期の奥美濃のシャクナゲブッシュを漕いであらためてそのすごさに感動(?)してしまった。尾根を登っていると目の前にタコのように枝が地面を這いながら反り立ちあがる硬くて太い枝は、まるで鉄格子のようだ。ハイマツと違い藪こぎしても松ヤニが付くことなどはないし、アダンのようにトゲがない反面、突破するのに一番力が要るのがシャクナゲ。手や足で押しのけるのにもかなりの力が要る。それが急登だと上からのしかかってくるシャクナゲを下から押し上げて身体を入れて越えないといけない! 知床のハイマツも奥美濃のシャクナゲに比べればかわいいと思われてくる…

 ということで、現時点、「奥美濃のシャクナゲブッシュ」が日本一のヤブ(登山者にとって)という事にしよう。他に「こここそは」というエリアがあれば教えていただきたいものです。まだ知らないぞくぞくする秘境があるなら、それはそれでうれしい限り。

 奥美濃が「日本一のヤブ山」といっても、決して憎んでいるわけではありません。その反対です。簡単に行けないからこそ、その美しい花が今でも守られていると思う。山の険しさとそのリモートネスのおかげで、植林地もまだ少なく、苦労して登った稜線から見下ろすときちんと整った緑の衣を山麓まで見渡す事もまだ多い山域が、奥美濃のすばらしさ!
  登山者を簡単には受け入れてくれない厳しい藪となるシャクナゲそのものが、美しい花を咲かせるわずか1-2週間の新緑の季節… 奥美濃は北海道・日高山脈と並んで日本で最も美しい山並みが味わえるエリアだと声を大にしていいたい。

 最後に今いちど、ヤマレコ管理人さんへ…こんな素晴らしい「奥美濃」をエリア登録願いたい… ぜひ是非!
お気に入りした人
拍手で応援
拍手した人
拍手
訪問者数:459人

コメント

まだコメントはありません
プロフィール画像
ニッ にっこり シュン エッ!? ん? フフッ げらげら むぅ べー はー しくしく カーッ ふんふん ウィンク これだっ! 車 カメラ 鉛筆 消しゴム ビール 若葉マーク 音符 ハートマーク 電球/アイデア 星 パソコン メール 電話 晴れ 曇り時々晴れ 曇り 雨 雪 温泉 木 花 山 おにぎり 汗 電車 お酒 急ぐ 富士山 ピース/チョキ パンチ happy01 angry despair sad wobbly think confident coldsweats01 coldsweats02 pout gawk lovely bleah wink happy02 bearing catface crying weep delicious smile shock up down shine flair annoy sleepy sign01 sweat01 sweat02 dash note notes spa kissmark heart01 heart02 heart03 heart04 bomb punch good rock scissors paper ear eye sun cloud rain snow thunder typhoon sprinkle wave night dog cat chick penguin fish horse pig aries taurus gemini cancer leo virgo libra scorpius sagittarius capricornus aquarius pisces heart spade diamond club pc mobilephone mail phoneto mailto faxto telephone loveletter memo xmas clover tulip apple bud maple cherryblossom id key sharp one two three four five six seven eight nine zero copyright tm r-mark dollar yen free search new ok secret danger upwardright downwardleft downwardright upwardleft signaler toilet restaurant wheelchair house building postoffice hospital bank atm hotel school fuji 24hours gasstation parking empty full smoking nosmoking run baseball golf tennis soccer ski basketball motorsports cafe bar beer fastfood boutique hairsalon karaoke movie music art drama ticket camera bag book ribbon present birthday cake wine bread riceball japanesetea bottle noodle tv cd foot shoe t-shirt rouge ring crown bell slate clock newmoon moon1 moon2 moon3 train subway bullettrain car rvcar bus ship airplane bicycle yacht

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する