また山に行きたくなる。山の記録を楽しく共有できる。

ヤマレコ

記録ID: 1098023 全員に公開 トレイルラン奥武蔵

棒ノ折山トレラン(軍畑駅in/こもれびの湯out)

日程 2017年04月02日(日) [日帰り]
メンバー
天候 曇り時々晴れ
アクセス
利用交通機関
電車

経路を調べる(Google Transit)

地図/標高グラフ


標高グラフを読み込み中です...
Web Services by Yahoo! JAPAN
歩くペース 0.5〜0.6(とても速い)
※ヤマプラ掲載の「山と高原地図」標準コースタイムを「1.0」としたときの倍率(全コースのうち71%の区間で比較) [注意事項]
表示切替:

コースタイム [注]

日帰り
山行
6時間43分
休憩
1時間22分
合計
8時間5分
S軍畑駅07:2107:32高源寺08:11常福院08:1208:15高水山08:34岩茸石山08:4908:54名坂峠08:57興越山09:30逆川ノ丸09:46黒山09:5310:12権次入峠10:23棒ノ折山10:5411:04権次入峠11:16岩茸石11:1812:13白谷沢登山口12:1412:27さわらびの湯バス停12:44小殿バス停13:23竹寺 平和の鐘13:2913:49豆口山13:5614:17豆口峠14:23子ノ権現14:3515:26休暇村奥武蔵15:26ゴール地点G
コースタイムの見方:
歩行時間
到着時刻通過点の地名出発時刻
コース状況/
危険箇所等
麓では桜(白・薄ピンク・濃ピンク)が咲いているのに、山頂付近はガッツリ雪景色。一粒で二度おいしいトレランでした!
雪は基本フカフカか、チョコレートフォンデュ状態で、凍結路はなし。軽アイゼンは必要ないが、ゲーターがあったほうが雪がシューズインしなくてよいと思う。
竹寺でのルート案内が少なく(わかりづらく)、その先のコース選定を誤った。
その他周辺情報休暇村奥武蔵の「こもれびの湯」は620円で、露天風呂もあって、コスパ高し!
吾野駅までの無料バス時刻に合わせた滞在を意識する必要あり。
過去天気図(気象庁) 2017年04月の天気図 [pdf]

装備

個人装備 Tシャツ タイツ ズボン 靴下 着替え ザック 行動食 飲料 地図(地形図) コンパス GPS ファーストエイドキット 保険証 携帯 時計 タオル カメラ ゲーター

