また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1053225 全員に公開 雪山ハイキング八ヶ岳・蓼科

赤岳

日程 2017年01月25日(水) 〜 2017年01月27日(金)
メンバー
天候晴れ
アクセス
利用交通機関
車・バイク
八ヶ岳山荘の駐車場を利用した。料金は1日につき500円
経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.9〜1.0(標準)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち84%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

1日目
山行
6時間50分
休憩
8分
合計
6時間58分
S美濃戸口06:3607:30やまのこ村07:3107:38美濃戸山荘08:58中ノ行者小屋跡09:0109:50行者小屋09:5111:40文三郎尾根分岐11:4112:09赤岳12:1112:41地蔵の頭13:34行者小屋
2日目
山行
7時間40分
休憩
1時間39分
合計
9時間19分
行者小屋07:0608:06文三郎尾根分岐08:0808:24赤岳08:4308:45赤岳頂上山荘08:4709:02赤岳天望荘09:07地蔵の頭09:17二十三夜峰09:32日ノ岳09:3709:40鉾岳09:4409:49石尊峰09:5710:08横岳(三叉峰)10:0910:15無名峰10:1610:21横岳(奥ノ院)10:3610:58台座ノ頭11:13硫黄岳山荘11:1411:39硫黄岳12:1612:33赤岩の頭13:04ジョウゴ沢13:08大同心沢(大同心ルンゼ)分岐13:0913:14赤岳鉱泉13:1513:44堰堤広場15:49赤岳鉱泉15:5116:25行者小屋
3日目
山行
2時間47分
休憩
11分
合計
2時間58分
行者小屋07:1707:55赤岳鉱泉08:30堰堤広場09:21美濃戸山荘09:3209:37赤岳山荘10:15八ヶ岳山荘10:15ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
登山道はトレースと除雪がしっかりされているが下りは転倒注意したい。特に林道
その他周辺情報縄文の湯を利用した市外在住者は600円、体の芯まで温まるよい温泉だと思う。
過去天気図(気象庁) 2017年01月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ ソフトシェル ズボン 靴下 グローブ 雨具 ザック 行動食 非常食 飲料 地図(地形図) ヘッドランプ 予備電池 ファーストエイドキット 常備薬 保険証 携帯 タオル カメラ テント泊セット

