ヤマレコ

HOME > HonocaさんのHP > 日記
2017年06月19日 21:47チャリンコ全体に公開

引渡しの後は、自分用の自転車整備

自転車引渡し整備
https://www.yamareco.com/modules/diary/63100-detail-145220

~続き
13:00に同僚にチャリを引き渡した後は、自分用のパスハン車の整備に取り掛かります。
注文していた部品は全て揃っている。

写真1 14:00
本当はこれを売ろうと思ってたのですがw
んでこいつをなんとかする。交通事故の補償で買ったブリヂストンのロード。3年前にデュアルコントロールレバー(ブレーキレバー兼変速レバー)を外して放置してあったやつを組みなおす。
こいつはレースのスプリント時に後ろ三角(フレームの後部)が”よれる”ので、ほったらかしにしてあった。今思えば踏み方が悪く足が三角に廻っていたのだろうか。
但し同じクロモリのデローザと競輪のフレームは”よれなかった”

※デュアルコントロールレバーは高価だが、レースでは便利なパーツだ。立ち漕ぎで変速できるし、クリテリウム(直角カーブが多いので加減速の繰り返し)のようなハンドルから手を離せないレースに必需!!
しかし構成部品が複雑で”4年も使うと”内部の部品が磨滅してお釈迦になるという消耗品でもある。
いまはレースにも出ねえので、ほの香はすべての所有車をWレバーに換装した(爆) 

写真2
フレーム素材は鳩のマークの”コロンバス”だ(嘘)
実際は丹下No1(日本製のパイプ・鉄をベースにしたクロームモリブデン鋼)のダブルパデット(中間部分のみ肉が薄い)
実作業は
・清掃
・ブレーキレバー装着
・Wレバー装着
 ワイヤー類の装着・調整
・シートポスト、ステムにグリス塗付
・ホイールにチューブ・タイヤ装着
・ボトルゲージ装着
・バーテープ巻き
・ゴミの片付け

写真3
17:00 亀井の逆転サヨナラ!!
じゃなくて(爆)
後輪のブレーキアウターが分割タイプなので、設計者の意図を汲んでブレーキレバーはエアロタイプ(ワイヤーが隠れるタイプ)にした
※実際はブレーキワイヤー上出しのほうがハンドリングが軽くてフレームも傷つかない。

ペダルはLOOK製のLOOK式(歩けない自転車靴)がついている。近々SPD対応の(歩ける自転靴)に換装するのだが、この車体にSPDは似合わないと思う。

しかしパスパン車が売れてしまった今、こいつをパスハン車として扱おうと一気組みしたのであった(^^;

フレーム:ブリヂストン(丹下No1ダブルパデット)
メインコンポ:島野600アルテグラ、駆動系にデュラエース
変速:Wレバー8S フロント53×39T リア13-26T
ペダル:LOOK

次の日曜はこの子とろんぐらいだぁすじゃなイカ!?
訪問者数:137人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この日記へのコメント

登録日: 2014/3/5
投稿数: 160
2017/6/20 6:27
 RE: 引渡しの後は、自分用の自転車整備
写真のホイール、何だかスゴク懐かしいなぁ!!
いいですなぁ〜。
私は、昔のカンパ・シャマルのパクリ?であるビエンメのホイール持ってましたよ。(売ってしまって今はもう無い。。)重かったけどスゴク良かった。。。
登録日: 2013/9/15
投稿数: 1064
2017/6/20 22:05
 RE: 引渡しの後は、自分用の自転車整備
どうもです!
> 写真のホイール、何だかスゴク懐かしいなぁ!!
ですねぇ。
この懐かしいフレームやホイールに吸い寄せられてくる・特に挨拶もなしに仕掛けてくる人の誘蛾灯なんですねぇ(苦笑
登録日: 2014/3/5
投稿数: 160
2017/6/22 15:31
 RE: 引渡しの後は、自分用の自転車整備
ども〜
誘蛾灯??難しい言葉ですね〜
何気に「誘蛾灯」とググってみましたよ。。。

夜間、蛾(が)やその他の害虫をおびきよせ、水におぼれさせる装置の灯火。

きょえ〜〜!
ムヒッヒ・・・。
挨拶なし系のオレ様おじさん&若者が増えたね。。。
経験/実力がスゴくて、ハナタカ?なのかと思うと、アレな人??しか見かけない。
変な世の中になったよ。
登録日: 2013/9/15
投稿数: 1064
2017/6/22 22:56
 RE: 引渡しの後は、自分用の自転車整備
> 夜間、蛾(が)やその他の害虫をおびきよせ、水におぼれさせる装置の灯火。
あはは

息せき切って抜かして前にきて、そのまま行けばいいんですけど、前にきてスピード落とす人(つか失速)とかいるんですよね。明らかに挑発としか思えない(爆)
クロモリが気に食わないのか??
挑発者にはペダルの力で返しますこの世界(苦笑)


ページの先頭へ