写真

本日の山行は、軍畑(東京都青梅市)〜吾野(埼玉県飯能市)まで、25km、6時間半、4.5万歩の道のり♪
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の山行は、軍畑(東京都青梅市)〜吾野(埼玉県飯能市)まで、25km、6時間半、4.5万歩の道のり♪
本日のトレラン出発地点。
2017年04月02日 07:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日のトレラン出発地点。
高水山への登山口
2017年04月02日 07:41撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高水山への登山口
早々に急登が。入山直後は雪なし。
2017年04月02日 07:57撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
早々に急登が。入山直後は雪なし。
常福院を過ぎた辺りから、雪道へ変容
2017年04月02日 08:14撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
常福院を過ぎた辺りから、雪道へ変容
高水山頂は見晴らしがないので、実質的には本日最初の山頂となる岩茸石山へ到着。
軍畑駅出発から75分。標準コースタイム125分の6掛け。想定どおりのいいペース!
2017年04月02日 08:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
高水山頂は見晴らしがないので、実質的には本日最初の山頂となる岩茸石山へ到着。
軍畑駅出発から75分。標準コースタイム125分の6掛け。想定どおりのいいペース!
2
振り返ると、(眺望がなかった)高水山が!
2017年04月02日 08:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
振り返ると、(眺望がなかった)高水山が!
これから向かう黒山とその奥の棒ノ折山!
2017年04月02日 08:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
これから向かう黒山とその奥の棒ノ折山!
【参考】昨6月に同じ箇所から撮った黒山と棒ノ折山!こうして夏冬を見比べるのもオツですね♪
2016年06月18日 09:53撮影 by DMC-TZ40, Panasonic
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
【参考】昨6月に同じ箇所から撮った黒山と棒ノ折山!こうして夏冬を見比べるのもオツですね♪
岩茸石山〜黒山間は、基本雪道!でもフカフカで歩きやすい。下りは注意!
2017年04月02日 09:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
岩茸石山〜黒山間は、基本雪道!でもフカフカで歩きやすい。下りは注意!
黒山に到着!
2017年04月02日 09:46撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山に到着!
黒山からは岩茸石山の開けた山頂がよく見える。40倍ズームすると、ベンチに座っている人影も視認可能!
2017年04月02日 09:50撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
黒山からは岩茸石山の開けた山頂がよく見える。40倍ズームすると、ベンチに座っている人影も視認可能!
権次入峠を過ぎ、棒ノ折山へ向かう道が、本日最も雪深いトレイル!凍結箇所はなく、フカフカか、ドロドロかどちらか。下りは要注意!
2017年04月02日 10:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権次入峠を過ぎ、棒ノ折山へ向かう道が、本日最も雪深いトレイル!凍結箇所はなく、フカフカか、ドロドロかどちらか。下りは要注意!
本日の最高峰・棒ノ折山へ到着。
軍畑駅から2時間半余り。標準コースタイムの6掛けを切るいいペースを継続!
2017年04月02日 10:24撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
本日の最高峰・棒ノ折山へ到着。
軍畑駅から2時間半余り。標準コースタイムの6掛けを切るいいペースを継続!
2
最近恒例としている、雪の山頂で食べる野菜スティック♪
2017年04月02日 10:30撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
最近恒例としている、雪の山頂で食べる野菜スティック♪
1
棒ノ折山から北側斜面は山が多数!中央の雪山は大持山。
2017年04月02日 10:35撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ折山から北側斜面は山が多数!中央の雪山は大持山。
棒ノ折山で昼食後、再び権次入峠へ
2017年04月02日 11:04撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
棒ノ折山で昼食後、再び権次入峠へ
権次入峠を下ってしばらくは、雪道(と溶けた泥交じり雪道)が続く
2017年04月02日 11:07撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
権次入峠を下ってしばらくは、雪道(と溶けた泥交じり雪道)が続く
分岐路・岩茸石に到着。この石、通行の邪魔です(笑)。
2017年04月02日 11:16撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
分岐路・岩茸石に到着。この石、通行の邪魔です(笑)。
途中の舗装された道路まで下ると、かわいい雪だるまが!
2017年04月02日 11:25撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
途中の舗装された道路まで下ると、かわいい雪だるまが!
白谷沢登山口を目指すルートは、沢沿いのマイナスイオン充満エリア!
2017年04月02日 11:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢登山口を目指すルートは、沢沿いのマイナスイオン充満エリア!
一番の見所・白孔雀の滝を上から見下ろす
2017年04月02日 11:48撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一番の見所・白孔雀の滝を上から見下ろす
白孔雀の滝を横から眺める
2017年04月02日 11:49撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白孔雀の滝を横から眺める
沢とトレイルが一体化しており、スリップ要注意!
2017年04月02日 11:52撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
沢とトレイルが一体化しており、スリップ要注意!
白谷沢登山口まで下山すると、目の前に名栗湖が!
2017年04月02日 12:13撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
白谷沢登山口まで下山すると、目の前に名栗湖が!
名栗湖の一番端より。
2017年04月02日 12:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
名栗湖の一番端より。
さわらびの湯付近では、桜がキレイでした!
2017年04月02日 12:28撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
さわらびの湯付近では、桜がキレイでした!
2
県道53号を北上していくと、一際目立つ観音様(救世大観音)が・・・
2017年04月02日 12:37撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
県道53号を北上していくと、一際目立つ観音様(救世大観音)が・・・
道中、桜がキレイです!
2017年04月02日 12:38撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
道中、桜がキレイです!
2
竹寺入口(登山口)到着。ここから再びトレイルへ。
2017年04月02日 12:45撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺入口(登山口)到着。ここから再びトレイルへ。
結構な急登が続く。この後、雪道は皆無。
2017年04月02日 13:01撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結構な急登が続く。この後、雪道は皆無。
竹寺「平和の鐘」手前で、山座同定アプリ(AR山1000)を使用すると、先週踏破した両神山が!
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺「平和の鐘」手前で、山座同定アプリ(AR山1000)を使用すると、先週踏破した両神山が!
両神山へズームイン!右の方は鎖場天国だった東岳や西岳だろう。
2017年04月02日 13:20撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
両神山へズームイン!右の方は鎖場天国だった東岳や西岳だろう。
平和の鐘を付きました!
2017年04月02日 13:24撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
平和の鐘を付きました!
1
竹寺まで下りてきた。ここで痛恨のルート選択ミス。(最終的にはそのおかげで温泉行けたから結果オーライ!)
2017年04月02日 13:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
竹寺まで下りてきた。ここで痛恨のルート選択ミス。(最終的にはそのおかげで温泉行けたから結果オーライ!)
トレイルに似つかわしくない人工的なモノが・・・
2017年04月02日 14:12撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
トレイルに似つかわしくない人工的なモノが・・・
愛宕山(子の権現)手前に桜?梅?の密集地が!
で、その奥には、何とも怪しい物体が・・・
2017年04月02日 14:21撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山(子の権現)手前に桜?梅?の密集地が!
で、その奥には、何とも怪しい物体が・・・
一見して梅かと思ったが、桜か!?
2017年04月02日 23:30撮影 by SO-03F, Sony
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
一見して梅かと思ったが、桜か!?
愛宕山(子の権現)より棒ノ折山を発見!数時間前にいた幅広の白い山頂が(40倍ズームにすると)よーく見える!
2017年04月02日 14:34撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
愛宕山(子の権現)より棒ノ折山を発見!数時間前にいた幅広の白い山頂が(40倍ズームにすると)よーく見える!
子の権現にある「東京スカイツリー眺望処」。同じ高さ(634m)らしい。今日は曇ってて、ツリーが望めず、残念!
2017年04月02日 14:29撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
子の権現にある「東京スカイツリー眺望処」。同じ高さ(634m)らしい。今日は曇ってて、ツリーが望めず、残念!
せっかくルートを誤った(笑)ので、単純に吾野駅へ向かうのを止め、温泉へ向かうことに!このノボリを見た時の嬉しさったら、言葉に表せず!
2017年04月02日 15:26撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
せっかくルートを誤った(笑)ので、単純に吾野駅へ向かうのを止め、温泉へ向かうことに!このノボリを見た時の嬉しさったら、言葉に表せず!
結果的に、ここが本日のトレランの終着点。25kmの道のりでした。
2017年04月02日 15:27撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
結果的に、ここが本日のトレランの終着点。25kmの道のりでした。
ひと風呂浴びてからは、当然ビール!
2017年04月02日 16:15撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
ひと風呂浴びてからは、当然ビール!
1
終バス(16:25温泉発)で、吾野駅まで無料で送ってもらえました!
2017年04月02日 16:31撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
終バス(16:25温泉発)で、吾野駅まで無料で送ってもらえました!
1
池袋まで戻り、JR駅構内にあったカレー屋campにて。こんだけ食っても(=カロリー摂取しても)、トレランで消費したカロリーには遠く及ばない!
2017年04月02日 18:39撮影 by Canon PowerShot SX720 HS, Canon
拍手 /こっそり拍手|詳細ページ|元サイズ|▶ 類似写真を探す
池袋まで戻り、JR駅構内にあったカレー屋campにて。こんだけ食っても(=カロリー摂取しても)、トレランで消費したカロリーには遠く及ばない!
1