写真

八ヶ岳山荘に車を駐めスタート
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
八ヶ岳山荘に車を駐めスタート
1
林道は途中ショートカットがある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
林道は途中ショートカットがある
赤岳山荘を通過、ここにも駐車場がある
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘を通過、ここにも駐車場がある
行者小屋に行きたいので南沢を行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋に行きたいので南沢を行く
樹氷(?)が美しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹氷(?)が美しい
1
気温は低く感じるがとてもよい天気
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
気温は低く感じるがとてもよい天気
徐々に山々が見えてくると嬉しい気持ちになる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
徐々に山々が見えてくると嬉しい気持ちになる
1
行者小屋前に到着、ここでテント泊セットをデポしてアタックザックに必要なものだけ積み替える。
文三郎尾根から赤岳に登ろう!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
行者小屋前に到着、ここでテント泊セットをデポしてアタックザックに必要なものだけ積み替える。
文三郎尾根から赤岳に登ろう!
途中ストックからピッケルに持ち替え、アイゼンを装着しゆっくり登ってゆく…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中ストックからピッケルに持ち替え、アイゼンを装着しゆっくり登ってゆく…
2
山頂は高くそびえ立つが、確実に近ずいている
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
山頂は高くそびえ立つが、確実に近ずいている
太陽がとても眩しく、気温も低く感じるのでここでゴーグルも装着
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
太陽がとても眩しく、気温も低く感じるのでここでゴーグルも装着
4
光と影のコントラストがなんとも言えない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
光と影のコントラストがなんとも言えない
予定通り(?)赤岳を目指す
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
予定通り(?)赤岳を目指す
阿弥陀岳を振り返りながら登る、足元注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
阿弥陀岳を振り返りながら登る、足元注意
3
遠くまで見渡すことができて最高
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くまで見渡すことができて最高
1
急斜面を一歩一歩踏みしめながら登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
急斜面を一歩一歩踏みしめながら登る
1
遠くで富士山が見える、頂上まであともう少し
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くで富士山が見える、頂上まであともう少し
1
下を見ると行者小屋が小さく見える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
下を見ると行者小屋が小さく見える
地蔵尾根を経て行者小屋に戻る...まだテントを張っていない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
地蔵尾根を経て行者小屋に戻る...まだテントを張っていない
1
明日は行きたい横岳と硫黄岳
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
明日は行きたい横岳と硫黄岳
2
赤岳山荘も見える、アイスキャンデーの大きさが伺える
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山荘も見える、アイスキャンデーの大きさが伺える
赤岳展望荘は2月21日まで営業とのこと
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳展望荘は2月21日まで営業とのこと
とちゅう行者小屋から赤岳までのGPSログが取れていないことに気がつきテンションダウン
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とちゅう行者小屋から赤岳までのGPSログが取れていないことに気がつきテンションダウン
テントを張りながら明日も赤岳に登ろうと決意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
テントを張りながら明日も赤岳に登ろうと決意
1
そして翌日、硫黄岳がとても綺麗
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
そして翌日、硫黄岳がとても綺麗
もう一回赤岳を登る
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
もう一回赤岳を登る
1
赤岳山頂を過ぎ、硫黄岳目指して全速前進…ただし足元注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳山頂を過ぎ、硫黄岳目指して全速前進…ただし足元注意
梯子の先の急勾配の先にはなんと...
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
梯子の先の急勾配の先にはなんと...
カモシカが「おはよう!」毎度のことながら熊と勘違いして驚く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカが「おはよう!」毎度のことながら熊と勘違いして驚く
7
しかも逃げない、前を通らなければいけない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
しかも逃げない、前を通らなければいけない
6
ちょっと前を通りますよ...でも逃げない
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと前を通りますよ...でも逃げない
20
カモシカに見送られながら岩場を進んで行く
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
カモシカに見送られながら岩場を進んで行く
硫黄岳までのミニ縦走は楽しい
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳までのミニ縦走は楽しい
途中、自分の進んだ道を振り返りながら
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中、自分の進んだ道を振り返りながら
2
後ろも前も気になる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
後ろも前も気になる
到着!硫黄岳までの道中の安全を願いピッケルをお供え
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
到着!硫黄岳までの道中の安全を願いピッケルをお供え
1
硫黄岳まであと少しなのだが
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
硫黄岳まであと少しなのだが
道中様々なプチ試練が待っている…
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中様々なプチ試練が待っている…
ここまでくれば一安心だが油断は禁物、足元注意
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ここまでくれば一安心だが油断は禁物、足元注意
ケルンが見えてきた
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ケルンが見えてきた
本日の目的の目的地に到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の目的の目的地に到着!
2
赤岳鉱泉を目指して降りることにする
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉を目指して降りることにする
樹林帯まで降りたら一安心
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
樹林帯まで降りたら一安心
赤岳鉱泉のアイスキャンデー
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉のアイスキャンデー
2
ポカポカ陽気でなんだか春の気配?
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ポカポカ陽気でなんだか春の気配?
ちょっと森の中を探検、雪深く手こずる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ちょっと森の中を探検、雪深く手こずる
あっというまに夕方になり行者小屋まで戻ることにした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
あっというまに夕方になり行者小屋まで戻ることにした
1
まるで水墨画のようなテン場
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
まるで水墨画のようなテン場
1
翌日、テントを撤収し下山することにした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
翌日、テントを撤収し下山することにした
1
中山展望台に寄ってから帰ることにした
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
中山展望台に寄ってから帰ることにした
1
遠くでゴオゴオと風の音が聞こえる
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
遠くでゴオゴオと風の音が聞こえる
1
赤岳鉱泉を経て北沢で、あっという間に美濃戸山荘
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
赤岳鉱泉を経て北沢で、あっという間に美濃戸山荘
とちゅう林道のショートカットで転倒しながらも到着!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
とちゅう林道のショートカットで転倒しながらも到着!

感想/記録

南八ヶ岳のキャンプ&ハイキングを思いっきり堪能しようと2泊3日の計画を立てた。1日目は八ヶ岳山荘から行者小屋から赤岳に登り、2日目は本番で横岳から硫黄岳をミニ縦走したいと思っていた。
初日は快調で、テント泊セットを背負いながらまったりと行者小屋を目指しザックをデポして文三郎尾根から赤岳登頂開始した。
しかし、行者小屋からGPSのログが途絶えていた事に気がつきテンションダウン...落ち込んだまま地蔵尾根を下降する。地蔵尾根はとちゅう足元の雪がやたら崩れる急斜面があったので気をつけたい。
行者小屋(冬季閉鎖中)の指定地にテントを張りのんびり3時のお茶をする寝不足気味だったので昼寝をした。零下の気温の中だが、風もなく穏やかでゆったりキャンプを楽しむ事ができて大変満足した。
翌日もう一度赤岳に登ってログを取り直そうと思いたつ、自己満足だがゆえにムキになりたい自分がいる。というわけで昨日と同じコースで赤岳を目指す、毎日登りたいくらいだ。
赤岳山頂から硫黄岳を目指すミニ縦走の始まりだ、地蔵の頭を通過し横岳を目指す。トレースもあり感謝の気持ちでいっぱいだ。夢中になって登っていくといきなりカモシカと遭遇、しかもこちらを向いたまま動かずこれは「アオの寒立」であろうか?
多少驚いたがカモシカに見送られながら硫黄岳を目指す、何度か危険な箇所があったがひとつひとつゆっくりと通過してゆく。
横岳を越え広い斜面にでると一安心できる、ケルンに導かれるように目的の硫黄岳に無事到着。そのあと赤岳鉱泉を経てちょっとした森の中を散策を企てたがすごくグダグダな展開になって反省...しかし天候にも恵まれ充実したハイキングであったといえる。
訪問者数:828人
-
拍手

コメントを書く

この山行記録はコメントを受け付けていません。

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