感想/記録

青梅線沿線から棒ノ折山経由で白谷沢登山口へ下る場合、「山と高原地図」はさわらびの湯でルートが途切れるが、県道(53号)を15分強走れば、竹寺入口(登山口)経由で吾野駅まで一筆書きトレランが可能!

岩茸石山と黒山は、お互いの山頂をはっきりと視認可能!また愛宕山(子の権現)から棒ノ折山の山頂もズーム機能でよーく見えた。これから行く山、行ってきた山を同定できると、登山の面白みが俄然up!

竹寺から吾野駅へ最短コースで下りるつもりが、痛恨のルート誤りにより愛宕山(子の権現)へ向かうことに。。。が、せっかく間違えたついでに、温泉(休暇村奥武蔵「こもれびの湯」)に立ち寄ってビールを飲み、終バス(16:25)で吾野駅まで行けました!災い転じて福となる!
訪問者数:316人
-
拍手

コメントを書く

ヤマレコにユーザー登録いただき、ログインしていただくことによって、コメントが書けるようになります。
ヤマレコにユーザ登録する

この記録へのコメント

まだコメントはありません

この記録に関連する本

この記録に関連する登山ルート

この場所を通る登山ルートはまだ登録されていません。
登山 登山用品 山ごはん ウェア トレイルラン
トレッキング クライミング 富士山 高尾山 日本百名山
この記録は登山者向けのシステムヤマレコの記録です。
どなたでも、記録を簡単に残して整理できます。ぜひご利用ください!
詳しくはこちら
ページの先頭へ